好きな人を振り向かせたい!恋愛を成功させる7つのトリガー

恋愛って、どうしてうまくいかないんでしょうね。
おじさんには、モテるんです。

でも、これ!っていう男性には、
どうしてもモテない。

けれど、見つけました。

私のような恋愛下手でも、
「私、失敗しないので」
と言える方法を。

この年齢になると、恋愛が怖い。
怖いだけではなくて、動きたくない。

面倒くさい。

あっちから、来てくれないかなって
思いませんか?

だから、恋愛の心理学や脳科学を使って、
そんな面倒くさがり屋の私にも、
うまくいく7つの方法をみつけました。
目次

1:好きな人を振り向かせる7つの方法
2:恋愛心理トリガー1:3秒以上相手の目を見つめる
3:恋愛心理トリガー2:共通点を作り出す
4:恋愛心理トリガー3:一緒にいる時間を増やす
5:恋愛心理トリガー4:お願い事をする
6:恋愛心理トリガー5:ほめる
7:恋愛心理トリガー6:秘密を打ち明ける
8:恋愛心理トリガー7:座る位置を工夫する
9:好きな人を振り向かせる恋愛心理で重要なものは
10:好きな人に振り向いてもらえる人の共通する特徴とは?
11:まとめ

1.好きな人を振り向かせる7つの方法

そもそも、私の恋愛がうまくいかないことには、
理由がありました。

私には私の経験が全てで、
過去の経験を反省してばかりでした。

相手がしてほしいだろうことを、
勝手に想像して、貢いでみたり、
家政婦になってみたり。

なのに。

こんなに頑張っているのに、
どうしてうまくいかないの?

私には恋愛の才能がないの?

それとも、いい男は全て
他の女と結婚してしまったの?

けれども、そんな単純な話では
なかったということが、
つい最近わかりました。

私がやっている行動が、
そもそも間違っていたんだ、
ということが。

間違った行動をしていたのに、
それを相手のせいにしたり、

もっと、こんな風に行動すれば、
きっとあんな風になったはずだったと
想像してみたり…

でも、そうじゃなかったんです。

そもそも恋愛には、科学に基づいた
トリガーがあったんです。

それに沿って行動してみると、
かなりあっさり、うまくいく、
ということが、わかりました。

2:恋愛心理トリガー1:3秒以上相手の目を見つめる

好きな人の目、見つめられますか?
私は、元々奥ゆかしい性格でして、
びっくりするくらい相手の顔が見れませんでした。

目がバチって合ってしまった日には、
火花が散った感触がありました。

「絶対あの人に私の気持ちがバレた!」
と、猛烈に目を合わせたことを後悔していました。

はい。
バカだから仕方ないのです。

けれど、最近の心理学の検証では、
「3秒以上相手のことを見つめると、
相手は恋をしてくれる」

という、何とも手っ取り早い
恋愛のテクが書いてあるのです。

好きな人を見ると、瞳孔が開くことが
わかっています。

日本人の瞳は黒くて、この
瞳孔の開き閉じがわかりにくいのですが、
見つめることと、恋愛は
やはり非常に関係が深いことがわかっています。

そして、男性は自分のことを
「好き」と思ってくれる女性に
惹かれる傾向にある、ということ。

つまり、見つめて瞳孔が開いてくれる人を
好きになりやすいのです。

ということで、見つめてみました。
飲み会の時に、彼の斜め前に座って、
じっと、3秒間。

瞳孔が開いたのかは、
自分ではわかりませんでした。

すると。
彼は、こちらへやって来て
「なに?用事?」
と聞いて来たのです。

テンションマックスの中、
「だって、カッコイイから、つい」
と本当のことを言ってしまいました。

お陰様で、二次会まで二人で話すこと、
LINEの交換ができました!

3秒見つめたから、
好きになってくれたんでしょうか?!

3:恋愛心理トリガー2:共通点を作り出す

男性はそもそも、
女性と会って最初から

  • この相手は遊び
  • この相手は結婚相手

ということを決めているそうです。

つまり、私は今まで、どの相手からも
「遊び相手と決められていた」
ということなのでしょうか。

びっくりです…

この結婚相手とする相手には、
自分(男性)と共通点がある、と言われています。

逆に、遊び相手には、自分(男性)と反対の相手を
選ぶと言われています。

つまり、好きになった相手が
自分と正反対のタイプだった場合、
もう、その時点で終わります…

でも、よくよく考えていったところ、
まるで共通点がないわけでもない、
という相手もいます。

ゲームで知り合った人とは、
お互いゲーム好きでした。

会っても、離れていても、
ゲームの話題で盛り上がり、
ゲームの中でも盛り上がり、
という感じでした。

つまり、共通の話題や
共通の趣味があった方が、
お互いに一緒にいて心地よい、
無理をせずにいられる、
ということなのかと、思います。

ゲーム好きではない人と、
一緒にいるときは、
ゲームがしたくてもできないし、
ゲームの話をしてもわからないし…

無理をせざるを得ないのかな、
と思ってしまいます。

けれど、ゲーム好きな人でないと
無理なのかというと、そうでもなく。

バイク好きの人と付き合った時には、
バイクの免許を取りに行ったり、

バイクを買って、
北海道までツーリングに行ったり…

つまり、共通点がなければ、作る!
というのが、正しいやり方なのかもしれません。

ちなみに、マズローという心理学者が説いた
「欲求段階説」というものがあります。

1.生理的欲求
2.安全欲求
3.所属、愛の欲求
4.承認欲求
5.自己実現の欲求

引用元:欲求段階説マズロー

欲求は上記5つに分類されていて、
1から順に満たされていくことを、
人は望む、ということのようです。

この、「相手の趣味を受け入れて、
自分も同じことをする行為」は、

相手を認める行為、
4番目の承認欲求を満たす行為
なのかと思います。

一緒の趣味を、「やりたい」
と言えば、みんな喜んだので。

でも、自分がその趣味を続けられるかは、
相手のことが好きでいられるかと
相関関係があるように感じます…

ということで、今回好きになった彼は、
サッカー好き。

運動ウンチの私は、サッカーチームの
マネージャーになるしか、
道が残されていないのでしょうか…

4:恋愛心理トリガー3:一緒にいる時間を増やす

好きな人には、毎日でも
会いたいと思いませんか?

少なくとも、私は、
会えればその日一日、
ウキウキして過ごせます。

好きな人とは、会社が同じで、
会う機会はなんだかんだあるのですが、
それでも、一緒にいる機会をもっと
増やしたいと思っていました。

そこで、彼の通勤時間帯に時間を合わせたり、
彼の所属部署に、配属の希望届を出したり、
ランチも同じ時間、座席も近くを取ったりして、
とにかくそばにいられるようにしました。

もう気分はストーカーです。

よくよく調べてみると、
間違ったことをしているわけでは、
なかったみたいです。

ザイアンスの法則というものが、
心理学の用語にはあります。

単純接触効果ことも言うのですが、

繰り返し接すると好意度や
印象が高まるという効果のことをいいます。

「つまり、もっと関わりを増やせばいいのね!」

ということで、しつこく人事部の友人に
ワイロを送り、なんとか無事に
彼の所属部署に配属させてもらえたのです。

「なんか最近よく会うよね」
なんて彼に言われて、

「ストーカーとかじゃないから」
とかなりパニックな返答をしてしまったことは、
置いておいて。

無事に彼と親密になれる環境を
手に入れることができたのでした。

5:恋愛心理トリガー4:お願い事をする

そもそも私は、尽くし型でした。
頼まれればなんでもしました。

食事は割り勘どころかごちそうし、
言われなくても、掃除洗濯をして
食事を作って待ってることも多かったのです。

やっていることが、なんせ主婦っぽかったもので、
それが結婚に繋がるアピールだと
信じていました。

でも、その当時の彼は最初こそ、
「ありがとう」とか
「本当に助かるよ」とか
言ってくれていました。

けれどもそのうち、やってくれて当然な態度を
取り始め、最終的には
「重たい」というふざけた言葉を残して
家から追い出されたのです。

私の不幸な話は置いておいて、
なぜこれがダメな恋愛に繋がったのかを
調べていたところ、
かなりふざけた原理が発見されました。

「人は迷惑をかける人のことを好きになる」

つまり、尽くせば尽くすほど、
好きになるのは私だけ、
ということなのでした。

これからは、相手に尽くさせることにしよう、
ということで、彼に色々なことを
お願いすることにしました。

「コピー用紙が切れちゃったの。
取り替えてくれる?」
という雑務もしてもらいました。

  • 「わからないから、教えて?」
  • 「ごめん、ついでに部長にあの件伝えておいて」
  • 「帰りにアイス買ってきて」

使いっ走り?と思うような、
そんなことまでさせてしまいました。

けれど、やってもらった後には必ず
「ありがとう。本当に助かった」
「もう、〇〇さんなしじゃ、生きていけない」

という、かなり大げさなお礼の仕方をしました。

意外なことに、彼もまるで嫌がっていない様子。
むしろ、嬉しそうでした。

これは、自分がしたことを人に喜んでもらうと、
βエンドルフィンというモルヒネに似た成分が
脳から放出されるから、ということのようです。

つまり、私からお礼を言ってもらうことが、
彼には気持ちよくて仕方がないのです。

今まで頑張って尽くしてきた私は、
自分だけが好きになる一方だったんですね。

6:恋愛心理トリガー5:ほめる

朝一番、出会い頭に何を言うか、
そんなつまらないことに、悩んでいる私です。

人を褒めると、その人の脳に
「ドーパミン」という快感物質が出ます。

ほめれば出るので、要は話すことに困ったら、
相手をほめればいいのです。

「おはよう。今日もカッコいいね」
「昨日、うまく言ったみたいだね、さすがだよね」

ほめる言葉は、いくらでもあります。
なんせ、恋する女子はいつも相手を見てますから。

けれど。
ほめ過ぎると、ドーパミンが出なくなります。
つまり、慣れさせてはいけないのです。

そこで見つけたのが、
「自発的特性転移」という
心理学の原理でした。

第三者の特性について
相手に話しているうちに、

相手が第三者の特性を、
知らないうちに「話し手の特性」
として受け止めてしまう現象です。

つまり、彼に対して他の人のことをほめれば、
それが私の印象になるということでした。

ほめる相手はいくらでもいたのですが、
私が彼に持ってもらいたい印象は

  • 「優しい」
  • 「かわいい」
  • 「大好き」

という、ぜいたくなこの3つ。

ということで、本当は
やりたくなかったのですが、
彼に対して他の女性のことを
ほめていきました。

「〇〇ちゃんて本当に、
優しくて、かわいくて、大好きなの」

「え?かわいいの?」
反応されると、
すごく不安になっちゃうんですけど。

それでも、確実に、
彼と私は、仲良くなっていった、
と思う…

7:恋愛心理トリガー6:秘密を打ち明ける

よこしまな気持ちで入った部署でしたが、
意外に仕事が楽しくなってきた今日この頃です。

同時にやはり悩むことも多く、
お客様の対応には、それなりに苦労しています。

本来はお客様との信頼関係を築くために調べた
自己開示のテクニックでしたが、
彼との関係に使えるんじゃないかな、
とひらめいてしまいました。

  • 「この人のことは信頼できる」
  • 「この人になら何でも話せる」

こうした信頼関係を築くには、
相手より先にどんどん自分のことを話し、
「自己開示」していくことが有効
なんだそうです。

つまり、話しにくいことを、
彼に話していくということなのですが。

自己開示された相手は、
「これだけ話してくれたんだから、
こちらも何か話さなきゃ悪いな」と感じ、

自分のプライベートを
明かしてくれるようになる。

さらに、今度は「自分はこんなに
個人的なことを打ち明けているんだから、
私はこの人を信頼しているんだ」
という気持ちになっていく

今私と彼との共通点も悩みも、
やはり仕事なので、
お客様情報を開示して、
彼に相談をするようにしました。

「このお客様、いい人なんだけど、
どうしてもOKしてくれないんだよね。
この前なんてね…」

グチなのか相談なのか、
それもよくわからなくなっていましたが、
確実に彼も自分の仕事のことを
話してくれるようになりました。

話していると時間も遅くなり、
そのままご飯でも、という流れに
自然となりました。
(本当は最初からねらっていました)

場所が職場ではなくなれば、
プライベートの話とか、
恋愛の話も当たり前のように
するようになりました。

それに合わせて、
彼も自分のことを
話してくれるようになりまして。

もう、同僚なのか、恋人なのか、、、
失礼、明らかに同僚でしたが。

それでも、
「こんなに自分のことを話すようになったのは、
お前が初めてかもな」
と言われるほどにまで
進展しました!

8:恋愛心理トリガー7:座る位置を工夫する

二人でご飯に行った時、
どういう座り方をしますか?

お店によるし、勝手に案内されるので、
あまり意識はしてきませんでした。

けれど、座り方で大きく関係が
変わってきてしまうことがわかりました。

恋愛 振り向かせたい

これが、定食屋さんなんかに行った時、
通される一般的な座り方。

お腹が空いた時に行くお店では、
この座り方が普通でした。

ちなみに、この座り方だと緊張しやすい、
ということでした。

私が舞い上がっちゃっていたのは、
彼のことが好きだから、だけでは
なかったみたいです。

恋愛 振り向かせたい

この座り方は、視線が合わないように、
相手のことがあまり好きでない時に、
座る方法のようです。

あまりきちんと話をしたくない場合の
座り方なので、

こんな風に今まで座らなくて、
本当に良かったと、
心から安心しました。

恋愛 振り向かせたい

ちょっと気取ったところではないと、
こういう座り方は、しないですよね。

けれど、このような座り方が、
これから進展させたい恋愛には、
一番いいようです。

話もしやすいし、距離感も正面よりずっと近い。
なので、自然と心の距離も近くなる
とのことなのです。

彼とご飯に行くには、こんな風に座れるお店に
行かなければ!

恋愛 振り向かせたい

カウンターのお店なんかだと、
このような座り方が一般的ですね。

太るからあまり行かないけれど、
ラーメン屋さんが、こういう座り方ですよね。
あと、バーとかでも多いと思います。

カップルになった場合は、
このような座り方が一番いいらしいです。

相手の顔が見えない分、
聴覚、触覚、嗅覚などに意識がいくので、
二人の距離が既に近ければ、
気まづい思いもなく、良い感じで
過ごせるようです。

ということで、このような座り方ができる関係を
目指します。

9:好きな人を振り向かせる恋愛心理で重要な事は

一生懸命相手のことばかり考えていると、
自分の世界が相手中心になってしまうこと、
とても多いと思います。

でも、こんな風に学問を
基礎に恋愛を進めてみると、

恋愛で人は、
ずいぶん変わるんだということが
わかりました。

それまでは、一生懸命尽くしてみたり、
貢いでみたりして、
相手が喜ぶことをしているつもりでした。

相手が喜ぶことをする、
本来は正しいことのはずなのですが、

実は人間は、特だと思えることに
そんなに執着しないということが
わかりました。

前の彼も、その前の彼も、
みんな私を捨てていったし。

相手が喜ぶと思っていたけれど、
それは私がそう思っていただけで、
私が喜んでいただけだったんです。

大切なのは、人間についてもっとよく知ること。
人は、そんなに利得ばかり追い求めていない。

相手に喜んでほしい、楽しいと感じてほしい、
そんな気持ちを引き出して、喜ばせてあげる、
それだけで、彼とこんなに仲良くなることが
できたんです。

すると、心の余裕もできました。

きっと、私のことを好きだろうけど、
こんなどっちつかずで、ドキドキできる状態が
あともう少し、続いたらいいな、
と思ってしまうのです。

10:好きな人に振り向いてもらえる人の共通する特徴とは?

こういう恋愛の仕方、ルールというものは、
たくさんありますよね。

何よりも、それを実行することは
とても大切なことなんだと、
最近改めて思います。

心理学でも「やる気になるから動くのではない。
動いたからやる気になったんだ」
などという言葉があります。

今回頑張ってみて、それを本当に痛感しました。
傷つきたくないから、動きたくない。

でも、それではあまりにも、何も起きない。

自分が動いてから、初めて恋は動き出します。
ルールがあるのであれば、それに則って動けば、
失敗しません。

安心して、動き出すこと、
それが何よりも大切です。

11:まとめ

人を好きになることって、
世界が広がることなんですね。

相手との共通点を探して、
同じ趣味にハマってみたりもします。

自分のことを一生懸命話したり、
相手のことをたくさん教えてもらったり。

新しい仕事を始めて、
私の生活は一変しました。

彼にこれを聞こう、このことを話そうと、
ワクワクしながら仕事をしています。

ただ苦しくて、耐えているだけの恋愛を
していた時期、あれはなんだったんだろうと
今も思います。

恋愛自体は、たくさん気持ちいいと
感じるホルモンが出て、
快感が多いはずなんです。

今までの恋愛が、間違っていたんです。

恋を楽しむ余裕ができれば、
自分がもっと魅力的に、
キラキラ輝けます。

そんな恋愛を、ぜひあなたにも、
味わってほしいなと、
思っています。

心から、愛を込めて。

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!