手に触れたがるのは好意の象徴?ボディータッチが示す男性心理

男性がボディータッチを
しようとするとき、
女性に対して少なからず
好意を持っています。

それは間違いないのですが、
問題になってくるのは
「異性として意識しているのかどうか?」

そこの見極めが難しいところです。

その判断基準が女性に初めて
触れようとする部分に現れてきます。

男性の好意が顕著に現れる部位が
女性の『手』ということですが、
女性の手に触れようとする男性心理を
詳しく見ていきましょう。

1:女性の手に触れようとする男性心理

まず、男性心理で重要なのが、
異性として好意を抱いている女性には
男性は恐怖を感じています。

馴れ馴れしく軽々と
触れようとはしてきません。

「女性に嫌われたくない」
「女性に誤解されたくない」

女性から好かれることより
嫌われたくないという心理が
芽生えているからです。

慎重になっていることで
ボディータッチができないため、
「ボディータッチは好意の象徴」とは
一概には言えないのです。

たとえば、
母と息子の親子関係では
スキンシップは多いかもしれませんが、
異性としての意識はないですよね。

「母ちゃん最近太ってきたな~」
二の腕をプヨプヨ触ってきたり、
軽く叩いてきたり、
からかうスキンシップが多いです。

これも安心感を得ようとする
愛情表現の一種ではありますが、
異性としての意識があるかといえば
ないですよね。

しかし、女性として好意を
持っている人に対しては
こういった馴れ馴れしい
ボディータッチはしてきません。

むしろ、できません。

「この人に触れたい!けど触れない…」
というソワソワした心理状態に
なっているわけです。

肩に触れることもできない。
頭を撫でることもできない。
腰に手を回すこともできない。
足やお尻に触れるとセクハラになる。

じゃあ、
どこに触れようとするのかというと
女性の『手』になります。

手は一番ハードルが低く、
男性にとって比較的触れやすい
場所でもあるということです。

しかし、男性にとって
好きな女性の手を握るというのは
思っている以上に神聖な行為なので、
すぐに握ろうとはしてきません。

2:女性が好意をもっているか知りたい男性

本当に恋愛感情がある男性の場合、
手でもすぐには触れてきません。

すぐに触れてくる男性は
ある程度女性慣れした男性です。

あるいは
一夜限りの関係を求めるような
女性への好意を感じているレベルが
低い男性になります。

「この人のことが死ぬほど好きだ!」
という想いが強ければ強いほど
慎重になる傾向が出てきます。

これは
女性が好意をもつ男性に対しても
同じはずです。

つまり、ある程度女性から
好意を確認できないと
触れようとはしてきません。

手を触れるまでの段階としてあるのは
まず女性と一緒にいるときの
パーソナルスペースを縮めようと
してきます。

一緒に歩くときの距離、
並んで座っているときの距離、
お互いにしゃべっているときの距離、
など

女性との距離を縮めて、
女性の香りや空気感を
確かめようとします。

そこで遠ざかったり嫌そうな
素振りが見られなかった段階で
次に手の甲に触れようとします。

最初は偶然を装って
「あ…ごめん。当たっちゃった」
当ててくることもあると思います。

しかし、このときに男性は
「俺は女性から受け入れられているのか?」
女性からの反応をテストしています。

そこで受け入れられているのかを
何度も確認できていく中でようやく
女性の手を握るという行為に
辿り着くというわけです。

このように女性に対して
恋愛感情を持っている男性は
女性の好意を何度もテストしています。

男性は本気で恋心を抱いている
女性に対しては
かなり臆病な生き物です。

あなたに対して男性が好意を
抱いているかどうかを確認するには
手を握るまでにどれだけ慎重に
距離を縮めようとしてくるか?

その過程を注意深く
観察してみてください。

3:まとめ

本来男性にとって女性の
手を握るという行為は
「この人を守っていきたい」と思える
女性にしか気軽にやってきません。

まず、手を握ってくるまでの段階で
「パーソナルスペースを縮めてくる。」
「手の甲を当ててくる。」

このようなテストをあなたに対して
してきているかどうか?

そこから男性の真剣さを
見極められるはずです。

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!