要チェック!女性とのLINEが続かない12のNG例

彼女や結婚相手が欲しくて
合コンや婚活パーティーに参加したり
友人知人に紹介をお願いして
やっと女性と知り合いLINEゲット!

ところが、そのLINEでの会話が
一向に盛り上がらない。
女性の方から、なかなか返信がない。

そんな場合は、ここに挙げる12の
女性が引いてしまうLINEでのNGを
やっていないかチェックしてください。

併せて女性の心理についても学ぶことで
今後の女性とのお付き合いがより楽しく
実りあるものになると思います。

 

1.合コンでLINEを教える理由は2つだけ

合コン、飲み会などで
女性があなたにLINEを教えてくれる
その理由は2つに1つ。

「あなたが嫌ではないから」
あるいは

「社交辞令」
のどちらかです。

例外として「勧誘狙い」がありますが、
その場合LINEが続かないというのは
まずありえないと思いますので
ここでは除外して考えていきます。

では、まずその女性が
好意と社交辞令、どちらから
LINEを教えてくれたのかを
考えてみましょう。

2.LINE交換した状況を振り返ろう

あなたは彼女のLINEを
どこで手に入れましたか?

  • 友人の紹介
  • 合コン
  • 婚活パーティー
  • 趣味の集まり
  • ジム、飲み屋など行き着けの場
  • 仕事関係

いろいろありますが、
どうやってLINE交換したかを考えると
ある程度相手の状況を
推測することができると思います。

一般的に学生同士のコンパは
「遊び」「その場が楽しければ」
というムードがありますが、

社会人の出会いの場である合コンや
婚活パーティー、また
友人知人に紹介を頼む場合も
男女ともに本気度が高い傾向があります。

そうした社会人の集まりで、特に
女性もお金を払って参加していた場合、
わざわざどうでもいい男性に
LINEを渡すことは少ないでしょう。

ただ、仲介人が上司や先輩
世話焼きな親友などの場合、
紹介してくれた人の手前、断れなくて
LINEを渡すことがあります。

特に優しくて気配りできる女性ほど
「LINE?嫌ですよ~」などとは
口が裂けても言えないでしょう。

あと、ノーと言えない受け身タイプや
場慣れしている女性は
「頼まれたら断れない」「お約束だから」と
儀礼的にLINE交換する傾向があります。

ジムや趣味会など
共通の関心を通して知り合った場合は、
何らかの興味を持ってくれたと考えて
問題ないかと思います。

一方で「単なる情報源」「付き合い」と
割り切られている場合もありますので、
その辺も念頭に入れて置きましょう。

あと、いずれの場合でも
LINE交換した時の女性が

  • 酔っていた
  • 彼氏と別れたばっかり
  • ストレスが溜まっていた

こういう場合は
「一時の気の迷い」の可能性が。

少なくともその瞬間だけは
あなたに好意、関心を持ったわけですが
後で冷静になり「やっぱりないわ」と
思い直した、というケースです。

「そんな!」と思われるかもしれませんが
人間、誰しもそういう時があります。

このように、LINEを交換した時

  • 場の「出会い本気度」はどうだったか
  • 周囲のプレッシャーがなかったか
  • 共通の話題で盛り上がったか
  • 酔っていなかったか
  • 彼女が強いストレス下になかったか

を考えてみると、

あなたにLINEを教えてくれたのが

  • 好意からか、単なる社交辞令か
  • 異性として興味があるからか
  • 一時の気の迷いだったのか

ある程度見えてくると思います。

3.LINEが続かないのはどうして?

そもそもLINE交換が
社交辞令でしかなかった場合は、
残念ですが、相手の女性は
最初からやる気がありません。

元々あなたに興味が無いのです。
だから、会話も続かない。

そこからLINEだけで挽回というのは
かなり難度が高い、と
言わざるを得ないでしょう。

今後は女性とLINE交換する前の時点で
共通点を見つけ会話を広げるなどして
もっと自分に興味を持ってもらえるよう
「段取り」に力を入れてくださいね。

しかし、どうしても今の彼女との仲を
発展させたいなら
ちゃんと対面で会える機会を持ちましょう。

LINEは基本、連絡ツール。
じっくり話をしたりお互いを知り合うために
向いているとは言えません。

現在、関係がまるで発展していない相手に
そんな不適切なツールで
アプローチを続けても不毛です。

何とかして彼女と会う機会を
もう一度作る。

そうやって関係を深めた上で
改めてLINE会話に取り組むと、
その後のやり取りが随分変わってくると
思いますよ。

女性とどうやってもっと仲良くなるのか、
そのための会話術については
こちらの記事も参考にしてみてください。

知識がなくてもOK!女性との会話の広げ方4つのポイント
好きな女性と会話したいとき、緊張して会話が続かない…ということありませんか?おそらく、多くの人が経験していることで「何か話さなきゃ…」と思えば思うほど緊張状態...

一方で、少しでも好意があって
LINEを教えてくれたはずならば、
「その後」に問題があったと
考えるのが妥当です。

特に、今回が初めてではなく
同じような経験が何度かある人は
ぜひこの先をよく読んでください。

人は

  • 理解できない
  • 面倒くさい
  • 否定される
  • 混乱する
  • 危険

といった不快な要素があると
大いにやる気を無くしてしまいます。

具体的に言えば、LINEのやりとりで

  • 内容がつまらない
  • 理解不可能
  • 聞きたいことがない
  • 返事に困る

となると彼女は居心地が悪くなり
結果的に会話が続かなくなるというわけ。

また「プライベートに踏み込みすぎ」
と思わせてしまうと、その瞬間から
あなたは「要注意人物」となり
心理的にブロックされてしまいます。

このように、大抵の場合
LINEで女性との会話が続かないのは

•会話に興味がない
•発言、質問の必要性を感じない
•返信しづらい内容を送っている
•踏み込み過ぎ

のどれか、または幾つかが原因です。

4.やっていませんか?12のNG

では、具体的にどんな行動が

  • つまらない
  • スルーしたい
  • ブロックしたい

と女性に思われてしまうのか。

具体的NGを見ていきましょう。

4-1: 出会ってすぐに熱いメッセージ

コンパで会ったその夜直ぐに

「今日は楽しかったです。
また会いたいな!
来週土曜、二人でどっか行かない?」

と、次のデートまでいきなり誘うのは
「踏み込み過ぎ」の典型パターンです。

男性は「いいな」と思う相手がいると
一気に「落としたい」とスイッチが入る
「直線型」ですが、女性は違います。

女性は「いいな」と思った相手に対しても
時間をかけて多面的にじっくり検討し
ジワジワと好きになっていく「らせん型」。

たとえ第一印象がよかった男性でも、
いきなり迫ってこられると
恐怖と不審感の方が高くなり、
一気に気持ちが醒めてしまうのです。

間違いの無いよう言っておきますが、
出会ったその日、または翌日くらいに
お礼の挨拶を送ること自体は
NGというより礼儀でプラスに働きます。

ただ、

  • 送信時間が常識外れ
  • いきなり次のデートに誘う
  • 長すぎる文章
  • 彼氏気取りな発言

は全てマイナス。

送信時間は遅くても深夜まで、
また仕事中の時間は避けるようにして
簡潔にまとめたものを。

「今日は楽しかったです!
まさか○○を知ってる人と
会うとは思ってなかったから
ラッキーだったな!

またぜひ一緒に飲みましょう。
その時は××の話もぜひ!」

などと、その人との個人的かつ
具体的なエピソードを挟みながらも
あくまでもお礼中心の内容にしましょう。

女性は節度ある紳士的な男性に
好感を持つのです。

こちらの記事でも
女性を追いかけるほどに避けられる
メカニズムを解説しています。

好きな人を振り向かせたい男性必見!恋愛に繋げる女性心理の秘密
恋愛感情がない女性は大丈夫なのに好きになった女性に近寄ろうとするとなぜか避けられてしまう…。こういった経験がある男性は多いかと思います。好きな女性から避けられ...

4-2: LINEを連投する

彼女から返事が来ないと言って

「聞いてる?」
「ねえ?」
「おーい」

などと続けて送っていないでしょうか。

トドメに
「かまちょ(かまってちょうだい)」の
スタンプなんか送っていませんか。

メッセージの連投は
女性からすると非常にウザい行為です。

一般的に、そこまで親しくない男性とは
1日に1回程度なら許容範囲ですが、
それ以上LINEしてくる男は煙たがられます。

たとえ1日1回であっても、
彼女から返事が無いのに
毎日律儀に送信を続ける、というのも
かなり気持ち悪がられます。

4-3: 「今何してるの?」

「今何してる?」
ありがちな質問ですが、
別段親しいわけでもない男性に聞かれると
女性は

「関係ないでしょ?」
「なんであんたに教えないとダメなの?」

と思ってしまうのです。

同様に

  • 「誰と会ってたの?」
  • 「理想の男性像は?」
  • 「どこに行くの?」

なども注意が必要。

会話の流れ上、こうした質問をすることも
もちろんありますが、
多用すると「詮索好きなウザ男」という
マイナスイメージにつながります。

女性は自分を尊重してくれる男性に
より好感を持ちますので、
何か質問する前に
過干渉でないか、少し考えてみましょう。

4-4: 「ヒマでさ~」

彼女に何か声を掛けたいな、ということで

「超暇してるんだけど」
「今日も一人で飲んでる」

なんて事を送っていませんか。

そうした「俺ヒマ」アピールを何度もされると
「だから何なの?」と
鬱陶しく思われてしまいます。

何より、女性は「共感」の生き物。
相手の言動が暗に何を示しているかを
とっさにあれこれと考える、つまり
いろいろと「裏を読む」習性があります。

あなたにしてみれば単なる事実を
気軽に話しただけかもしれませんが、
「俺ヒマ」とあなたが彼女に言うことで
彼女は

「だからかまって欲しい」

というメッセージと
受け取ってしまうのです。

お互いを恋しく思う仲ならいざ知らず、
付き合ってもいないのに
「かまって」と絡まれるのはウザいので
スルー率がアップしてしまいます。

4-5: 「休みは家で寝てます」

基本、女性は
自分に良い影響を与えてくれる男性と
お付き合いしたいと思っています。

ところが
「休みはいつも家で寝てます」という男性は

  • 無趣味
  • 友達が少ない、いない
  • 怠惰
  • チャレンジ精神が無い

といったネガティブな印象を
与えてしまいます。

そこを理解せずに、自己開示とばかりに
自らの生活の平坦さや
誰かの悪口、仕事の愚痴などを
連発していないでしょうか。

たまにポロッと、くらいなら
まだ人間味がある、くらいで納まりますが
常時ネガティブなコメントをしていると
聞かされる相手はうんざりしています。

  • 自分の日常がいかにつまらないか
  • 愚痴
  • 悪口、批判

これが多い人は今すぐ改めましょう。

4-6: あいさつと天気の話

会話が苦手な人に多いのが
毎日とりあえずセリフが見つかる
「あいさつ」や「天気の話」。

無難なようですが、
これを彼氏でもないあなたが毎日やるのは
郵便受けに毎日、同じ内容のチラシを
せっせと入れるようなもの。

早かれ遅かれ
「また来た、うるさい、やめて~~!」
と迷惑に思われてしまいます。

4-7: 「今日は○○しました」写メ付

別名「俺日記」とも言いますが、
聞かれてもいないのに送る
自分が何をしたとか
どこへ行ったという報告。

「こんなの食べました」
「これちょっと良くない?」

あなたが相手と感動を共有したい気持ちは
分からなくもないですが、
受け取り手のことも考えてみましょう。

だいたい、現代人はSNSなどで
トリビアな他人情報には
事欠かない生活をしています。

彼女にとってあなたの位置づけが
女友達以下の場合、
まずあなたの日常には
ほとんど興味がないと思います。

あなたがTwitterで何万と
フォロワーを持つカリスマでもない限り、
求められてもいない俺日記や写真を
やたらと送るのはNGです。

4-8: 「知らない」「興味ない」

「知らない」「興味ない」
男性が意外と気づかずにやっている
爆弾発言です。

女性は「共感の生き物」と言いましたが
それは「共感されないと傷つく」という
ことにもなります。

「○○知ってる?」などと
彼女が聞いてきた時に、
「知らない」と
ひと言で返信していませんか。

「それのどこが問題なの!?」
と思われるかもしれませんが、
女心は微妙です。

「知らない」「興味ない」と
ただひと言で返ってくると、
女性は非常に突き放されたように
感じてしまうのです。

さらに「知らない(笑)」などと
雰囲気を和らげるために書いたつもりが

「鼻で笑われた…」

という、とんでもない方向に
取られることすらあるのです。

あなたが本当にどうでもいいと思い
「知らねーよ(ウザ)」というつもりで
「知らない」と返信したのであれば、
LINEが続かなくても構わないですね。

しかしそんなつもりがないのであれば、
何気なく返してしまいそうになる
「知らない」「興味ない」には
今後くれぐれも注意しましょう。

LINEは文字のやり取りなので
直接、または電話と違って
表情や声のトーンが伝わりません。
その分、より気遣いをプラスして。

知らない、ということを伝える場合も

「それはちょっと知らないな~」
「え?何々?何それ?」

など言い方を工夫することで
会話に柔らかさを出すようにします。

過剰に飾り付けるのもよくないですが、
少し言葉を添えることによって
女性はあなたが会話を楽しんでいると感じ
安心してくれると思います。

4-9: 一問一答

会話を続けるテクニックとして
「質問する」というのがありますが、
会話というよりもインタビュー?
という場合があります。

あなた:出身地は?
彼女:大阪です。
あなた:好きな食べ物って?
彼女:うーん、チョコレートとか
あなた:兄弟とかいるの?
彼女:うん
あなた:仕事は何してるの?

彼女の心中は
「まだ尋問されるの?もう許して~!」
といったところです。

質問されてる側の女性にすれば
こんなやり取りはつまらない上に
詮索が鬱陶しくてたまりません。

会話というより一問一答で
ひとつの「問答」から
次の「問答」への繋がりがないのです。

これが、例えば

あなた:出身地は?
彼女:大阪です。
あなた:大阪のどこ?
彼女:箕面
あなた:読めない(汗)なんて読むの?
彼女:「みのお」だよ
あなた:そうなんだ。知らなかった。
彼女:マイナーだし(笑)
あなた:マイナーなら俺も負けない(笑)

のようになると
自然に会話が繋がって行きます。

同じように質問をしていても
全体に関連があれば流れがスムーズで
彼女も自然と乗ってきてくれるでしょう。

「質問すること」ばかりに気を取られず
彼女の言葉に着目して
そこから話を広げていくのがコツ。

ただし彼氏や親友以外、会話が長くなると
相手が「いい加減終わらせたい」と
思っていることが多いので、
適当なところで切り上げるのが吉です。

4-10:スタンプ

何かと重宝するスタンプですが、

  • 意味が分からない
  • センスに疑問
  • 適当感が漂う

などマイナスに働くこともあります。

スタンプを多用すること自体を
鬱陶しく感じる女性もいますので、
相手のことを良く知らないうちは特に
活用には注意が必要です。

4-11:ハートマーク

ハートマークも使いどころが難しい
爆弾アイテムと言えます。

男性は「直線型」、女性は「らせん型」で
相手を好きになると言いましたが、
とにかく自分の気持ちと
彼女の気持ちが同じ熱さと思わないこと。

まだ温まっていない女性に対し
恋愛を象徴するハートマークを送ると
女性の警戒心を煽ってしまいます。

「ウザ!」「キモ!」と
警戒されたら敬遠され
その先は無くなってしまいますので、
時期尚早でハートマークはNGです。

4-12:下ネタ

冗談でも
「今日はムラムラする~」などと
送らないようにしましょう。

たとえLINE交換した時には
その手の話で盛り上がったのだとしても
相手もまんざらではなさそうだったのでも
「気の迷い」の可能性もあります。

いずれにせよ、女性の大半は
男性の下ネタには確実に引く
と言っても過言ではないので、
基本、送らないのが正解です。

5.LINEが続かない時はどうするか

相手の女性からしばらく返信が無くても
まずは1週間、様子を見ましょう。

時には体調を崩したり
急用やスマホの故障などで
連絡が2~3日取れないこともあります。

その間、焦って返信の催促などは
しないようにしてください。

1週間経っても連絡が無ければ
返事が無かった話はそのままにして
新たに別の話題でLINEしてみます。
切り出す話は軽いものがいいです。

そこで返信があれば
今後はNGをやらないようにして
会話続行。

しかし、それにも返事がないのであれば
念のためもう1週間待った後は
残念ですがご縁がなかったと思い
深追いせずに諦めたほうが良さそうです。

気持ちを切り替え、
経験から学んで次に繋げて行きましょう。

6.まとめ

あなたは12のNG、
やっていませんでしたか?

女性の立場から見て

  • 理解できない
  • 面倒くさい
  • 否定される
  • 混乱する
  • 危険

といった要素があればあるほど
LINEは続かなくなってしまいます。

ポイントは「彼女の目から」。
相手の反応が良くない場合は
まず自分が独りよがりになっていないか
よく振り返ってみましょう。

女性特有の

  • らせん状にジワジワ好きになる
  • 共感されたい、分かって欲しい

を理解すれば、

なぜ熱烈なアプローチが逆効果だったり
「知らない」など簡素な返事が
話しづらいと思わせてしまうのかが
分かると思います。

大切なのは、あなたの気持ちや
感覚の押し付けにならないこと。

彼女のことに興味を持ち
彼女が楽しめるように言葉を選び
会話を広げるよう心がけること。

愚痴や文句などネガティブな話、
下ネタなどで、
相手を嫌な気分にさせないこと。

女性とのLINEのみならず
ほかの人間関係や仕事にも応用できます。
ぜひ意識してみてくださいね。











1分で判定できる恋愛診断ツール

相手の性格を相性を一瞬で見抜く事を可能にしたLINEトーク占い最高2位の現役占い師が使う極秘ノウハウと恋愛診断ツールとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA