クリぼっち男女にならないクリスマスの過ごし方の秘訣と解決策!

クリぼっち 過ごし方 男

『クリぼっち』

クリスマスに1人ぼっちで過ごす
という意味で使われますが…

街中がクリスマス一色で恋人同士が
楽しんでいる姿を見ると、
人肌恋しく感じる瞬間も
出てくるかと思います。

特に、カップルで手を繋いで幸せそうに
している自分の知り合いを目にしたら、
「羨ましい…」「何で自分だけが…」
つい悶々とした気持ちになるかもしれません。

「今年のクリスマスも1人か…」
現在恋人がいない場合はつい
そう感じてしまうかもしれませんが、
果たして本当に1人でしょうか?

1人だと思い込んでいるだけで
実はクリスマスには色んな人と
縁を繋ぐためのチャンスがあるはずです。

1:ロマンチックなクリスマスは作られた妄想?

人は孤独を感じてしまっているとき、
「私だけ1人…」「俺だけ1人…」
つい自分の内面ばかりに目を向けて
自分だけが惨めと感じがちになります。

しかし、周りを見渡してみれば
クリスマスを1人で過ごしている人は
意外と多いものです。

現在恋人がいる人でもカップル揃って
予定が空けばラッキーかもしれませんが…

仕事や何かの都合で
外せない予定があれば
恋人がいても1人で過ごすことになる人も
多いのです。

つまり、
『恋人がいる=ロマンチックなクリスマス』
になるとは限らないというわけです。

むしろ、
「何で予定空けてくれなかったのよ!」
クリスマスが引き金で喧嘩になる人も
中にはいるかもしれません。

逆に現在恋人がいなくても
クリスマスを楽しく過ごせている人は
世の中たくさんいます。

つまり、
現在恋人がいるかどうかよりも
クリスマスを共に過ごせる人がいるかが
重要になってくるのです。

2:1人ぼっちのクリスマスのイメージはどこから来ている?

そもそもクリスマスに
『恋人がいない=寂しい』のイメージは
どこから来ているのか?

それは
「クリスマスは恋人と過ごすもの」という
独特のイメージが日本で
1人歩きし始めてからです。

歴史を辿ると日本のバブル期直前から
「クリスマスは恋人と過ごすもの」という
トレンドが流行しそのままバブル期には
すっかり定着したと言われています。

今ではすっかり広告やCMなどの影響で
若いカップルがロマンチックな
クリスマスを2人で過ごす姿は
お馴染みになっているかと思われます。

しかし、世界全体を見渡すと、
こう言ったイメージは
あまり定着していません。

たとえば、アメリカでは
「クリスマスは家族で過ごす」
というのが主流です。

もちろん、家族だけではなく
普段中々会えない友人や親戚で集まり、
料理や会話を楽しんだり、
プレゼントを配ったりして楽しんでいます。

日本で言えば、お盆やお正月のような
イメージに近いと思います。

このように、
本来クリスマスの過ごし方は
正解などはなく、誰かと
楽しく過ごせれば良いわけです。

しかし、日本ではどうでしょうか?

テレビCMやクリスマスの歌詞の中には
恋人同士で楽しそうに映っている姿と
それを寂しく見ている1人ぼっちの人
という構図のものが多いかと思います。

たとえば、山下達郎さんの
クリスマスイブの歌詞は
年代問わずお馴染みかもしれません。

「雨は夜更けすぎに
雪へと変わるだろう。
Silent night,Holy night

きっと君は来ない。
ひとりきりのクリスマスイブ
Silent night,Holy night」

歌詞からは
とても冷え込んだクリスマスイブの夜、
1人きりで人肌恋しくなるイメージが
連想されるかと思います。

『クリスマスに恋人がいる=勝ち組』
『クリスマスを1人で過ごす=負け組』

私たちは毎年このようなイメージを
繰り返し刷り込まれ続けている
というわけです。

つまり、自分自身がクリスマスに
恋人が欲しいわけではなく、

街中のムードやCMや広告などで
「クリスマスに恋人がいないのは寂しい。」
「クリスマスを1人で過ごすのはマズイ。」
思い込まされているのです。

「なぜか恋人がいないクリスマスに
寂しさを感じてしまう…」

これは日本のクリスマスに対する
『イメージ広告』があなたを
寂しい気持ちにさせているということです。

寂しさの正体がわかっているだけでも
今までほどクリスマスに対して
敏感に反応しなくなるはずです。

3:クリスマスシーズンは実は恋人を作りやすい

先ほどなぜ1人のクリスマスに
寂しさを感じてしまうのかの原因を
解説してきました。

しかし、
そのカラクリがわかったとしても
「やっぱり恋人がいないのは寂しい…」
と感じる人も多いと思います。

街中に出るとつい
恋人同士がイチャイチャ手を繋ぎながら
幸せそうに歩いているところが
目に入って羨ましく感じてしまいます。

しかし、
よく冷静に辺りを見渡してみると
そんな幸せそうな人は
ほんの一部だけであることに気づけます。

「クリスマスシーズンはどこもカップルだらけ」

この先入観がカップル連ればかりを
無意識に目で追ってしまっているのです。

実際はここ数年間、
恋人がいない男女が年々増えていて
男女とも半数以上の人が恋人がいないと
言われています。

20代に限定して言えば
男性では70%、女性は65%
恋人がいないという結果があります。

つまり、男女とも半数以上の人が
クリスマスに恋人と過ごしていない
ということです。

もしかしたら、
街で歩いているカップルも
ただの友達だったり仕事仲間である
可能性もあります。

そして、多くの人がクリスマスを
意識していないように見せて、
実は心の内では恋人がいないことに
寂しさを感じてしまっているのです。

あなたも寂しさを感じているのと同様に
他にも多くの人が寂しさを感じている
ということです。

しかし、裏を返せば
「寂しい…」と思っている人を
見つけたら恋のチャンスになります。

たとえば、アルバイト仲間で
「今年のクリスマスは1人なんです。
超寂しいですよ~」という人がいれば
アプローチするチャンスなんです。

これは「誘ってください」という
遠まわしのサインでもあります。

つまり、お食事に誘ったり、
遊びに誘ったりすることも
可能になるわけです。

これは必ずしも恋人候補である
必要はありません。

友達としてでもOKなのです。

「1人でいるのが寂しい…」ではなく、
「1人でいる異性を元気づけてあげよう!」

これくらいの気持ちを持ってみると
クリスマスを過ごすイメージが
少し変わってくると思います。

4:クリぼっち回避の秘訣は空間共有が鍵

クリスマスを楽しく過ごすのは必ずしも
異性と2人きりという必要はありません。

同性の友達と楽しむのもOKですし、
たくさんの友達や家族と
ワイワイガヤガヤと
楽しむ方法だってあります。

ここでクリぼっちを感じてしまう
大きな原因について考えていきましょう。

  1. なぜクリスマスに孤独を感じるのか?
  2. なぜ自分はクリぼっちだと感じるのか?

これを考えたときに出てくる要因は
2つあります。

それは
『人』と『空間』です。

1人でいること。
クリスマスを感じる空間にいること。

この2つの条件が組み合わさることで
クリぼっち(クリスマスの孤独感)を
感じてしまうのです。

なぜ異性と2人きりの空間が
ロマンチックに感じるかというと…

寒くて人肌恋しくなる
幻想的なイルミネーションの空間を
共有してくれる人がいるからこそ
温かな感情が2人の間に芽生えるわけです。

もしこの空間を1人でいれば、
どうなるでしょうか?

誰も空間を共有する人がいないので
どんなに感動的で幻想的な光景が
周りに広がっていても、1人だと
寂しく感じるようになるはずです。

つまり、
空間を共有する人がいること。

これがクリぼっちを回避するための
条件になります。

ではどのように空間を共有する人を
見つけるのか?

それをこれからお伝えしていきます。

5:誰と過ごすかよりどこで過ごすかを先に考える

「クリスマス1人で過ごすのは寂しい…」

と考えてしまうと
誰か一緒に過ごしてくれる人を
見つけようと思うはずです。

そして、相手が見つからなければ
「今年も寂しく1人で過ごすか」
なる可能性が高くなります。

ここでポイントになるのは
「誰とクリスマスを過ごすかを
考え過ぎないこと。」

特に現在恋人がいない人の場合は
これは重要なことになります。

その理由は
相手の予定や行動はあなたが
コントロールできるものでは
ないからです。

あくまで
「コントロールできるのは自分だけ」
になります。

ではあなたができることは
何かというと
共に過ごす人を決めることではなく
どこで過ごしたいかを考えることです。

これならすぐに見つかりますよね。
たとえば、

  • アルバイトや職場で過ごす
  • 好きな趣味やサークルなどの場に出向いてみる
  • 1人の人が集まりそうなクリスマスイベントに行ってみる

外に出向けば、
そこには必ず人がいます。

1人で過ごしたくない場合は
まず、家以外のどこで過ごすかの
予定を決めておくこと。

これが重要になります。

「クリスマスにアルバイトなんて…」

と思うかもしれませんが、
クリスマスにアルバイトを入れる人は
恋人がいない人も多いはずです。

つまり、感情を共有できる人が
周りに集まりやすいということです。

現在恋人がいない人が
どんな場所で過ごしているのかを
考えれば意外とたくさんの場所が
見えてくるはずです。

「あれ?君もクリスマスの予定ないの?
じゃあせっかくだし今日一緒に
ご飯でも食べに行かない?」

このような感じで
クリスマスを一緒に過ごす人が
見つかるかもしれませんよね?

なので、
どこで過ごすかの予定を
先に決めておくこと。

これがクリぼっちを回避するための
大きなポイントになります。

これを念頭に置いて、
クリスマスに恋を発展させていく
恋愛テクニックをご紹介します。

6:恋のチャンスを掴む極意は見栄を張らないこと

「もうクリスマスの予定
決まってるんだよね。」

恋人がいない人にありがちなのが、
恋人がいないことが恥ずかしくて
あえて予定が決まっているフリを
してしまうことがあります。

特に若い人ほど多いかもしれませんが、
恋人がいないのが格好悪く思ってしまって、
つい周りの人に見栄を張って
カッコつけてしまう人が多いです。

しかし、

「あの人、恋人いるんだ。羨ましい!」

と多少思われることはあっても
見栄を張ることのメリットは
ほとんどありません。

その見栄によって、せっかくあなたに
気がある異性がいたとしても
アプローチする隙がなくなってしまう
からです。

「あの人には恋人いるのか…自分には出る幕はないな…」

と諦めさせてしまう原因にもなります。

むしろ大事になるのは
見栄を張ることよりも
恋人がいない場合はそのことを
周りに打ち明けた方が楽になります。

人によっては茶化される可能性も
あるかもしれませんが…

実際はクリスマスの予定が
決まっていない人の割合の方が多いので、
内心では皆そういう人に
安心感を覚えています。

そこから異性でも同性でも
「俺もなんだよね。」「私もなのよ。」
というふうに逆に打ち明ける人が次々現れ、
共感し合える人が増えていきます。

人間は特に不幸を感じる場合
同じ境遇の人は仲間だと
思える性質を持っています。

他人と感情を共有するには
あえて自分を正直にさらけ出した方が
上手くいくことが多いのです。

6-1:クリスマスをネタにすれば恋人いないアピールは簡単!

さきほど恋人がいないことを隠すより
打ち明ける方がいいという話でしたが…
恋人がいないことを打ち明けるといっても
タイミングが難しいですよね。

タイミングを間違うと
「急にそんなこと打ち明けられても
困るんだけど…」
微妙な空気にもなりかねません。

そこで1つコツとしてあるのが
クリスマスをネタにした会話の中で
恋人いないアピールをしていくのが
おすすめです。

「いや~もうちょっとでクリスマスですね。
私は寂しくなるのが嫌なんで、
あえて仕事の予定入れちゃいましたよ(笑)」

このように
クリスマスというイベントをネタに
あえて恋人がいないことを
打ち明けます。

クリスマスをネタにすると
自然と恋人がいないことを
打ち明けやすいですよね。

趣味などの場であれば、

「いや~クリスマス一緒に
いてくれる人いないんで
遊びに来ちゃいました(笑)」

このように言われると
「え~マジッすか?俺もなんですよ。」
相手もノッてきやすくなります。

これはクリスマスだけに限りませんが、
何かのイベント事をネタにすると
彼氏(彼女)いないアピールが
自然とやりやすくなります。

なぜこのようなアピールが効果的で
必要になるのかというと…

男性でも女性でも自分に
恋人がいるかを聞かれない限りは
他人に話す機会がありませんよね。

そうすると
「この人、恋人がいるのかな?
どうなんだろう?」と気になって
誘えない人が多いんです。

それが心のブレーキになって
「やっぱり誘うのはやめておこう」
なりやすいのです。

これは私自身にも経験があるのですが、
「この人素敵だな」と思える女性でも
もしかしたら恋人がいるのかもと思って
話しかけにくいことがありました。

これはもしかしたら女性でも
同じかもしれませんが、
恋人の存在がいるかわからない人は
異性から敬遠されやすくなるのです。

あからさまなアピールは必要ありませんが、
周りの異性を安心させるためにも
恋人いないアピールはかなり効果的です。

「自分も誘っていいのかも…」
「自分にもチャンスがあるかも!」

恋人いないアピールは
「私(俺)を誘って大丈夫だよ」
という許可を周りに与えるのと
同じ効果があるのです。

クリスマスをネタにして
どんどん隙を見せていきましょう!

6-2:恋人いないアピールを見逃すな!

先ほどは恋人がいないアピールで
異性からアプローチされやすい空気を
作っていく話でした。

今度は逆に
『恋人がいないサイン』
出している人を見逃さないことも
重要になります。

たとえば、
「恋人いる人はいいですよね。
私は一緒にいてくれる人いないんで
仕事入れちゃいましたよ~(笑)」

このように冗談で話している人に
「え…そ…そうなんですか?
お疲れ様です。」とつい気を使って
受け流してしまいがちになります。

それに、余程普段親しい関係でない限りは
「俺が一緒にいてやるよ~」とか
「私が一緒にいてやろうか~」とか
中々言えないですよね。

しかし、ここで考えてほしいことが
なぜあなたにわざわざ
恋人がいないことを
しゃべってくるのか?

ここに注目してほしいのです。

それはクリスマスの予定がないから
自分を誘ってほしいという気持ちが
少なからずあるからです。

もちろん会話を続けるためのネタとして
言っている場合もあるかもしれませんが、
そこには僅かながらでも
寂しい気持ちを秘めているものなんです。

そうでなければ、
わざわざあなたにそんなことを
しゃべる必要もありませんよね?

こういうぶっちゃけ話は誰しも
恥ずかしい気持ちを持っているので
アピールが微妙過ぎてわかりにくい人も
いると思います。

このような
相手が出しているクリぼっちサインを
見逃さないことも大切です。

「ええ~そうなんですか?
自分も予定がないんでよ。
仕事終わったら夕食でも
パッーっと行きますか?(笑)」

このような感じで
軽く誘ってみてください。

そうすると
「あっイイですね(笑)
どこか良い店知ってますか?」
話が展開されていくかもしれません。

ポイントは相手の障壁を低くして
選択できる空気感を作って誘った方が
信頼を得やすくなるということです。

極端な話ですが、
「一緒にクリスマス過ごしましょう!」
と誘ってしまったら、
がっついた感じで怖いですよね?

「恋愛には強引さも必要よ。」
という人もいるかもしれませんが、
それはある程度信頼関係ができている
段階の人です。

それよりも
「この後、○○のお店に行くけど
良かったら一緒に行く?」

このように相手に選択肢を
与えた誘い方の方が
相手に安心感を与えられますし、
信頼感や誠実性が感じられます。

クリスマスに恋人になる
必要はありません。

相手を誘ってクリスマスを
一緒に過ごせたらOKなのです。

人が出しているクリぼっちサインから
恋のきっかけを掴んでみてください。

7:まとめ

今回はクリぼっちを感じないための
方法をいくつかお伝えしました。

実際のところ、恋人がいたとしても
仕事などで予定を決められなければ
クリぼっちに感じてしまうのが
クリスマスです。

それには『クリスマスは恋人と』という
クリスマスに刷り込まれたイメージが
孤独を感じさせているのです。

そして、
それによって孤独を感じている人は
あなたの周りにもたくさんいるはずです。

あなた自身が「寂しい」と思うよりも
「私(俺)が皆を明るい気持ちにしよう!」

このように他の人を想って考えた方が
クリスマスに何かを企画をしようと
ポジティブな行動へ変わっていきます。

それによって
あなたと過ごしたいと思う人も
たくさん出てくるはずです。

現在恋人がいない自由さを
是非フル活用してみてください。

楽しいクリスマスを過ごせることを
心から願っています。

8:それでも、やはりクリぼっちはイヤだ!

とは言ったものの、
やはりクリスマスやイベントごとでは、

  • 「好きな人といたい!」
  • 「恋人と過ごしたい!」

というのが本音だと思います。

そこで、素敵な女性を手に入れる事が出来る
60日でモテる男に生まれ変わる恋愛講座を
無料でお伝えしております。

モテるようになるために
大事なポイントだけをまとめた
恋愛講座ですので、

この無料講座を受けることで
確実にモテる男になるために
必要な知識を手に入れることが出来ます。

あとは、その知識をそのまま
実践して頂くだけで、
これまでのモテない人生に
終止符を打つことが出来ますので、

興味がありましたら、
ぜひ、無料講座を受けてみてください。

最後までご覧いただき
ありがとうございました。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA