クリぼっち男女の割合は?クリスマスに恋人を作る秘訣を徹底検証!

クリぼっち 割合

『クリぼっち』とは1人でクリスマスを
過ごすことになる人を意味しますが…

多くの人が
クリぼっちかどうかを感じる原因は
「恋人の有無」が大きく
関連していると思います。

今回はクリぼっちの人間心理と
クリスマスに恋人を作る秘訣を
いくつかご紹介します。

1:クリぼっちの男女の割合は?

2016年度の楽天リサーチのアンケートでは
クリスマスを1人で過ごすという人の割合を
年代、性別別のそれぞれ見てみると…

20代男性(33.3%)、20代女性(18.3%)
30代男性(32.1%)、30代女性(9.5%)

参照先:楽天リサーチのデータ参照

男性が3割、女性は1割~2割

これを見ると、
「あれ?クリぼっち、意外と少ないじゃん」
と思うかもしれませんが…

あくまでクリスマスを1人で過ごす人
というデータになります。

恋人がいない人を調べている
データではないということです。

しかし、現在恋人がいない人
というククリならどうでしょうか?

男性では7割、女性では6割半の人が
現在恋人がいないそうです。

この割合を見ると
安心する人も多いかと思います。

その理由は
クリぼっちと感じている人は
現在、恋人がいない人がほとんど
だと思います。

この記事を見てくれているあなたが
なぜクリぼっちの人の割合を
わざわざ調べようとしたのか?

これを冷静になって考えてみたとき、
現在、恋人がいない自分と同じ人が
他にもいるのではないかという
安心を得たかったからだと思います。

現在恋人がいない人のデータを
見る限りでは6~7割の人は
恋人とクリスマスを過ごしていない
ということになります。

なので、
「私(俺)だけクリぼっちなんだ…」
悲観的な考えは持つ必要はないかと
思います。

ただ、考えてほしいことは…

現在、男女とも恋人がいない人が
約7割もいるということは
「クリスマスまでに恋人が欲しい」
思っている人が多いということです。

つまり、心理的な面で言えば
クリスマスは寂しい気持ちになる人が
多くなる季節でもあり、恋愛成就には
適している季節とも言えます。

2:クリぼっちになりやすい原因と対処法

「俺は1人でも平気だぜ。」
「私はむしろ1人で過ごしたいのよ。」

という人もいるかもしれません。

ですが、1人でクリスマスを
楽しく過ごそうと思いつつも心の奥底では
「寂しいよ」「1人は辛いよ」
感じてしまう人も多いと思います。

こうなってしまう原因としては
ソーシャルメディア(SNS)の普及が
かなり大きいです。

ツイッター、インスタグラム、
フェイスブックなどを利用して
コミュニケーションを取っている人は
年々増え続けています。

つまり、
SNSを使った会話の時間が増え、
直接目の前の人との会話を楽しむ時間が
減っている人が多いことを示します。

「それとクリぼっちがどう関係あるの?」
ということですが…

普段SNS上の付き合いを主としていて
リアルの付き合いがちょっとだけという人が
「クリスマスだけ付き合ってもらえるのか?」
ということです。

おそらくですが、
「私(俺)とクリスマス一緒に過ごそうよ」
と都合が良いことが起こる確率は
極めて少ないはずです。

SNSでの付き合いはあくまでSNSであり、
クリスマスはリアルでよく会う友人や恋人と
過ごしたいと誰もが思うはずです。

普段SNSで会話をしている人は
普段であれば常に誰かと関わっているので
そこまで寂しくは感じないと思います。

しかし、

リアルでの付き合いも大切にする人であれば
その付き合いを大切にしたいのが普通なので
リアルの付き合いが薄い場合、
クリスマスに孤独を感じやすくなります。

近年では周りを見渡すと電車や飲食店でも
近くに一緒にいる人がいるのに
スマホの画面をずっと見ている人が
非常に多いかと思います。

目の前の人が何かを話しているのに
スマホを弄りながら適当に
話を聞き流している。

実際にこのように
目の前の人とのコミュニケーションを
大切にできない人がSNSの影響で
多くなっているのが事実です。

もしあなたの目の前の人が
そういった感じの人だったら
「クリスマス一緒に過ごしたい」
思えますか?

おそらく、思えないはずです。

つまり、クリぼっちになるかどうかは
普段のリアルでのコミュニケーションで
どれほどの信頼関係が結ばれているかが
大きな分かれ目になってきます。

少し考えてほしいのですが…

あなたがクリスマスパーティをやるとして
異性、同性、関係なしに
あなたはどんな人であれば
クリスマスに誘いたいと思いますか?

たとえば、
ケータイの電話帳を見て
「この人は誘いたいな」と思える人は
どんな人でしょうか?

おそらく、何人か誘いたいと思える人が
候補として出てくると思います。

その人たちの顔がなぜ思い浮かんだのかを
考えてみるとその人との楽しい記憶が
過去にあったからだと思います。

それが「ああ、あの時楽しかったな。
また会いたいな」という感情に
させられるのです。

つまり、

これは逆の立場であっても同様で
「この人は楽しい人だ。また会いたい」
という人がクリスマスに誘いたいと
思われやすいということです。

1人のクリスマスを避けたいと
思う場合はリアルの人付き合いの機会を
是非増やしてみてください。

3:クリスマスを好きな異性と過ごすために心掛ける3つのポイント

クリスマスに好きな人と
過ごすための秘訣は先ほどお伝えした、
リアルでの人付き合いを
増やしていくことにあります。

普段人付き合いがほとんどないのに、
クリスマス直前になってから
クリぼっちを回避したいというのは
さすがに無理があります。

リアルの人付き合いでいかに
深い関係性を築いていけるかが
鍵になります。

ただ1つ問題になるのが…
その人と友人として過ごしたいのか?
恋人候補として過ごしたいのか?

あなたがどちらを望んでいるのか
ということです。

もし、恋人関係になる前提で
クリスマスを過ごしたい場合は
普段のコミュニケーションから
好印象を与える必要があります。

3-1:相手に全力でリアクションする

「え?それだけ?」と
思うかもしれませんが、
全力でリアクションを取れる人は
今の時代かなり貴重な存在です。

これは私自身が感じることですが、
リアクションが少なすぎる人が
かなり増えています。

「ふーん」「そう」「ええ…」
「へー」「はい」

このような平坦なリアクションの人、
周りにいませんか?

あなたももしかしたら感じることが
あるかもしれませんが、
話を適当に流されると
つまらなく感じないでしょうか?

逆に、
「それで?それで?」
「その後どうなったの?」

力強く相槌を打ちながら
身を乗り出して聞いてくれる人は
どんなイメージを持ちますか?

おそらく、興味を持って
真剣に聞いてもらえている
と思うはずです。

人間は人に興味を持ってもらえたり、
人から共感を得られると
うれしく感じる生き物です。

真剣に話を聞いて、
しっかりリアクションを取っていく。

単純なことですが、
今まで以上にこれを意識すると
それだけで人からの印象は
格段に良くなっていきます。

3-2:主語は必ず相手にすること

恋人作りに必死になっているときに
落とし穴になることがあります。

それは、
『自分アピール』にエネルギーを
注いでしまうことです。

やはり、好きな人の前では
相手に好かれたい気持ちから
人は自分の気持ちにフォーカスを
当てようとします。

そうすると言葉を発するときは
「私は…」「俺は…」と自分の話ばかり
しようとしてしまいます。

これは特に女性に多いかもしれませんが、
相手が話をしていたのにいつの間にか
自分の話にすり替えてしまったという
経験はないでしょうか?

これは自覚なしにやってしまっている
ことが結構多いのです。

それによって
「コイツ自分の話ばかりだな」
相手に思われるようになりやすいんですね。

これは自分のことを認められようとする
コミュニケーションになっているのです。

人のことを好きになってしまうほど
仲良くなるのが難しくなるのは
認められようとするコミュニケーションに
原因があります。

これを防ぐ手段としては
「主語は必ず相手にすること。」

つまり、相手にスポットライトを
当てるということです。

「○○ちゃんはどう思う?」
「○○くんはどうしたい?」

周りを見渡してみるとこのように
相手の意見や気持ちを聞く人は
人気が高い人が多いと思います。

このように相手の気持ちを
聞いてあげることで
「自分のことを気にかけてくれている」
と思われやすいんですね。

自分をアピールするよりも
相手にスポットライトを当てた方が
逆に相手から好意を持たれるのです。

「相手を主役にしたコミュニケーション」
是非試してみてください。

3-3:自分の気持ちに素直になる

クリぼっちが格好悪いと思って
「自分は寂しくない」と
強がってしまう人も多いと思います。

本当に1人で過ごしたいなら
話は別ですが…

これを読んでくれているあなたは
好きな人とクリスマスを過ごしたいと
密かに思っているはずです。

そんなときは強がらずに
素直にクリスマスの予定がないことを
周りの人に打ち明けた方がいいです。

「○○さんクリスマス誰かと過ごすの?
私(俺)は未定なんだよね。
誰か一緒に遊んでくれる人いないかな(笑)」

クリぼっちを笑いのネタにして
打ち明けることで深刻さを感じさせず、
人に伝えることができます。

このように打ち明けることをきっかけに
クリスマスに異性と過ごす予定が
もしかしたら出てくるかもしれません。

なぜかというと
6~7割の男女は恋人がいないので
一緒に過ごしてくれる人を探したい
と密かに思っている人が多いのです。

相手にチャンスを与えるという意味でも
是非クリぼっちであることを
オープンにしてください。

そこから大きなチャンスを掴む機会が
やってくるはずです。

4:まとめ

現在、恋人がいないという意味では
自分はクリぼっちだと感じる人は
年々増えていると思います。

ただ、この現状に安心するのか
恋人を見つけるチャンスと捉えるかは
あなた次第です。

皆平気そうな顔をしていても
心のどこかで寂しい気持ちを
感じているものです。

クリスマスに寂しい思いをしている異性を
あなたが救ってあげてください。

今年のクリスマスがあなたの
恋のきっかけになることを
祈っています。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA