40代男性の恋愛心理は特別!隠れた本音と10の恋愛観を一挙公開!

40代 男性 恋愛心理

大人の香り漂う40代男性は、
基本モテる率が高いと言われます。

年配の方達からも、
戻るなら40代になりたい
という声が多く聞かれます。

経験と意欲と体力とが
バランスよくかみ合う年代です。

そして、若年世代には感じない
人間の幅や心の余裕などを
感じる女性も少なくはないでしょう。

まさに男盛り特有の
フェロモンてやつですね。

若い女性であれば
周りの男友達とは一味違う、
「大人」を感じる年上男性に
惹かれる事はごく自然な事でしょう。

一回り違い二回り違いの
年齢差などと言う話しなど、
最近では良く耳にする話です。

しかし、大人の男性に惹かれる反面、
若い女性には見えない不安が
チラつくと思います。

例えば、

  • 接し方が分からない
  • 私を子供としか思ってくれないだろう
  • ウザく思われるのではないか?
  • 大人の女性の方が好きなはずだ
  • 私なんか不釣り合いだ
  • 私と話しても面白くないだろう
  • 彼を喜ばす自信もない
  • なぜ結婚していないのだろう?

など。

あなたが若く、もし意中の彼が
40代であれば当然不安になりますよね。

そんな人にこそ、
押さえておいてほしい
40代の男性心理があります。

まず40代とは
男性にとって非常に
大切な時期です。

微妙ですが、
この見方が出来るだけで
随分と違います。

どうゆうことかと言うと
40代男性が抱く、

他の年代とは違う
40代ならではの
恋愛心理があります。

だからと言って、
あなたの年齢や経験値などは
まったく関係ありません。

まして先輩の女性達に
引けを感じる必要もありません。

なぜなら、40代男性は
恋愛観の違いがあれ、
基本女性を求めているからです。

「女性を求めている」
だけでは、漠然としてさっぱり
分かりませんよね。

ここでは40代男性が抱える
世代からくる特有の心理を踏まえ
その恋愛観を紹介していきます。

それでは、押さえておきたい
10項目の男性心理
をさっそく見ていきましょう。

目次

1.男性にとって特別な40代
2.40代男性の恋愛心理
3.まとめ

1.男性にとって特別な40代

女性からみて
40代男性にどんな
魅力を感じますか?

あなたの職場いる男性、
取り引き先や業者さんの男性、
ドラマの中の40代男性像など。

タイプばかりは、
それぞれの好みになりますが、
40代の男性は油が乗っている
時期ではないでしょうか?

男盛り、働き盛り、まさに
男としての魅力が
現れる年代でもあります。

あなたの意中の人が
40代であるのならば、
惹かれる理由の中に、

彼からにじみ出る
「大人」的な部分が
含まれているのでは
ないでしょうか?

言ってみれば、
昨日今日の事ではなく、
ここまで積み上げてきた経験から
出てくる男性的な魅力ですね。

そしてモテる率が高いと
言われている40代は、
男性にとり非常に
重要な時期でもあります。

ある意味、
「人生の分岐点」
を意識する時期です。

ましてや独身の
40代男性であれば、
なおさらの事です。

意欲と体力が充実する
時期である反面、確固たる
価値観や長年の習慣から

フットワークが
鈍くなりはじめる
時期とも言えます。

20代、30代と違い、
「自分の終着地点を
意識した上での分岐点」
なわけです。

そして今ならまだ
気力的にも体力的にも間に合うと
感じている分岐点です。

気力、体力のバランスをとっても、
50代60代とはまた違ってきます。

この分岐点に立った
40代独特の葛藤が、
大人の魅力を大きく
しているのかもしれません。

では、この特別な40代男性の
恋愛事情を見ていきましょう。

2.40代男性の恋愛心理

2-1.実は女性の存在を求めている

40代は社会的地位が
確立されてくる頃です。

そして充実感と同時に
自らの責任に対する
ストレスも抱えており、

多くの40代男性達は
今までと違う緊張感に
さらされています。

このような社会環境と
人生の分岐点とが重なる40代は
自己評価の点においても非常に
違いが出てくる時であるのです。

簡単に違いを言うと、

  • 自己肯定をしているか
  • 自己否定をしているか

という点になります。

例えば会社勤務の男性であれば、

良くも悪くも役職や所属部署などで、
優劣を感じてしまうケースも
少なくないでしょう。

ある意味過酷な
時期でもあるわけです。

しかし、
「40代男性は女性を求めている」
と言える理由の1つが
この環境下に秘められています。

この年代の環境は気持ちの上で
優劣を感じるに留まらず、
目に見える形で
判断されてきます。

その中で
自己肯定と否定を
くり返しているわけです。

ではなぜそれが
女性を求める事に繋がるのか?

それは、男性にとって
自己肯定感が
最高に高まる時とは、

自分が女性を
幸せにしていると
感じる時だからです。

確かに男性にとって、
夢、仕事、収入、家、車など
満たされていくものは
色々あります。

ですが、もっと根本的な
男の部分で言うと、
「俺は大切な女性を幸せに出来ている」
と感じる時が最高の瞬間なのです。

この意味で言ってしまえば、
彼女のいない40代男性は
気楽な生活をしているかもしれませんが、

男の自己肯定感は
満たされていない
可能性が高いのです。

特別な女性がいた方が
すべての面において、
エネルギーが
動き出すのです。

上辺の理由が何であれ、
心の奥底では女性を
求めているのです。

2-2.興味があるのは若い女性

意中の男性が年上で
しかも年齢差があると、
つい躊躇してしまったり、
不安になってしまったりしませんか?

  • 女性として見てくれないのでは?
  • 子供扱いされるのではないか?
  • 話しが合わず引かれはしないか?
  • あ~どうしていいか分からない!

など、つい考えてしまいますよね。

もしあなたが若い世代と
言われる年齢層であれば、
それは大きな強みになります。

人生経験豊富な
女性からは
怒られそうですが…。

40代男性の恋愛観は
今までになく
人生の伴侶を
意識しています。

おじさん達が若い女性に、
鼻の下を伸ばしてしまう
性的な魅力への喜びもありますが、

本能的に女性の繁殖能力を
見ているのです。

こればかりは、現実問題も
かかわってくる事なので、
どうにもならない部分もありますが、
若いという事はやはり有利なのです。

40代の男性は
人間関係に於いても
様々な経験を
重ねてきています。

そして、「ほっ」と
心を緩められるのは、
対象が若い女性である事が
多いようです。

年齢差からくる、
新鮮さや子供っぽさが
40代男性には効くのです。

2-3.しゃべるより聞きたい

男性は年下の者に対して、
つい「教えてやる」
と言う物言いになりがちです。

そんな男性達が、
「どんな事でも教えてほしい」
と可愛らしく甘えられたら

年代問わず
男性は嬉しいものです。

そして近寄ってきた
年下の女性を可愛がるでしょう。

顔に出さないようにしていても、
心はにやけっ放しです。

甘え上手な女性は至る所で、
おいしい思いをする事が
多いのではないでしょうか。

ですが、必ずしも男性に
喋らせてやればいいかと言うと
そうでもありません。

男性は年下の女性に
何かを教えるという事と同時に、
女性の話しから「ほっ」とできる
可愛らしさを感じようとしています。

長年寄り添ってきた
夫婦の話しではなく、
40代独身男性に
ありがちな話です。

一見厳しそうに見え、
テキパキ指示してくるような
男性に限って、

子供っぽく無邪気に話す
女性の姿を嬉しそうに
聞いているものです。

まさに40代男性が求める
「ほっ」とする空間ができるのです。

もし、あなたが
「子供扱いされるだけだ」
という不安があるとしたら、

子供っぽさを出す事が
甘え上手に繋がるのです。

2-4.刺激より自然体

付き合いはじめた頃は
何もかも刺激的で新鮮に感じますよね。

恋愛は女性を美しくするように、
男性からも色気が出てきます。

もちろん40代男性も
例外ではありません。

しかし、前に話した通り
40代特有の分岐点に立つ
男性の心理というものがあります。

分岐点であると同時に
優劣がはっきりしてくる時期であり、

立場や責任、収入面においても、
上と下との狭間に立っているのです。

裏を返せば、
何でもできる男盛りであり、

人生を見つめ
原点に立ち返ろうとしたり、
リセットを考えたりします。

このように考える事が多い
40代男性の心理としては、
いかに自然体であるか
という事への意識が強いのです。

既に家庭を持って
一家の主として、
奮闘している男性より、

現在フリーの未婚者に
多く見られます。

女性は
好きな人の為と思い、
彼に何でもやってあげたくなる
と思います。

ですが、男性が自然体ではなく
気を使い始めたなと感じたら、
女性の思いがいき過ぎに
なっているかもしれません。

少し引いてみるのも
いいのではないでしょうか。

2-5.強く考えてないが子供が欲しい

人には現実として、子供を授かれない
年齢というものが誰にもあります。

40代の男性の多くには、
「自分の子供」
という事についても
以前との変化が出てきます。

以前であれば将来の子供について、
「結婚したら子供は何人欲しいな」
なんて言っていたのが、

今となっては、人数どころか
自分の子供についての話しを
ほとんどしなくなります。

若い時に比べ、
自分の子供に対する現実味が
薄くなりはじめているのです。

例えば、ある男性が
45歳で子供を授かったと考えた時、
「この子が20歳の頃、俺は定年か」とか、

「この子が結婚するまでは元気でいたい」
なんてことを考えたりするわけです。

以前であれば、
「子供が大きくなったら一緒に
キャッチボールをしよう」

「子供が成人したら一緒に飲むのが夢」
と描いていたイメージが
少しづつ変ってくるのです。

そして現実味が
薄れはじめているばかりでなく、
焦りにも似た心境が加わり、

つい現実逃避をして
しまいがちになるのです。

しかし一旦は現実逃避しておこう
という感じのものであって、

一方では「まだまだ子供はつくれる」
と内心思っていたりします。

このように40代独身男性が
抱く心理からすると、
結婚して子供を授かった時は、

子供を溺愛し子育てや
家事の手伝いも積極的に
してくれるでしょう。

奥さんにとってみれば、
「非常に助かる」と感じる場面も
きっと多い事でしょう。

2-6.対等以上の女性へのストレス

40代男性は社会的立場や
責任を背負うばかりでなく、
企業内競争において、
優劣を感じる年代です。

ある人は同期より早い
出世であったり、
またある人は、
後輩が上司になっていったりと。

この競争社会の中で
40代独身男性の中には、

男としての自己肯定感が
満たされていない人が
多くいます。

人によっては競争社会に
疲れてしまったり、
自信を失いかけている
場合もあります。

もちろん中には、
夢に向かって
キラキラしている
男性もたくさんいます。

あなたの周りの
40代男性はどう見えますか?

心理学でよく言われる
男の気質の中に、
「権威性を誇示したい」
という特徴があります。

しかし競争社会は時として、
この権威性をズタズタと
傷つけてきます。

上には上がいるし、
ましてや金メダルは
1人しか取れません。

ちなみに女性は
権威性ではなく、

「自分を見て」
とうい自分にスポットライトを
あてようとする
特徴があるようです。

このように見ていくと、
同じ競争社会で感じるストレスでも
男性と女性では内容に
違いがあるのが分かります。

  • 「権威性の誇示」
  • 「私を見て」

です。

異性を励ます時に
意識したいポイントですよね。

そして極端な話し、
男性は自分の弱さをさらす事に
怯えている事が多いのです。

ですから女性からの
正論であったり、
自分にない能力を感じたり
した場合心が休まらないのです。

こんな時はどことなく
人生経験豊富な女性より、
甘えてくる若い女性を
選ぶ傾向があるのです。

2-7.経済事情による心理

経済力は非常に重要です。

当然女性が気になる点
でもありますよね。

一般的に40代は経済力が
安定してきています。

もし今までの彼氏が
20代であったとしたら、
40代とのお付き合いは、

まるで違う経験や景色を
あなたに与えてくれるでしょう。

さて前の章で40代は
分岐点と話しましたが、
経済力にもはっきりとした差が
でてくる年代でもあります。

シビアに言ってしまえば、社会の中で
他人との差をはっきり突きつけられる
年代なわけです。

同窓会で参加者が減り、
だいたいメンバーが
固定してくるのも
40代が多いと聞きます。

あなたの意中の彼が
以前からの知り合いであれば
今までの情報も含め
イメージしやすいかもしれません。

例えば上司や取り引き先の
男性であれば、
役職や服装、周りからの情報で
イメージできるわけですから。

それとは違い、
紹介や飲み会で
知り合った場合など、

少し食事を重ねたくらいでは、
突っ込んだ部分は分からないですよね。

いきなり年収の話しには
ならないと思います。

絶好調の彼ならば、
とっくに自分から
言っていると思いますが…。

デートでなくても1対1の食事の時は、
自分が払うという男性は多くいます。

デートであれば
大半の男性が払うのでは
ないでしょうか?

女性も「もちろん」という声が
多いのではないでしょうか?

「もちろん」でいいと思いますが、
支払いとは別の時に
ちょっとした気使いを
示すのは効果的です。

男性は単純に
嬉しいのです。

そして40代男性は
「社会的にいっても俺は40代だ」
という自覚があります。

それなりのプライドがあります。

女性の前ではいいかっこをしたいし、
自分といて喜ぶ姿を見たいものです。

しかし中には何かしらの理由で
現実が伴わない男性も多くいます。

気持ちはあっても、経済的現実によって
誘う回数が減ったり、記念日攻撃に
いい顔をしなかったり
してしまうのです。

しかしそのような状態は
長く続かないものです。

男性心理からして、
40代男性らしく振る舞えないと、
好きだけど女性との時間を
避けるようになってきます。

好奇心旺盛の人が
出歩かなくなったりします。

デートの為1食抜いている
かもしれません。

もし相手の男性から
何かしらを感じた時は、
ほんの少しだけ男のプライドを
汲んでやってください。

2-8.めんどくさい

40代にもなると
家族や親戚など、
身の周りの環境にも
変化が出てきます。

そして周りからの声も
変わってきます。

以前であれば、
「いつ結婚するの?楽しみだね。」
と言った声が

「そろそろいい歳なんだから…」
に変わり、

今となっては話題に
触れないようにしよう
ビームが漂ってきます。

そんな40代独身男性は、
心地悪くいっそう自分の世界に
のめり込んだり、人によっては
籠ってしまいがちになります。

ある程度経済力もあり、
それなりに楽しめている
40代の男性は、

煩わしい事を避け
人とかかわる事も
「めんどくさい」
と思ってしまいがちです。

例えばいざ結婚話しに
なったとして、

以前なら「相手のご両親ってどんな人たちだろう」
と気に入られる為に色々考えるわけです。

ところが40代独身男性は、
気を使う事が新しく増える事に対して、
無意識に腰が重くなるのです。

これも40代に現れやすい
変化の1つかもしれません。

だからといって、40代男性達の
結婚スイッチが消えた
わけではありません。

ただ女性からしてみると、

  • 「恋愛に興味あるのかしら?」
  • 「結婚なんて眼中にないのでは?」

と思ってしまうような
態度や言動が現れたりします。

ですが、大丈夫です。

人生のパートナーと
思う女性と出会えば
一瞬でスイッチが入りますから。

仮にあなたの意中の男性が、
今話したような雰囲気を
出していたとしても、
ゴールや形を焦らない事です。

「めんどくさい」
と叫びたくなるのは
女性の方かもしれませんね。

2-9.何でもできてしまう

40代独身男性の多くは、
身の周りの事を
自分でこなしています。

特に1人暮らしが長ければ、
家事に至っても
女性顔負けだったりします。

テレビでよく取り上げられますが、
神経質の極みのような男性や
超がつく綺麗好きの男性は
独身が多いですよね。

それに加え料理まで
上手だったりします。

このような男性は
自分の外面にも気を使いますから

オシャレであったり、
イケている人が多いです。

しかし女性としては
「微妙」ですよね。

「私出る幕ないじゃん」
て思ってしまいますよね。

あなたが惚れるくらいの
40代男性であれば、

きっと1人で何でもできてしまう
人かもしれません。

1人でできてしまう
40代男性の心理としては、
自分がやってきた事に対して、
横槍を入れられるのを嫌います。

女性目線で
「もっとこうすればいいのに」
と思っても、

「ここ手伝うね」
位が効果的です。

思い切って甘え、
思い切って楽してみるのも
いいでしょう。

2-10.世間体

自分の地位が
はっきりしてくる40代は
世間体を今まで以上に
気にする男性も多くいます。

特に男性の場合は、
同期や友人との会話に
出やすいものです。

彼女の話しをする時でも、

  • 「かわいいだろ」
  • 「すごく性格もいいし」

と言って盛り上がっている
だけではないのです。

どうゆう事かと言えば、
ハッタリではないにしろ
気持ちとしては思いっきり盛って
話したいのです。

言い換えれば、
「40代の俺にとってふさわしい彼女だ」
というアピールです。

彼女をただ褒めるだけの話しではなく、
40代の自分にとってふさわしい
彼女のアピール話しになるのです。

もっと言えば、同期や友人に対して、
「どうだ!感」を出したいのです。

40代独身男性は、心のどこかで
結婚に対して遅れをとっている
という引け目を感じています。

ですからここぞとばかり
「どうだ!感」
話しの中にチラつくのです。

仮にあなたが意中の彼より
10歳以上年下だとします。

そんなあなたは、年齢差に
一瞬不安がよぎるかもしれません。

全く気にしないでください。

なぜなら、彼の同期や
友人達の奥さんは
ほとんどが
同世代のはずです。

そこに対して
10歳以上年下のあなたは、
まさしく彼にとって「どうだ!感」
の女性なわけです。

もちろん年齢差だけではなく、
様々なあなたの魅力を
話している事でしょう。

このように世間を意識した
恋愛観というものが、
40代男性の心理には
あるのです。

3.まとめ

40代男性は
気力体力と充実した
まさに男盛りです。

若年層にはない、
ゆとりや経験からくる
雰囲気があります。

まさに大人の男性を感じる
ド真ん中ではないでしょうか!

また一方において、
人生の分岐点であり、
上と下との狭間で評価される
立場であったりもします。

今回そんな40代男性達の心理を
恋愛という観点から
紹介してきました。

他の年代に比べ、
男性としての積極性や消極性、
肯定感や否定感をはじめ、

対極のものが
はっきり出やすい時期
でもあります。

しかし一見複雑そうに見えますが、
女性にしてみればむしろ
分かりやすい年齢層
ではないでしょうか?

分岐点に立つ心理であったり、
結婚に対する引け目であったり、
女性からしたら寄り添うポイントが
たくさんあるわけですから…。

40代男性にも、
性格や置かれた環境、
経済事情や経験値など
様々違いがあります。

そんな40代男性を
なるべく違う角度からとらえ、
10項目に分け
お話しさせて頂きました。

ぜひ40代という年齢層からくる
独特の男性心理を
キャッチしてみてください。

きっと寄り添いポイントや、
彼の強さも弱さも含めた魅力が
一層見えてくると思います。

年齢差があろうとなかろうと、
そんなことは関係ありません!

そして今回の記事が、
1項目でも参考になれたとしたら、
嬉しく思います。

最後まで読んで頂き、
本当にありがとうございました。

男の魅力が溢れる40代男性との
素敵な恋を楽しんでください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でautomaticlove0をフォローしよう!

復縁チェック女性版【無料診断】

復縁チェック男性版【無料診断】

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!