別れた彼を振り向かせたい!復縁して長続きさせる3つのキーワード

別れ 振り向かせたい

3年付き合った彼と、別れてしまいました。
彼の浮気が原因です。

もう3回目の浮気で、私も腹が立ち、
怒鳴ってしまいました。

「こんな凶暴な女とはもう付き合えない」
と言われて、売り言葉に買い言葉で、

「じゃ、その変な女と付き合えばいいじゃん」
と言ってしまいました。

以来、ラインもブロックされています。
電話も繋がりません。

どうしましょう。
復縁したいです。

目次

1:一度別れた相手を振り向かせることは可能
2:別れた後は、自分から連絡すべき?しないべき?
3:別れた後、復縁に向けて動き出すタイミングとは?
4:復縁した後、また別れないようにするためには?
5:まとめ

1:一度別れた相手を振り向かせることは可能

一方的に連絡を絶たれてしまって、
とてもショックでした。

私の3年間は、一体何だったんでしょうね。

浮気されても、笑顔で「いいよ〜」
と言っていれば、彼と別れずに済んだのでしょうか。

どう考えてもありえないのですが、
それしか方法はなかったように思えてしまいます。

振り返ってみても、彼が悪いとしか
思えませんでした。

腹が立って仕方がなかったので、
やけ酒をあおって寝ました。

2日後には、出会い系サイトに出入りして、
新しい相手を見つけることにしました。

プロフィールを書いて、写真を加工して載せて、
更に、年上のイケメンにいいねして回ってみました。

あっという間にいいねが集まってきて、
3人とのやり取りが始まりました。

何だ、なんて簡単なんだ。

やり取りはとても楽しくて、
彼のことも忘れられそうでした。

2週間後、3人のうちの1人と会うことになりました。

ウキウキして、久々におしゃれをして、
2時間デート(その約束でした)に行ってきました。

デートスポットで、景色を見ながらランチをして、
頑張って相手も盛り上げてくれました。

けれど。
どうしてなんでしょうか。

気がつくと、別れた彼のことばかりを、
考えてしまっていました。

はっと、涙が出ていることに気づいて、
凄く慌ててしまっている相手に、

「ごめんね」と謝って、
そのまま大泣きしてしまいました。

その後は、相手に彼のことを話して、
グチを言うことになりました。

散々泣いて、グチも言えたので、
私としてはかなりスッキリできました。

「ショートメッセージなら、送れるでしょ」

と、そのデート相手のAくんに、
色々と指導されることになりました。

私『しばらく顔見てないけど、どうしてる?』
Aくんの言う通りに書いて送りました。

送った後は、二人でお酒を飲んで、
ギャグを言われて大笑いをしていました。

忘れた頃に、メッセージが返ってきていることに
気づきました。

『ラインつながってるんだけど』

「は?ブロックしたのそっちなんだけど?」

思わず携帯に毒づいたら、Aくんに、
たしなめられました。

「ラインしたいって言ってるんだよ。
してあげなよ」

Aくんの言っていることは、
とても納得のいくことばかりでした。

「怒ったらダメだよ。メッセージやラインの
言葉だけのやりとりだと、余計にね。

怒れば、相手も必ず応戦する。
男って、どうしてもそういうところがあるんだよ」

自分の意見や、直して欲しいことも、
怒らないで伝える、お願いする形なら
聞いてもらいやすい。

好きな相手には、いくらでもお願いをしていい。
気に入らないところがあれば、怒るのではなくて
すねればいい。

一時的な感情のぶつけ合いは、
何も良いことがない。

相手に直して欲しいところがあるほど、
冷静にいなければいけない。

「冷静にできないの」
お酒も入って甘えている私に、
Aくんは言いました。

「声を荒げなければ、大丈夫だから。
そうすれば、冷静でいられるよ」

Aくんは色々なことに詳しかったし、
とても親身になってくれました。

Aくんがそばにいて、指導してくれながら、
ラインをしました。

『どうしているか、すごく心配してたんだよ』

Aくんいわく、ラインなどの文字のやり取りは、
誤解を産みやすい。

特に、感情的になった後の二人の場合は。

だから、感情を表すスタンプや絵文字、
顔文字は必ず使うこと、ということでした。

『会いたかった>_<』

Aくんは、簡単に私たちの関係を
修復してくれました。

『ごめん』

Aくんのおかげで、彼も凄く素直に
なってくれたようです。

2:別れた後は、自分から連絡すべき?しないべき?

別れた後に、自分から連絡すべきか?については、
Aくんいわく、人によるということでした。

「恋愛は勝ち負けじゃないんだよ。
彼が折れない人なら、自分が折れてあげればいいよ」

私は、今までどっちが悪いとか、
どっちが正しいとか、そんなことにばかりに、
こだわってきた気がします。

こっちが折れてしまったら、
また彼が同じことを繰り返すのではないか?
という不安が大きかったんです。

「仲直りするのに、先に連絡するのと、
また同じことが繰り返されるのは、別だよね」

Aくんが言うことは、とても説得力がありました。

「仲直りをしてから、やめて欲しいことは、
お願いをすればいいんだよ」

次に会えたら、お願いしようと思います。

3:別れた後、復縁に向けて動き出すタイミングとは?

Aくんには、ひたすら相談に乗ってもらいました。
仕事中でも、きちんとお返事をくれました。

彼とは、付き合っていたときよりも
少しぎこちない感じで、ラインを続けました。

『いつ会えるようになるんだろう?』
Aくんは、占い師ではないんですけどね。

Aくん『声が聞きたいって言ってみたら?』

Aくんの言う通りにすると、彼から電話が
かかってきました。

『かかってきたよ!』
Aくん『ケンカしないようにね。頑張れ!』

できるだけ穏やかな声で、彼と話をしました。
時折、また自分勝手なことを言われたりもしました。

普段だったら、怒って声を大きくしていたのですが、
Aくんの言う通り、凄く優しい声で

「もう、バカなんだから」
と言えました。

いつも言ってることと、言葉は同じなのに、
彼の反応は驚くほど変わりました。

「バカって言うなよ」
とても優しい声でした。

不思議と、声が穏やかだと、
自分達も冷静でいられました。

「ね、顔が見たいな」
彼に素直に甘られたのは、
初めてだったと思います。

『会えることになったよ!』
夜中だったためか、Aくんからの返信は
ありませんでした。

かなりドキドキしながら、
彼に会いに出かけました。

会えるのは、2ヶ月ぶりになります。
Aくんに言われたことを、
何度も思い出しました。

二人の関係を復縁、維持させるには、

  • スキンシップ
  • 感情のセーブ

が、大切だということでした。

それができれば、あとは

  • 素直でいること
  • 気持ちは、隠さないこと
  • 意地を張らないこと

私たちが、恋愛でいつもしてきたことの
ちょうど反対です。

彼に会って、以前のように
笑って話すことができました。

なんとなく、彼はなあなあにして、
済まそうとしているのかなと、
感じました。

以前もあったのです。
ここまで酷くはなかったけれど。

何事もなかったかのように、
微妙な感じで戻り、機嫌が悪くなると

「あの時別れたよ。
もう付き合ってないし」

と言い出すこともありました。

もう、そういうことは、繰り返したく
ありませんでした。

Aくんに言われたことを、
何度も思い出しました。

カウンターで隣り合って座っている彼の、
左手を、私の両手で引き寄せました。

「ね、私のこと好き?」
彼は慌てたように目を伏せて、

「そっちは?」
と聞き返しました。

「私は、前からずっと、今も好きだよ」
彼の手を触っていると、自然に
気持ちが落ち着いていました。

「俺も」
「え?なあに?」

顔を背けてしまう彼を、
笑って急かしました。

「好きだよ」
真っ赤になっている彼がいました。
心から、Aくんに感謝しました。

会って、お互いに何も変わりがないと
そんな風に思えた時が、復縁を切り出す
タイミングなんだそうです。

きちんと切り出さずに、なあなあにしてしまうと、
後々不安になってしまうので、

できるだけきっちりと、お互いの関係を
決めておくことが大切みたいです。

4:復縁した後、また別れないようにするためには?

前にも一度、別れてやり直したことがありました。

ここまで、酷くもならなかったし、
ここまで長引きませんでした。

でも、またこのようなことがあると、
もう一度、と繰り返すのかと
不安になります。

けれど、そうならないように、
復縁をしてからもどうしたらいいか、
Aくんに教わりました。

4−1:キーワード1:スキンシップ

Aくんいわく、スキンシップを取ることは、
二人の関係を続けていく上で、
とても大切なことだそうです。

スキンシップを取ることで、
オキシトシンという愛情ホルモンが出て、
二人の関係を良好にしてくれるそうです。

オキシトシンには、

  • 親近感が増し、愛着がわく
  • 絆を深める
  • 不安、恐怖の軽減
  • 痛みの軽減
  • 幸福感を感じさせる
  • 社交性をもたせる
  • 信頼感が増す
  • ストレスの緩和する
  • 満腹感が得られる
  • 痩せやすくなる
  • 美肌
  • 記憶力を高める

という効果があるそうです。

つまり、手を握ったり、くっついたりという
日常的にできるだけスキンシップを取ると、
関係が長持ちするようです。

4-2:キーワード2:声を荒げない

また、私たちのいちばんの問題は、
ケンカでした。

声を荒げて感情的になると、
男性ホルモンのテストステロンが増えます。

男性は、このテストステロン値が高い相手から
大きな声を出されると、攻撃されると感じ、
臨戦態勢に入るそうです。

それは、男性の本能なので、
当然のようにケンカになるそうです。

私が声を荒げなければ、ケンカにならずに
済むんだそうです。

私が、ケンカになるように、
誘導してしまっていたんですね。

全部彼のせいだと思っていただけに、
反省しています。

4-3:キーワード3:気持ちは素直に伝える

それができれば、あとは
気持ちは素直に伝えること
をしていけばいいそうです。

自分の好意を相手に伝えることが、
私にとっては、負けのような気がしていました。

けれども、きちんと好意を相手に伝えれば、
相手もそれを返さなければいけないという、
そんな心理が働くそうです。

自分が働きかけたり、相手にして欲しかったことを、
まずは自分がしてあげることで、
私たちの関係は、随分変わったと思います。

5:まとめ

Aくんとは、それっきりぱったりと
やり取りがなくなってしまいました。

いつも相談ばかりしていて、
負担になってしまったのかもしれません。

Aくんがいなくても、彼とケンカせずに
仲良くいられるように、頑張ります。

こんな風に、復縁することはできました。
できれば、これを読んでいる方も、

まずは自分が変わって、お二人の仲が
前よりももっと、良い形を作れますように。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でautomaticlove0をフォローしよう!

復縁チェック女性版【無料診断】

復縁チェック男性版【無料診断】

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!