キャバ嬢と一生恋愛関係になれないダメ客に共通する4大要素

キャバ嬢 恋愛

大切なお金と時間を
無駄にしたいですか?

想像してみてください。

もしもこれから先あなたに、
どこかのキャバクラで
お気に入りのキャバ嬢が
できたとしましょう。

ますます気持ちが盛り上がり
「よし!あの娘を落としたい!」
と思ったとします。

「今からあの娘にアプローチしよう」
ということになります。

ですが残念な現実があります。

それは「今から」頑張っても
もう遅いということです。

手遅れなのです。

お気に入りのキャバ嬢は
最低でも一回はあなたの
席についていますよね?

そのときキャバ嬢はあなたに
男として魅力を感じるのか、
それとも拒否したいダメ男かどうか、
厳しく判断しています。

さらに二回や三回も接客をしたならば
ますます深く判断しています。

キャバ嬢にとってあなたが魅力的で
「○」と判断された男性ならば
これから恋愛関係になることも有り得ます。

しかし、反対に拒否したいような
「×」と判断された男性だとしたら、

そこから盛り返して形勢逆転し、
恋愛関係になるのは至難の業です。

100%無理ではありませんが、
多大なお金と時間と労力がかかりますし、
ほぼ不可能だと思った方がいいでしょう。

その後にあなたが使うお金と時間は
すべて無駄になってしまいます。

キャバ嬢とは
恋愛関係にはなれないのに

一生懸命お店に通って
お金と時間を無駄にしているのです。

あなたにはそんな残念な
経験して欲しくありません。

あなたは今からアプローチして
恋愛関係になりたいと思っているのに、

お気に入りのキャバ嬢からは
ダメ男の烙印を押されていては
打つ手はほとんどありません。

そんな悲しい状況が発生しないための
基礎知識をすべて書きました。

とてもシンプルで簡潔な内容です。

キャバクラ初心者でも
口下手でも
年齢も関係なく
誰にでも実践できる内容です。

もちろん顔の良し悪しも関係ありません。

10分足らずでサクッと読める内容です。
これからキャバクラに通う前に
電車の中やお昼休みの時間にでも
一度目を通しておいてください。

そのことがこれから先の
あなたの『時間とお金』を
無駄にしないことになるのです。

目次

1:キャバクラシステム基礎編
2:ダメ客チェックポイント1-お店に行く前の準備編
3:ダメ客チェックポイント2-入店直後編
4:ダメ客チェックポイント3-キャバ嬢が着席してから編
5:ダメ客チェックポイント4-お気に入りキャバ嬢を見つけた後の要チェックシート
6:まとめ

目次【クリックすると自動でスクロールします】

1:まずはキャバクラシステム基礎編

1-1:そもそもキャバクラとは?

キャバクラとは、キャバ嬢と
呼ばれる女性が客席に付き接待を行う飲食店。
ネット上で行う『ネットキャバクラ』という種類もある。
料金は時間制で、常時接待を行う
風俗営業(接待飲食店)である。

引用元:キャバクラWikipedia

1-2:キャバクラの料金システムとは?

料金は時間制です。

一人60分6,000円や80分9,000円など
多種多様の料金形態があり
地域やお店ごとに異なります。

60分6,000円のお店の場合は
120分滞在すれば12,000円です。

キャバ嬢へ提供するドリンク代は
別途料金がかかり、加えて会計時には
TAXやサービス料が発生するお店もあります。

会計で困ることのないように
入店前にしっかり確認しましょう。

1-3:キャバ嬢の接客内容とは?

  • お酒をつくる
  • お客さんが楽しくなる場をつくる

基本的な接客内容はこの2つです。

お店によって雰囲気が異なりますし、
キャバ嬢ひとり一人にも個性があります。

あなたのお気に入りのお店と、
キャバ嬢を探してみましょう。

1-4:キャバクラの探し方

お店の探し方は
大きく分けて3つあります。

  1. ネット検索
  2. 紹介所
  3. 客引き

1-4-1:ネット検索

お店のホームページを覗いてみると
どんな女の子が在籍しているかを
確認することができます。

ただし顔を載せている
女の子はほぼ全員が
顔のトーンを明るくしたり

肌荒れを消していたりなど
大なり小なり
写真の修正をしています。

完全に写真のまんま、
という期待はしない方がいいです。

ネット検索では
お店のホームページだけではなく
ポータルサイトもあります。

例えば「すすきの キャバクラ」
で検索してみましょう。

「地域名 キャバクラ」で検索すれば
店名の一覧が出てきます。

「限定割引」などがあったりしますし、
料金や時間など
店ごとに比較しやすいので
有効に使ってみてください。

1-4-2:紹介所

案内所ともいいます。
夜の各繁華街に多数あり、
スタッフは男性であることが多いです。

多数のキャバクラの中から
あなたの希望に沿うお店を
紹介してくれます。

  • 基本時間料金
  • タイプの希望(ギャル系・しっとり系など)
  • キャバ嬢へのワンドリンクサービス
  • ポッキリ価格での案内

など、

これらをはじめあなたの希望を
出来るだけ細かく伝えましょう。

割引してくれる場合もあります。

紹介所利用のワンポイントとしては
スタッフさんと仲良くすることです。

これはあなたにとってメリットが多いです。

あなたが別のお店も覗いてみたい時など
後々に別のお店を紹介してもらうときに
良い待遇をしてくれることがあります。

出来るだけスタッフさんと仲良くしましょう。

1-4-3:客引き

店前を通る人達に声をかけて
お店にお客さんを呼ぶやり方です。

じっくりと料金や内容を
詰めることができる反面、
ボッタクリの場合もあります。

ボッタクリで通報されて
スタッフが逮捕されている
店のほとんどが

道行く男性に
直接声をかけてお店に
客を引き込む方法です。

良い客引きもいますが
見極めが必要になります。

初心者の場合は
ネット検索や紹介所で
お店を探す方がいいでしょう。

2:ダメ客チェックポイント1 お店に行くまでの準備編

2-1:あなたがキャバクラへ行く前に絶対に確認するべき9つのこと

実はお店に行く前の時点で
キャバ嬢があなたにどんな印象をもつか
勝負は大半決まっています。

キーワードは『清潔感』です。

ダメ客には本当に
清潔感がありません。

必要最低限のチェック項目を
リスト化していますので
必ず全てを確認してから
お店に向かいましょう。

2-1-1:髪

  • ボサボサになっていないか
  • フケがパラパラ出ていないか
  • 脂でテカテカになっていないか

最低この3点をチェックしましょう。

髪は清潔感を印象づける
ための大きな要因です。

2-1-2:顔

  • カサカサに乾燥していないか
  • 顔色が悪くないか
  • 目の下にクマはないか
  • 脂ギッシュになっていないか

2-1-3:鼻毛

  • 鼻の下から鏡をのぞいて一本も出ていないか

忘れた頃にヒョコッと
顔をだすのが鼻毛です。
要チェックです。

2-1-4:歯と口臭

  • 歯と歯の間に食べカスが詰まっていないか
  • 歯が黒ずんでいないか
  • 歯にタバコのヤニがついていないか
  • 相手を不快にする口臭ではないか

中華料理や焼肉といった
匂いの強いものを食べた後は
ブレスケアなどを
飲んで対応しましょう。

その場に友人がいたら
あなたの息が臭くないか
正直な意見を聞いてください。

初対面で口が臭いのは
かなりマイナスです。

また、
詰め物が取れていたり
虫歯が見えたり
歯が欠けていても
よくありません。

歯医者を予約しましょう。

2-1-5:服装

  • シミがついたヨレヨレのシャツを着ていないか
  • 胸元がダルンダルンのTシャツを着ていないか
  • シワでクシャクシャのジャケットを着ていないか
  • 袖や襟元が擦り切れたトップスを着ていないか

チェック項目はこれくらいです。

なおキャバクラへ通うときの
服装に100%の正解はありません。

何系の服装がウケがいい
といったようなことは
まずは考えないで大丈夫です。

ただし全身ジャージは
おすすめできません。

とにかく清潔感のある服装を
意識しておけば大丈夫です。

2-1-6:靴

  • 泥がこびりついていないか
  • 薄汚いスニーカーを履いていないか
  • 革靴の先が擦れて汚れていないか

キャバクラは暗めの照明なことが多いです。
それでも足元はチェックされています。

キレイにできているか
確認しておきましょう。

2-1-7:指先(爪)

  • 爪の間に垢がたまっていないか
  • 爪が無駄に伸びていないか

どうしても指先は
あなたがグラスを持つときに
キャバ嬢の目に入ります。

男性が思うよりも
女性は指先と爪に
かなり注目しています。

2-1-8:唇

  • カサカサになってないか
  • 割れているところはないか

リップを使って対応します。

2-1-9:体臭

  • 汗臭くないか
  • 服に炭焼屋の煙の匂いがついていないか
  • 香水をふりすぎていないか
  • ワキガではないか

むせるほど香水をふる人がもいますが
オススメしません。

モワーッとするような
気分が悪くなってしまうような
香水の使い方はやめましょう。

あくまで「爽やかな」香りで
いるように心がけてください。

こちらは内的原因ですが
汗をかいた後に、シャツの脇部分が

  • やや黄色がかっていたり
  • 粘性があったり
  • 強い匂い

等がある場合は
ワキガの可能性があります。

「ワキガ 治療法」などで
検索して対応しましょう。

キャバ嬢はニオイ全般に敏感です。

3:ダメ客チェックポイント2 入店直後編

3-1:入店時の男性スタッフとの対応4つの要素

キャバクラに到着すると、
男性スタッフがあなたを
丁寧に迎えてくれます。

キャバ嬢が席に着いてからが
スタートではありません。

実はお店に到着した瞬間から
あなたの時間は始まっています。

男性スタッフとの
コミュニケーションの取り方や
席につくまでのあなたの空気感を
見ているキャバ嬢は見ています。

ダメ客が押さえられていない
ポイントをここで詳しくお伝えします。

3-1-1:目線と表情の使い方、姿勢と歩き方の立ち居振る舞い

目線は下に向けず
正面よりやや上に向けます。

今夜はどんなキャバ嬢が
出勤しているのか
気になると思いますが、

店内を落ち着きなく見回して
キョロキョロするのは
やめておきましょう。

表情は仏頂面をやめて少しだけ
口角を上げた表情にします。

歩き方は頭の先が空にピンッと
引っ張られているイメージ。

肩で風を切って歩く
イメージとは異なります。

胸を少しだけグッと上げて
あごを軽く引いて
爽やかに歩きましょう。

着席してからも
気を抜き過ぎないように
注意が必要です。

ソファーでふんぞり返る座り方、
猫背で丸くなる座り方、

よくやりがちなこの二つは
どちらもしないようにしましょう。

普通に座っておけば
問題ありません。

「いつも見られている」

という意識を
あなたは持つようにしましょう。

ダメ客にはこの意識がありません。

キャバ嬢の目の前でだけ
いい格好をしようとしています。

が、それも実はバレています。

3-1-2:言葉遣い

男性スタッフに対して
かなり上から目線で
話す客がいます。

ダメ客はこれをしています。

「俺はお客様だぞ」

と言いたげですが、
結局はその客自身が
損をすることになります。

スタッフも人間です。
人間は感情の生き物です。

良い態度のお客さんには
さらによい接客をしたり

人気のキャバ嬢を着けるなど
色々と便宜を図ることもあります。

丁寧すぎるほどの
言葉遣いは必要ありません。

一般的な言葉遣いで大丈夫です。

あなたは大切な人達と話す時のように
尊重の気持ちを持って
スタッフと会話しましょう。

3-1-3:好みのキャバ嬢を聞かれた時の答え方

お店によっては席に着いた時にスタッフから
あなたの好みを聞かれることがあります。

ここで「えーっと…」
返事に詰まるのがダメ客です。

そのうち「いい女つけてよ」
なんて偉そうに言い出します。

あなたは答えに窮する
必要などありません。

  • 「キレイ系で会話がおもしろい娘」
  • 「人気上位の売れてる娘」
  • 「博多弁の可愛いらしい娘」

適当に例を挙げましたが
あなたの率直な好みを伝えましょう。
大まかで大丈夫です。

スタッフさん達が対応してくれます。

3-1-4:スタッフ中であなたの好感度を急上昇させる方法

繰り返しますが、
スタッフもあなたと同じ人間です。
人間は感情の生き物です。

良い態度のお客さんには
さらによい接客をしたくなります。

人気のキャバ嬢を席に着けたり
色々と便宜を図ることもあります。

あなたもそうされる側の
お客さんになってください。

たとえノリで入ったお店でも
スタッフ側に立った時に

「あのお客さんには
一層楽しんで欲しいな」

と思われるようなお客さんに
なった方があなたにとって
メリットが多いです。

話を戻します。

あなたの好感度をスタッフの中で
急上昇させるコツはたった一つです。

スタッフに「お名前は?」と質問します。
例えば「山田です」と答えられたら、

おしぼりを渡してくれるなど
接客を受けた時に
「山田さん、ありがとう(ございます)。」
と毎回伝える。
これだけです。

キャバクラには酔客も多いです。
客層も客質もピンきりです。

ダメ客は名前も覚えませんし、
ありがとうの一言もありません。

そんな中であなたからは
自分の名前を呼ばれて感謝される…。

常連さんからは名前を
呼ばれることがあったとしても

初回のお客さんからは
なかなかないですから、
スタッフはあなたのファンになります。

そんな話はスタッフルームでも
スタッフ「今日感じの良いお客さんがいてさー」
キャバ嬢「へー、そんなお客さんいたんだー」
という会話になっていきます。

あなたのいい噂が
そのお店に拡がります。

もし次回行くことがあれば
さらに良い接客をしてくれる
可能性があります。

4:ダメ客チェックポイント3 キャバ嬢が着席してから編

キャバ嬢があなたの席についたら
あなたは女の子と会話して
楽しい時間を過ごしましょう。

一緒に盛り上がれれば
さらに良いですよね。

会話の内容に、
特にルールはありません。

ただし、多くもなく
難しくもありませんが
キャバ嬢に対しての
NGワードとNG態度はあります。

初対面ではじめましての
キャバ嬢に対して人間的に失礼な態度や
失礼にあたるワードです。

キャバ嬢も
一人の人間であり
一人の女性ですから。

それでも喰いついてくる
プロに徹するキャバ嬢や

キツくイジられるとさらに喜ぶ
変わった体質の娘もいますが、

初期の総合的な観点からは
NGポイントになります。

お店に行く前にチェックして
頭に入れておいてください。

4-1:最低限知っておくべき初対面のキャバ嬢へのNGワード集

  1. 「なんでこんな仕事してるの?」
  2. 「ご両親はこの仕事してるって知ってるの?」
  3. 「なんでそんなにブサイクなの?」
  4. 「その顔見たら金払いたくなくなるわ」
  5. 「えー、もっと可愛い子がよかったのに!」
  6. 「なんでそんな体つきなの?」
  7. 「その化粧全然ダメ」
  8. 「キミの顔貧乏くさいから、高級感のあるこの店にふさわしくないよ」
  9. 「あーあ、他の娘はみんなキレイで可愛いのにね」
  10. 「えー、ハズレじゃん」
  11. 「いくらだったらヤらせてくれる?」
  12. 「そのドレス、マジでダサいね」
  13. 「先月は給料いくらもらった?」
  14. 「今日の下着ってT?」
  15. 「今日の下着何色?」
  16. 「どーせ金持ちの客つかまえてヤりまくってんだろ?」
  17. 「ねー、今すぐおもしろいギャグやってよ」

店内ではもっともっと

  • 厳しいワード
  • 下品なワード
  • 卑猥なワード

が飛び交っています。

あえてこういった

  • イジりワード
  • 説教ワード
  • 失礼なワード

をわざと使うことでキャバ嬢と
親密になるテクニックを使う男性もいますが
それは上級テクニックです。

初対面のキャバ嬢に対してや、
これからキャバクラに通う
初心者は使わない方がいいです。

「社会的にそんな発言って失礼でしょ?」

という内容ばかりですが、
なぜか夜のお店では
平気で口にする客が
実際にたくさんいます。

  • スタッフからみても
  • キャバ嬢からみても
  • 他の客の立場からみても

実際にたくさんいます。

お酒が入って悪い方向へ
調子に乗ってしまう客が
多いのかもしれません。

あなたは
そうならないように
気をつけましょう。

ただし、ごくごくまれに

「この娘は本当にムリ」

と感じるキャバ嬢があなたの
席につく場合もあります。

どうしても無理な場合は
「ちょっとトイレに」
と言って席を立ち、

トイレに行く途中で
男性スタッフに
女の子をチェンジして
もらうように伝えましょう。

直接女の子に
「キミ、ホント無理だからゴメン」
と伝えるよりも
円滑で穏便な場合が多いです。

参考にしてみてください。

また、あなた自身のことを話す時
『マイナス3Dワード』だけは
使わないように気をつけましょう。

『マイナス3Dワード』とは

  1. 「でも」
  2. 「だって」
  3. 「どうせ」

この3つです。

自分自身のことを妙に卑屈に話したり、
卑下して話すお客さんがいますが、
基本的に良いことにはなりません。

わざわざ自信満々のワードを
使う必要はありませんが、

反対にマイナスワードを
使う必要もありません。

フラットなあなた自身で
キャバ嬢との時間を楽しみましょう。

4-2:最低限知っておくべきキャバ嬢へのNG態度集

  1. 「オレは偉いんだぞ」態度をやたらにとる。学歴や社会的地位を振りかざす。さらにキャバ嬢の学歴や地位を詰める。
  2. 他人をバカにする。
  3. その場にいない人への愚痴と文句を連発する。
  4. 胸やお尻などへの執拗なボディータッチ。
  5. 最初から肉体関係だけを目的にした言動。
  6. 自分一人でしか盛り上がらない内容の話を延々と続ける
  7. 目の前のキャバ嬢が全く理解できない話を続ける。研究者しかわからない数式など
  8. 自慢話を延々続ける。「○○の社長はオレの後輩でさー」「□□って商品、あれオレが手がけたんだぜー」など
  9. 実はオレも昔は悪かったトーク。キャバ嬢が聞きたくもない大したこともない武勇伝など
  10. 全く会話をしない。キャバ嬢と話さない。
  11. 全然目を合わせない。
  12. つまらないギャグを連発する。
  13. キャバ嬢にギャグを強要する
  14. プライベートなことをやたらと質問する。
  15. 住所や家族構成を嫌がっている相手にしつこく聞く。
  16. キャバ嬢がチンプンカンプンな話をひたすらする。
  17. 脇などあらゆる部位の匂いをしつこくクンクン嗅ぐ。

相手の気持ちを考えれば
「そりゃまずいよね」
誰でもわかりそうな
態度ばかりです。

しかしNGワード集と一緒で
キャバクラでは

わざわざお金を払って
「そりゃまずいよね」という
態度をとる客が大勢います。

だからこそあなたには
大きなチャンスがあるのです。

キャバクラはまず
会話を楽しむ場です。

そして場の空気を楽しむものです。

会話というものは
双方向で初めて成り立ちます。
一方通行ではありません。

ダメ客は常に一方通行です。

できればあなたは
キャバ嬢の話を聞こうと
してみてください。

実際のところキャバ嬢は、毎晩毎晩いつも

  1. 面白くもない
  2. 面倒くさい
  3. 聞きたくもない

そんな話ばかりする
お客さんが多すぎて
辟易(へきえき)しています。

もしもあなたがキャバ嬢自身が
話したいことを話させてあげると
かなり印象が良くなります。

あなたが話をふる場合も
相手が興味のありそうなことを
ふってあげると

キャバ嬢は話しやすくなり、
あなたとの双方向性が
会話の中で一層高まります。

二人のコミュニケーションが
ドンドン深まっていきます。

一方通行でも双方向でも
使うお金と時間は同じです。

効果的に時間とお金
を使いましょう。

4-3:キャバ嬢とのやりとりの基礎知識

キャバ嬢と一緒にお酒を飲んでいると

  • 「こんな時はどうすればいい?」
  • 「これって間違ってないかな?」

と思う場面に出くわします。

ダメ客のやりとりと対比しながら
あなたがどう対応すればいいか
基礎を覚えていきましょう。

4-3-1:レディースドリンクを求められた時

「私もドリンク一杯いただいていいですか?」
キャバ嬢がこう言ってきた時は
どうすればいいでしょうか。

ダメ客は
「なんでだよ」「ダメ」「ムリ」
と即答します。

ベストな対応は
あなたがキャバ嬢から聞かれる前に
「一杯どうぞ」と言うことです。

席につくなり「一杯どうぞ」
とキャバ嬢に伝えるのです。

この一言は後々大きな
違いをあなたにもたらします。

「あ、このお客さんはわかってる人なんだな。
よくいるダメ客とは全然違う人じゃん。」
とキャバ嬢に思われることになりますから。

もしくは
「ドリンク一杯いいですか?」
と聞かれたら
「いいよ」と答えましょう。

ただしレディースドリンクは
時間制料金とは別に料金が
かかる場合がほとんどです。

お店によって異なりますが
カクテルやソフトドリンクならば
一杯1,000円以上します。

その料金も最初から想定して
お財布に余裕をもたせておくと
気持ちよくキャバクラを楽しめます。

とはいえ無理は禁物です。

お財布事情で本当に難しいときには
「また今度来た時にね」と言って
上手くかわしましょう。

4-3-2:場内指名を求められた時

キャバクラでは
あなたの席に着くキャバ嬢が
1セット(60分や50分など)の中で
1~3回ほどチェンジします。

男性スタッフから
時間だからチェンジですよ
の掛け声がかかった時に

「私、まだご一緒してもいいですか?」
とキャバ嬢から聞かれることがあります。

これは
『私に場内指名を入れてください』
ということです。

ちょっとガツガツ来るキャバ嬢は
こう言ってくることが多いです。

場内指名とは
お店に入って時間が経ってから
特定のキャバ嬢を指名することです。
1セットごとに別途料金がかかります。

逆に本指名とは
お店に入った最初の瞬間から
特定のキャバ嬢を指名することです。
こちらも1セットごとに別途料金がかかります。

もう一つ、
フリーと呼ばれるものがあります。

あなたは特定のキャバ嬢を指名せずに
お店側が指定して順番に
あなたの席に着けてくるキャバ嬢と
過ごすことを言います。

別途料金はかかりません。

話を戻します。

  • 「私、まだご一緒してもいいですか?」
  • 「私、まだここにいてもいいですか?」

と聞いてきたのがあなたの好みのキャバ嬢なら
「いいよ」と言えばいいだけです。
簡単ですよね。

問題なのは好みのキャバ嬢ではない時です。
さてどうしましょうか。

ここでダメ客は
「嫌だよ」「さっさと変わってよ」
と即答します。

ダメ客ではないあなたは

「このお店初めてだから
(あまり来たことないから)
どんな女の子がいるか
出来るだけ見てみたいんだよね。」

と答えましょう。

相手には、
やわらかいニュアンスで
ふんわりとNOが伝わります。

キャバ嬢はそう言われると
「しょうがないか」となり
嫌な気持ちもなく
席を立つことができます。

やたらめったらに相手に気を遣う
ということではなく、
思いやるということです。

お互い対等な立場として
人間関係を築くことが重要です。

そんなお客さんには
キャバ嬢も好意を持ちやすくなります。
(※オラオラ系の男性を好きなキャバ嬢を除く)

ダメ客はこれを一切やりません。
気付いてもいません。

自分だけがよければいい
自分だけが楽しければいい
というスタンスなのです。

あなたはキャバ嬢の気持ちを
考えることが重要です。

4-3-3:連絡先交換を求められた時

「連絡先交換してくださいよー」

お店でキャバ嬢からよく言われます。

問題ありません。

あなたが嫌でなければ
交換してください。

問題は同じお店で複数人から
連絡先交換を求められた時です。

あなたが特定のキャバ嬢を
指名していないフリー客の場合は
よくある事態です。

ベストは
あなたのお気に入りになりそうな
筆頭候補のキャバ嬢とだけ
連絡先を交換することです。

ですがそれも、ほとんどの場合難しいです。

なぜならいつお気に入り
筆頭候補があなたの目の前に
現れるかわかりませんから。

そこで現実的な方法として
連絡先交換を求められたら
全員と交換してもOKです。

ですが全員とその後何度も
やり取りを続けるのは
やめましょう。

その複数人の中から
あなたのお気に入りになりそうな
筆頭候補のキャバ嬢とだけ
その後のやりとりを続けるようにします。

他のキャバ嬢とは
サラッと流す程度の
やり取りで終わらせるようにします。

ダメ客は連絡先交換をした全員と
ひたすらやり取りを繰り返します。

そのうちバックルームにて
キャバ嬢同士で

A「ねーねー、この前の客からやたら連絡あるんだけどー」
B「うっそー、ウケるー」
A「てか、あんたも交換してなかったっけ?」
B「えーもしかして○○?」
A「そうそう、○○!」
B「○○私にもすごい連絡してきてるしー。
どんだけ欲出してんだよーって感じだよね」
A「マジきもいわー」

って陰口叩かれて終了です。

せっかく使った大切な
お金と時間が水の泡です。

連絡先を交換した後のやりとりで
特に注意点はありません。

まずはキャバ嬢が連絡してきたら
返信すればいいだけです。

あなたから連絡するのではなく
キャバ嬢から連絡が来たら返す。
これが基本です。

残念ながらダメ客は違います。

  • 「おはよー」
  • 「おやすみー」
  • 「今日何食べた?」
  • 「明日休み?」
  • 「元気?」
  • 「ただいまー。今日も仕事終わったぜ」
  • 「最近なんかスルー多くない?」
  • 「おーい、シカトかよ?」

こんなメッセージを自分から
何通も何通も送りまくります。

その結果どうなるかは
考えなくてもわかりますよね。

あなたはそうならない
ように心がけましょう。

4-3-4:同伴を求められた時

何軒かキャバクラをめぐって
あなたがお気に入りのキャバ嬢を
見つけたとしましょう。

何度かお店に顔を出すと
「今度ご飯一緒に行こう」
とキャバ嬢から誘われます。

あなたが「いつ?」と聞くと
「次の金曜の夜に」とか
「今週土曜の夜がいい」とか
言う場合が多いです。

これは
「私と同伴してください」
という意味です。

ただしキャバ嬢が休みの日の夜に
誘わってくるのは同伴目的ではありません。

同伴とは
「キャバ嬢が出勤前に
お客さんとご飯を食べた後に一緒にお店に出る」
ことです。

ちなみに同伴料が
別途数千円かかる場合があります。

もちろんご飯代もあなたもちです。
同伴で割り勘はないと心得ましょう。

高級なお店かどうかではなく、
キャバ嬢から好みを聞き出して

それに合うお店かどうかを
判断基準にすればいいです。

さらに落ち着いた雰囲気で
個室や半個室があると
なお良いです。

二人でゆっくり話をできる
空間のお店を選びましょう。

これもキャバ嬢からすると
基本的には仕事の一環です。

ですがダメ客は「一緒にご飯」
というフレーズで
デートと勘違いします。

割り勘に平気でします。

さらにその後お店に行かず
同伴しないダメ客もいます。

これではお気に入りのキャバ嬢の
顔に泥を塗るだけの結果になります。

お気に入りのキャバ嬢と
関係が深まっていき
同伴目的ではないご飯を共に
するのはまだ先の話です。

キャバ嬢が初めてあなたに
「今度ご飯一緒に行こう」
誘ってくれば100%同伴目的
だと思ってください。

「一緒にご飯に行くのも良いかな」

とあなたが思うのであれば
どうぞ楽しんで行きましょう。

お気に入りのキャバ嬢と
出会って初期の頃に
お店以外で会うのは

新たな一面をお互いに
発見できる有益な時間に
なることがあります。

恋愛関係の入り口にもなり得ます。

まずは一度、
お気に入りのキャバ嬢と
同伴するのもいいでしょう。

5:ダメ客チェックポイント4 お気に入りキャバ嬢を見つけた後の要チェックシート

キャバ嬢にはいろいろな女の子がいます。

あなたがお気に入りの
キャバ嬢を見つけた後、

お気に入りのキャバ嬢が
下記の項目に一つでも
該当していないか
必ずチェックしてください。

リスト化して簡潔に挙げています。

もしも一つでも該当する場合は
それまでダメ客にならないための
ポイントをしっかり学んで

実践していたとしても
そのキャバ嬢と恋愛関係に
なるのは非常に難しいです。

その場合は
あなたが悪かったのではなく
気に入った相手が悪かった
というだけですから、

その女の子に固執せずに
新しいお店で新しいキャバ嬢を
探してみれば良いだけです。

キャバ嬢と一生恋愛関係になれないダメ客は
お気に入りのキャバ嬢が
このチェックシートに該当項目がある場合も

ひたすらお気に入りの
同じキャバ嬢に入れ込み続けて
大事なお金と時間を無駄にしてしまいます。

  1. 利き腕と反対の腕に傷が増えている
  2. やたらとホストへ一緒に行きたがる
  3. 「お店に来て来て」の連絡ばかりしてくる
  4. 裏引き(直引き)してくる

5-1:利き腕と反対の腕に傷が増えている

心の闇が深いキャバ嬢は多いです。

営業中は誰にでも
笑顔を振りまきながら
閉店後にはいきなり
号泣しているキャバ嬢もいます。

ストレスの多い仕事です。
それが心の闇の拡大や
自傷行為の頻発に
拍車をかけます。

そういったタイプの女の子を
好きな男性もいますが

恋愛関係になったとしても
その後が難しいのが実情です。

5-2:やたらホストへ一緒に行きたがる

アフターで
やたらにホストクラブへ
行きたがるキャバ嬢もいます。
*アフター=営業終了後にキャバ嬢と
一緒に別のお店にいくこと

ほとんどの場合が
そのお店のホストと彼氏彼女の関係、

またはキャバ嬢がホストに
入れ込んでいるかのどちらかです。

つまりあなたは
ただの金づるということです。

5-3:「お店に来て来て」の連絡ばかりしてくる

「お店に来て来て」の連絡ばかり
をしてくるキャバ嬢も
あなたをただの金づると見ています。

そのキャバ嬢と会うのが
いつまでたってもお店ばかりの場合、
間違いなく金づると思われています。

5-4:裏引き(直引き)してくる

裏引き、直引きには
絶対に注意してください。

裏引きとは店外で会うことを
キャバ嬢から求めてきて
現金や物を要求することです。

キャバ嬢に入れ込み、
会社の金を数億や数千万横領して
逮捕されている人がいますよね?

彼らは裏引きに引っかかっています。

「大切な話があるからお店じゃなくて外で会いたい」
とキャバ嬢から連絡がいきなりきます。

「えっ!オレって頼りにされてるのかも!」
と意気揚々と待ち合わせ場所に向かうのですが、

家族が難病にかかって…
急に親の借金が発覚して…
妹の学費がどうしても足りなくて…

こんなことを言ってきます。

要は「私にあなたの金ください」
ということです。

あなたはどうすればいいかというと、
話を聞いたら何も渡さず
静かにその場を後にすればいいです。

もう会わないほうが身のためですし、
お店にもいかないようにしましょう。

何度も連絡を取ってきて
しつこく言われる場合もあります。

十分に気をつけてください。

6:まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャバクラ初心者の方に
まずは覚えていただきたい
基礎知識を全てお伝えしました。

まず事前準備で必要なのは『清潔感』

実際のスタッフやキャバ嬢との
関わりで大切なのは
『コミュニケーション・人間関係』です。

そしてお気に入りのキャバ嬢を見つけたら
その後の経過を必ず『チェックシート』
照らし合わせて確認してくださいね。

妄信して一人のキャバ嬢に入れ込むのではなく、
必ずキャバ嬢が『チェックシート』の項目に該当
していないかを毎回確認してください。

該当する場合は
そのキャバ嬢には固執せず
次のお気に入りを見つけましょう。

お客さんと恋愛関係になる
キャバ嬢は必ずいます。

そのためにもあなたは
ここまでに挙げた
4大チェック要素を確認して
基礎知識をどうか身に着けてください。

あやふな部分は
何度も読み返してください。

誰にでも実践可能な内容です。
シンプルで簡潔な内容です。

「キャバ嬢と一生恋愛関係になれないダメ客」
にここまで読んでくださったあなたは
絶対にならないでください。

あなたの大切な時間とお金を
無駄にせず有効的に使ってください。

ここまでご覧頂いたあなたが
「キャバ嬢と一生恋愛関係になれないダメ客」
これから先なってしまうのではなく
お気に入りのキャバ嬢と恋愛関係に
なれることを切に願っています。

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!