「結婚式」と「結婚生活」絶対にハズせない!お金がかかる場面4つ

結婚式 結婚生活 お金

結婚式イコールお金がかかる
というイメージ、
ありますよね。

確かに結婚式には
かなりお金がかかります。

しかし、お金がかかるのは
なにも、結婚式だけではありません。

もちろん、結婚式は大切です。

でも、結婚式と、その後の結婚生活、
どちらの方が「より」大切だと思われますか?

夢の実現と現実、
両方を冷静に見ることが大切です。

絶対にハズせない
結婚にまつわるお金事情について
「現実」を語りたいと思います。

目次

1:みんなが結婚式を挙げる理由
2:結婚に伴ってお金がかかる場面4つ
3:結婚してからが結婚生活「本番」
4:まとめ

1:みんなが結婚式を挙げる理由

そもそも、なぜみんな
結婚式を挙げるのでしょうか?

「結婚する」だけだったら
役所に不備のない婚姻届を
提出しさえすれば、

結婚式を挙げなくても
籍を入れたことになり、
「結婚する」ことはできます。

ではなぜ、わざわざ式を挙げるのか…

大きく分けて4つ、理由があるようです。

1-1:理由1「親孝行、祖父母孝行のため」

自分が大きくなるまで育ててくれた両親、

また、成長を見守ってくれて
事あるごとに応援や援助をしてくれた
祖父母にぜひ、自分の晴れ姿を見てもらいたい…

という理由です。

両親祖父母からすれば、
子ども、孫の人生の数ある行事の中で
結婚式ほど成長を感じられるものは
他にないのではないでしょうか。

普段は、照れくさくてなかなか言えない
感謝の気持ちも、
迷惑をかけたという思いも、

どういうわけか、
あのシチュエーションになると
素直に言うことができるものです。

結婚式は面倒だけれど、
両親、祖父母に喜んでもらいたい一心で
式を挙げることにされたカップルも
少なくありません。

1-2:理由2「子どもからの夢だった」

これは特に、女性に多いケースだと思いますが、
自分の結婚式にどんなドレスを着たいか、
どんな演出をしたいか、など

少なからず妄想した経験が
おありではないでしょうか。

自分がお姫様になれる機会なんて
自分の結婚式くらいしかない、
というわけです。

自分が主役になれる
一世一代のチャンスです。

社会人になって、
他の人の結婚式に出席するようになると、
だんだんと目が肥えてきて、
経験値も高くなり、

「自分の時は、あの人のあれと
この人のこれを組み合わせたらいいな」

などと、よりこだわった式を挙げることに
力を入れる方もおられるようです。

その他にも、

  • 絶対にこの教会で!
  • 絶対にこのメーカーのドレスを!
  • 絶対にこの演出だけはハズせない!

など、

一生に一度のことだからこそ
何が何でもこだわりたい、という気持ち、
理解できなくもありませんね。

1-3:理由3「夫婦になったという自覚をお互いに高めるため」

紙切れ一枚で夫婦になるよりも、
式を挙げることで、決意表明をする、

それによって、
夫婦になったんだという自覚を
高めることができる、
という理由もあります。

誓いの言葉…
指輪交換…
大勢の方からの祝福…

たくさんの証人が見守る中で、
二人が正式な夫婦になったと
「宣言」することで、身が引き締まり、
気分も新たに新婚生活を送ることができます。

いろいろなことがある結婚生活も、
式の時(初心)を思い出して
二人で頑張ることができる、というのは
実際によくあることです。

1-4:理由4「親戚、知り合いへのあいさつを一気にすませるため」

職場、親戚一同、友人、
結婚するとなると、挨拶したい人は
たくさん出てくることでしょう。

しかし、時間的、体力的に
全ての人に挨拶まわりをするのは大変です。

結婚式を挙げることで、
二人の姿を一気にお披露目することができ、
それらを上手に省略することができる、
というわけです。

都合で式に参加できない招待客は、
日時、場所が分かっていますので、
電報やお祝いを送ることができますから、
祝福の気持ちを表しやすいですよね。

2:結婚に伴ってお金がかかる場面4つ

このように、式を挙げる理由は
人によって様々ですが、
一つのけじめとして結婚式を挙げる
選択をするカップルは、
全体の半数以上になるそうです。

そうなると、結婚式に
どれほどのお金がかかるものなのか、
みんなはどのくらいかけているのか、
気になるところですよね。

でも、冷静に考えてみれば、
結婚に伴ってお金が必要な場面って、
結婚式だけじゃないですよね。

その他にも色々と、物入りなものです。
それが、結婚です。
結婚って、とてもお金がかかるものなのです。

順を追って見ていきましょう。

2-1:場面1「結婚式と披露宴(パーティー)の費用」

まずは、結婚式自体にかかる費用です。

ある調査によると、
費用総額の全国平均は約359.7万円
とのことです。

これは、挙式と披露宴(パーティー)費用のみです。

ここに、結婚指輪、二次会や新婚旅行などの費用が
さらにプラスされるわけですから、
結婚って、本当にお金がかかるんですね!

とは言うものの、
これはあくまでも平均ですから、
上手に節約しているカップルも
たくさんおられます。

そのための工夫は、
ネット上にもあふれていますし、
手作りウエディングのための
本もたくさん刊行されています。

また、1980年代ブームだった
いわゆる「ハデ婚」も
今ではさほど重要視されてはおらず、

最近では、いろいろな価格帯の結婚式を
挙げることができるようになり、
選択の自由が増えているようです。

全てを豪華にすることは難しいので、
ポイントを絞ってお金をかける、
というスタイルも多いようです。

ただし…

自分たちのドレス等に
たくさんの予算をかけておきながら、
ゲストにかけるお金(料理、引き出物、お花等)
をケチると、皆にすぐにバレますので要注意です。

何事もバランスが大切ですね。

お金をかけるか、
お金をかけない代わりに、手間をかけるか、
さらには、どこにそれらをかけるか、

予算や自分たちのスタイルに合わせて
無理なく選んでいきたいですね。

2-2:場面2「新婚旅行、結婚式後の諸々の費用」

無事結婚式を終えたとしても、
まだまだ費用はかかります。

先ほども少し述べましたが、
新婚旅行に行くカップルは
そのための予算を組んでおく必要があります。

希望はハワイでゆっくりバカンス…
なんて思っても、
現実的に考えてそうはいかなかった
というカップルも
おられるのではないでしょうか。

国内旅行であっても
もちろん費用はかかりますし、

行った先で食事をしたり、
おみやげを買ったりと、
純粋な旅行費用以外にも
お金はかなりかかります。

予算がどうしても出せずに、
旅行はもう少し後にしよう、

今は、素敵なところでお食事するだけ
といっても、それでもお金はかかります。

さらには、お祝いをいただいた方への
お礼状、写真やビデオの整理など
地味にちょこちょこお金がかかります。

このあたりのことについても
予算を割いておく必要があります。

2-3:場面3「引っ越し、家具購入」

今まで別の家で暮らしていたとすると
どちらかの引越し費用がかかります。

物理的に荷物が増えますので、
それを収納するためには
大きな家への引っ越しや
家具の購入などが必要になるかもしれません。

新居を整えるためには、
それなりの費用がかかります。

予算を抑えるために
今までにお互いが持っていたもので
新婚生活を始めることもあるでしょうが、

どれだけ抑えたとしても
予算がゼロになるということは
まずないでしょう。

それなりの費用を工面する必要があります。

2-4:場面4「日々の暮らしにかかるお金」

一人暮らしだった方は、
結婚して二人になると、

それまでほどいろいろな面で
自由が効かなくなる、ということに
気付かれるようになるでしょう。

適当だった食生活や
生活パターンも、
ある程度相手に合わせて
変化させる必要が出てきます。

とにかく節約!と
同じものを何日も食べていた、

なんていう方も、
結婚するとそうはいかなくなることが
ほとんどです。

実家暮らしをしていた方は、
結婚して二人になると

実は生活には様々な面に
お金がかかっていた、ということに
気付かれるようになるでしょう。

消耗品は、使えばなくなりますし、
ご飯は、いつまで待っていても
お母さんが作って出してくれる
ということはなくなります。

かく言うわたしも、
結婚するまで実家暮らしでしたが、

トイレットペーパーって、
使ったらなくなるんだ…と
結婚してから気付きました。

こう言うと、とてもバカっぽくて
恥ずかしいのですが…

トイレットペーパーは
使ったらなくなる、
これは当たり前の話です。

当然、そのことは分かっていました。
そこまでバカではありません(汗)。

でも、ちゃんと認識できてはいませんでした。
そういう意味では、やはりバカですね(汗)…

今まで実家で暮らしてきて、
親が買って補充してくれていたので、
そんなこと、気にもとめていなかったのです。

仕事をしていましたし、
生活費はちゃんと実家に入れていました。

掃除当番と食事当番があり、
ちゃんとそれなりに
家事もやっていたつもりでした。

それでも、そんな当たり前のことにも
ちゃんと気付けませんでした。

結婚すると、
本当にいろいろなことに気付かされます。

分かっていたようで、
全く分かっていなかった、
ということに気付くのです。

ちょっと話がそれましたが…

要するに、
日々の生活にはお金がかかる、
ということです。

新しい世帯が一つできる、というのは
そういうことです。

家賃、管理費、光熱費、生活費、
通信費、保険、税金、等々

今までは一人分、ないしは
家族控除等を受けていたものを
今度は「二人で」「全て」
まかなっていかなくてはなりません。

日々かかる費用に加え、
二人の将来のプランにまつわる
予算もプラスして組む必要があります。

  • どんな人生設計を組み立てますか?
  • 家は購入しますか?
  • 子どもが生まれたらいくらかかりますか?
  • 将来、親の世話が必要ですか?
  • 今すぐ欲しいものがありますか?
  • 将来的に欲しいものがありますか?

このようなことを、全部考慮に入れて
しっかりと予算を組む必要があります。

3:結婚してからが結婚生活「本番」

こう考えますと、
結婚式をどれだけ盛大にやるか、よりも
その後の結婚生活をどう安定させるか

こちらの方が大切だということに
きっと気付かれると思います。

譲れないこだわりを結婚式でかなえるのが
悪いとはいいません。

どうしてもやりたいことを
あきらめないといけない、とも言いません。

ただ、

あまりにも結婚式を盛大にやりすぎて、
そのせいで、その後の結婚生活が
大変になる…というのは
とても残念なことではないでしょうか。

結婚生活において、
結婚式は「スタート」にすぎません。

結婚してからが「本番」です。

スタートにばかりお金をかけてしまうと、
その後の結婚生活にも
その時のしわ寄せが来てしまい、
大きなストレスを抱えるようになります。

経済的なストレスは、
結婚生活におけるストレスの中でも
かなり大きな部分を占めるものです。

余分なストレスを長く抱えないためにも、
いろいろなことに目を配って、
二人で現実的な予算を立てる必要があります。

4:まとめ

書いていてつくづく思いました。
やはり、結婚ってお金がかかるな…と。

式そのものはもちろんのこと、
その前後にかかるお金も
決して少額ではありません。

何よりも一番お金がかかるのは、
本番、つまり結婚生活そのものです。

そして、一番大切なのも
本番、つまり結婚生活そのものです。

それを裏付ける
こんな調査報告があります。

調査元:「結婚式が質素なカップルは長続き」

冷静で現実的な金銭感覚は
バランスの良い結婚生活にも
影響するようです。

スタートである結婚式の費用に関して
堅実で現実的な見方をするよう
二人で協力するなら、

その後の結婚生活においても
二人が地に足をつけた生活を送る上で
その堅実さが必ず役に立つことでしょう。

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!