【このモテる方法がスゴい!】心理学を応用した驚きのテクニック4選

モテる方法 心理学

「モテる方法を知りたい。」

これは人間にとって、
自然な欲求だと思います。

もし、モテる方法を知ることができれば、

たくさんの女の子から
好かれるでしょうし、

その中から可愛い彼女を
選ぶこともできます。

また、結婚をしたい人は
簡単にできるでしょう。

ただし、そう考えてウェブで調べたときに、
モテる方法という情報は、
たくさん出てきます。

しかも、その情報は、個人の思い込みや、
モテる男にしか使えない方法。

それなら、まだしもモテない男の
妄想だったりすることさえあります。

そこで、その情報が使えるか使えないか。
の判断に必要なのが、そのモテる方法が、
何を元に作られているかです。

この記事では、「心理学」に基づいた、
モテる方法を紹介していきます。

なぜなら心理学は、人間の心理を、
多くの研究者が分析し、
その中で正しいと思われたものだけが、
生き残っている、

確実に使える技術だからです。

この心理学は、恋愛にとどまらず、
政治家や、優秀な営業マン、
はたまた天才詐欺師などまでが、
大きな成果を出しています。

今回は、その心理学を
「モテる方法」に特化して、
お伝えしていきたいと思います。

目次

1:「返報性の法則」でモテは作れる
2:男らしさは「一貫性」で見せられる
3:みんなにモテるとモテる「社会的証明」
4:「希少性」の演出でモテる
5:ミラーリングでいつのまにか惚れさせる
6:共感力で他の男に差をつける
7:まとめ

1:返報性の法則でモテは作れる

返報性の法則とは、

「人間は、相手に何かをしてもらったら、
 相手にお返しをしなくてはならない」

という気持ちが生まれるという法則です。

なぜなら、長い人間の歴史の中で、
これを破る人は、嫌われて淘汰されて
きたからと言われています。

要するに、この時代まで生き残ってきた、
すべての人間の遺伝子には、
「もらったら、返さなければいけない」
という情報が組み込まれているということです。

新聞の勧誘マンが契約をさせるときに、
「洗剤」や「野球のチケット」を
プレゼントするという方法がありますが、

これも返報性の法則を
上手く使っている例です。

モテる男は、この返報性の
テクニックを上手く恋愛に使います。

たとえば、ご飯を奢ったとします。

ここで重要なのは、「ご飯を奢ったから、
モテたり、一晩を過ごせる」
というものではないということです。

それは、女の子にとって、
返しすぎになるので、期待しても厳しいです。

モテる男は、返さなきゃという
モヤモヤを小さなお返しで、
解消させてあげます。

ごはんを奢って、
女性が財布を出そうとしたときに、

「いいよ。いいよ。
じゃあデザートでも奢って」

と、返報性の法則を使って、
女の子にお返しをするチャンスを
与えます。

そして、コンビニなんかで好きな
デザートを買ってもらいます。
実は、そのコンビニは自分の家の
近くなどにしておくわけです。

そして、「どこで食べる?」
となったときに、自然と
家へと誘導します。

こういう風に返報性の法則を
理解していると、相手を自然と、
自分が行動させたいように、
行動させてしまうことができます。

女の子が、

「いつの間にか自然と、
そういうことになってて」

なんてセリフの裏には、
こんな心理学の応用が隠れてるわけです。

2:男らしさは「一貫性」で見せられる

よく女の子が「男らしい人が好き」
というのを聞きますが、
男らしさとは何でしょう?

実際のところ、女の子ひとりひとりで、
男らしさの定義は違います。

けれども、この一貫性の法則を
知っておけば、自然とどの女の子にも
男らしいと思われるようになります。

「一貫性」とは、人間が何かを
決定したり、立場を明確にするときに、
一貫した行動を取ることです。

一貫性のある人というのは、
信用できるという風に人間は感じます。

一方、言ってることや、やってることが、
ブレブレの人は、信用できないと、
思うように人はできています。

たとえば、お笑い芸人などでも、
キャラがブレてると面白くないですよね?

同じキャラクターで、
同じテイストで笑わせてくれるから、
安心して見ることできます。

恋愛においても、言ってることや、
やってることをブラさない。

というのは、重要な戦略となってきます。

3:みんなにモテるとモテる「社会的証明」

社会的証明とは、
人は他の人が正しいと考えていることを、
正しいと判断するということです。

恋愛市場にとっては、
「モテると思われている人がモテる」
ということです。

こう言われると、
「結局モテる男が、モテるだけかよ」
とガッカリされるかもしれませんが、
そうではありません。

なぜなら、モテは操作できるからです。

たとえば、合コン。
多くの男性がやってしまいがちなのは、
狙ってる女性をチヤホヤしてしまうこと。

モテを操る男性は、まず全員の評価を
高めようとします。

なぜなら、女性陣の中で、
「あの人いいよね〜」
と言われるようになると、
目当ての女性にもいいと思われるから。

これが、社会的証明を知っている男の
モテの使い方です。

筆者も社会的証明の力を
思い知った時がありました。

あるパーティーに参加していた
ときのことなんですが、

たまたま出会った女性と、
同じ色の服を着ていて、
しかも派手な色だったので、
ペアルックみたいだったんです。

しかも割とステージに近い、
目立つ場所にいたので、
いろんな人に、

「なんで、二人ペアルックなの?」

と声をたくさん掛けられて
いたんですね。

しばらくその状態だったのですが、
ふと女性がトイレに立った時、
なんと、いろんな女の子が次々と、
僕に声をかけてきたんです。

「パーティーの主催の方なんですか?」
とか、
「知り合い多いんですか?」
などと。

分析してみると、自然とその時、
社会的証明の力が働いてたんですね。

ペアルックのせいで、次から次へと、
人が話しかけてきたわけですが、
そのペアの女性がいなくなっても、

周りから見てた女の子は、
僕のことを人気者と勘違いしたわけです。

で、社会的証明の力で、
自分も仲良くなりたいと思ってしまう。
そして、声をかけてきてくれる。

ちなみに筆者はイケメンなわけでも、
スタイルがいいわけでもありません。

すごい威力ですよね?

この社会的証明の力を知って、
利用すると、強力な効果があることが、
分かってもらえると思います。

4:「希少性」の演出でモテる

人間は、手に入れるものが難しいものほど、
本来持っているモノの価値以上の
判断をしてしまいます。

これが希少性です。

インターネットでモノを買おうとしたとき、
何も言われないより、
「限定10個」なんて言われた方が、
気になってしまいますよね?

ビジネスの世界では、
頻繁に使われているのが、
この「希少性」のテクニックです。

これは恋愛にも応用することができます。

たとえば、仕事が
希少な職種の男はモテます。
テレビ局や広告代理店の男がモテるというのも、

就職の倍率が高く、なるのが難しい
ということが、世間一般的に
広く認知されているからです。

希少性がある男と思われるわけです。

ただ、あなたが、これらの職業に
ついていなくても応用を
効かせることはできます。

たとえば、

あなたが不動産の営業だったとして、

「どんな職業なんですか?」

と聞かれたときに、
ただ「不動産です」と答えるよりも、

「不動産の販売の営業なんだけど、
高級マンションを売るから、
社長の知り合いが多いんだよね。
社長夫人とか興味ある?」

と冗談を入れながら、不動産の中でも
細かく自分の業種の希少さと
相手へのメリットを伝えることによって、

モテ度は大きく変わってきます。

また、希少性を演出するには、
周りをよく観察することも大事です。

たとえば、合コンで周りの男が
ノリノリの場合には、
ちょっとクールに振る舞うことで、
その場の希少性を手に入れる。

運ばれてきた料理を取り分けない
男ばっかりだったら、
自分が取り分けてみる。

あえて誰も着ないような、
派手な服を着てみるなど、

「希少性」は、いろんな角度から、
演出することが可能です。

どういうことを言えば、どう行動すれば、
周りの男と差をつけ「希少性」を
演出できるかを常に考えることが大事です。

5:ミラーリングでいつのまにか惚れさせる

相手の動作をそっくりに真似る。
これが、ミラーリングです。

名前の通り、鏡に映ったように、
相手の行動を一つ一つ真似していきます。

たとえば、食事をしているとき、
相手が飲み物を持ったら、
こちらも飲み物を持つ。

相手が、腕を組んだら、
こちらも腕を組むなど、
真似をすることです。

達人になると、相手と呼吸すら
合わせていくんだそうで。

ただし、このミラーリング。
わざとらしくやっては、
効果がありません。

こっそりバレないように、
やることが重要です。

不自然にならないように、
好きでない相手でも、
練習してミラーリングをしてると、

自然とできるようになる上、
人気が出るのでオススメです。

6:共感力で他の男に差をつける

人は無意識のうちに、
自分と似てる人間に好感を抱きます。

特に、女性はその傾向が顕著なので、
とにかく共感することが大事です。

たとえば女性が、

「明日プレゼンで気分が重いんだよね。
人前で緊張しちゃうし」

と言った場合に、大抵の男性は、
プレゼンで緊張しない方法などを
教えようとしがちです。

要するに、男性は解決志向なわけです。

ですが、女性は共感を求めているので、
正解なのは、

「そうか。気分重いんだ。
 大変だよね。」

と、まずは共感することです。

筆者もこれを特に心がけるように
なってからは、どんな女性からも、
「ほんと話しやすい」
言われるようになりました。

普通の男性がほとんど、
この共感をできないために、

これを心がけるだけで、
周りの男性に大きな差を
つけることができます。

7:まとめ

心理学を使ったモテる方法は、
いかがだったでしょうか?

今回解説した心理学は、
ビジネスシーンを始め、
政府間の交渉など、
様々なシーンで使われきて、

実証済みの効果のある、
心理学ばかりです。

あなたも、この強烈な心理学を
モテる方法に活用して、

気になるあの子を手に入れてください。
そのために、この記事が
参考になれば嬉しいです。

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!