世の中の男女が結婚を決断するタイミングBEST4とは!?

結婚 タイミング

結婚をしたいと思うタイミングは、
男女によって異なるものです。

主に女性は友達で集まれば
「早く結婚したい」「いつ結婚するの?」など、
結婚話で盛り上がることが多々あります。

一方、男性の場合は、
結婚の話題で盛り上がる
といったことはあまりなく、

彼女とは無関係な話題で盛り上がることが
多いのではないでしょうか。

この男女の性質の違いからもわかるように、
男と女では結婚のタイミングが
上手く噛み合い難いといったことが
起こりやすいのです。

そこで、偶然や成り行きに任せの結婚ではなく、
男女にとってのベストなタイミングはどこなのか?
そのあたりを検証してみたいと思います。

目次

1:男性は何歳までに結婚をしたいか
2:女性は何歳までに結婚をしたいか
3:付き合ってどのくらいで結婚を考えるか
4:付き合ってどのくらいで結婚を考えなくなるのか
5:男と女の関係性
6:男性が結婚を決断するタイミング
7:女性が結婚を決断するタイミング
8:まとめ

1:男性は何歳までに結婚をしたいか

個人差はありますが、
一般的に男性は女性に比べ、

結婚をしたいとする年齢は
高めということがあげられます。

実際に22歳~39歳の未婚男性の
あらゆる集計結果を見ても、

1位/30歳
2位/35歳
3位/結婚願望なし
4位/40歳
5位/45歳

と比較的高め年齢を
設定しているのが分かります。

1位の30歳は、
男としての大きな区切りや
仕事が落ち着き始める時期、

そして、家庭を持ちたいと思い始める時期
としてあげられているようです。

2位の35歳は、
主に世間体や出会いがなくなりそうなど、
今後の不安から起こる年齢のようです。

3位にあげられている「結婚願望なし」
このあたりが気になるところですが、

主な理由としては、
独身生活が充実しているから、

好きなことが出来なくなり、
「自由を奪われるのではないか?」

とする縛られたくない気持ちが
強く表れているようです。

2:女性は何歳までに結婚をしたいか

女性が結婚をしたいと思う年齢は、男性に比べ、
若干、若くなっていることがわかります。

1位/28歳
2位/25歳
3位/31歳
4位/22歳
5位/36歳

女性が結婚をしたい
とする主な理由としては、

男性のような
精神的不安ではなく、

「身体的リミット」
体に及ぼす問題が
あげられているようです。

1位、2位、3位と
20代という年齢を設定する女性は

「子育て」その後の「社会復帰」を
視野に入れ考えているのでしょう。

また、何といっても第一子の
「出産」のリスクを考え、

母体への安全性を求めた
年齢設定も納得できる点です。

3:付き合ってどのくらいで結婚を考えるか

ここで検証したいことは、
男女がカップルとして成立し、
それからどのくらいの年月で
結婚を考えるのかについてです。

こちらも様々な検証データから
割り出してみましたが、

付き合ってから
結婚を考える時期というのは、
男女ともにそれほど差はないということ。

つまり、ほぼ同じタイミングに結婚を
視野に入れるということになります。

主に結婚を考える時期としては、
男女ともに「一年を経過したあたり」

そして、理由の多くは

  • 「一年付き合えば、だいたい相手のことがわかる」
  • 「一年間一緒にいても、苦ではなかった」
  • 「だらだら付き合っていてもしょうがない」

などの声があがっています。

また「一年未満で結婚を考えた」
とする男女の理由としては、

「運命を感じた」
「価値観が似ていた」など、

身体に電気が走ってしまったような、
感覚的なものから結婚へと考えが至っているようです。

それ以外にも、
婚活をしている男女は、
はじめから結婚を前提にお付き合いをしていますから、
ほぼ一年未満ということが多いようです。

4:付き合ってどのくらいで結婚を考えなくなるのか

お付き合いをしてから、
それなりに結婚を考えた時期はあった。

しかし、そのタイミングを逃した場合、
どのあたりを境に結婚を
考えなくなってしまうのでしょう。

その境目の殆どが
「3年」といわれています。

なぜなら、人は恋をすると
PEAというホルモンが分泌されます。

通称、「恋愛ホルモン」とも呼ばれていますが、
このPEAが分泌したとき

人は恋に落ちたような
錯覚に落ちてしまうのだとか。

つまり、PEAが分泌している間は
無条件で恋に落ち続けるということになるのです。

しかし、このPEAですが、
永遠にひとりの相手に
分泌し続けるわけではありません。

その分泌されづらくなる時期が
約3年といわれているのです。

そうなると、
カップルが恋に落ちている
タイムリミットは約3年。

この期間に結婚を決断できないカップルは、
「別れる」もしくは「腐れ縁」のような関係に
陥ってしまう可能性が大きいといえるでしょう。

5:男と女の関係性

ここでは、男女が恋愛をして
結婚に至るまでの関係性について
考えてみたいと思います。

まず、男女がカップルに至るまでの
流れを見てみると

圧倒的に男性が女性を口説き、
デートに誘い、そして告白をするといった
お決まりのような展開があります。

この時点での男女の関係性は
明らかに女性が受け身であり、
優位なポジションにいるのです。

しかし、カップルとして成立し、
結婚を考えるようになると、
一気に立場が逆転し、

男性の方に決定権があるような
雰囲気が漂ってしまうのです。

とくに多いケースが、

「結婚を迫る女性」しかし
「なかなか結婚に踏み切れない男性」

このような関係性がつくられ
ズルズルと長引くことになってしまうと
結婚はお互いにとって
「幸せなもの」から「苦しいもの」へと
変わってしまう危険性があるのです。

世の中では、
男女の3分の1しか結婚ができないという
統計データもあげられています。

幸せを築く結婚への道のりを、
自ら壊してしまわない為にも、

言い争いからの結婚は避け
しっかり話し合うことが必要でしょう。

女性は何故結婚に焦ってしまうか、
そして、男性は何故結婚に踏み切れないのか

その原因を解決しようとする心が大切です。

6:男性が結婚を決断するタイミング

ここでは実際に男性が
どのようなタイミングで
結婚を決断するのか?

そのあらゆる場面や展開を
ご紹介していきましょう。

6-1:仕事に転機が訪れたとき

男性は、仕事の方向性が見えてきたときに
「結婚」という決断を一緒に下したくなります。

これは仕事が順調にいっているからではなく、
転機というタイミングがポイントになります。

例えば、転職、転勤、異動、
これらもすべて含み、

大きな区切りが男性の重い腰を動かし、
プロポーズという決断を下したくなるのです。

結婚は男性にとっては
ある意味「勢い」というものが必要です。

女性としては
このタイミングをチャンスと捉え、
男性の新しい出発への不安を
取り除いてあげたり、

元気づけるメールやLINEを
送ってあげることが大切。

それによって
男性の心は結婚の決断へと
勇気づけられるはずです。

6-2:将来に不安を感じたとき

男性は主に40歳を区切りに
結婚への焦りを大きく感じてしまいます。

「もしかして、
このまま一生独身ではないのか?」

とこの先のことを
深く考えてしまうようです。

また、子供を産んだときのことや
子供が成人を迎えた頃の自分を考え、
それもまた不安を大きなものへ
変えているのでしょう。

もし、この年代の男性と
お付き合いしているようなら、

突然、話がとんとん拍子に決まっていく
可能性も考えられるといえます。

6-3:子供ができたとき

男性にとって「子供ができた」
大きな結婚のタイミングです。

いつも楽観的で、
いまが楽しければそれでいいと
思っている男性であっても、

子供ができたとなれば、
男としての自覚が芽生えるはずです。

とくに、結婚を考えてはいるが、
いま一歩前に踏み出せないとする

男性にはとても良い
きっかけになるでしょう。

反対に、子供ができても
結婚に踏み込めない男性は、

相手との未来を想像できないから
とするのだといえます。

つまり、「子供ができた」タイミングは、
男性に結婚の覚悟を与える他、

「私のことをどう想っているのか?」

確認できる瞬間でもあるということなのです。

6-4:まわりに独身が少なくなったとき

「まわりに独身が少なくなった…」
これは、6-2でご紹介した

「将来に不安を感じたとき」
同じようなタイミングでもあります。

しかし、ここでいう不安とは、
焦りからくるものではなく、
寂しいといった感情に近いのかもしれません。

男性は心理的に、
男友達を大切にする傾向があります。

また、情に熱く、
たとえ恋人がいたとしても
友達を優先してしまうところまであります。

つまり、男性にとって、
まわりに独身が少なくなる状況は、

「俺も次のステージに行かなきゃ」
とする決意の後押しになるものなのです。

「自分だけ置いていかれた…」
「俺もはやく続いていかなきゃ」とする、
仲間意識が影響した決断ともいえるでしょう。

ですから、女性側からしたら、
「自分より友達を大切された」と嘆くより、

男性に男友達を
大切にするよう進めたほうが、
結果的には結婚に向かいやすいのです。

7:女性が結婚を決断するタイミング

先ほどまでの
「男性が結婚を決断するタイミング」とは反対に、

次は、女性がどのようなタイミングで
結婚を決断するのかを見ていきましょう。

7-1:子供が欲しいと感じたとき

男性のときと同じように、
子供が関係する結婚へのタイミングです。

とはいっても、女性の場合は
男性からわき出る気持ちとは異なっています。

男性は、子供ができたことで
結婚への覚悟が後押しされますが、

女性の場合は、覚悟ではなく、
「子供が欲しい」とする
気持ちの表れといってもいいでしょう。

また、ただ子供が欲しいと
無暗やたらに思うのではなく、

本当に相手のことを愛しているから、
「この人の子供が産みたい」とするものです。

男性側からしたら、
それだけ相手に愛されていると
思ったほうが良いでしょう。

女性は、心の底から
「この人の子供が欲しい」

想えたときが
結婚のタイミングとなるのです。

7-2:「この人しかいない」と思えたとき

女性は男性と違い、何か大きな出来事や
男らしさを感じたときに「この人しかいない」
という決意が浮かび上がってきます。

それは感覚的なものであり、
男性としては理解し難いものでもあります。

しかし「女の堪」というものが、
どこかのタイミングで働いてしまうのでしょう。

また、自分から浮かび上がった感覚ですから、
女性としては信じてみるしかありません。

女の堪とは鋭く、
意外と当てったたりするものです。

そんな女性の感覚を
男性は信じてみるのもありかもしれません。

7-3:まわりが結婚していくとき

これは、
「6-4:まわりに独身が少なくなったとき」
でご紹介した男性の気持ちとよく似ています。

しかし、女性の場合は
寂しいという感情とは異なり、
「焦り」が強調されているのです。

同年代の友達、もしくは
年下の知り合いが結婚していくことで、
焦りを感じてしまうのでしょう。

また、このようなタイミングは、
精神的に不安定な時期でもあります。

ですから、そんな彼女の不安を
取り除いてあげる意味も込めて、

このタイミングに
プロポーズをしてあげるといいでしょう。

彼女のまわりで結婚ラッシュは
起こっていないかどうか?

チェックしておくことで、
プロポーズのタイミングや、
「彼女が結婚したい」気持ちを
図れるはずです。

7-4:仕事を辞めたいとき

いま務めている会社を辞めたいとき、
もしくは職場で耐えきれないほど
嫌なことが起こったとき

「結婚」という決断に
踏み切りやすいといえます。

これはネガティブな感情から
引き起る決断でもあるため

実際にはあまりよろしくない
タイミングともとれるでしょう。

しかし、結婚へのチャンスと考えれば、
これの1つの決断。

男性は、彼女を支えていく、
守っていくという覚悟を決め、

このタイミングに
プロポーズをしてあげることも
悪くはないといえます。

8:まとめ

いかがでしたでしょうか?

男女にとって結婚へのタイミングや
決断は異なっていました。

また、男女それぞれが持つ資質によって、
同じ意味合いのようのタイミングであっても、
気持ちや感情は全く異なっていました。

自分の気持ちと同等に考えるのではなく、
相手の考え方、行動パターンを上手く理解し、
結婚へのタイミングを図ってみると良いでしょう。

結婚のタイミングを逃してしまわないように、
以上のことを参考に
ベストな瞬間を見極めてみてください。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA