高校でモテる女子になる!5分で読めるクラスで人気者になれる方法

モテる女 高校

女子高生は
チヤホヤされているなどというけれど、
そんなことはないですよね。

男子にモテるのは、
ほんの一握りの女子だけ。

私が好きな男子だって、
いつでも目で追っているのは、
人気のある女子のこと、だけ。

自分への態度と、その子への態度が
あからさまに違います。

悲しいを通り越して、暴れたくなります。

カラオケで歌って憂さ晴らししても、
いつでも彼のことを考えてしまいます。

ちょっとでも彼と話すことができると、
その日は一日ウキウキして過ごせます。

自分は簡単に好きになってしまうのに、
相手はどうして簡単に自分のものに
なってくれないんでしょうね。

目次

1:男性からモテる女性になる方法とは?(高校編)
2:モテる女性になるためには恋愛心理を学ぶ
3:男性はこんな女性を好きにはならない
4:高校生でも関係ない好きな女性に対する男性心理とは?
5:女子高生向けのモテる女性になる方法
6:モテる女性になるために1番大事な事とは?
7:まとめ

1:男性からモテる女性になる方法とは?(高校編)

男性からモテるようになるには、
どうしたらいいのか。

答えは、「可愛くなること」でした。
そんなことは、わかっていますけど。

でも、調べてみたところ、
人の見た目というものには、
女性の場合、妊娠しやすいかどうかが
出るらしいです。

男性は見た目で
女性の妊娠率を判断して、

それを本能で嗅ぎ分け、
恋をするそうです。

なので、こういう見た目だと妊娠しやすい
というところを押さえれば、

細かいところは
あまりに気にしなくてもいい
ということがわかりました。

  • 肌はツヤツヤで、色白であること
  • 髪は長く、キレイであること
  • ウェストは細いこと
  • 胸が大きいこと

なんか、全然簡単じゃないんですけど。

へこたれそうになりましたが、
目を大きく見せるとか、そういう
校則違反になりそうな内容ではなかったので、
やろうと思えば、やれそうです。

ニキビを無くすためと、痩せるために、
心の友のポテチとさよならをしました。

洗顔料に凝ってみたり、美肌について
研究もしてみました。

髪は「髪がキレイになるヘアアイロン」
毎日キレイにストレートにしました。

ただ痩せるだけじゃ、
胸は大きくならないので、

部活での筋トレを真面目にやり、
家に帰ったら、毎日腹筋を50回と
スクワットを30回、お風呂の中でしました。

胸は豆乳を飲むことと、
胸が大きく見える下着を着け、
メリハリボディを目指しました。

人間、頑張ろうと思えばできるものですね。

彼が自分を好きになることをイメージして、
それを餌に、毎日スマホに
記録を測定しました。

時間になっても記録しないと、
スマホに怒られるので、
忘れることもありませんでした。

こうして、見た目だけは、
モテるようになった、ハズです。

2:モテる女性になるためには恋愛心理を学ぶ

見た目にちょっと自信がついたので、
スカートを今までより少し短くして、
メリハリボディアピールをして
学校に行きました。

けれど
恥ずかしくて、彼の顔なんて
まともに見れません。

いくら私でも、顔も見ないし
話もしないけど、好きになってもらえるなんて
思ってはいません。

しかも、
どうやって関わったらいいのかわからない。

スゴスゴと引き下がるしか
道はありませんでした。

そして、積極的に話しかけなくても
好きになってもらえる方法について
スマホで調べてみました。

なんと、科学的に証明されている
相手の心を手に入れる方法が
見つかりました。

「恋愛心理学」です。

恋愛心理学で言われていることは、
科学的根拠だといわれているらしく、
科学的に証明されていることなんだそうです。

ということで、勉強は大嫌いだけれど、
恋愛心理学について勉強しました。

3:男性はこんな女性を好きにはならない

恋愛心理学について勉強して、
わかったことはたくさんあります。

少なくとも、男性は大人しすぎる女性を
好きにはならないということ。

つまり、私のように、話したいのに
話しかけられもしない女性は、
彼の視界に入れないのです。

ショックなのですが、
恋愛心理学には、私のような内気な人間も
彼に話しかけられるようになる方法が
いくらでも載っていました。

3-1:モテる女性の性格

まとめて言うのであれば、
モテる女性の性格は、

  • 外交的
  • 家庭的

ということでした。

外交的な人と家庭的な人を、
恋愛相手として人が求めるのは、
そのような人が社会的に望ましいと
思われるから。

そして、外交的な人ほど、
関わることが多くなるからのようです。

関わることが多ければ多いほど、
人はその人に対して好感を持つ、
という法則が働くそうです。

家庭的な人を求める理由は、
男性が女性に子供を産み育てる相手を
求めているからのようです。

私は基本的に外交的ではなく、
困ったことに、誰がどう見ても
内向的な人間なのです。

ただ、外向性は獲得できる、

つまり後から
身に付けることができるそうです。

自分が得意なこと、自分が大好きなことは、
相手を選ばずに話すことができるようです。

なので、自分の好きなことを話すことで、
外交的に見せるということのようです。

ただ、私の好きなことと言えば、
ゲーム?

確かにゲームの攻略法とか、
最近出たゲームについてなんて、
いくらでも話せるけれど。

とりあえず、家庭的な人と言われて
思いつくのは、お菓子作りでした。

結構お菓子を作るのは、好きだったので、
マカロンを作って、学校に持っていきました。

「バレンタインでもないのに?」
と友達に不思議がられました。

できるだけ彼の近くの席に行って、
近くの子に、
「マカロン作ったんだけど、食べる?」

聞こえるように言ってみました。

「ああ、食べる食べる」
意外なことに、彼が答えて
近づいてきました。

というか、クラス中の人間が
近づいてきました。

「ええ?足りない!」
思えば、食べ盛りのクラスメートたち。

食べ物、甘いものが大好物なのは、
女も男も関係ありませんでした。

せっかく人が集まってきたのだからと、
外向性をなんとか発揮してみました。

「ね、ツムツムやってる人」
とても一般的なゲームの名前を出すと、
何人かの男女が周りに集まってきました。

「やってる!ハート交換する?」
LINE交換もしていないような子が、
私のスマホを覗き込んできていました。

「なにこのキャラ?」
普段は挨拶もしないような子が、
話しかけてきました。

「ああ、これはダースベイダーの…」
いつの間にか、色々な子と
LINE交換をしました。

その中に、びっくりすることに
彼もいました。

3-2:モテる女性の行動

モテる女性の行動については、
細かく色々と載っていました。

ただ、その中で私にできそうな内容は、

  • 落ち込んでいる人を励ます
  • どんな相手にも怒らない、許す

ということでした。

人は落ち込んでいるときに、
誰かに励ましてもらうと、
その人に恋をしてしまう傾向にあるそうです。

それは、自分が落ち込んでいるときに、
自分のために何かを人がしてくれた
ということに、快感を覚えるからです。

また、人は自分の失敗やワガママを
受け入れてくれる相手に母性を感じます。

小さな頃から母親に与えてくれていたものが、
次第に反抗期を迎えて母親離れしていくと、

他の相手にその母性を
求めるようになる傾向があります。

その母性を持ち合わせている人間が、
つまりどんな相手にも怒らないで、
許してくれる人、ということなのです。

週に一回月曜日にはお菓子を作って、
学校に持って行きました。

それを、食べながら、
みんなでツムツムをして遊びました。

そんな中で、最初だけ遊んだのに、
次の日から学校に来なくなった子に
LINEをしてみたり、

ゲームをクリアできなくて困っている子に
アドバイスをしてみたり、

「お菓子毎日持ってきてよ」
と言う子に、特別に2個あげて許してもらったり…

とにかく、誰に対しても
笑顔で優しく接するようにしました。

なんせ、聞かれる内容がゲームのことなので、
やり方を教えているだけで、それは楽しくて。

誰も私のことを内気で
ろくに話もできない女だなんて、
思わなくなったのではないか、と思います。

3-3:モテない女性の行動

これだけはやってはいけないということも、
調べておきました。

  • 攻撃的
  • 人の話を聞かない

攻撃的な言動をすることで、
人は男性ホルモンのテストステロンが
増えることがわかっています。

つまり、女性が攻撃的な言動をすると、
より、男性ぽくなるのです。

男性っぽい女性が、モテないのは
仕方がないことですよね。

また、人の話を聞かない人と接していると、
どうしても自分の存在意義を
男性は考えてしまうそうです。

相手が話している内容に対して、
男性はそれを解決をしようと働きかけ

相手の役に立てれば、
βエンドルフィンのような
快感ホルモンが出ます。

つまり、誰でも人の役に立ちたいのです。

けれども、それができず、

ただ一方的に話をされてしまうことに対しては、
ストレスを感じてしまいます。

つまり、相手と話したり、
接したりすること=ストレスになってしまう
ということでした。

私の中で、こういうことに関しては、
絶対に大丈夫かなと思っていたのですが。
やってしまいました。

その時はゲームをしている時ではなく、
お昼休みに仲良くなった子と、
好きな人の話で盛り上がっていました。

小さな紙の表に自分の名前、
裏に相手の名前を書いて、

ペンケースにしまうという
おまじないを、
みんなでやっていました。

書いた紙を折りたたんで、
しまおうとした、その途端に、
好きな彼に、その紙を奪われました。

男子って、本当に運動神経がいいというか、
あっという間に動くというか。

気がついたら、
彼がその折りたたまれた紙を
広げようとしていました。

「ちょっと」
気がついたら、大声を出していました。

「バカ!」
すぐ返してくれたのですが、
頭に血が上っていたというか、
パニック状態でした。

「ほんと、ないわ」
毒づいて、席に戻って、
泣いてしまいました。

なんなんでしょう。
攻撃的で、人の話を聞かないって、
今みたいなことを言うのでしょうね。

終わった、と目の前は絶望的に
真っ暗になっていました。

4:高校生でも関係ない好きな女性に対する男性心理とは?

次の日から学校がお休みだったので、
家ではゲームに没頭しました。

親に怒られても、部屋から一歩も出ずに
ひたすらゲームに時間を費やしました。

それでも、
日曜日にはパウンドケーキを作り、
切り分けて、月曜日に持って行きました。

かなりドキドキして、
あんまり前が向けませんでした。

今まで通りみんな接してくれて、
彼は遠巻きだったけれど、
あまり気にせずにいました。

でも。

時々目が合います。

彼のことを見ると、
目が合ってしまって、
向こうが慌ててそらします。

私を見ていたのかな?

そう思いながら、
あまり気にしないように
過ごしました。

昼休みが始まってすぐ、
彼が、私のところに来て、

「昨日はごめん」と言ってきました。

私も単純で。デレっとして、
「いいの、いいの」と笑えました。

その後も、何度か目が合ったり、
妙に距離感が近かったりしました。

これって、愛なんですかね?

5:女子高生向けのモテる女性になる方法

さて。

彼にもっと好かれ、
他の女の子、男の子にも
人気が出るようにしたい。

そんな時は
どうしたらいいのかを
調べてみました。

私のような、自分が定まらない、
まだ自分の人格が不完全な人間は、

自分のキャラクターを
作ってしまうことが
一番簡単でした。

人間には、モテるキャラクター
というものがあって、

それに自分を当てはめていく、
ということが、モテる秘訣のようです。

女性の場合は、
以下の6パターンになります。

  1. 洗練、スマート、神秘的、静か、知的
  2. セクシー、情熱的、積極的、社交的
  3. 初々しい、清楚、素直、思いやり、優しい
  4. 活動的、健康的、明るい
  5. 誠実、真面目、自制心が強い
  6. あっさり、おおらか、聞き上手

この中で、自分に一番合っているものを選んで、
足りないところを、変えていけばいいようです。

この中で、一番自分に合っているのは、
6番目のあっさり、おおらか、聞き上手
でした。

私はあっさりしているし、あんまり人が
どう言おうと、バカなので引きずりません。

でも、聞き上手ではないです。
友達の話も、あんまり聞いていません。

でも、これから聞き上手になりさえすれば、
モテるはずなんです。

6:モテる女性になるために1番大事な事とは?

モテる女性になるって、
顔が良ければいいとか、
実は見た目だけの話では、
ありませんでした。

第一印象はすごく大切で、
誰から見てもキレイであれば、
それに越したことはありません。

けれど、どんなにキレイでも、
人とちゃんと関わることが
できなければ、モテません。

自分の性格を、モテるように変えていくと、
周りとの関係が、どんどん
面白いように変わりました。

友達も増えたし、色々なことを
聞かれるようにもなりました。
(主にゲームのことだけれど)

そんな風に、
誰かが何かを言って来てくれたら、

どんなに忙しかったり、
彼のことで頭がいっぱいでも、

その人のことを一番に考えてあげること、
それが一番大切なことでした。

私にとって、学校生活は
今の生活の、全ての中心にあって、
そこが楽しければ、全て楽しい。

そこがつまらなければ、
きっと過ぎていく時間そのものが、

つまらないものに、
なってしまうんだろうと思います。

人間関係が楽しければ、
学校生活全般が楽しいです。

勉強はできなくても。

モテる女性になるっていうことは、
人との関係を大切にして、
毎日を楽しく生きるということ、
なのかなと思います。

7:まとめ

恋愛心理学に出会って、
私の人生は変わりました。

私は周りからオタクだと
思われていたし、
暗いと、多分言われていました。

けれど。

クラスの子たちが、
私と仲良くしてくれたりして、
友達もすごく増えました。

彼は、私のことを
凄く見てくれているし、
他の男子からも、告白をされました。

モテるって、楽しいです。

男子も、女子も、
みんな優しいです。

最低限のキレイって大切だけど、
それだけじゃない。

友達との関わり方を、
教えてもらいました。

自分を変えたい、どんな風にしたら
モテるんだろう、うまくいくんだろうと
思っている人たちが、

上手に自分を変えていけるように願って、
この文章を書きました。

きっと、変われるから、頑張って。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA