彼女と別れたい人必見!メールか?直接か?その深層心理と解決策

彼女 別れたい メール

彼女と別れたいけど、
会うのはきまずいからメールで
綺麗に別れるには、どうしたらいいんだろう。

と不安な気持ちになっていませんか?

複雑な気持ちが
入り混じっている状態だと思いますので、
簡単にはお伝えしづらいですが、

人の深層心理を解説しながら
どうすれば、彼女と区切りをつけられるのか?

詳しく解説しましたので、
一読して、冷静に自分を見つめ直してみてください。

きっと解決策が見つかります。

間違っても簡単に「別れよう」の一言で
済まさないようにしてくださいね。

目次

1:彼女と別れる時メールか?直接か?
2:メールで別れを告げた時が良いパターン
3:会って別れる時が良いパターン
4:メールでの別れには事前の準備をすべき
5:メールで別れを告げる時の内容は?
6:彼女に別れを言う時メールを選ぶ理由とは?
7:別れを告げる時に1番大事な事とは?
8:まとめ

1:彼女と別れる時メールか?直接か?

彼女と

「別れたい…」

そう思ったとき、

別れを伝える手段も、
時代の流れとともに変化していき、

今やボタンひとつで、
一瞬にして伝えることも
できるようになりました。

別れを伝える手段は様々。

  • メールやLINEなどの電子媒体を使う
  • 電話で話して伝える
  • 手紙に書いて送る
  • 会って直接伝える

など

そして、別れる時の状況も様々。

  • 完全に冷めてしまった
  • 嫌いじゃないけど、好きという気持ちがなくなった
  • 他に好きな人ができた

など

様々な状況の中で、
どのように別れを伝えていくことが
ベストなのでしょうか?

今回は、
今多くの人たちが使っていると思われる

・メール

そして、
昔から行われている

・会って直接

別れを伝える場合について、
お話ししていきたいと思います。

2:メールで別れを告げた時が良いパターン

別れを伝える時、

「会って伝えるのは、
言い出しづらい。」

そう思う人もいれば、

「もう冷めたから、
会いたくない。」

あるいは、

「自分の気持ちを整理して、
落ち着いて冷静に伝えたい。」

そう思う人もいるかもしれません。

そういう場合は、
メールで伝えようとする人が、
多いのではないでしょうか?

それでは、
メールで別れを告げた方が良い時は、
どのようなパターンでしょうか?

物理的な視点から見ると、

  • 遠距離で、なかなか会えない
  • 仕事が忙しくて、全然会えない

などもあるかもしれません。

完全に冷めてしまっている場合は別ですが、

お互いの気持ちを、
本当に大事にしたいと思うのであれば、
物理的な距離は関係なく、
会って伝えることもできるでしょう。

では、
心理的な視点から見ると、どうでしょうか?

  • 言い出しづらい
  • 感情的になりたくない
  • もう顔も見たくないほど冷めた

など

様々あるかもしれません。

でも、
そのさらに奥にある気持ちに触れた時、

「傷つきたくない」

という「想い」もあるように思います。

もし、
彼女が目の前にいたとしたら、
別れを伝えることで、

「彼女を傷つけてしまったらどうしよう…」

彼女を傷つけてしまうことで、
自分自身も、

「傷ついてしまう…」

そんな風に思ってしまう人も、
中には、いるのではないでしょうか。

メールで別れを告げることで、
自分が傷つくことを、
最小限に抑えることはできます。

ただ、彼女によっては、
「直接会って話してくれないのはズルい!」
そう思う人もいるかもしれません。

でも、
あなた自身を守ってあげることも、
時には大切なこと。

今のあなたの「自分を守りたい」
という思いも大切にしつつ、

彼女への「別れたい」という思いも、
誠意を持って伝えてあげてくださいね。

3:会って別れる時が良いパターン

「別れたい」と思った時、
彼女への想いは人それぞれ。

そんな中でも、

彼女の事を、本当に大切に想い、
自分の気持ちも、彼女の気持ちも、
大切にしたいと考えている場合、

お互いの「想い」が一番伝わるのは、

やはり、
「直接会って伝えること」
ではないでしょうか。

自分の正直な気持ちを、
彼女に直接伝えることは、
本当に辛いこと。

でもそれは、お互いにとって、

「とても大切な時」

でもあります。

彼女がどう受け止めるかは、
彼女次第なので、何とも言えません。

けれど、

あなた自身が、あなたの本当の想いを、
彼女へ直接伝えることで、

あなたの中での、
「区切りを付けること」
ができるようになります。

そして、彼女の中でも、
「区切りを付けること」
ができ、

すっきりとした気持ちで、
お互いに新たな出会いへと、
進んでいけるようになります。

そうは言っても、
やっぱり直接会うのは…

そう思う人もいるでしょう。

その気持ちは十分よくわかります。
ほんと勇気が要りますもんね。

そんな時は、メールでも構いません。

人生、何を選んだとしても、
「間違い」なんてことはありません。

すべてはあなたを、
次のステージへと成長させてくれるための、
出来事に過ぎないのです。

4:メールでの別れには事前の準備をすべき

いきなりメールで、

「別れよう」

と告げられたら、
あなたならどう感じますか?

好きな相手であればあるほど、
ショックが大きいのではないでしょうか。

いきなりショックを受けないように、
よく使われる方法として、

「少しずつ距離を置いていく」

という方法もあるようです。

例えば、

仕事が忙しいからなどの理由を作り、

  • 会う回数を減らしていったり
  • 連絡する頻度を減らしていったり

などをして、
彼女との接触を極力減らしていく事で、

彼女にそれとない雰囲気を、
感じ取ってもらえるような事をしておくと、

女性は直感が鋭いので、
なんらかの兆しは、
感じ始めてくれるかと思います。

もちろん、
人それぞれなので、
一概には言えませんが…。

そして、
メールだからこそ、

感情的にならずに、
落ち着いて冷静に、
あなたの想いを整理して、

彼女へ伝えていくための文面を、
準備できるのではないでしょうか。

5:メールで別れを告げる時の内容は?

「別れたい」

その思いを、
彼女にストレートに言ってしまうと、

人によっては、
ショックを受けてしまうことも、
あるかもしれません。

だからと言って、

遠回しに言ってしまうと、
誤解を与え、伝えたいことが、
伝わらなかったりすることもあります。

そんな時、どのような内容で、
伝えていけばよいのでしょうか?

人生には様々な出来事がありますが、
どんな時でも大切なのは、
「自分の本当の想いを伝えること」
ではないでしょうか。

今まで、
小説やブログなどの文章で、

あなたの心に響いた文章というものが、
なかったでしょうか?

メールの文章も同じで、
あなたが「想いを込めて」伝えれば、
必ず彼女にも伝わります。

まずは、
別れたい旨を、きちんと伝えること。

そして、
なぜそうなったのか、
理由や経緯などもきちんと伝えること。

彼女としても、
なぜそうなったのかが分からなければ、
納得できないのではないでしょうか。

その時、気をつけたいことは、
彼女を「否定するような文章」
を書かないこと。

あなたがもし、逆の立場だったとしたら、
自分が否定されるようなメールは、
読みたくないのではないでしょうか。

さらに、

  • 彼女への感謝の気持ちも忘れずに伝え、
  • これからに向けてのエールも送ってあげることで、

彼女にとっても、
新たなスタートを切りやすくなっていきます。

例えば、

「ごめん、突然なんだけど、
いろいろと考えたんだけどさぁ、
やっぱり別れようと思うんだぁ。」

などのように、
最初に謝るような文脈から入り、
別れたい旨をはっきりと書くのですが、
そんな時も、やんわりと書くことを忘れずに。

「最初は本当に大好きで、
ずっと一緒にいたいと思ってたんだぁ。

だけど、付き合っていくうちに、

いつの間にか、
私の中でのこうしてほしいんだけど、
そうしてもらえないという思いが
強くなってきて、

なんだか辛くって、
苦しくなってきちゃったの。」

などのように、
なぜそうなったのか、きちんと経緯を伝え、

そして、

「あなたの中にある価値観が、
私とは合わなかったみたいなの。」

というような感じで、

「ここが嫌だった」でなはなく、
「ここが合わなかった」のように、
相手を否定することなく、素直に丁寧に伝え、

「あなたのおかげで、
一人では決してできない、
大切な経験をたくさんさせてもらったよ。
今まで本当にありがとう。

あなたはとても魅力のある女性だから、
もっとあなたにふさわしい男性が、
きっと見つかると思う。
あなたの幸せを、心から願っています。」

などのように、
最後に感謝の気持ちと、
エールを伝えてみてあげてください。

こんな感じで伝えてみると、
柔らかな雰囲気の中で、

はっきりと別れる意思と、
その理由をやんわりと伝え、

彼女を「大事に想っていた」想いも、
伝わっていくのではないでしょうか。

6:彼女に別れを言う時メールを選ぶ理由とは?

メールを選びたくなる理由は、

  • もう会いたくない
  • 自分の思いを整理して伝えることができるから
  • 顔を合わせないので切り出しやすいから
  • 会うと冷静さを保てなくなるかもしれないから
  • 直接話すのが辛いから

などのように、様々あるかと思います。

直接会って話すと、

場合によっては、
彼女に言い寄られたり、
お互いに冷静さを保てなくなり、
思わぬ方向へ行ってしまったりと、

せっかく思いを整理して、準備してきたのに、
本当に伝えたかったことが、うまく伝えられず、

喧嘩別れのようになったり、
誤解を招いたまま、
別れることになったりすることも、
中には、あるかもしれません。

メールだと、

自分の気持ちを、ゆっくり整理することができ、
落ち着いて、冷静に伝えることもできるので、

彼女への気づかいや、
心くばりを考えてあげる余裕を持つこともでき、

うまく伝えることさえできれば、

自分にとっても、彼女にとっても、
お互いがお互いに良い状態で、
別れを告げられるのではないでしょうか。

7:別れを告げる時に1番大事な事とは?

もし、あなたが逆の立場で、
彼女から突然「別れよう」と言われたら、
あなたならどのように感じますか?

もしも大好きな彼女だったら、
「え?なんで?」
そう思う人もいるかもしれません。

あるいは、

もしも冷めていた関係だったら、
「あぁ、よかった」
そう思える人もいるかもしれません。

人によって、
捉え方、感じ方は様々だと思います。

でも、
たとえどんな状態であったとしても、

自分のことを否定されて、
別れ話をされるのは、
誰だって嫌ですよね?

どんな時でも、

相手を労わって、傷つけることなく
素直に、分かりやすく、
丁寧に伝えてもらった方が、
よくないですか?

そんな時に1番大事なことは、

彼女への

「思いやりの心」

「感謝の気持ち」

常に「思いやりの心」を持って伝えていき、
最後に「感謝の気持ち」を添えてあげる。

それらを意識して伝えていくことで、
自分も気持ち良く、相手も気持ち良く、
お互いがお互いに良い状態で、

新たなスタートへと、
向かっていけるのではないでしょうか。

8:まとめ

今や様々なことが、
メールで一瞬にして伝えられるようになり、
やりとりされるようになってきました。

メールが登場する以前の、
手紙が全盛期だった頃は、

「相手への想い」を書き綴った文章は、
恋文(こいぶみ)と呼ばれ、何日もかけて、
ようやく相手の元に送り届けられていました。

手紙を書いている間は、
相手の顔を思い浮かべたり、
今どんなことをしてるのかなぁ?など、

様々なイメージを膨らませながら、
書き綴ったものです。

かくいう私も、
別れた後でしたが、別れた彼女へ、
感謝の手紙を書いたことがありました。

メールは、
一瞬で簡単に伝えられるので、
会話のように、思ったことを
ポンポン伝えていくことができ、

間違ったら、訂正も
ポンポンしていくことができるので、

気軽に相手へ想いを伝えられる
とても便利なツールです。

その反面、
相手は様々な受け取り方ができるので、
文章の内容によっては、
相手に誤解を与えることもあります。

たとえ、
相手のことを率直に、
良いも悪いもなく伝えたとしても、

相手によっては、
嫌がらせかと思うような意味合いで
捉えて、受け取ってしまう人も、
中には、いるかもしれません。

なので、
メールを送る際は、
相手への「思いやりの心」を
常に忘れずに、伝えてあげることも大切。

ましてや、
別れ話となると、書き方によっては、
相手の捉え方も様々なので、
いらぬ誤解を与えかねません。

メールで別れを告げる際は、

  1. 別れる意思をはっきり伝えつつ、
  2. 相手を否定することなく、
    なぜそうなったのか経緯をきちんと伝え、
  3. 感謝の気持ちと、
    これからに向けてのエールを送る。

この基本をしっかりと意識して、
彼女への「思いやりの心」を、
常に持って書き綴り、

自分が受け取る立場になったつもりで、
何度も読み直してみて、

すっきりとした気持ちで
読み終われるようになったら、

感謝の気持ちを込めて、
送ってあげてくださいね。

そしてこの基本は、
直接会って、別れを伝える際にも、
もちろん変わりませんので、

直接話をする際にも、
事前に書き出して、まとめてみると、
気持ちの整理もついて良いかと思います。

「別れは、新たな出会いの始まり」

であり、

「始まりがあるから、終わりがあり、

終わりがあるから、始まりがある」

昔から、そうも言われているように、

別れることによって、
そこに新たなスペースが空き、
そこへ新たな出会いがやってきます。

お互いに気持ち良く別れられると、
気持ちにも「区切り」が付き、

お互いに新たな気持ちで、
次の出会いを受け取れることでしょう。

あなたにとっても、
彼女にとっても、
自分自身が更に成長するための

「ひと区切り」となり、

お互いがすっきりした気持ちで、
新たなスタートが始まりますように。

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!