メンヘラ彼女と別れたい人必見!傾向・特徴・4つの解決策

メンヘラ 彼女 別れたい

「メンヘラ彼女と別れたい…」

そう思った時、
あなたはどのような行動を起こし、
別れを切り出していきますか?

メンヘラ彼女と一言で言っても、
人によって様々な特徴があり、
みんなそれぞれ違いがあります。

しかし、
心の奥深くに抱えているものは、
実は、みんな同じだったりもします。

そんなメンヘラ彼女の特徴を
心の奥深くから探り、

別れ話を切り出すタイミングや、
注意すべき点などを把握して、

ステップに沿って整理していくことで、

あなたの心の準備を整え、
解決へと導いていく方法をお伝えします。

目次

1:メンヘラ彼女の特徴とは?
2:メンヘラ彼女と付き合わない方が良い理由
3:メンヘラ彼女への別れ話しがタイミングが重要
4:彼女の話をキチンと聞く事
5:自分の意思をハッキリ伝える
6:必要以上に優しくしない
7:時には助けを求める
8:まとめ

1:メンヘラ彼女の特徴とは?

「メンヘラ」をネットで検索すると

「精神疾患・精神障害を持つ人」

のように、
少し強い表現で出てくるものもあるようです。

「メンタルヘルス(心の健康)」が、
「メンヘル」というように略され、それにerがついて
「メンヘラ」と言われるようになったそうで、

心の状態が、何らかの要因で、
不安定になっている人たちのことを表している
ということが分かるかと思います。

では、その特徴には、
どのようなものがあるのでしょうか?

  • 自傷行為(リストカットなど)
  • 情緒が不安定(気持ちの浮き沈みが激しいなど)
  • コミュニケーションが一方的(LINEやメールを一方的に送ってくるなど)
  • 過去にトラウマがある(いじめや虐待など)
  • 依存体質(相手に依存して束縛したり、薬物依存など)
  • 人間不信(相手の行動を事細かく把握したがるなど)

など

様々あるようですが、これらの特徴はすべて、
「生まれてすぐ」にあった訳ではなく、

生まれてから今まで生きてきて、
様々な体験をしてきた中で

「心が傷つき」

その状態が癒されないまま、
今に至っているケースが、
多いのではないでしょうか。

2:メンヘラ彼女と付き合わない方が良い理由

あなたの彼女がメンヘラで、
今、「とてもつらい」と感じているのであれば、

これからの方向性を、真剣に考えていく事も、
必要になってくるかもしれません。

心に「傷」ができてしまった場合、
起きる多くの出来事を、
ネガティブに捉えてしまう傾向が、
メンヘラの人にはあるようです。

例えば、

LINEやメールなどで返事が遅いと、

  • 「なにか不愉快にさせるようなこと言っちゃったかなぁ?」
  • 「もしかして嫌われちゃったかなぁ?」
  • 「なんで返事くれないの?」
  • 「もっと私の事だけを見てよ!」

などのように、

ネガティブな発想が、螺旋状に渦を巻き、
まるで連想ゲームのように
どんどんとエスカレートして浮かび上がり、

不安が更なる不安を生み出していってしまう
という傾向もあるようです。

このネガティブな発想は、
周りにいる人たちにも影響を与えやすいので、

近くにいる人は、
特にその影響を受けやすく、

いつの間にかあなたまでもが、
ネガティブな発想が自然と浮かんでくるように
なってしまうかもしれません。

彼女と付き合い続ける事で、
あなたまで「もう精神的に耐えられない!」
という心の状態にきてしまうと、

お互いに「心が病んでしまい」
お互いがお互いを、良くない方向へと、
引っ張り合ってしまう事にもなりかねません。

「別れたい」と思ったとき、

「もう限界だ!」と思い、
きっぱり「別れを告げたい」と思う人もいれば、

彼女から

  • 「何を言われるか分からない…」
  • 「何をされるか分からない…」

と思う人もいるかもしれません。

あるいは、

彼女から離れていく事に対して
「申し訳ない…」
と思ってしまう人もいるかもしれません。

でも、今のままでいると、
「自分の心まで病んでしまう…」

そう思った時は、
「自分を守る」という選択をしても、
良いのではないでしょうか。

3:メンヘラ彼女への別れ話しがタイミングが重要

あなたがもし逆の立場で、
大好きな彼女から別れを告げられたとしたら、
今のあなたでも、きっと辛いはず。

ましてや、
メンヘラである彼女は、心に傷を負い、

もしも、
あなたを「心の支え」として生きていたのなら、

人によっては、とてつもない辛さを、
経験することになるかもしれません。

多くの人は、
ルンルン気分な時もあれば、
憂鬱で不安に押し潰されそうになる時も
あるのではないでしょうか?

ルンルン気分な時は、
なんでもポジティブに捉えられるだけの
「心の余裕」があるかと思います。

しかし、

不安に押し潰されそうな時は、
全てがネガティブに捉えられ、
「心が落ち込んだ状態」に陥ってしまいがち。

彼女の心が、落ち込んだ状態でいる時に、
別れを告げられたとしたら、

場合によっては、
さらにネガティブな方向へと向かってしまい、

あなたにとっても、彼女にとっても、
良くない方向へと向かっていってしまうことも
あるかもしれません。

なので、

彼女に「心の余裕」があると感じた時に、
別れ話を切り出すことで、

彼女の心も、比較的安定した状態で、
お互いに、話し合っていけるのではないでしょうか。

4:彼女の話をキチンと聞く事

別れ話をすることは、

あなたの立場からしても、
彼女の立場からしても、

今がどういう状態であろうとも、
お互いにとって「とても辛いもの」。

だからこそ、
あなたも彼女とキチンと向き合い、
彼女の話を真摯に聞いてみてあげてください。

女性は、
「自分の話を、ただただ聞いてくれるだけでいい」
という人も多いようで、

話をすることで、
自分の中にある「思い」が、心の外へ放出され、
心の中にスペースが空き、心に余裕が生まれる
というサイクルもあるように思います。

また、
「上の空で聞いてくれる人」に話すのと、
「キチンと受け止めてくれる人」に話すのであれば、
あなたなら、どちらの人に話したいですか?

ほとんどの人は、
「キチンと受け止めてくれる人」
答えるのではないでしょうか。

「上の空で聞いてくれる人」に話すのは、
なんだか寂しさを感じてしまうようにも思います。

さらに大事なことは、

  • どんなことも否定せず、
  • まずは一旦、受け止めてあげること

人によっては、
話したことを、何か一つでも否定されると、
相手への不信感が生まれ、

それが積み重なっていくと、
終いには、話す気も起きなくなってきてしまいます。

本当は、たくさん話したいことがあり、
たくさん伝えたいことがあるのに、

「話すと否定される」

という意識が出来上がってしまうと、
何も話せなくなってしまうことだってあります。

なので、

  • 「うんうん」
  • 「そっかぁ」
  • 「そうだったんだぁ」
  • 「そうだよねぇ」

などのように、

どんなことでも否定せずに、
まずは一旦、受け止めて、

彼女の心の扉を開いてあげて、

彼女の話にキチンと耳を傾け、
彼女が大切にしている「思い」を、
ただただ聞いてみてあげてくださいね。

5:自分の意思をハッキリ伝える

ただただ聞いてあげることで、
彼女の心の中にスペースが空き、

少しでも心に余裕が生まれ、
落ち着いた状態になったと感じたら、

今度は、
あなたの中にある「意思」も、
ハッキリと伝えておきましょう。

あなたの「思い」をきちんと伝えることで、
彼女の「心の中の空いたスペース」
あなたの「意思」が埋まり、

あなたにとっても、彼女にとっても、
これからの新たなスタートへ向けての
「区切り」をつけることができます。

ただ、
この時に一番大事にしたいことは、
彼女の話を聞いてあげた時と同様に、

彼女を「否定するような言葉」は、
決して使わないということです。

心に傷を負っている彼女に対して、
否定するような言葉を浴びせることは、
火に油を注ぐのと同じようなことであり、

彼女の心の奥底にある不信感や不安感などを、
さらに引き出してしまう可能性もあるからです。

例えば、彼女に対して、
「そういうところが嫌なんだよ」
というような言い方をしてしまうと、

人によっては、
「私はここがダメなんだ…」

否定されたように捉えてしまい
自分を責め始めたり、

人によっては、
「あんたのせいでこうなったんだよ!」

逆ギレして怒り出し、
あなたを責め始めたりする人も
いるかもしれません。

同じ言葉を伝えても、
人によって言葉の捉え方や感じ方も様々で、

  • 自分を責める場合
  • 相手を責める場合

など反応も様々なので、

もしも、彼女を悪く言うつもりはなくても、
彼女がそう捉えてしまった時は、

「今のは言い方が悪かったよ」
などと、素直に謝ってあげることも、
時には必要かもしれません。

相手の気持ちが落ち着いていない時は、

何を話しても、
相手の心の中には入っていかないし、
逆に火に油を注ぐことにもなり兼ねませんので。

なので、例えば、
「私では、あなたに良い影響を与えられないみたい」
などのように、

彼女にとって、
「私では役不足だった」
というようなことを伝えてみることで、

彼女を否定することなく、
別れ話を切り出すことも
できるのではないでしょうか。

そして何より、
「彼女の可能性を信じてあげること」
忘れないであげてくださいね。

どんな人にも、
「変われる」
という可能性が秘められています。

もし、「変われない」という人がいたとしたら、

それは、

  • 変わり方を知らないか
  • 自分で変わることを選んでいないか
  • 周りの人たちや誰かのサポートが必要な場合も

時には、あるかも知れません。

あくまでも、

お互いがお互いに、
良い方向へと進んでいくためには、
どのようにしていくことが最善か?

という視点で、常に考え、
言葉を選んで、伝えていってあげてみてくださいね。

6:必要以上に優しくしない

優しくすることは、
時として、お互いにとってよくないこともあります。

「別れたい」と思った時、

あなたが彼女に対して、

もうすっかり冷め切っている場合は、
きっぱりと言えるかもしれません。

けれど、

  • 「彼女に悪いから…」
  • 「彼女を傷つけたくないから…」

などの理由で、

情に流され、彼女に優しくしてしまうことは、
彼女に「叶わぬ望み」を与えてしまい、
かえって彼女に深い傷を負わしかねません。

「彼女を傷つけたくない」

という「思い」の裏には、

あなた自身の中に、

「自分自身も傷つきたくない」

というような思いも、あるのではないでしょうか。

「彼女が傷ついてしまうことで、
自分も傷ついてしまう」

その感覚は、多くの人が
「感じていること」
であり、

多くの人が
「生まれた時から持っている優しさ」
でもあるのではないでしょうか。

ただ、
その優しさが、時として、

相手を苦しめ、自分までをも、
苦しめてしまうこともあります。

それは、
彼女にとっても、あなたにとっても、
「自立」という方向ではなく、
「依存」という方向へ向かってしまったとき。

そんな時は、
お互いがお互いを頼り切ったり、
お互いがお互いに重荷になったり、
お互いがお互いのせいにすることもあるかもしれません。

しかし、
お互いが、互いに自立した状態で、
依存し合っていくのであれば、

お互いがお互いに信頼し合い、
お互いがお互いに可能性を拡げていくことだってできます。

それは、
お互いが、お互いに
自分の人生に責任を持って生きているので、
自分で自分の選んだことに責任をとれるから。

しかし、
どちらか片方でも、
「自立」していない状態で、
「依存」だけをしてしまうと、

一方では、
何でも相手のせいにして、
相手が悪いと決めつけてしまったり、

あるいは、
相手がいないと何もできない
という状態に陥ったりすることもあります。

さらに一方では、
相手のことを重荷に感じるようになったり、

あるいは、
相手からの束縛感が感じられるようになったりと、

お互いにお互いを
苦しめてしまう関係にも、発展しかねません。

なので、

「できないことはできない」

はっきり言うことも、時には大切です。

彼女にとっては、とてつもなく辛く、
厳しい一言かもしれません。

でも、
お互いの「区切り」をつけることによって、
新たなスタートも始まります。

あなたの意思を、
彼女にはっきりと伝えることは、

この先の人生を考えたとき、お互いにとっても、
とても大事なことでもあるんです。

ただ、
それにより彼女が、

  • どんな言葉を発し
  • どんな行動を起こすかは

人によって様々なので、正直予測はつきません。

なので、
彼女の「命に関わるような状況の変化」が予測された時は、
彼女へのサポートも必要です。

そして、この時注意したいのは、
決して自分一人で彼女のことを背負おうとしないこと。

  • 周りの人たちや
  • 心のケアの専門家

など、できるだけ多くの様々な人たちに、
助けを求めることも大切です。

7:時には助けを求める

自分一人でどうにかしようとすると、
限界があります。

ましてや、
心に傷を負っている人は、
とてもナイーブな側面も持っていますので、

普段の何気ない言葉や行動からも、
不安を感じてしまいがち。

自分一人では手に負えないと感じたら、
無理して自分一人でどうにかしようとせず、
周りの人たちに助けを求めましょう。

ただ、その時も、
彼女を否定するような言い方は、
しない方がいいでしょう。

あなたが誰かに話したことは、
回り回って、
いつか彼女の耳にも届くことがあります。

彼女と別れてしまえば、

「もう自分には関係ない」

そう思うかもしれません。

でも、もしあなたが逆の立場で、
「あなたのことを否定するような話」を
彼女がしていたと、周りの人から聞いたら、

あなたならどのように感じますか?

人によっては、

  • 「何言ってんだこのやろう!」
  • 「そんな風に思われていたなんて…」
  • 「正直、ショックだ…」

など

様々な思いが、
脳裏を駆け巡るかもしれません。

それは、彼女も一緒で、
ましてや、心に傷を負っていれば、
そのことが原因で、

さらなる、

「人間不信」

に陥ってしまうこともあるかもしれません。

あなたには、
彼女をそこまで悪く言う気が無かったとしても、

彼女の捉え方次第では、
彼女の不信感や不安感を増すことにも、
繋がりかねないのです。

実は私にも、
似たような経験があり、

私はその人を
「人間不信」
にしてしまったことがあります。

仮に、
その人をAさんとしましょう。

Aさんが居ない場で、私が周りの人たちに、
Aさんを否定するようなことを話したら、

その中の一人が、
その話をAさんに話したらしく、

Aさんはそれ以来、
私とは一切、口も聞いてくれなくなりました。

そして、時が流れ、Aさんを知る人から、

Aさんは「人間不信」になり、
「ある日突然、みんなの前から姿を消し、
今みんなで探してるみたいだよ…」
と教えてもらいました。

その話を聞いてから私は、

どのような場面であろうとも、
「相手のことを否定するような言い方」は、
できるだけしないように意識するようになりました。

なので、
周りの人に話すときは、

「彼女が今、こういう状態で、
自分には、もう手に負えないので、
なんとか助けてほしい…」

など

彼女の

  • 「ここがおかしい!」とか、
  • 「ここが嫌だ!」とか、
  • 「ここが許せない!」とか

ではなく、

  • 彼女は今どういう状態で
  • どんな言葉を発したり
  • そんな行動を起こしたりしているか

など

「具体的な状況だけ」を説明してあげてください。

もしも、周りの人たちの協力を得ても、
「解決できない…」と感じた時は、

  • カウンセラー
  • セラピスト
  • 臨床心理士

などの

その道のプロの人たちに、
相談してみるのも、いいかと思います。

8:まとめ

メンヘラと呼ばれる

「心に傷を負ってしまった人たち」

その人たちの根底に共通するものは、

「否定してしまう」

という思い。

その思いは、
メンヘラと呼ばれる人たちだけが、
特別に持っているものではなく、

多くの日本人が、
「持っているもの」でも、
あるのではないでしょうか。

人にはそれぞれに個性があり、
それは「オリジナリティ」と呼ばれる
本当はとても尊いもの。

だけど、いつの頃からか、
みんな一緒で、みんな同じが良いという
社会の風潮が生まれ、

学校や会社などでは、
共通の基準が定められ、

それは「常識」と呼ばれる物差しともなり、

あなたはこの基準を満たしていないんで
「適合しない人」すなわち「出来ない人」
というレッテルを貼られ、

いつの間にか、

  • 「私は出来ない人なんだ…」
  • 「あの人は出来ない人なんだ…」

などと思うようになり、

「否定してしまう人」

が大量に生産されてきてしまったのでは
ないでしょうか。

もちろん、
それだけが原因とは限りませんが、

そのような視点も持って、
メンヘラの彼女と接することで、

また違った角度から、
彼女を見ることもできるのではないでしょうか。

そして、
彼女への「思いやり」も忘れずに、

  • 彼女の話を真摯に聞いてあげること
  • あなたの意思もはっきりと伝えること
  • 一人で抱え込まず助けを求めること

これらを常に意識した状態で、
新たなスタートへの一歩を、
踏み出してみてくださいね。

そしてどんな時でも、
あなた一人で決して抱え込まず、
周りの人たちや、心のケアの専門家の人たちに、
時には助けを求めることも、忘れないでくださいね。

あなたが彼女と出会ったのは、
あなたが彼女とご縁があったから。

もしも、
あなた自身が何かに気づくために、
彼女が目の前に現れたのだとしたら、
それは何だったのでしょう?

彼女との関わり中で、
あなたが彼女から学んだことがあったとすれば、
それは何だったのでしょう?

人は皆、様々な出会いと別れの中で、
共に歩み、共に成長していきます。

お互いが、お互いにとって、
より良い方向へと向かっていくことを、
心より願っております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でautomaticlove0をフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!