【遠距離恋愛】「別れたい」彼女と最も幸せに別れるための4つの秘訣

遠距離 彼女 別れたい

遠距離恋愛中は、

何かとお互い不安になったり、
心配になることも多く、

体のみが離れているだけではなく、
心も離れていきがちです。

そして、別れへと発展することも。

そんな時、「別れたい」彼女と、

どうすれば円満に別れられ、
どうすれば後悔しない別れ方ができるのか。

でも、本当は「別れたくない」、
そんな時には、どうすればいいのか。

あなたのニーズを満たし、
幸せに生きて行くための秘訣を、
4つのパートに分けて紹介していきます。

 

1:遠距離恋愛中の恋人との円満な別れ方

遠距離恋愛中の恋人と別れるとき、
どのような別れ方をすれば、

あなたにとっても、恋人にとっても、
円満に別れることができるでしょうか?

1-1:別れの切り出し方

あなたがもし、恋人から突然、
「別れたいの…」と言われたら、
どのように感じますか?

人によっては、驚きのあまり、
何が起きたのかさえも
分からなくなってしまうことも
あるのではないでしょうか。

遠距離でなかなか会えないと、
お互いにどんな気持ちでいるのかが
分かりづらくなり、

次第に、お互いにお互いが、
「何を考えているのか分からない」
と思うようになってくることもあります。

突然別れを切り出すことは、
切り出された相手にとっては、
唐突すぎて、とてもショックなこと。

そんな時は、

  • 連絡する回数を減らしたり、
  • 会う回数を減らしていくことで、

徐々に別れの予兆を作っていき、

恋人が、
あなたの変化に気づき始めた頃に
別れを切り出すと、

ある程度、別れを予測できるようになるので、

心の準備も、少しは整った状態で、
お互いの気持ちを伝え合えるのでは
ないでしょうか。

1-2:別れを伝える手段は?

今や別れを伝える手段は多様化し、

  • 直接会う
  • 電話する
  • 動画通話する(SkypeやMessengerの動画通話など)
  • メールする
  • メッセージする(LINEやMessengerなど)

など、様々な手段を選べるようになりました。

ましてや遠距離となると、
直接会って別れを伝えるのは、
なかなか大変なこと。

最近だと、
メッセージのやり取りなどの「文章」で、
別れを伝える人もいるかもしれません。

しかし、文章だと、相手の捉え方によっては、
あなたの伝えようとしたことが、
意図しない方向へと解釈され、誤解を招き、
そこから良からぬ方向へと発展しかねません。

直接自分の言葉で伝えられる「電話」。

直接話せるので、
一見良いようにも思われがちですが、

お互いの顔が見えないので、
相手がどんな表情で話しているのか
想像するしかなく、

相手の微妙な気持ちの変化を感じ取り、
理解してあげることができないので、

一方的な話し方にもなりがちです。

そうなると、結局すれ違いのまま、
終わってしまうことにもなりかねません。

距離があっても言葉と表情が伝えられる「動画通話」

動画通話の良いところは、
離れていても、お互いの顔を見ながら話せること。

相手の表情の変化もわかるので、
意思の疎通もしやすくなります。

動画通話が、
直接会って話をすることと違いがあるとすれば、
それはなんでしょう?

その最も大きな違いは、
「目の前にその人がいるかどうか」

それは、
お互いの全身から発せられる「想い」を
「体感できるかできないか」
ということに繋がってきます。

例えば、
熱い想いを持った人のそばで話を聞くと、
その人の体から、何やら暖かい空気のようなものが
出てきているのを感じたことはないでしょうか?

それは「情熱」と呼ばれるものが、
その人の全身から発せられている状態です。

話を戻して、
恋人が全身から発する「想い」を、
あなたの全身で感じてあげることで、
より相手のことを理解できるようになります。

それは、

  • 「寂しい」という想いだったり、
  • 「悲しい」という想いだったり、

時には、
「怒り」という想いだったりも
するかもしれません。

その全てを全身で感じ、向き合うことで、

あなた自身も、恋人も、
お互いの気持ちを感じとり、

理解しあえるようにも
なるのではないでしょうか。

1-3:NGな別れ方

「相手に気をもたせない」

恋人への気持ちが「ゼロ」になってしまったら、
復縁できる可能性は、限りなくゼロに近づきます。

そうなってしまったら、
相手に寄り添うことは、逆効果となり、
「やり直せるかも」と思わせてしまうことは、
かえって相手に辛い想いをさせてしまいます。

そんな時は、はっきりと、
あなたの本当の気持ちを伝えてあげることも、
優しさかもしれません。

「相手を否定しない」

付き合いが長くなってくると、
恋人の色んなところが、
目につくようにもなってきます。

それは、

  • 恋人の態度だったり
  • 恋人の発する言葉だったり
  • 恋人の行動だったり
  • 恋人の性格だったり
  • 恋人の容姿だったり
  • 恋人の家族のことだったり
  • 恋人の友人のことだったり

様々あるかと思います。

それらを別れ際に伝えることは、
恋人にとってもショックなことでしょうし、

あなたにとっても、あまり良くない状況へと
向かっていくかもしれません。

もしあなたが逆の立場で、恋人から、
あなたを否定するような言い方をされたら、

やはり良い気分では、
いられないのではないでしょうか。

そんな時は、
相手の気になる部分を
「こうして欲しかった」
と言うのではなく、

あくまでも自分のことで、
「これからこうしたい」
という気持ちを伝えることで、

新たな方向性も生まれてきます。

1-4:良い別れ方

「自分を主体にする」

もし恋人から、
「あなたのここが嫌だった」
「あなたにこうして欲しかった」

などのように言われたら、
あなたはどんな気持ちですか?

ほとんどの人は、
あまり良い気持ちにはなりませんよね。

あなたが、

  • 恋人のここが嫌だったや
  • 恋人にこうして欲しかった

など

恋人のことを主体にして言うことは、
恋人にとっても、別れ話でショックな上に、
さらに辛い気持ちにもなっていってしまいます。

そんな時は、

恋人主体の
「(あなたの)ここが嫌だった」よりも、
自分主体の
「(私の)ここが良くなかった」

恋人主体の
「(あなたに)こうして欲しかった」よりも、
自分主体の
「(私が)こうしてあげられたら良かった」

などのように、

恋人主体ではなく、
あなた主体の言葉で、
恋人に伝えてみてあげるのも、

お互いに気持ち良く話し合えるための
一つかもしれません。

1-5:大切な別れ方

「ありがとうを伝える」

恋人とのたくさんの思い出の中に、

あなた一人では決して、
「出来なかったこと」「やれなかったこと」

恋人がいてくれたから
「出来たこと」「やれたこと」

などは、なかったでしょうか。

それは、
恋人の手料理を食べられたこと
だったかもしれません。

あるいは、
恋人と一緒に旅行へ出かけたこと
だったかもしれません。

遠距離であれば尚更、
お互いに努力をしなければ、
会うこともできません。

あなたも努力してきたように、
恋人もまた、あなたに会うために、
たくさんの努力をしてきてくれました。

その頑張ってきてくれた想いに感謝して、
「さよなら」よりも、「ありがとう」で、
最後を締めくくってみるのも、
良いのではないでしょうか。

2:遠距離恋愛の後悔しない別れ方

遠距離恋愛だと、普段から会えない分、
お互いの気持ちもすれ違いがち。

お互いに、
「区切り」をキチンと付けて別れないと、
後悔することにもなりかねません。

そんな時どのようにすれば、
後悔しないで別れられるでしょうか?

2-1:キチンと話をする

電話やメールで別れを伝えた場合、
恋人の気持ちに「区切り」がつかなければ、

また復縁を求めてくることもあるかもしれません。

そうならないためには、やはり直接会って、
あなたの気持ちをキチンと伝えることが、
大切になってきます。

別れを直接伝える時は、

お互いの部屋などの、
二人っきりになる場所よりも、

ファミレスなどの、
周りに人がいる場所を選ぶことで、

お互いに湧いてくる感情を
必要以上に相手にぶつけ合うことなく、

お互いに比較的落ち着いた状態で、
話ができるかと思います。

2-2:自分の感情を伝える

「別れたい」
という思いの奥底にあるものが、

本当は、
「会えないのが辛く、寂しいから」
だとしたら、

恋人に、あなたの本当の気持ちを
伝えてみてあげてください。

それによって、「復縁」か「別れ」
どちらに結びつくかはわかりません。

ただ、どのような結果になったとしても、
あなたの感情を伝えることで、
そこに「区切り」をつけることができます。

その時の感情を外に出さないまま、
「本当はこう感じていたの…」
という感情に蓋をし続けていると、

その感情は、
自分の内側だけにしまいこまれ、

やがて、
「この感情は誰にも分かってもらえないもの」

などのように、
自分で自分の感情を抑えつけてしまうようにも
なってきてしまいます。

「自分の感情を抑えつけていくこと」によって、
次に何が起きてくるのか?

それは、
「自分の感情を感じなくなってきてしまう」
ということにも繋がってきてしまいます。

  • 「何をしたいか分からない」
  • 「何をやっても楽しめない」

などのように思う人は、
この傾向が強いかもしれません。

2-3:距離を置いてみる

顔を合わせる度に、なぜか喧嘩になってしまい、
「本当はこんなはずじゃなかったのに」
と思ったり、

あるいは、
久々に会えても、一緒にいるのが当たり前になり、
「何だかそっけない態度になってしまう」
など

そんな経験はなかったでしょうか?

そんな時は一度、
恋人との距離を置いてみるのも
良いかもしれません。

しばらく会わないでいてみたり、
しばらく連絡を取らないでいてみたり、

その期間、あなたが恋人に対して、
本当はどのように想い、
どのように感じているのかを見つめ直し、

あなたの「心の中の本当の声」に、
耳を傾けてあげてみてください。

3:遠距離恋愛で別れない方法

「本当は別れたくない」

そう感じた時は、どのようにすれば、
別れずにいられるようになるでしょうか?

3-1:たまには手紙を書いてみる

最近は、
メッセージやメールなどを使うことが多くなり、

手紙を書く機会が
すっかり減ってきたようにも思います。

手紙の良いところは、
書いた人の気持ちが文字に乗り、
そこから「温かみのようなもの」が
自然と伝わってくること。

たまには恋人に、あなたの心からの想いを、
一文字一文字に乗せて伝えてみるのも
良いかもしれません。

3-2:会えない時の自分の生活を大切にする

大好きな恋人と会えない時間は、
辛かったり、寂しかったりするものです。

そんな時は、
自分の生活に意識を向けてみるのも
良いかもしれません。

  • 好きなこと
  • 楽しいこと
  • 趣味や特技
  • やってみたいこと

など

一人の時にしかできないこと、
一人の時だからこそできることに、

ぜひ挑戦してみてください。

そしてそれらは、
「自分磨き」にも繋がっていきます。

あなたが自分を磨けば磨くほど、
あなた自身の魅力も高まっていき、

恋人から見ても、周りの人たちから見ても、
魅力を感じられる人へと成長していくことでしょう。

3-3:お互いに無理はしない

会えなくて辛く寂しい気持ちは分かります。

ただ、それを恋人に向けてしまうと、
恋人にも負担になってきてしまい、

時には、あなたの気持ちを「重い」と
感じてしまうこともあるかもしれません。

恋人の状況にも、もちろんよりますが、

仕事で疲れ果てて家へ帰ってきて、
休む暇もなく、
あなたとの連絡のやり取りを
し続けていたとしたら、

どれだけ、
あなたのことを想ってくれていたとしても、
恋人の体が持たなくなってきてしまいます。

体の疲れは、次第に、
心の疲れとしても現れてきます。

心が疲れてくると、
「大好き」だった気持ちが、
いつの間にか、
「辛い」へと変わってくることもあります。

そうならないためにも、
もしもあなたが「寂しい」と感じた時は、
「自分磨き」の方へと意識を向けてみるのも
良いかもしれません。

3-4:恋人と共にある未来を描いてみる

遠距離恋愛は、お互いとっても
辛く寂しいものです。

そんな時は、
お互いに共通の目標を
立ててみるのも良いでしょう。

「3か月後の夏に、二人が楽しめる〇〇へ旅行へ行こう」

のように、より具体的に目標を立てることで、

1か月前までに旅行の手配をして、
2か月前までに必要なものを準備して、

という感じで、現実味のある計画が立てられ、
お互いの気分も盛り上がります。

3-5:コミュニケーション力を身につける

恋人とのやり取りで多いのが、
お互いの意思が通じあえないばっかりに、
喧嘩になってしまうパターン。

自分の気持ちを言葉で伝えたとしても、
相手は全く別の意味で捉えてしまい、
誤解を招いてしまうこともあります。

例えば、
自分は全然そんなつもりじゃなく、
何気なく伝えた一言でも、

相手は、
自分を否定されたかのように、
捉えてしまうこともあります。

これは、相手の今までの経験の中で、
似たような出来事が起きた時に、
ネガティブに捉えてしまった体験があり、

その出来事が起きると、
それはネガティブなことなんだと、
勝手に意味づけされてしまうように
なってしまっているからです。

相手がショックを受けた時はまず、
「ごめんね、そんなつもりで言ったんじゃないんだ」
のように、

まずは「謝り」、
「そんなつもりで言った訳ではないこと」
冷静に伝えましょう。

この時に「謝る」のは、
あなたには非はないかもしれませんが、

あなたの言葉で、
相手が傷ついてしまったことは事実なので、

そんなつもりはなかったとしても、
傷つけてしまったという事実に対して
相手に謝ってあげることで、

相手の気持ちも安らぎ、
そのあとのコミュニケーションも
取りやすくなります。

もしも相手が興奮している時は、
ある程度落ち着くまで待ってから
伝えてみると良いでしょう。

捉え方の違いについて、
分かりやすい例を挙げると、

コップに水が半分入っていたとしましょう。

ある人はそのコップを見て、
「もう半分しか水が残っていない」
と言いました。

そして別の人はそのコップを見て、
「まだ半分も水が残っている」
と言いました。

どちらの人も同じものを見ているのですが、
意味づけの違いにより、
捉え方が全く違ってきてしまうという現象が
起きるのです。

このことを理解した上で、
相手とコミュニケーションを取っていくのと、
そうでないのとでは、

これから作られてくる
コミュニケーション能力が、
全く違ってきてしまいますので、

この違いを日々意識して、
コミュニケーション能力の向上に
役立ててみてくださいね。

4:遠距離恋愛中の自分を振り返る

遠距離恋愛中は、
お互いに会えない時間が辛かったり、
お互いに会うために頑張ったりと、

精神的にも、肉体的にも、疲れていき、
それが積もり積もっていくことで、
やがて不満やストレスとなり、

恋人へ当たってしまったことも
あったのではないでしょうか。

自分に余裕がなくなってくると、
何かと相手のせいにもしがちです。

これからの人間関係を築いていく上でも、
自分を振り返ってみることで、
見えてくることもあるかもしれません。

4-1:恋人の欠点ばかり見ていたかも?

出会った頃は、
恋人の長所ばかりにしか目がいかず、
「好き」としか思えていなかったのに、

月日が流れていくうちに、
いつの間にか、
相手の欠点ばかりが目につくようになってきて、
「ここが嫌」と思えるようになってきた。

そんな風に感じたことはないでしょうか?

付き合っていくうちに、
恋人の色んな面が見えてくるようになり、

恋人のこんなところは、
「自分とは合わない」と思うようなことも
あったのではないでしょうか?

一度、
相手の「嫌な面」が見えてきてしまうと、
なぜかそればかりが
目につくようになってきてしまうものです。

これは、
「カラーバス効果」と呼ばれるものにも
似ていて、

例えば、
あなたが「黄色い服」を買ったとします。

するとその瞬間から、
「黄色い服を見かける」と、
なぜか目に入ってくるように
なってくることがあります。

これは、
あなたの意識したものが
脳内でフォーカスされ、
意識したものと同じものが
次々と見えてくるという現象です。

周りに「黄色い服」を着た人は、
本当は、元々いたはずなのに、
意識するまでは、
それが見えていなかったというものです。

相手が人であれば、
自分の欠点を隠すということもできるので、
その部分では、同じとは言えませんが、

「意識したものがフォーカスされる」
という部分では、

恋人に対するあなたの「嫌な部分」に、
フォーカスを当てているといえるでしょう。

そうなってくると、恋人の嫌な部分しか
見えなくなってきてしまうのも、
理解できるのではないでしょうか。

あなたが恋人に対して、
「嫌だな」と思うことは、

あなた自身が、
「大切にしていること」だったりもします。

簡単な例を挙げると、
恋人が「あまり掃除をしない人」だったとします。

あなたにとって「掃除をしないこと」が、
とても許せないことだったとしたら、

あなたは
「綺麗な状態であることを大切にしている」
と言えるでしょう。

まずは、あなたが、
「何を大切にしようとしているのか」
そのことに気づいてみるのも
良いかもしれません。

そして、そのことを恋人に伝えることで、
恋人にも、あなたのイライラの原因が伝わり、

お互いに、より分かり合える関係へと、
進んで行くこともできるでしょう。

4-2:恋人のせいだと思い込んでいたかも?

あなたの中に、本当は「こうしたい」
という思いがあるのに、

恋人の「こうしたい」に合わせるために、
自分の「こうしたい」は横に置いといて、

我慢を重ねていくうちに、

「何で自分ばっかり我慢しなきゃいけないの」
「なんで恋人ばっかりやりたいようにやってるの?」

そんな風に思ったことはないでしょうか。

それではここで質問です。

恋人の「こうしたい」に合わせようと、
努力していたのは誰でしょうか?

自分の「こうしたい」を横に置いて、
我慢していたのは誰でしょうか?

はい、答えはもうお分かりですね。

あなたが恋人に合わせることで、
「恋人によく思われたい」

あなたが我慢することで、
「恋人とも仲良くやれる」

そんな心理が働いて、そのような状況が、
引き起こされていくことがあります。

実際に、恋人にとっては、
心地よい空間が得られるかもしれません、

しかし、
あなたにとっては、不平不満しか、
生まれてこないのではないでしょうか。

これは実は、あなた自身が、

  • 恋人に合わせること
  • 我慢すること

を選んだ結果でもあります。

もしも違った結果を得たいのであれば、
違う選択をすれば、自然と変わっていきます。

あなたには、違う選択をすることだって、
実はできるんです。

例えば、

あなたが「こうしたい」と思うことを
自由にやる。

恋人が「こうしたい」と思うことを
自由にさせてあげる。

この状態であれば、お互いに我慢することなく、
良い関係性を続けることも、
可能なのではないでしょうか。

5:まとめ

遠距離恋愛は、距離がある分、
体のみならず、心も離れがち。

お互いに、不安になったり、
心配になったりもするものです。

そんな中で、
別れへと進展していくこともあります。

いざ、別れることになった時、
円満に別れるための3つの秘訣として、

  1. 恋人の事を否定することなく
  2. 直接会って話しをし
  3. 「さよなら」ではなく「ありがとう」を
    最後に伝えてみてあげてください。

そして、
後悔しない別れ方をするための
3つの秘訣として、

  1. 恋人の気持ちをキチンと聞き
  2. 自分の気持ちもキチンと伝え
  3. 時には距離を置いてみることも

良いかもしれません。

さらに、
本当は「別れたくない」という時の
5つの秘訣は、

  1. 恋人へ手紙を書いてみたり
  2. 会えない時こそ自分磨きをしてみたり
  3. お互いに無理はしないようにしてみたり
  4. 恋人と共にある未来を描いてみたり
  5. コミュニケーション力を身につけたり

することで、

新たな未来の兆しを、
感じられるようにもなるかもしれません。

最後に、あなた自身を振り返り、

  • 今あなたが大切にしているもの
  • 今まであなたが選んできたこと

に意識を向け、気づいてみることで、
さらなる未来への新たな可能性も、
開かれていくのではないでしょうか。

あなたが、
より幸せを感じられる未来へと
繋がっていくことを、
心より願っております。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA