2回目の告白で女性を口説き落とす6つのステップ

1回目の告白で振られたことで
その女性を諦めていませんか?

しかし、女性心理を深く見ていくと
それは2回目の告白に繋がる伏線であり、
1回目の告白はあくまで成功のための
通過点であることがわかってきます。

実際に1回は振られたけど2回目の告白で
成功したという人もたくさんいます。

1回振られただけで女性へのアプローチを
諦めてはいけない真の理由とは?

そして、2回目の告白を成功させるために
必要なアプローチ方法とは?

今回は2回目の告白で好きな女性との
恋愛成就に必要なステップについて
詳しくお伝えしていきます。

1:2回目の告白は成功率が上がる?

1度振られてしまうと
「もう次はないだろうな…」と
その女性を諦めてしまう人は
多いと思います。

しかし、

実は2回目の告白をした人の方が
1回だけの告白で終わった人よりも
恋愛成就率がアップするというのは
ご存じでしょうか?。

どちらかといえば、
1発目の告白で結ばれる人の方が
稀だとも言えます。

たとえば、

店員さんから薦められた高い洋服を
最初から何の迷いもなく
「これ買います」と
選べるでしょうか?

余程、一目惚れのモノでない限りは
「他にも良い物あるかもしれないし…」
と色々迷いが出てきます。

試着して使い心地やフィット感など
納得して購入するはずです。

女性は男性よりも遥かに
決断に優柔不断で迷うことが多く、
一度は断ってしまうというのは
十分あり得るのです。

そう考えると1度振られただけで
諦めて退いてしまうのは
少々もったいない気がします。

女性は男性より受け身の人が多いため、
男性から諦めずアプローチしてほしい
という人は多いんですよね。

女性への告白はむしろ、
2回目からが本当の勝負だと
思った方が良いかもしれません。

2:2回目の告白の方が恋愛成就しやすくなる人間心理

2回目の告白では1回目の告白で
失敗した人の40~50%が成功する
と言われています。

つまり告白に失敗した人の
約半数が2回目の告白で成功しています。

不思議に思うかもしれませんが、
これは『ザイオンス効果』という
人間心理です。

最初は関心を示さなくても
特定の人物と関わっていく内に
仕草、表情、しゃべり方など
様々な関心を持ち始めます。

そして、同じ人物との接触回数が
増えるほどその対象に対して
好印象を持つようになっていきます。

日本では『単純接触効果』と
呼ばれています。

たとえば、

毎日観ることのあるCMの音楽で
最初はあまり良い印象でなくても
繰り返し聞いているとなぜか
「この音楽すごくイイかもしれない」と
感じるようになったことはありませんか?

お気に入りのアニメやドラマの
オープニング曲でもいつの間にか
好きになっていたりしますよね。

これは恋愛においても同様の
心理効果が起こり得ます。

1回目の告白をした時点では
たとえ失敗で終わったとしても
相手にとってはあなたのことが
強く脳裏に残ります。

さらにあなたが好意を伝えたことで
あなたの存在が彼女の頭の中で
大きくなっていくんですね。

その時点では関心がなかったとしても
時が経過すると共になぜか
意識するようになっていきます。

男性であっても
「よく見ると可愛いしイイ子だったな…」と
後になってから付き合わなかったことを
悔む経験をしている人は多いですよね。

これは女性から男性に対しても同様、
後々になって告白してきた男性に対して
じわじわと好意を抱き始める場合も
多いのです。

3:2回目の告白を成功させるために必要な6つのステップ

では、
2回目の告白をして
好きな人と恋愛成就させるには
どんなステップが必要になるのか?

順に見ていきましょう。

3-1:告白する前の関係に戻す

告白して振られた後は
あなたも悲しいし傷ついているし
相手と顔を合わせるのも
気まずいかもしれません。

しかし、
気まずいのは振られた人だけでなく
振った人も気まずいのです。

ここがすごく大事なところで
振られた後に気まずい雰囲気を作ると
その雰囲気をずっと引きずってしまって
相手と大きな溝を作ってしまいます。

それによって関係が
修復できなくなる人が
非常に多いのです。

そうなると
2回目の告白どころでなく、
友人関係に戻ることも
難しくなってしまいます。

ポイントは相手に罪悪感を
感じさせないことです。

ほんの少し我慢が必要ですが、
1回目の告白での失敗は
早めに手放してください。

「大丈夫だよ。昨日のことなら
全然気にしてないから。
これからも友達で仲良くしてね(笑)」

笑顔で明るく接していると
最初は空元気であったとしても
徐々に気持ちが元に戻ってくるはずです。

また、振られたにも関わらず、
普段通り明るく振舞うあなたの姿を見て、
相手は今まで以上に好印象を抱くはずです。

なぜかというと
振られた後はほとんどの人が
気まずさのあまりに相手を避ける
行動をしてしまうからです。

振られた後は辛いと思いますが、
時間が長引けば関係の修復が
困難になっていきますので
いかに早くリカバリーできるかが重要です。

3-2:自分から笑顔で挨拶することを心掛ける

ステップ1でも言った通り、
振った相手はあなた以上に
気まずさを感じています。

余程フレンドリーな人でない限りは
相手から積極的にくることは
ないと考えた方がいいでしょう。

そうなるとステップ1で
元の関係に戻そうとしていたのに、
いつの間にかまた壁になって、
気まずい状態になってしまいます。

しばらくは顔を合わせたら
自分から笑顔で挨拶し続けることを
心掛けてください。

それを毎日繰り返していくうちに相手も
「もう大丈夫だな。」という
安心感が生まれてくるはずです。

とにかく相手の方から
話しかけてくるようになるまでは
あなたの方から歩み寄っていくことが
大切です。

たかが挨拶と思うかもしれませんが、
笑顔と挨拶は相手に安心感を与え
コミュニケーションの壁を取り除きます。

3-3:LINEよりリアルで会ったときの会話を大切に

ある程度仲直りができてきたときに、
現代ならではの落とし穴が潜んでいます。

今の時代はスマホのLINEなど
常時相手と通信できるツールがあるので
それを利用して早く親密になりたいと
思う人も多いかもしれません。

しかし、

LINEでのコミュニケーションは
逆に相手との溝が深めてしまう場合が
非常に多いです。

LINEって1回当たりの文章が
とても短いですよね?

さらに、相手の表情や声がない分、
憶測のコミュニケーションによる
誤解が発生しやすいのです。

1回告白した直後の場合は尚更、
相手を不安にしかねません。

「あれ?なんでこんなに頻繁に
LINEを送ってくるのかな?」

「もしかして付きまとわれてる?
このままストーカーになったら
どうしよう…」

冷静に相手の立場で考えれば
わかるかもしれませんが…

振った相手からいきなり
LINEが頻繁に送られてきたら
監視されてるみたいで恐いですよね。

女性から男性であれば尚更、
強い警戒心を与えかねません。

最初はLINEよりもリアルで会った時の
コミュニケーションを大切にし、
大きな価値を置くようにしましょう。

3-4:親密な関係は相談相手のポジションを築くことから

わだかまりを解消して雑談ができる
関係を取り戻せた状態で
ようやく1回目の告白前と同じ状態を
取り戻せたと言えます。

ここから重要になるのは
この段階で2回目の告白しても
同じ結果になります。

1回目の告白で失敗したのは
何かが足りていなかったのです。

それは
『親密度』

2回目の告白を成功させるには
1回目の告白前の友人関係よりも
親密で深い関係性を築いていく
必要性があります。

男女が友情から恋愛関係に
どんなときに発展するかというと
「同じ苦しみ」「同じ喜び」「同じ恐怖」
などを共有できたとき。

「自分の気持ちを理解してもらえた」と
相手に心から思われたときに、
恋人関係に発展します。

男性が女性と親密な関係を築きたい場合、
非常に有効的なのが
女性の相談に乗ることです。

女性は本能的に話を深く聞いてくれる
男性を求める性質があります。

どんな小さな悩みでもいいので、
きっかけを作って女性の悩みを
引き出すことです。

たとえば、
「今日はどうしたの?
なんか悲しそうだね。
何か嫌なことでもあったの?」

女性の表情や変化などを察した
一言がきっかけで
心のバリアが解除できます。

そして、女性の相談に乗る時の
一番のポイントになることが
アドバイスや否定などは一切せずに
話を聞くことです。

男性は会話に結論を求める性質があるので、
女性との会話で解決策やアドバイスを
してしまう傾向があります。

一方、女性は会話に対して
ゴール(結果)はどうでもよくて、

会話の中で話し相手と感情を
共有したいわけなので、
結果は必要ではないんです。

女性から避けられる男性は
女性の話を十分に聞かないまま
解決やアドバイスに必死になります。

そうすると女性は男性に対して
心を閉ざしてしまうので…
アドバイスや否定などは一切せずに
女性の感情を聞いていくことが大事です。

一度心を許すことができれば女性は
心を委ねてきますので、
まずは何でも話を聞ける相談相手に
なることを目指してください。

その壁を一度クリアできれば
恋人関係になることは
そんなに難しいことではないはずです。

3-5:表情を観察して相手の感情を代弁する

相談相手のポジションを築けると
次に必要になってくるのは
相手から恋愛対象と見られること。

男性の中には相談相手になれても
イイ人止まりで終わってしまう人が
多いかと思います。

なぜイイ人で終わるかというと
女性の感情に踏み込めないまま
優しくしようとしてしまいます。

女性に好かれる男性の場合は
優しくしようと意識するのではなく、
女性の家族関係や職場関係などの
プライベートに踏み込みます。

こういうプライベートなことは
聞いちゃダメなのかなと思ってしまう
優しい男性は多いかもしれないですが…

女性はネガティブな話や感情を
話したいし聞いてほしいのです。

なので、女性と会話をするときは
人間関係について深く聞いてあげると
感情的コミュニケーションをしやすい
状況を作れます。

たとえば、お母さん同士の会話でも
「あら…やーね~」「そうよね~」と常に
相手の感情を代弁し合っていますよね。

男性はこういう会話をしないので、
理解しがたいかもしれませんが、
女性が会話で求めているのは感情を
話し合えるコミュニケーションです。

相手に感情を代弁してもらえたり、
自分の感情に共感してもらえたときに、
「この人と私は相性がイイかも…」と
思えるようになります。

ただ、

ここが少しネックになってくるのが、
いきなり何の前触れもなく唐突に
「君の家族関係どうなの?」と聞くと
「いきなり何?」と思われてしまいますよね。

ここで重要なポイントになるのが
必ず女性の表情を観察してから
話を振っていくことです。

たとえば、

「○○ちゃん大丈夫?
無理して笑ってるように見えるけど
疲れてるんじゃない?
何か嫌なことでもあったの?」

女性は愛嬌を振りまく癖があるので
作り笑いをしていることが多いです。

でも実際は落ち込んでいたり、
疲れていたり、悲しんでいたりと
ネガティブになっていることが
多いんですよね。

女性はそんな自分に気づいて
感情を聞いてくれる人に対して
心を開きやすくなります。

女性の表情を察して感情を
聞ける男性はほとんどいないので、
これができるだけでも恋人候補として
求められるようになるはずです。

3-6:相談相手から恋人関係へ移行する

女性から心を打ち明けられる
存在になりさえすれば、
恋人関係になるのは時間の問題です。

相談相手から恋人関係になるために
重要なポイントになることは
焦らないこと。

女性は構ってもらいたい生き物なので
とにかく構ってほしいし、
アプローチされ続けたいんですよね。

「今日調子はどう?」
「あのときの話したときから
何か変化はあった?」
など

男性から聞いてきてほしいのが
女性です。

地道ではあるんですけれども
気配りから来る女性へのアプローチは
後でジワジワと効いてきます。

女性と恋人関係になるのに重要なのは
家族的な優しさを見せていくことです。

たとえば、彼女が人間関係で
悲しい気持ちになっていたときに
「そうだよな…それは悲しいよね。
俺だったらそんな悲しい思いは
させないのに…」と言ったりします。

女性は自分事のように
親身に考えてくれる家族的な優しさを
兼ね揃えている男性に対して
全てを委ねたくなります。

なので、
「付き合ってくれ」というよりも
「君を守ってあげたい」と伝える方が
より女性への想いが熱く届きます。

2回目の告白を成功させるためには
あなたが女性のことを好きという以上に
彼女にとって必要な男性に
あなたがなることです。

それができればあなたが告白するよりも
先に彼女の方から歩み寄ってくる
奇跡が起きるはずです。

4:まとめ

今回は女性への2回目の告白を
成功させるステップについて
お伝えしてきました。

おそらく1回目のときは彼女に対して
想いを伝えることだけで
いっぱいだったと思います。

しかし、2回目の告白を成功させるには
あなたの想いを伝えるよりも
彼女の心のニーズを満たすことを
重要視してください。

そのためにはまずは誰よりも
親身になれる相談相手になること。

そのポジションを築くことができれば、
あなたと彼女の関係はかつてないほどに
大きな進歩を遂げるはずです。











1分で判定できる恋愛診断ツール

相手の性格を相性を一瞬で見抜く事を可能にしたLINEトーク占い最高2位の現役占い師が使う極秘ノウハウと恋愛診断ツールとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA