恋の始まりはすぐそこに!関西夏の日帰りデートスポット21選

関西 デートスポット 日帰り 夏

今年の夏こそは、

「好きな人をデートに誘いたい!」
「好きな人との思い出を作りたい!」

そう意気込んでいたはずなのに
毎年、夏が終わる頃には

「今年の夏も終わっちゃったか…」

と特に何の進展もないまま終わってしまう。

いつもなぜか
こんなパターンに陥っていませんか?

こうなってしまう理由の1つとして
好きな人をデートに誘うのを
重く捉え過ぎてしまうことで
行動に移せなくなっている可能性があります。

  • 「がっちり計画を練ってからでないと!」
  • 「旅行費用を貯めておかないと!」
  • 「ロマンチックなデートプランを用意していかないと!」
  • 「彼に恥ずかしくないようにしないと!」

このようにデートの準備ばかりに
エネルギーを費やし過ぎたことで
何もしないまま過ごしてしまうケースが
多いのではないでしょうか?

しかし、

異性関係って
1回のデートで運命が決まる
というわけではないですよね。

デートや普段のコミュニケーションの
積み重ねの中で少しずつ、
「この人となら付き合いたいかも」
という想いが芽生えていくものです。

だから最初から完璧に
イイ所ばかり見せて気にいられようとする
必要はありません。

「恋愛成就の小さなステップの1つ」

そう考えることで
異性に対する障壁が低くなり、
好きな人をデートに誘うことも
楽に考えられるようになります。

今回は恋のきっかけ作りのための
関西各地の夏を日帰りで楽しめる
デートスポットを紹介します。

1:関西夏の日帰りデートスポット

夏らしさを感じるものといえば
何が思いつくでしょうか?

『夏祭り』『花火』『BBQ』
『スイカ』『海』『プール』など

色々と出てくると思いますが、
思いついたものはあなた自身が
記憶として特に思い出深く
残っているものだったりします。

それだけ夏を感じる要素というのは
記憶に残りやすいということです。

思い出深いデートをするのに
必ずしも長時間である必要はありません。

短時間一緒に過ごしただけでも
相手の夏の思い出として残れば
それは成功だと言えます。

今回は夏の思い出を作ってくれる
関西各地のデートスポットを
順に紹介していきます。

1-1:大阪のデートスポット

まずは大阪です。

都会のイメージが強い大阪ですが、
自然を感じられる工夫がされた
デートスポットも数多く存在します。

夏の清涼感と夜景、
双方を楽しめるデートスポットを中心に
紹介していきます。

1-1-1:海遊館

「夏といえばプールだよ!」
「やっぱり海でしょ!」

でも、日焼けするのが嫌だったり
海が苦手な場合はちょっと億劫ですよね。

そこでおすすめなのが水族館デートです。

大阪にある『海遊館』は世界最大級の
水族館として有名なデートスポットです。

一面を青々と照らす水槽の中を
気持ちよさそうに泳いでいる魚を見ていると
まるで海の中に潜っているかのような
気持ちになります。

海の星のように鮮やかに泳ぐ魚たちの
幻想的な雰囲気を恋人と共に
ご堪能下さい。

海遊館参照ページ

1-1-2:天保山マーケットプレイス

天保山マーケットプレイスは
先ほど紹介した海遊館に
隣接した場所にあります。

ショッピングからグルメまで
数多くのお店が出店されているため
カップル同士でお店巡りを
楽しめること間違いなしです。

そして、天保山マーケットプレイスの
一番の目玉は『天保山大観覧車』です。

世界最大級の高さに誇る大観覧車に乗れば
見晴らしが良い日には東は生駒山系、
西は明石海峡大橋、南は関西国際空港、
北は六甲山系までの景色が一望できます。

楽しみ方は
乗るだけにはとどまりません。

天保山大観覧車は観覧車としては
世界初となるLED照明による
『光のアート』が演出されます。

海遊館、天保山マーケットプレイスで
お昼を楽しんだ後、大観覧車で
夜景やライトアップでムードを作るという
王道のデートを楽しむことができます。

天保山マーケットプレイス参照ページ

天保山ハーバーレッジ参照ページ

1-1-3:りんくう公園 マーブルビーチ

日本の夕日百選にも選ばれるほど
美しい夕日を堪能できる
『マーブルビーチ』がある
りんくう公園の紹介です。

その美しさは『恋人の聖地』としても
認定されています。

真っ白で綺麗なビーチを散歩する中で
恋愛成就の助けになってくれること
間違いなしです。

近隣には
『りんくうプレミアムアウトレット』
あるため、グルメやショッピングも楽しめ
温泉施設もあることで1日通して
デートを楽しめる場所でもあります。

夕日と夜景を楽しみながら
2人の思い出作りをしてみては
いかがでしょうか?

りんくう公園の参照ページ

りんくうプレミアムアウトレットの参照ぺージ

1-1-4:あべのハルカス

日本一の高さを誇るビル
『あべのハルカス』。

300mの高さにある『ハルカス300』からは
関西全域の街並みを360度パノラマで
一望できます。

北は京都、東は奈良、
南は和歌山、西は兵庫、

夜には一面に輝く街の光が
まるで光のじゅうたんのように
ロマンチックなムードを演出してくれます。

58階には『天空庭園』からは
心地よい空の風が吹き抜けます。

その他、ハルカスダイニングや
近隣のあべのキューズモールなど

ショッピングやグルメも楽しめる場所も
たくさんあるため、1日中いても
退屈することがないスポットです。

インパクトのある感動は
間違いなく記憶に残るデートに
なるはずです!

あべのハルカスの参照ページ

1-1-5:ひらかたパーク

関西を代表する遊園地といえば、
真っ先に思いつくのが
『ひらかたパーク』です。

遊園地だけでも楽しめますが、
「夏と言えばやっぱりプールでしょ!」
という人には楽しめるアトラクションが
満載です。

屋外プール『THE BOON』では
4種類のプールとウォータースライダーは
スリル満点で楽しめます。

2人乗りの浮輪ボートを使って
カップル二人っきりで
絶叫ウォータースライダーを
お楽しみください。

入園&プール料金は2300円と
比較的お手頃なのも
うれしいところです。

ひらかたパークの参照ページ

1-1-6:スパワールド 世界の大温泉

スパワールドは世界の国々を
モチーフにした温泉を楽しめる他、

岩盤浴やプールなども楽しめる
総合レジャー施設と言っても
過言ではないほどの大規模施設です。

カップルにおすすめなのは
やはりウォータースライダーです。

日本初上陸のスフィア状の
パニックトルネードを始め、
スパプーだけで味わえるスリルと興奮は
カップル同士の仲を深めてくれるはず!

『スリル』と『癒し』を併せ持った
究極のデートスポットを
味わってみませんか?

スパワールドの参照ページ

1-2:兵庫のデートスポット

兵庫県は六甲山系の山々と
神戸の海に囲まれた自然豊かな
スポットが数多く存在します。

そんな兵庫からは自然との触れ合いと
夜景観賞を日帰りで満喫できる
デートスポットを中心に
紹介していきます。

1-2-1:神戸市立須磨海兵水族館

兵庫県を代表する水族館の1つ。

入館してすぐに大きな水槽があり、
美しい魚たちが優雅に泳ぐ
幻想的な光景に目を奪われること間違いなし!

イルカショーを見たり
ペンギンを至近距離で見れたり、

見るだけでなく、
海の動物たちと触れ合える
プログラムなども充実しています。

見応えたっぷりであるにも関わらず
入場料は1300円という安さには驚きです。

カップルで童心を振り返りながら
絆を深めてはいかがでしょうか?

須磨海兵水族館参照ページ

1-2-2:六甲山牧場

六甲山に広がる自然の中で
羊、牛、馬、ヤギなどの動物と
ふれあえます。

ホースショー、シープドッグショー、
乗馬体験など

とにかく動物とのふれあい体験が
たくさんできます。

その他

羊毛によるウールクラフトや
アイスクリーム、バター、
クリームチーズタルトなどを作る
体験プログラムも充実!

新鮮な牛乳から作られる食品の数々は
格別の美味しさです。

普段の生活では決して味わえない
体験の数々を
この場所ではたくさん味わえます。

好きな人とのかけがえない
ひと夏の思い出作りは
六甲山牧場に凝縮されているはずです。

六甲山牧場参照ぺージ

1-2-3:六甲ガーデンテラス

標高890mに位置する複数の展望テラスが
立ち並ぶ複合施設。

ラム肉を楽しめる
六甲山ジンギスカンパレスなど
美味しい食事を楽しめるレストランも
充実しています。

レストランそのものが展望スポットに
なっているお店も数多くあり、
昼間は六甲山の自然と広大な青空を
夜は神戸の夜景を堪能できます。

一番のシンボルは
『自然体感展望台六甲枝垂れ』からは
夜になると光のアートを楽しめます。

そこから一望できる
神戸の『1000万ドルの夜景』の
幻想的な光景は恋のボルテージが
上がること間違いなし!

忘れられないトキメキを
カップルで満喫してください。

六甲ガーデンテラス参照ページ

1-2-4:神戸ハーバーランドumie

港町神戸の象徴ともいえる
神戸ハーバーランド。

海の潮風を感じながら
洗練された神戸の夜景も楽しめる
絶好の海のビュースポットです。

周りにはショッピングモール、観覧車、
中華街アンパンマン子供ミュージアム、
神戸中華街『南京町』など

観光地にも恵まれているため
お散歩デートとしても使えるスポットです。

8月には『みなと神戸海上花火大会』が
開かれることで、
神戸の夜景と鮮やかな花火が
恋人気分を盛り上げてくれます。

花火大会のスケジュールに合わせて
気になるあの人に
アプローチしてみてはいかがでしょうか?

神戸ハーバーランドumie 参照ページ

1-2-5:摩耶山掬星台

日本三大夜景に数えられる
六甲山系の摩耶山『掬星台』。

美しく澄んだ夜空に輝く無数の星々と
宝石箱をひっくり返したような
神戸の街の輝きはまさに
神戸『1000万ドルの夜景』に相応しい
眺めです。

標高700mの高さから味わえる
大阪から明石まで一望できます。

標高が高いため、
夏とは思えないほど涼しく心地良い
デートを楽しむことができます。

関西屈指で美しいパノラマ夜景は
間違いなく感動ものです。

男性の場合は内緒で女性への
サプライズ計画を立ててみては
いかがでしょうか?

摩耶山掬星台参照ページ

1-2-6:三井アウトレットパーク マリンピア神戸

明石の海に隣接した場所にある
三井アウトレットパークマリンピア神戸。

アウトレットモールならではの
お得なお買い物を楽しめると同時に
海の風景を楽しめる絶景スポットです。

海の爽やかな潮風に吹かれながら
眺められる明石海峡大橋は
夜になれば鮮やかにライトアップされ、
トロピカルな雰囲気漂う夜景を堪能できます。

普段1人でのお買い物をする場合は
ショッピング目的で使われると思いますが、
カップルで訪れる場合は
海の絶景デートスポットに早変わりします。

明石の海を眺めながらの
お食事デートとしても
是非利用してみてはいかがでしょうか?

マリンピア神戸参照ページ

1-3:京都のデートスポット

京都というと春には桜の名所、
秋には紅葉の名所というイメージが
強いかと思います。

じゃあ、夏は?
ということですが…
京都には夏の涼を感じられる
名スポットが数多く存在します。

川のせせらぎや竹林の道など
自然を感じながらも
カップルが歩いて絵になるスポットを
紹介していきます。

1-3-1:貴船神社

神秘的で涼しげな空気が漂う貴船の風は
天然のクーラーとも称されるほど。

京都市街地と比較して10度近く
涼しい日もあることから、
京都の夏の観光名所としては
トップクラスの人気に誇ります。

夏でありながらも
爽やかなデートを楽しめます。

貴船神社では7月1日から8月15日まで
短冊がつるされた笹が境内に飾られます。

夜になればライトアップもされるため、
幻想的でロマンチックなムードを
演出できます。

京都の夏の風物詩『川床』では
川のせせらぎを感じながら
京料理を頂けます。

涼を感じる爽やかなデートを
貴船神社にて堪能ください。

貴船神社参照ページ

1-3-2:嵯峨野トロッコ列車

京都嵯峨野、保津峡の
四季折々の表情を楽しめる
『嵯峨野トロッコ列車』の紹介です。

桜や紅葉の時期におすすめされる
スポットではありますが、
逆に夏は人が少なめでゆったり過ごせるので
穴場スポットになります。

窓枠を排除した車内からは
自然の風を体で感じながら
旅をできるため、登山で見られる景色を
電車から満喫できます。

山の自然を堪能できる25分の至福の旅。

嵐山デートの際はご利用してみては
いかがでしょうか?

嵯峨野トロッコ列車参照ページ

1-3-3:竹林の道

京都で人気の観光名所嵐山にある
『竹林の道』です。

道の両脇に並ぶ竹林が作る
影と木漏れ日をコントラストは
とても美しく幻想的で
心を穏やかにしてくれます。

木陰から心地よい風に当たりながら
夏の涼を感じることができる
おすすめの散歩コースです。

トロッコ列車に乗れる
嵯峨嵐山駅からも近いため、
嵐山のデートプランの1つに
組んでみてはいかがでしょうか?

竹林の道参照ページ

1-3-4:保津川下り(ほづがわくだり)

自然豊かな保津峡の川を
熟練の船頭さんが楫を切って
急流の保津川を下っていきます。

丹波の国『亀岡』から
京の名勝『嵐山』まで
約16㎞2時間に及ぶ
自然と触れ合う船旅を満喫できます。

急流を下っていくスリル、
渓谷を吹き抜ける爽やかな風、
激しいの水しぶき、

天然のジェットコースターのような
雰囲気を味わえる
おすすめデートプランです。

因みに
保津川は亀岡から嵐山までの
経路になりますので

往路は『嵯峨野トロッコ列車』を
復路は『保津川下り』のセットで
デートプランを立ててみては
いかがでしょうか?

涼を感じながら保津峡の
ゆったりとしたひとときを
お過ごしください。

保津川下り参照ページ

1-3-5:堀川遊歩道(京の七夕)

次のおすすめスポットは
夏の京都のイベントとしても
有名な『京の七夕』が開催される
堀川遊歩道です。

8月の上旬から下旬にかけて
開催されています。

京の七夕はLEDライトにより
天の川の幻想的な無数の星を
再現したり、

竹かご灯のゆらめきや
光の友禅流しなど
幻想的でありながらも京都らしい
和を感じさせる光景が広がります。

その他、
訪れた人たちを飽きさせない
見所が満載であり、
京都のイベント事の中でも
特にカップルにおすすめです。

京の七夕の日程を合わせて
是非訪れてみてください。

京の七夕『堀川会場』参照ページ

1-3-6:鴨川河川敷(京の七夕)

続いて『京の七夕』の会場の1つ
鴨川河川敷の紹介です。

夜の爽やかなそよ風に当たりながら
照らされる光のアートによって
うっとりするような幻想的な光景が
一面に広がります。

天の川を歩いているかのような
体感型照明インスタレーション、
竹と灯りのコラボレーションの数々、

鴨川の静かで穏やかな光景が
合わさって
更に夏の涼を引き立ててくれます。

今回は京の七夕の会場として
紹介をしましたが、
それ以外の日であっても
カップルのお散歩デートには
おすすめの場所です。

鴨川会場(京の七夕)参照ページ

1-4:滋賀のデートスポット

滋賀県といえば、
琵琶湖のイメージがもっとも
強いかと思います。

実際に琵琶湖の周りは
インパクトに残る夏のデートスポットが
数多く存在します。

その中でも特にインパクトが強い
注目すべきスポットを
順に見ていきましょう!

1-4-1:びわこ花噴水

琵琶湖観光の玄関口にある
大津港の沖合いに世界最大級の
大きさに誇る花噴水が見られます。

美しい琵琶湖を背景に吹き上げられた
水しぶきは高さ40mにも達し、
遠目から見てもその迫力ある水量に
圧倒されます。

放出される水の量や角度によって
様々な形に変化していくため、
ついついずっと見入ってしまう
魅力があります。

夜には色鮮やかにライトアップされるため
噴水に反射して幻想的な光景を
演出してくれます。

昼の清涼感溢れる琵琶湖の風景とは
また違った夜の魅力を是非
味わってみてはいかがでしょうか?

びわこ花噴水参照ページ

1-4-2:カーメルビーチ

壮大な琵琶湖が広がるカーメルビーチは
比良山の麓にあるJR比良駅から
すぐの場所にあります。

透き通るようなきれいな湖では
定番のバナナボートをはじめ、
水上スキーやウェイクボードなど
数多くのマリンスポーツを楽しめます。

まさに水上の遊園地といってもいいほど
様々なアトラクションが用意されています。

それ以外にも
完備されたBBQ設備のセットプランや
陸上の遊具施設も充実しているため、
海が苦手な人であっても
楽しめる施設が充実しています。

日本ではできそうになり
未知の体験がたくさんできるのが
カーメルビーチのおすすめポイントです。

ひと夏の思い出に深く刻める
デートになること間違いなしです。

カーメルビーチ参照ページ

1-4-3:河内風穴

夏に涼がとれる場所といえば、
やはり洞窟です。

滋賀県にある河内風穴は
関西ではかなり珍しい巨大な鍾乳洞です。

入口こそ1mと小さいですが、
総面積は1544平方メートルと
広大な敷地面積に誇ります。

洞窟内の温度は年間通して
12℃から13℃であり、
夏に行けば涼しく、冬に行けば暖をとれる
とても過ごしやすい気候になっています。

薄暗い洞窟の中を手探りしながら
ちょっとした探検気分を味わえるところが
人気のポイントです。

恋人同士で運命共同体の気分を
満喫してみてはいかがでしょうか?

足場はかなりゴツゴツしているので
ヒールではなくスニーカーなど
歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

河内風穴参照ページ

2:絶対に忍ばせておきたい夏のデート7つの必需品

夏は他の季節に比べて
服装など身軽ではありますが…

同時に夏ならではの
エチケットや悩み、
体調管理の問題など
色々とピンチの場面に遭遇します。

汗びっしょりになったTシャツ。
化粧崩れ。
汗が乾いた後の体臭の心配。

など
色んな心配事がでてきます。

あまり神経質になりすぎるのも
問題ではありますが、
まったく準備しないというのも
問題が発生します。

せっかくの楽しいデートのはずが
心配事で頭がいっぱいになって、
楽しむどころではなかった
という事態になりかねません。

そうならないためには
事前準備をしておいた方が
絶対に良いです。

実は準備しておくとアクシデントを
回避する以外にも
大きなリターンがあります。

それは、
いざというときに役に立つと
異性からの評価が
一気に高まるということです。

これは男性、女性に限定されず、
いざというときに準備できている人は
『頼りになる人』という評価を受けます。

「え、すごい…こんな細かいことにも
気遣える人なんだな。」

このように感じてもらえて
ますます相手はあなたに対して
魅力的に感じ、夢中になっていきます。

では最低限、
何を準備しておいた方がいいのか?

今回は夏のデートに用意しておくべき、
7つの必需品をご紹介します。

2-1:ハンカチ

まずはハンカチです。

これはエチケットとしても
持っておくべきものですが、
案外忘れがちになるものです。

特に男性は忘れる人が多いため、
普段からかばんの中に予備に
忍ばせておきましょう。

アクシデントで手を汚したときに
さりげなく差し出せる気遣いは
相手に好印象を与えます。

2-2:ハンドタオル

これは汗対策になります。

女性の中には汗対策で
デオドラントスプレーなどで
無理矢理、汗を止める人も見かけますが、
あまりおすすめはしません。

あの独特な香りが苦手な人も
中にはいるので、

できる限りナチュラルな汗対策の方が
堅実です。

特に男性の場合であれば
タオルやウェットティッシュなど
汗を拭きとるタイプのものを持っておくと
かなり重宝します。

ウェットティッシュであれば
パートナーの分も簡単に用意できるので
額の汗を拭きとろうとするタイミングで
「はい、どうぞ」と差し出してあげれば
かなり喜ばれるはずです。

2-3:水

夏にはこまめな水分補給は欠かせません。

バッグに500mlをペットボトルを
入れておくだけでかなり重宝します。

コーラやコーヒーなどより
水やお茶の方が体が潤されます。

男性であれば
2本くらいは忍ばせておけば
女性がのど乾いたときに
差し出せます。

2-4:羽織り物

夏は空調が効いた施設に入ると
急に体が冷え込みます。

そんなときのために
夏物のカーディガンやストールなど
1枚入れておくだけで
気温の変化に対応できます。

室内デートを予定している場合、
入れておいて損はないでしょう。

2-5:日焼け止めクリーム

これは女性用の夏対策ですが、
あまりに日差しが強い場合は
男性にも必要になることがあります。

ただ、
男性はよく忘れることが多いので、
女性が用意してあげておくと
いざというときに助かります。

デートは助け合いが
絆を深めるチャンスになります。

2-6:サングラス

これも日差し対策になりますが、
特に海や川などの照り返しが強い
デートスポットを企画している場合は
持っておくと重宝します。

しかし、ずっと付けるのは
あまり印象がよくないので
必要なときにのみサッを取り出すと
スマートな印象を相手に与えます。

2-7:替えのTシャツ・下着など

夏のデートはどうしても
べたついて気持ちが悪いという
事態を避けるのは難しいところです。

今までの経験上、
汗をかいたことでずっと着ていると
気持ち悪いと感じるものが
あると思います。

私はTシャツがどうしても
汗だくになる経験が多いので
替えのTシャツを持ち運ぶことが
多いです。

他にも下着や靴下など

替えたいというものがあれば
1枚くらいは持ち運んでも
良いかもしれません。

以上、
夏のデートで用意しておくと
役に立つ7つのアイテムでした。

ポイントは7つのアイテムは
パートナーとの絆を深めるのにも
一役を買ってくれるということです。

自分の分以外にも
パートナーの分も用意してあげることで
「この人との相性良いかも…」
という気持ちにさせることができます。

すべて用意する必要はありませんが、
できる範囲の中で持ち運んでみては
いかがでしょうか?

3:好きな人をデートに誘う3つのステップ

好きな人をデートに誘う。

なぜか緊張して色々なことが
頭の中を駆け巡って心が
重たくなりますよね。

  • 「フラれたらどうしよう…」
  • 「断られたらどうしよう…」
  • 「恥をかきたくない」
  • 「変な噂が広まったらイヤだな…」

このように
色んな不安や恐怖が湧いてきて
結局誘うことができなかったという
経験がある人も多いと思います。

1つ覚えておいてほしいことが
「異性に誘われて嬉しくない人はいない」
ということです。

たとえば、

今までそんなに関心がなかった人から
「昨日美味しいお店見つけたから
今度一緒に行ってみない?」
と誘われて悪い気はしないですよね?

よっぽど生理的に受け付けられない人なら
話は別ですが…

基本的に人は誘われると
構ってもらえた気持ちになって
うれしいんですよ。

では、好きな異性を誘うとき
何が問題になってくるのかというと
「この人のことが好きだ!」という
気持ちが邪魔をしてしまうんです。

「好き…やばい…どうしよう」

ということばかり思い浮かんで
いつもとっている行動を
出来なくさせてしまうんです。

そうすると
ガチガチの引きつった表情をしたまま、
「あの…今度お食事にでも行きませんか?」
という感じになると思います。

もしこれを逆の立場で考えてみたら
どうでしょうか?

あなたが最初から好きな相手であれば
話は別ですが、

相手の緊張している気持ちが伝わって
ちょっと重たく感じるはずです。

そうすると

「ちょっとその日は
スケジュールが入っていて…」

とか言われて断られたりします。

相手を「逃げたい!」という
気持ちにさせてしまったら
チャンスを壊してしまいます。

そうならないためには
これから紹介する3つのステップで
好きな人をデートに誘ってみてください。

3-1:ステップ1:異性として意識しない友達をイメージする

『あなたが好きな人』
『あなたが異性として意識しない人』

この2人とそれぞれ接している場合、
あなたの態度は明らかに違うはずです。

たとえば、
「今から異性として意識していない
友人をランチに誘ってください。」
と言われたら簡単にできますよね。

ちょっとイメージしてほしいのですが、
どのような会話で入っていますか?

「この前、あそこに新しい
イタリアンのお店がオープンしたでしょ?
昨日行ってみて超ヤバかったんだけど」

このように相手が知っていて
尚且つ興味を引く話題をふって、

「ええ!?マジで?すごーい!
今度一緒に行こうよ~」
というふうに盛り上がっているはずです。

実は好きな人の場合は
デートを誘いたい気持ちでいっぱいで
この過程をすっ飛ばしている傾向が
出やすくなります。

相手の立場を考える余裕がなく、
「今度よかったらお食事にでも…」
という堅苦しい雰囲気に
なってしまいます。

そうならないためには

特に異性として意識していない人と
会話しているイメージを持つことが
緊張を解くカギになります。

まずは、食事の話や趣味の話などから
相手との共通の興味ポイントを探って
リアクションをしていく中で
仲良くなっていくこと。

これが好きな人にデートを
もちかけるための
第一ステップになります。

3-2:ステップ2:相手に有益な情報をシェアする

次のステップはいよいよ
相手をデートに誘導していく
ステップに入ります。

ステップ1で相手との興味ポイントを
探っていく中でどんなデートであれば
OKしてくれそうかというのが
見えてきたと思います。

ただ、ポイントになるのが
相手の脈ありを確信できない限りは
直接的に「デートを誘おう」
という雰囲気を出さないことです。

たとえば、
グルメの話で盛り上がっていた場合、

「今度あそこのお店
リニューアルするらしいね」
相手にとって有益な情報シェアをする
ところから始めます。

もしそれが相手に対して響けば
「ホント?じゃあ今度一緒に行こうよ!」
誘ってきてくれる可能性も出てきます。

誘ってくることがない場合は
「え?本当に?ちょっと興味があるな…」
相手が興味のある素振りを見せたときが
誘うタイミングになります。

3-3:ステップ3:デートへの執着は捨てる

次はいよいよデートに誘うステップですが、
好きな人をデートに誘うとき
デートへの執着はできる限り
捨ててください。

「あなたじゃなきゃダメなんです!」
「断られたら立ち直れない…」

という空気を出さないことです。

具体的には
「興味あれば今度一緒に行ってみる?」
など、特に日程などを決めずに
フランクさを出すことがポイントです。

あえて具体性を持たせないことで
相手にとってあなたの興味性が
引き立てられます。

相手が乗り気である場合は
相手の方から「何日にする?」とか
「どの場所に集合する?」など
聞いてくるはずです。

「最近、仕事忙しくて…ごめん」

と断られても、
悲観的になる必要はありません。

「そっか、仕方ないね。
また、機会があったら誘うよ。
お仕事頑張ってね!」

という感じで堂々とすることです。

「あまりあっさりした態度をとると
チャンス逃すんじゃないかな…」

と思うかもしれませんが、
少し逆の立場で考えてみてください。

「じゃあ他に空いてる日はいつ?」

とか催促して聞かれると
少し窮屈さを感じませんか?

人は自分を支配しようとする人からは
離れたくなるのです。

さらに、そこに好意を感じ取った途端、
「この人は自分を追ってくる人間だ」
と人は判断して相手からすると
価値を感じなくなってしまうんですよ。

逆に今まで
あまり興味がなかった人であっても
誘われて断ったときに

「いいよ、いいよ、気にしないで」

とあっさりした態度をとられると
拍子抜けしてなぜかその人のことが
気になり始めた経験はありませんか?

「せっかく誘ってくれたのに、
もしかして気分害しちゃったかな…」

「あれ?私、なんかあの人のこと
いつの間にか気になってる?」

このように
人は自分に執着しない人に対して
魅力を感じてしまうという
心理があるのです。

不思議ですよね。

つまり
執着を手放せば手放すほど
好きな人から好かれるチャンスが
巡ってくるということです。

「別にあなたじゃなくても大丈夫よ」
というくらいの軽い気持ちでいた方が
恋のきっかけは掴みやすいです。

以上3つのステップ

  1. 異性として意識しない友達をイメージする
  2. 相手に有益な情報をシェアする
  3. デートへの執着は捨てる

これを是非意識してみてください。

4:まとめ

いかがでいたか?

暑い夏な外に出ることを
敬遠されがちですが…

他の季節以上に今まで
味わったことがない未知の体験を
できるチャンスがいっぱいあります。

あなた自身も思い出してみると
心当たりがあるかもしれませんが、
子供の頃の思い出で印象が強いのは
夏休みでの思い出だったりしませんか?

それだけ初めて体感できる出来事が
夏のイベントには多いということです。

そして、
これは恋愛関係に当てはめると
キッカケを作るチャンスです。

印象深いイベントが多いということは
あなた自身が相手にとって
インパクトのある人物と
認定される可能性が高いのです。

「なんかこの人は今まで
出会ってきた人とは違うかも…」

そう思われたときに、人は
「またこの人と会ってみたい」
思われるようになるのです。

なので、
夏のチャンスを逃してしまうのは
実に勿体ないことでもあります。

デートに何から何まで準備して
完璧を求める必要はありません。

外に出れば何かしら
イベント事が待っています。

いきなり恋人関係になろうとか思わずに
まずは、今気になっている人を
軽くチャレンジする気持ちで
お誘いしてみてください。

起こした行動は必ず
あなたの未来の恋愛を掴む
きっかけになってくれるはずです。

最後までご覧頂き
ありがとうございました。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA