花火大会デートで告白成功につなげる3つの心理ポイント

花火デート 告白

恋人とロマンチックな気分を味わえる
夏の代表的なイベントといえば
『花火大会』ですよね。

「好きな人と距離が縮められるかも…」

と想像を膨らませている人や
気になっている人を誘って
あわよくば、告白も成功させたい。

そう思っている人も
多いのではないでしょうか?

では、

花火大会で好きな人に気持ちを伝え、
恋人同士になれるために必要な要素とは
何なのか?

デート中に仲を深めるのに
必要な要素は

  1. 『気遣い』
  2. 『スキンシップ』
  3. 『感情の共有』

この3つです。

今回はこの3つのポイントを意識した
『男性心理』『女性心理』
両方の面から告白成功の秘訣を
お伝えしていきたいと思います。

目次

1:デートの返事から相手の『脈あり』を判断する
2:花火デートでのファッション
3:花火デートでの事前準備
4:花火デートの気遣いポイント
5:花火大会のムードを楽しむ
6:花火大会の帰り際に意識するポイント
7:告白のタイミングとセリフとステップ
8:まとめ

1:デートの返事から相手の『脈あり』を判断する

好きな人に告白したい。

その行動で一番のブレーキになってくるのが
「フラれるかもしれない」という
恐怖です。

相手の気持ちが全くわからない
というのは誰もが怖さを感じます。

「よし!告白するぞ!」
意気込んでいても、いざその時がくると
「やっぱ無理じゃなりかな…」
不安になって消化不良状態になってしまう。

こういった経験をしている人も
多いのではないでしょうか?

では、この恐怖を乗り越えるためには
どうすればいいのか?

相手の方から「あなたのことが好きです。」
言ってくれることなど
ほとんどありません。

相手が『脈あり』かどうかは
相手の発言や行動から
判断していく必要があります。

これは花火デートだけに限りませんが、
デートするためには、
まず目的の相手を誘う必要がありますよね。

デートを誘ったときの反応で、
これを判断します。

これは女性から男性に対しても
男性から女性に対しても同じです。

あなたが「今度2人で花火見に行かない?」
と誘ったとします。

この時に「うん、いいよ。どこ行く?」
と相手から嬉しそうな表情と
積極性を感じられる場合は
脈ありの可能性が高いです。

「私、花火好きなの~」とか
「俺も綺麗に見れる場所調べとくよ。」
など

デートに対して積極的な反応がある場合、
2人で行くことを楽しみにしている
というサインの表れです。

あなたが好きな相手から誘われた場合、
どんな反応をしてしまうか、
ちょっと想像してみてください。

「ドキッ」としながらも
嬉しくてウキウキした
感情になりませんか?

それが好きな人から
デートを誘われたときの反応です。

逆に「え?どうせなら他の人も誘わない?」
「う~ん、別に構わないけど…」
など2人で行くのが乗り気でない場合は
脈なしの可能性が高いです。

もちろん、最初から2人で行くことに
抵抗があるという場合も
あるかもしれませんが…

予防線を感じる行動には、
今現在では告白の成功率は低いと
考える方が無難です。

では、
相手に積極性が見られる場合、
どのように告白に持っていけば良いのか?

告白を成功させるためのステップを
お伝えしていきたいと思います。

2:花火デートでのファッション

ファッションはデートの気分を
盛り上げてくれるアイテムです。

「えっ…なんかいつもと雰囲気違う…。」
といつもと違う異性の姿に
トキメキを感じます。

花火大会の定番ファッションアイテム
といえば『浴衣』です。

通気性が良く、爽やかな印象を
演出してくれます。

もちろん、
これに拘る必要はありません。

いつもとは違う雰囲気を意識すれば
異性の魅力を感じる『ドキドキ感』を
高められるはずです。

夏で一番意識したいのが
なんと言っても『清潔感』です。

たとえば、男性の私服の場合は
七分袖のリネンの白シャツを着ると
子供っぽくなり過ぎずに
清潔感と涼やかな印象が高まります。

ジメジメした暑い夏には
涼しげで清潔感のある爽やかな印象を
心掛けてイメージアップさせましょう!

3:花火デートでの事前準備

花火大会を鑑賞して終わり
というだけではどうしても
デートの内容が薄くなりがちです。

花火デートを充実させるには
それ以外のプランも組んだ方が
気分の盛り上がりが変わってきます。

たとえば、花火大会のある地域から
徒歩15分~30分の範囲内で
おいしい『スイーツ・カフェ』に入って
花火大会の『作戦会議』などはおすすめです。

そこで2人で「どの辺で見よっか?」など
スイーツを楽しみながら作戦会議をします。

もちろん「カチッ」とスケジュールを決め
入念に計画を立てるのも良いですが、
共同で何か目的に向かう行為は
2人の関係性を深める助けになります。

「あ!それいいね~」「こんなのどう?」
相手から意見を取り入れることで
『未来の共有』ができます。

花火のビューポイント、
近くの店、トイレの場所、人の流れなど
最低限の情報は調べている前提ですが…

ある程度立てたプランの中で
「○○くんはどこがいいと思う?」
「△△ちゃんはどっちに行ってみたい?」
「この辺、空いてそうじゃない?」

意見を出しながら
2人で計画を立てていくことで
恋人同士の気分が高めていけるはずです。

4:花火デートの気遣いポイント

デート中に相手からの印象が高まるのは
やはり『気遣い』です。

せっかく脈ありでもデート中に
相手からの印象が悪くなれば台無しです。

「この人とこれからも付き合いたいな…」
と思ってもらうにはデート中の気遣いは
好感度を上げる大きなカギになります。

そんな気遣いのポイントを
男性編と女性編に分けて
お伝えしたいと思います。

4-1:男性編

デート前、
男性が注目しておきたいところが、
女性がこだわっているポイントです。

女性は間違いなく頑張って
オシャレをしてきます。

「おっ…なんかいつもと雰囲気違う」
思うところを積極的に言ってあげましょう。

褒めるというより
いつもと違う雰囲気を
言ってあげることです。

あからさまに褒めるのは逆に
わざとらしさや下心を感じやすいので
いつもと違う印象をただ伝えるだけで
すごく自然になります。

「あれ?なんか今日は柔らかい雰囲気だね。
あ!そっか!髪巻いてきたんだね。」

というように
いつもと違う雰囲気を言います。

それだけで
「あ!気づいてくれたんだ!」
女性も嬉しくなります。

「女性は髪が命」という言葉がある通り、
特に髪型の変化に気づいてあげるのは
かなりポイントが高いです。

そしてデート中に
男性が一番気遣いたいところは
『歩幅』です。

ペースを女性に合わせることを
心掛けましょう。

彼女が浴衣を着ている場合は
慣れない草履で歩いているため、
尚更気をつけたいところです。

「大丈夫?足痛くない?」
「少し休んでいく?」など

こまめに気遣う言葉をかけてあげると
女性は安心できます。

また、花火大会は人混みの中を
歩くことが多くなります。

そんなときは、
さりげなく手を引いてあげたり
人とぶつからないように彼女を守るなど
積極的にエスコートしていきましょう。

花火を見てロマンチックな場面も
大事ですが…
それもこういった小さな気遣いによって
雰囲気が高まるものです。

4-2:女性編

これは男性編と同じですが、
デート前にいつもと違う雰囲気を
言ってあげるのは男性もうれしいものです。

女性から男性の場合は
逆に細やかな気づきよりも
全体的な印象を褒める方が効果的です。

男性はあまり細かい部分を
見られるより、全体的な雰囲気を
褒めてもらう方がうれしく感じます。

「なんか今日は爽やかだね。
この服の色、好きだな。」

という感じで言った方が
女性に対して好感を持ちます。

特に「~好きだな」と言われると
受け入れてもらえた気がして
嬉しさが倍増します。

デート中では
女性の場合、慣れない浴衣や足元など
何かとトラブルが多いと思います。

そんな時は
思い切って男性に頼りましょう。

頼りにされて嬉しくない男性は
いません。

ただ、気をつけたいのは
感謝の言葉です。

「ごめんね…この格好慣れなくて…」
「ありがとう。優しいね。」など

感謝の言葉を発していくことが
大事です。

それがないと
「やってもらって当たり前と思ってんのかな?」
と男性は受け取ってしまいます。

気遣いであれば、
彼のドリンクをさりげなく
用意してあげるのも
かなり効果があります。

「のど渇いてない?
冷たい飲み物買ってきたよ。」

といった感じです。

『デート代は男性が出すもの』という
思い込みがどこかにあるので
女性からこういったサプライズは
尚更、効果が高いです。

以上、『男性編』『女性編』に分けて
お伝えしましたが、いかがでしたか?

相手の気持ちを先回りして
やってあげることが
気遣いのポイントです。

そして、やってもらったら
その都度、感謝を伝える。

単純なことかもしれませんが、
これをやっていくことで確実に
相手との関係は急接近してきます。

5:花火大会のムードを楽しむ

花火大会のプランを考えたり、
相手に対する気遣いをしていくと
すでにある程度良い雰囲気に
なっているはずです。

  1. 『気遣い』
  2. 『スキンシップ』
  3. 『感情の共有』

この3つを如何にやっていくかが
ポイントです。

そして、
花火大会は2人のムードを
より後押ししてくれます。

普段では味わえない光景を
目の当たりにすることで
『感動』が生まれるはずです。

「綺麗…」「すごーい」
「ねえねえ!あれ見て!」
「うわ…すごいね…」

黙って見ているより
感じた気持ちを積極的に
言葉で表していきましょう。

女性はこういうことは自然に
できる人が多いですが、
男性は苦手な人が多いので
積極的に言葉にしていきましょう。

花火大会本番で大事なことが
『感動』を共有することです。

同じ気持ちを共有できることで
「来て良かったね!来年も来ようね!」
と思われるはずです。

6:花火大会の帰り際に意識するポイント

花火大会の終わり、
帰りの道は多くの人で
混雑していると思います。

男性であれば彼女の手をとって
エスコートしてあげてください。

手を繋ぐのにハードルを感じる場合は、
「はぐれちゃいそうだから手持っとくよ。」
と言えば恥ずかしさも薄らぐはずです。

女性であれば彼の手を握るのが
恥ずかしい場合、
「ごめん、はぐれそうだから持ってていい?」
と言って服の裾をキュッと握ってみてください。

もし、相手が抵抗する素振りがなければ、
相手も異性として好意を持っている
証拠です。

恋愛成就に大事なことが
『相手に好意が伝わっていること』

そして
『相手もあなたに惹かれていくこと』
です。

「相手に好意を伝えればそれでいい。」
というわけではなく
相手からも好意を持たれていることが
重要になってきます。

7:告白のタイミングとセリフとステップ

告白するなら、
お別れするタイミングがベストです。

もし楽しいひと時を過ごせたなら、

  • 「もう終りなの…」
  • 「また会いたいな…」

と相手は思っているはずです。

  1. 『気遣い』
  2. 『スキンシップ』
  3. 『感情の共有』

これが抵抗なくできている状態ならば
告白の準備は整っています。

『告白』というと緊張すると思います。

『好意を伝える』と言った方が
少し気持ちが軽くなるかもしれません。

「好きです。付き合ってください。」

というのもストレートで良いかもしれませんが、
人によってはちょっとハードルが
高いと思います。

それに相手によっては
重く受け止められかねません。

そこでおすすめなのは
今日のデートの感想と好意を
同時に伝える方法です。

「今日は楽しかった。
あっという間に時間が過ぎちゃったな。
もっと一緒に居たかったな…」

「もっと一緒にいたいな。」
「今度いつ会える?」

今日のデートの感想を言いつつ
相手への好意を伝えると
とても自然な感じで伝わります。

恥ずかしがり屋の方でも
伝えやすいはずです。

相手に重さを感じさせず、
感想と好意を伝える方が
「好きです!」と言うより着実に
恋愛成就の階段を上っていけるはずです。

8:まとめ

いかがでしたか?

このデートで「告白するぞ!」
と思いすぎると

自分に対しても相手に対しても
重くなりやすくなります。

それよりも信頼構築に力を注ぎ、

  1. 『相手を気遣うこと。』
  2. 『相手と感情共有すること。』
  3. 『スキンシップを入れていくこと。』

この3つを意識していくことで
今まで以上にお互いが
惹かれあうようになっていくはずです。

今年の花火大会で
新たなカップルが誕生することを
心より願っています。

最後までご覧頂き
ありがとうございました。

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!