好きな子に自然と話しかけるようになるまでの3ステップ

好きな子 話しかける

好きな人と話したいのに、
キッカケや接点が見つからない。

好きな人に話しかけるのが
難しいと感じているのは一体
なぜでしょうか?

「変なヤツだと思われるかも…」
「話しかけるのが恥ずかしい…」
「会話が止まったらどうしよう…」
「いきなり嫌われたらどうしよう…」

このような失敗を先に考えてしまい
不安になっているのが大きいと思います。

今回はそんな恐怖や不安を軽減し、
好きな子と親密な関係になるために必要な
心構えと手順をお伝えしていきます。

1:仲良くなるきっかけは毎日の挨拶から

あなたが好きな人に話しかけることに
抵抗を感じてしまうのはなぜでしょうか?

「この人どんな人なのかな?」
「もしかしたら怖い人かも…」

人は会話をしたことがない人には
強い興味を感じると同時に
不安も感じてしまいます。

そんな状態から脱却するためには
まず挨拶から始めるのがおすすめです。

好きな人と目が合えば、
「おはよう」「こんにちは」と
軽く挨拶をしてみる。

それも難しい場合は微笑みながら
会釈してみてください。

あなたも思い出してみると
心当たりがあるかもしれませんが、
わざわざ笑顔で挨拶してきてくれた人を
無視することはできないですよね。

笑顔で挨拶されたらこちらも
笑顔で挨拶を返してしまうと思います。

そして、それを毎日繰り返されると
「あの人毎日挨拶してくれるな」と
より相手の記憶に深く
刷り込まれていくのです。

逆に挨拶もロクにしていない関係から
いきなり話しかけるというのは
街中の知らない人に声を掛けて
ナンパするぐらい難しいことです。

しかし、人は毎日挨拶して
良い雰囲気を醸し出している人には
親近感を湧きますよね。

あなたのことを相手に
興味を持ってもらうために
笑顔で挨拶するところから
まずは始めてみてください。

2:その日の雰囲気を伝えてあげよう

毎日挨拶を交わすことに
抵抗が無くなってきたら、
次の段階に進みます。

気兼ねなく挨拶できるように
なっている頃には
あなたと相手の間には警戒心が
かなり少なくなっているはずです。

挨拶に抵抗が無くなった段階で
その人のその日の雰囲気を
伝えてみてください。

「こんにちは~ あれ?
なんか雰囲気変わりましたね。」

「髪切ったんですか?」

「今日はなんか嬉しそうですね。」

このようにその日気づいたことや
その日に感じた相手の雰囲気や変化などを
さり気なく伝えてみてください。

多くの人は自分の変化に気づいて
伝えてきてくれる人を心のどこかで
求めているんですね。

些細な変化を相手に伝えられると
「この人は私(俺)をよく見てくれている」
と思われやすくなります。

もし特に思いつかない場合でも
「あれ?なんか雰囲気変わりましたね。」
というだけでも相手が受ける印象は
変わってきます。

3:相手について知りたいことを質問しよう

相手に雰囲気を伝えられる関係になれば、
ある程度自然と雑談できる関係に
なれてきているはずです。

ここから関係性を深めるためには
あなたが相手に対して興味を持ち
質問していく必要があります。

先ほども申したように
人は自分に興味を持ってくれたり
注目してくれる人に対して
親近感が湧いたり好きになったりします。

「あなたに興味があるよ」ということを
伝えるためにもっとも重要なことは
相手の興味ポイントについて
深く聞いていくことです。

3-1:相手の服や持ち物に興味を持つ

話題として盛り上がりやすいのは
相手が身につけている服や
持ち物について質問することです。

なぜかというと、
人はモノを持つ動機は
それが気に入っているからです。

それに興味を持たれるというのは
自分に興味を持ってくれていると
判断されるのです。

「そのワンピースおしゃれだね。
どこで買ったの?」

このような感じで質問します。

服、小物、財布、バッグ、
何でも構いません。

どれか1つ持ち物に着目したら
それについて興味を持って
深く聞いてみてください。

3-2:休日の過ごし方や趣味を聞いてみよう

2つ目に盛り上がる会話は
相手が情熱を持っていることや
趣味について聞くことです。

「○○ちゃんっていつも
なんか背筋が綺麗だよね。
何かスポーツとかやってるの?」

「休日は何して過ごしてるの?」

相手の特徴的な長所だったり
休日の趣味などについて聞いていくと
相手が饒舌になってしまうような
瞬間が出てきます。

あなたも人にしゃべりたくても
中々他人にはしゃべれていない
話題ってありませんか?

他人にしゃべりたいけど
しゃべる相手がいないことって
誰しもあると思います。

もし、そういったことを聞いてくれる
人が現れたら「この人と気が合うかも」
と思えてきますよね。

あなた自身が好きな人の話を
興味を持って聞ける存在になれば、
これから仲良くなりたい存在に
なっていけるはずです。

3-3:恋愛観について聞いてみよう

これは異性として興味があることを
相手に伝える意味でも有効な質問に
なってきます。

「どんな人が好き?」
「どんな人が嫌い?」

特に嫌いな異性のタイプを聞くのは
相手の恋愛観がかなり深く見えてくる上に
深いコミュニケーションとしても
かなり有効的に働きます。

普通多くの人は好きな異性のタイプや
ポジティブなことを聞くことが
多いと思いますが…

実際のところ嫌いな異性のタイプを
聞かれたがっている人は
かなり多いのです。

なぜかというと
そういう話を聞いてくれる異性は
普通はいないからなんですよね。

女性の場合であれば
「スキンシップしたがる男性が苦手」とか
「エロい目で見てくる男は嫌」など

男性の場合であれば、
「人によって態度を変える女は嫌い」とか
「してもらうことが当たり前になってる
わがままな女性は嫌い」など

男女共に異性に対する不満が
色々あるわけなんですよね。

それに対して

「なんかそれわかるわ。
そう言う人なんかムカつくよね。」と
異性から共感してもらえたら
うれしいですよね。

「この人は自分のことを
わかってくれている」という気に
なるはずです。

恋愛関係と友人関係の決定的な違いは
ネガティブな感情を聞ける関係に
なれているかどうかです。

好きな人のネガティブな恋愛観を
聞くことができれば、
恋人関係になれるのはそう遠くは
ないかもしれません。

4:まとめ

好きな人に話しかけるのを難しく
感じるのは警戒心が解けてなかったり
共通点を見つけられていないことが
ほとんどです。

あなた自身がどんな人と
仲良くなれたか考えてみましょう。

おそらく、
毎日笑顔で挨拶してくれたり、
自分の話に興味を持ってもらえたときが
きっかけだったはずです。

今回の話が好きな人と仲良くなる
きっかけになれることを願っています。











1分で判定できる恋愛診断ツール

相手の性格を相性を一瞬で見抜く事を可能にしたLINEトーク占い最高2位の現役占い師が使う極秘ノウハウと恋愛診断ツールとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA