女子との会話が自然と盛り上がる女心をくすぐる4つのコツ

女性と会話するとき緊張して
何もできなくなってしまう…。

「何を話そう…」

考えれば考えるほど、
緊張して心が重たくなる。

好きな女性の前でなら尚更、
そうなりやすいかと思います。

実は、
口下手かどうかは関係なしに
女性との会話を楽しむことは
十分可能なんですね。

女性は話上手で話題豊富な男性と
必ずしも話をしたい
という訳ではないということ。

是非これを覚えておいて
頂ければと思います。

それを知ってもらった前提で
女性との会話では何を心掛ければ
上手くいくのか?

女性心理をくすぐる
会話の謎にせまります。

1:会話の始まりは女性への興味と共通点探しから

「何かおもしろい話をしなきゃ!
間が持たない…」

おもしろい話をして盛り上げなきゃ…
なんて考えていませんか?

そう考えてしまうのは
女性に神対応できる
おもしろくてモテる男になりたい
という願望があるからだと思います。

しかし、
女性にウケるおもしろい話を
最初からしようとすること自体が
相当難しい話なのです。

なぜかというと、
あなたがおもしろいと感じるものでも
女性の育った環境やツボによっては
全く響かないことだってあります。

たとえば、お笑い芸人で
「この人おもしろい」と思っていても
友達はあまりおもしろくないと
思っていることだってありますよね。

つまり、その女性にとって
最初から楽しい会話を提供して
気に入られようということ自体が
かなり無茶な話なのです。

こんな難しいことをやろうとするよりも
まず初めにやっておくとラクになるのは
『あなたと女性の共通点探し』
をすることです。

これが見つかれば見つかるほど
女性と仲良くなるのは簡単になるし、
話も盛り上がりやすくなります。

あなたが小学校の頃、
親友となぜ仲良くなったのかを
思い出してください。

おそらく、
性格や趣味や好きなことや笑いのツボなど
共通点がたくさん見つかったから
仲良くなったはず。

こういったことは
小学校に通っていた頃であれば
女子であろうと普通に共通点を見つけて
会話をできていた人は多いと思います。

それが性を意識し始めた年齢からは
この共通点探しのステップを忘れて
最初から女性に気に入られることに
必死になってしまいます。

女性関係が上手く行かない
原因はそこにあります。

これはあなたが誰かから
急に話しかけられる立場になって
考えれば分かるかもしれませんが…

相手の興味を無視して、いきなり
自分の話を始める人の話を聞いても
「いや、早く話終わってくんねぇかな…」と
苦痛に感じますよね?

これと同じで
最初から女性を自分の仕込んだ会話で
楽しませようと思うと失敗します。

まずはあなたが女性と共通して
楽しめそうなポイントを探ってください。

たとえば、
女性の持ち物や身につけているもので
何か興味を引くものがないか?

持ち物、アイテム、髪型、
ファッションなど

女性は注目してほしいサインを
出しているはずです。

なぜかというと
興味を持ってほしいものや
注目してほしいものしか、
人は身につけることはないですよね?

特に女性は化粧して外出するのが普通で、
人にどう見られているかを
男性の比ではないくらい気にしています。

そして、
相手と自分の持ち物やアイテムを使って
共感し合う習性があります。

会話のきっかけが作るには、
女性の持ち物や身につけているものに
まずは注目してみてください。

2:女性の興味を5W1Hの質問で引き出す

あなたと女性が興味を持っている
共通点を見出すことができれば、
次はそれを軸に会話を展開していきます。

女性との会話のコツとしては
男性同士の会話のように
最初から情報交換に偏らない
ことです。

男性同士で会話するときは
論理的で必要な情報のみ交換する
会話になりやすいかと思います。

『車』『時計』『釣り』『ゴルフ』
『好きな映画』『ゲームの攻略法』
など

興味が共通したもの同士で
マニアックな会話で盛り上がる
機会が結構多いですよね。

だから、ほどんどの会話は
何かを教えたり語ったりなどの
パターンになりやすいんですけれども…

これを男性の会話と同じ感覚で
女性との会話でもやってしまうと、
女性は面白く感じないんですね。

男性は『物』や『ノウハウ(情報)』に
興味を持つ人が多いのですが…

女性の興味を持つ対象は
『人』『身なり』『人の感情』に
関連することが多いです。

だから、女性同士の会話では

「そのバッグ素敵ね~どこで買ったの?」
「その服なんかオシャレね…どこに売ってるの?」
「あの人なんか感じ悪いわよね?」
「あの人、私のことどう思ってるのかな?」

このような会話はよく聞くと思います。

あなたのお母さんもそうかもしれませんが、
人の雰囲気や噂話で共感し合って
会話が盛り上がっている場合が多いはずです。

私は男性ですが、
女性から話を振られるときは
「なんかその服、オシャレよね…」
「これ見て!最近この服買ったの?どう!?」
という会話から始まることが多いです。

この女性心理を裏返してみると、
自分もオシャレや努力をしていることに
「注目してほしい」「気づいてほしい」と
という心の表れ(サイン)なのです。

これを無視している男性は女性との会話を
盛り上げるときにすごく苦労しますが…
女性の出しているサインに気づきさえすれば、
女性はそれだけであなたに好感を抱きます。

「あ…他の男性は気づいてくれなかったのに
この人は気づいてくれた!
(私のことをよく見てくれている!)」
と思ってしまうわけです。

「うん…?アレ?
○○ちゃん雰囲気変わったね。
もしかして髪切った?」

こんな感じで
良い意味で気づいたところを言ってあげると
それだけで嬉しそうにします。

これだけでしゃべるのが好きな女性は
気持ち良くなって、こちらから話さなくても
勝手にしゃべってくれますが…

最初あまりしゃべらない女性の場合は
男性側から簡単な質問をしてあげて
気分を上げていきます。

一見難しく感じるかもしれませんが、
質問はそんな難しいものではなくて、
基本的に5W1Hで出せるような
簡単な質問を繰り返していけばOKです。

When(いつ頃)
Where(どこで)
Who(誰が、誰と)
Why(なぜ、どうして)
What(何が、何を)
How(どれくらい)

たとえば、

「そのブラウスの色すごく可愛いね。」
「どこでそれを見つけたの?」
「いつ買ったの?」
「どれくらい使ってるの?」
「誰かと一緒に行ったの?」
「他に気に入ったものとかあったの?」
「○○ちゃん選ぶセンスいいけど、
何が決め手だったの?」

こうやって女性の話を聞いて
相槌をしながら、会話中に出てくる
女性のキーワードから連想ゲームのように
5W1Hの質問で会話を引き出していきます。

「いや…質問ばかりしたら
ウザがられるんじゃない?」

と心配する人もいるかもしれませんが、
安心してください。

好きなことに関して聞かれている場合、
女性はうっとうしいとは思わないですし、

むしろ興味を持ってくれたと思って、
どんどんテンションが上がってきます。

実は、
女性は男性に知識を教えてほしいとか、
面白い話をして欲しいわけではなくて、
自分の話を聞いて欲しいんですよね。

だから、
『聞き上手』『質問上手』な男性は
女性が話をしやすい雰囲気があるので、
好かれやすいんです。

女性に会話したいスイッチを入れるには
まずは女性が興味を持つ対象を絞り、
それについて5W1Hで会話を引き出し、
聞いて上げてください。

たったこれだけのことですが、
これをやっていくだけで、
他の男性よりも女性の好感度を
一歩リードすることができます。

3:女性からの評価を上げるコツは共感性を磨くこと

男性にとっての会話上手と
女性にとっての会話上手のイメージは
かなり違いがあります。

男性は論理的で整合性があって、
感情的でない会話をする人が
優秀でできる人だと判断します。

わかりやすく言えば、
大学教授のような論理的な人の会話が
会話上手な人で、頭がいいと
感じやすいんですよね。

でも、女性は論理的な会話に
苦手意識を持っている人が多く、
価値を感じにくいです。

その結果、会話に感情を感じないと
「この男性はコミュニケーション力が低い」
と女性から判断されやすくなります。

では…
女性はどの部分で男性の会話力や
コミュニケーション力を感じるかというと

「どれだけ人に『共感』できるか?」

女性は人との共感性を重要視する
生き物なんです。

なぜかというと、女性は原子時代から
男性が狩りに出かけている間、
女性同士で協力しながら子育てをして
自分の身を守っていました。

そのため、女性の遺伝子は
周りの人との協調性や共感性を
男性よりもはるかに深く敏感に
察知しようとします。

つまり、
自分に共感してくれない男性には
安心することもできないので、
女性は拒絶しようとします。

だから、
会話内容がおもしろいかどうかというよりも
自分の感情に共感してくれる男性に
女性は大きな信頼を抱きたくなります。

では、

具体的に何をしていけばいいのか
ということですが…

共感性を高めるポイントは

『相槌を打つ』
『相手に理解を示すこと』
『自分の経験談を交えること』

この3つを順に活用することです。

「うんうん…ふんふん…
ああ…やっぱりそうなんだ。
それすごくわかるよ。そう…
俺も昔こんな経験があって…」

このように相槌を打ちながら
真剣に女性の話や感情や現実に対して
深く入り込んでいきます。

そして、「その気持ちわかるよ」と
共感を示していきます。

更に、なぜ共感できるのかを
自分にも近い経験があったことを
伝えて説得性を高めていきます。

どれか1つだけでも不十分だし、
順番がバラバラになっても
共感性を得るのが難しくなります。

たとえば、
いきなり自分の経験談を話しても
「いや、まずは私の話聞いてよ」と
女性は思ってしまいます。

ひたすら相槌だけ打っていても
聞いたフリしているだけで
ちゃんと聞いてくれているのかが
不安になります。

ひたすら「わかるよ」と共感しても
うれしいかもしれませんが、
説得性に欠けますよね。

『傾聴(相槌)』→『共感』→『体験談』

共感性はこのステップを
1つずつ丁寧にしていくことで
効果が高くなります。

男性は会話にすぐ結論を求めると
女性関係が失敗しやすくなるので、
まずは傾聴姿勢から
スタートしてみてください。

4:女性は盲点を攻められるのに弱い

これは初めの『女性の興味ポイントに気づく』
ところと通じるところがあるのですが、
女性は感情に察しの良い男性に対して
好意を抱きやすくなります。

もちろん、
自分が褒めてほしい思うところに
気づいてくれる男性もそうですが…

それに加えて、女性自身ですら
自分でも気づいていないような
魅力や盲点を発見してくれる男性には
かなり感情を揺さぶられます。

「○○ちゃん、自分では自分のことを
ガサツだって気にしていたけど、
こういうところがすごく女性らしいよね。
俺だったら守りたくなるよ。」

このような感じで
良い意味で女性が自分でも
気づいていないような魅力や
盲点としている部分を教えてあげます。

そうすると、
「え!?今までそんなこと
言ってくれる人いなかった…」と
女性はあなたのことが気になり始めます。

特に自分のことをネガティブ視して
自信を無くしている女性には、
かなり有効に働きます。

「○○ちゃんってここが凄いよね。
俺にはそんなことできないよ。
いや、別に褒めて言ったわけじゃないよ。
事実を言っただけだから。」

このように「俺には…」と付け足すと
言葉に説得性が増して
その人の言葉を信じたくなります。

そして、
「褒めてるわけじゃないよ」と言うと
女性の感情を更にくすぐることができます。

「え~!何よ~それ~(笑)
褒めてくれたんじゃないの?」

女性が気づいていない魅力を
伝えてあげつつも…

「褒めていない」というセリフで
上げながら下げるセリフを言うと
真実味を感じやすくなります。

ネガティブ思考の女性は
褒められることに慣れていないからです。

ここまでは自分に自信がない女性の話ですが、
自分の容姿や美貌に自信がある女性は
少し盲点の視点を変える必要があります。

容姿など自信を持っている女性は
男性から褒められ慣れているので
容姿を褒めても大した効果はありません。

こういう女性の場合は、
男性にモテるからこそ抱えている
フラストレーションに
注目して伝えてあげます。

たとえば、
「人前で手抜きができない。」
「人に良いところしか見せられない。」
「自分の本心を見せられない。」

このようなフラストレーションを
抱えている場合が多いので、
そんな自分から解放してくれる
男性に惹かれやすくなります。

「○○さんって普段ニコニコしてるけど
ムカついたりすることないんですか?
たまに疲れてるように見えるんですよね。」

とか聞いてみたり、

「この前、めちゃくちゃ
怒ってましたよね。駅前で(笑)」など

女性「え?うそ!?そんな風に見えました?
いや~ん、もう恥ずかしい~(照)」

このような感じで、
普段褒められてばかりいる女性は
「え!?そんなとこ見られてたの?」と
盲点を突かれた気分になります。

「そんないつも笑顔ばかりして
頑張らなくたっていいんですよ。
俺の前ではリラックスしてくださいよ。」

このような感じで
普段言われそうにない盲点を突いて
下げてから上げるようにします。

そうすると、
普段人に見せない自分を
この男性は分かってくれたと感じて
女性は心をゆだね始めます。

これは女性に好かれたいと思っていると
中々思いつかないことかもしれませんが、
「俺の前ではいいカッコしなくていいよ」と
リラックスに導くことが重要です、

このように自信のある女性と
自信のない女性では
対応は若干異なりますが、
重大な共通点があります。

それはその女性が自分でも気づいていない
フラストレーションに注目して
伝えてあげることです。

そんな部分に注目してくれる男性は
女性にとってはほとんどいないので、
これを伝えてあげられる男性は
彼女との関係に大きな変化が訪れるはずです。

まずは目の前の女性がどんな
フラストレーション(不満)を
抱えているのかを感じ取る習慣を
身につけてみてください。

5:まとめ

いかがでしたか?

おそらく、
多くの男性が考えている会話上手とは
かなりイメージがかけ離れているかと
思います。

女性との会話のときは特に
感情に届くような会話方法を
実践していく必要があります。

『女性との興味ポイント探し』
『5W1Hの質問』
『共感性のある会話』
『女性の盲点をつく』

どれか1つでも
実践してみてください。

女心を理解してあげられると
女性の心は必ずあなたの方へと
傾いてくれるはずです。











1分で判定できる恋愛診断ツール

相手の性格を相性を一瞬で見抜く事を可能にしたLINEトーク占い最高2位の現役占い師が使う極秘ノウハウと恋愛診断ツールとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA