【モテる方法】既読スルー0で女の子を落とすLINEテクニック

今の時代、モテる方法を語る上で、
LINEのテクニックは外せません。

なぜなら、出会ってから、
LINEを交換して、
その先に進めるかは、

LINEでうまくいくか、いかないか。
全てがそこに掛かっているからです。

LINEが普及してから、
連絡先の交換のハードルは
確かに低くなりました。

しかし、交換はしたはいいものの、
女の子は、LINEのやりとりで
惹かれなければ、既読スルーは、
もちろん、すぐにブロックを、
したりもします。

この記事では、どのように、
LINEを展開していけば、多くの男が、
ブロックや、既読スルーに泣く中で、

あなただけが簡単に、
意中の女の子を口説けるようになり、
ライバルを一歩リードできるのか。
そのテクニックを紹介していきます。

1:モテる方法は、関係によってLINEの仕方を変えること。

LINEと会話は、基本的には一緒。

ずっと、同じような感じで話すのではなく、
女の子と自分の関係性によって、
変えていく必要があります。

たとえば、初対面の女の子に対し、
いきなり、からかったりすると、

「なに?この男」

と引かれる可能性は高いですよね。

けれど、ある程度、
仲良くなった女の子をからかうと

そのからかいは、ある程度の
親密感を演出することになり、
さらに仲が深まったりします。

このように会話において、
関係性を意識することは重要です。

LINEも一緒で、いかに、親密になるに
つれて、段階をステップアップするかが、
モテる方法の鍵になります。

次の章からは、三段階で関係性を、
ステップアップしていく方法を解説していきます。

1-1:モテる方法ステップ1:親密になるまでのLINE

この段階で重要なのは、
いかに連絡を続けさせるかということです。

多くの男は、早く惚れさせようと勝負を
急ぎ、速攻既読スルーをされたり、
ブロックされたりします。

重要なのは、

「この人と連絡しても害はないな」

と女性に思ってもらうこと。

逆に、「この人はないな」と思われたら、
すぐに、試合終了です。

なので、最初が肝心なわけです。

LINEではなく、会話で想像してもらえれば
わかると思うのですが、

たとえば、
実際会ったばかりの女の子に、
かっこつけたセリフを
言ったりしますか?

なかなか関係性もないのに、
そんなセリフをいうのは
勇気がいりますよね?

けれど、多くの男はLINEになったとたん、
口説きの言葉やかっこつけた言葉を、
多様していきます。

女の子は全然、この言葉にキュンと
来ることはありませんし、
「気持ち悪い」「寒い」と思ったら、
即ブロックしてきます。

筆者は連絡先交換し放題の
婚活パーティーに行った時に

その場で一番人気だった
女の子と後日にデートに行けたことが
あるのですが、

その女の子は、連絡交換した人の、
8割以上はブロックしたと言っていました。

多くの男性が、
いきなり彼氏づらしたような
セリフを送ってきたり、

いきなり口説いてきたりで、
気持ち悪いとのこと。

筆者は、LINEのテクニックを知って
いたので、そんなLINEは、
一切しませんでした。

安全にいくならば、まずは、
相手が返事をしやすい、

そして、悪い印象を持つことがない、
そんなLINEの内容を送ることが重要です。

基本的には、用件のある会話であること。
そして、その人にしか答えられないこと
であるとさらにベストです。

たとえば、
「○○さんがこないだ美味しいって
言ってたイタリアンの店なんだっけ?」
と、聞いてみたり、

「アパレルの仕事って結構大変かな?
友達が転職したいって言ってたんだけど」

などと、その人が答える意味がある
質問を投げかけることから始めます。

要するに、

「あなたに下心があって近づいてる
わけではなくて、用件があるから、
お話してるんですよ」

という、空気感が大事です。

女性は、基本的には下心が丸見えの
男をかなり嫌います。

女性は妊娠したときにリスクが高いので、
本能的に、下心を嫌うんです。

仲良くなってないときは、このような
会話で、警戒心を解いていくことが大切です。

そうすることで自然と、
雑談ができるような仲になっていきます。

次に大事なのは、最初は、トークの頻度を
低めにしてLINEすることです。
聞かれたことをたまに答えるだけなら、
相手の負担になりません。

多くの男性は、いきなりLINEを
たくさんしてしまいます。

「おはよう」「今日は仕事疲れたよ〜」
などの聞いてもないのに、
俺日記を送れば大ブーイング。

返事が返ってこないからといって、
続けてLINEを送っても、
女の子はどんどん引いていくだけです。

いきなり恋人になろうとするのでなく、
まずは、無害な知り合いになる。

そこで初めて、次のステップに
進めるようになります。

1-2:モテる方法ステップ2:相談できる仲になった後のLINE

一つ前のステップをきちんと踏めば、
次は、雑談できるという
状態になっていると思います。

ここで重要なのが、居心地のいい
会話を心がけるということ。
そのために、心がけるべきコツは、
3つあります。

  1. それが、自分の話ばかりしない
  2. 相槌を多くし、会話を広げる
  3. 基本的にはホメ重視

というものです。

一つ目の自分の話を自分からはしない。
というのは、相手に質問しやすく
させるためです。

たとえば、好きなご飯を自分から
会話の中身にしてしまうことは、

相手から、「好きな食べ物って何?」
と質問させる機会を無くしてしまう
ということです。

なので、まずは相手が質問したくなる、
または、興味をもってくれるまでは、
相手の話に集中することが大事に
なってきます。

スタンプなどをうまく使い、
相槌を多くしながらも、
基本的にはホメまくるという
スタンスをここでは大事にしてください。

LINEは顔が見えないですから、
仲良くなるまではホメるという
戦略が重要になってきます。

筆者の女友達は、

「どんなに、わざとらしく
褒められても、LINEだと見返して、
ついニヤニヤしちゃう。
結構、元気でるんだよね」

と言っていました。

このようにライバルに差をつけるのに、
褒めまくるのは有効な手段です。

ここのステージをうまく乗り切ることで、
相手からどんどん話題を振ってもらえる
状態になることを目指すことが、
ここでの目標になってきます。

1-3:モテる方法ステップ3:相手から話題が振られ安定の関係のLINE

2つめのステージを経て、
相手から話題を振られるように
なってきたとなると、

かなり関係性が安定してきた証拠です。

なぜなら、こちらが話題を振っている
割合が多いときの状態は、

  • あなたが連絡してこなくても別にかまわない
  • あなたが話題の振りすぎで、ちょっとしんどい
  • 返事をすることが正直負担

という状態になっていることが
考えられるからです。

なので、相手から話題も振られ、
頻繁にLINEのやりとりができるように
なっていれば、ほぼ勝ちは確定です。

実際に会って遊んだりするのは、
ここがチャンスです。

このような状態になったときには、
あまり時間をかけず決着をつけるのが
いいので、LINE通話に移行したり、
直接会う約束をすることが重要です。

ここまで段階を踏むことの大切さを、
説明してきましたが、LINEは、一つ一つ
文章を考えなから送信することができます。

女の子を前に対話するときに比べたら、
落ち着いて対応することができるはずです。

LINEに自信のない方は、何度もこの記事を
見て、今自分がどのステップにいるかを、
確認しながら、女の子にLINEをすることで、

失敗することなく、女の子と着実に
関係性を深めていきましょう。

2:モテる方法はプロのから学べ

世の中には、接客のプロがいます。

ホストなどは、女の子と気持ち良く会話
することで、商売を成り立たせてますよね?

ここでは、そんなプロの現場でも
大切にされているモテる方法を、
紹介していきます。

2-1:モテる方法とはよく聞くこと

LINEとトークは違うのではないか?
「よく聞く」というと、
そんな疑問が頭をよぎるかもしれません。

けれど、文字になってもこの原則は、
変わることは、ありません。

要するに、相手の話に対して、
自分は興味を持っているんだ。
という姿勢を大切にすることです。

ある売れっ子ホストの本に書かれていたのが、

たとえば、女の子に「相談に乗って」
と言われたときに、そのコトバを
鵜呑みにして、実際に「相談」「解決策」
出してしまうのは、男がやりがちな失敗だそうです。

この相談に対しての正解は、
ひたすら「うんうん」「それで」「大変だね」
と相槌を打ちつづけること。

そうするうちに女の子は、
すっきりして、

「ありがとう」「こんなに私のことを
わかってくれる人は初めて」と、
感激してくれるそうです。

何もしてないで、聞くだけ。
それが、一番の相談への姿勢ということですね。

男はにはなかなか理解しづらい感覚ですが、
理解するより、相手の習性に合わせるのが、
モテる方法です。

これは、LINEでも同じこと。
基本的には、相槌やスタンプを使って、
女の子が話しやすいようにしてあげることが、
LINEを盛り上げる秘訣になります。

2-2:モテる方法とはよく理解すること

前のパートで説明した相槌ですが、

「理解してることを表現する」というのが、
大きなポイントになります。

「上司から二人でやれって言われた
仕事なのに先輩から全部丸投げ
されちゃってさー」と言われたら、

「ほんとに?」
というリアクションをするのも
一つの正解ではあると思いますが、

「えー!それって全部一人で
やらなきゃいけないってことじゃん!」

というふうに、話を言い換えて、
相槌にしてあげると、

相手は私のことを
理解してくれるんだと、
会話を続けやすくなります。

筆者の経験上、男が聞くの関門を
クリアした後に訪れるのが、
この理解の壁です。

多く聞くということを心がけるだけで、
その他大勢の男とは差がつくのですが、

調子にのって「うんうん」と相槌を
適当にしていると、
「本当に分かってる?」としっぺ返しがきます。

せっかく盛り上がっても、そんな雰囲気に
なってしまったら台無しです。

なので、女の子の会話を聞くことができ始めたら、
今度は、「理解する」ということを、
心がけていくことが大切です。

2-3:モテる方法とは具体的に共感すること

相手に気持ち良く話を続けて
もらうには、理解することと同時に、
具体的な共感が必要です。

「気に入ってたピアスなくしちゃってさ」
そう言われたときに、

「へー!残念」

なんて言われると、興味がない感じがして、
話をつづける気を、女の子はなくします。

そこで、

「え!本当に?お気に入りのものなくしたり
すると1日気分が落ちちゃうよね。大丈夫?」

と、具体的に共感をするコトバを付け加えます。

すると、女性としては、

「そうなんだよね。朝から落ちちゃってさ」

と気持ち良く会話を続けることができます。

具体的に共感することで、
1回で終わるLINEか、やりとりが続くLINEかが
別れていくわけです。

結局のところ、多くの男はなぜ
LINEが続かないかを嘆いていますが、
1回1回の返信に対して、うまく共感が
できていないから続かないんです。

どういう質問をすればLINEが返ってくるか。

そう悩むのも大事ですが、
そもそも返ってきた1回をどう盛り上げるか?
こういう視点も、モテる方法を考える上では、
重要になってきます。

3: LINEの文章で男らしさはいらない? 

連絡をマメにできる男は非常に少ないです。

筆者も女友達と話していると、

「マメってだけでモテるよね。
本当にそれできる男少ないから(笑)」と、

いかにマメな男が
少ないかを教えてもらえます。

もしかしたら、あなたは、
「男なのにLINEをしすぎるなんて」
「男はクールに一言で」

と思ってるかもしれませんが、

どんどんLINEをマメにした方が、
モテるようになっていきます。

次のパートからは、
なぜLINEで男らしさが必要ないかを、
説明していきます。

3-1:普段しゃべらない男がLINEで喋ると気持ち悪い?

普段はクールなのに、
LINEではよく喋る。長文を打つ。

そんなことをすると、女の子はひくんじゃ?
と思うかもしれませんが大丈夫です。

要するに大事なのは、

この人はLINEのやりとりをしていると、
楽しい!と相手に思わせること。

筆者の周りでもモテる男は、
非常にLINEで女の子を楽しませるのが
うまいです。

合コンが終わったあとに、
作られるグループLINEなどで
観察していると、

普段はクールなキャラクターでも、
かわいいスタンプなどを
使ってたりして、

「うまいなぁ〜」と感心させられて
しまいます。

女の子にも結構ウケたりしていて、
実際に会ったときに、クールだったとしても、
そのギャップは、女の子にとって、
いい方向に変わる、というのがよく分かります。

3-2:逆に文章がクールだとモテにつながらない

むしろ文章には表情が伴わないので、
極力クールであることは避けることです。

「今日、天気いいねー」
「そうだな」
「たぶん暑くなるよね」
「そうだな」

とやっていると、すごいぶっきらぼうに
感じるし、女の子は、
「嫌われてるのかな?」とさえ思うはずです。

基本的には、相手のテンションに合わせて、
文章を構成する方が、
LINEでは相手も返事をしやすくなります。

筆者の男友達で、非常に顔つきは
カッコイイのですが、あまり恋愛がうまく
いってない男がいます。

飲み会の場ではモテてるのですが、
その後のLINEのやりとりが、
ぶっきらぼうすぎて、女の子が
嫌われてると勘違いするんですね。

そうすると、先に進めない。
いまの時代LINEは自分の分身の
ようなものです。

女の子と先に進むまでは、
LINEで接触してる時間の方が長い
わけですから、クールすぎると、
イケメンですら苦労します。

3-3:文章が苦手な人のための文の目安とは?

文章が苦手な人にとって、
LINEの文章をどれくらい書けばいいか
というのは、難しい問題かもしれません。

そういうときは、とにかく相手の
文章量やテンションと合わせることです。

これは、ミラーリーング効果といって、
実際に女の子と会話をするときにも
役に立つのですが、

相手の言ったことを真似していると、
人間は「似てる」と思い、
好感度が上がっていきます。
そして、会話のテンポが上がっていきます。

ここでは、LINEなので、文字の分量
なんかも合わせていくわけです。

筆者の女性の知り合いに聞いても、
だいたいモテない男は、この分量の
調整ができていません。

「こっちが、一言しか送ってないのに、
長文がガーーーーっとくると、
それだけで返信する気なくすんだよね」

と、いう女性の声は本当に多いです。

これは、人間の心理である、
もらったものと同じものを返さなければ
という心理状態から生まれるもの。

要するに長文が来たから、
長文を返さなければという心理状態に
なるのですが、

そこまで仲良くない男にそれをされると、
「面倒くさいから返さないでいーや」となるわけです。

基本的には、文字の分量は
相手の分量に合わせる。
スタンプなんかも、
似た雰囲気のスタンプを使う。

そうやって、相手に合わせていると、
気持ち良くLINEのやりとりが続きます。

4:モテる男は相手の負担にならないトークをする

モテる男とは、
とにかく相手ファーストです。

相手が負担にならないように、
会話に気を使い、どんどん相手が自分に夢中に
なっていくように仕向けます。

この章では、モテる男がどういう風に
トークを展開するのかを解説していきます。

4-1:基本は聞いとくのがモテる

大事なことなので、何度も言いますが、
基本的には聞きに回るということです。

語尾に「?」をつけた疑問文を、
良いタイミングで使いましょう。

特に初めてのLINEを送る際は、
「?」が付いてた方がどうしても返信しやすいです。

答えやすいような質問をして、答えをもらう。
というのが無難なコミュニケーションです。

この質問の仕方には、「オープン質問」と、
「クローズ質問」があります。
この2つを意識してください。

まずは、オープン質問。

これは、相手に自由に回答させる質問の仕方です。

「昨日見に行くって言ってた、
ミュージカルどうだった?」

と聞くようなやり方です。

「どう?」と言われてもいろいろな答え方が
あるので、相手は答えをひねり出すのに、
かなりのパワーがいるはずです。

自分に置き換えても、
曖昧な質問って答えづらいですよね。

一方、クローズ質問というのは、
相手の回答を狭めていきます。

「昨日見に行くって言ってた
ミュージカル面白かった?」

というふうに聞けば、相手は、
「面白かった」「面白くなかった」で、
答えられるわけです。

ようするに、基本的に質問は、
クローズ質問をすることがベースになります。

相手が回答しやすい方が、
LINEのやりとりは活発になり、
LINEのやりとりが活発になった方が、
男女の関係は進みます。

そう考えたときに、クローズ質問を
心がけることが重要というわけです。

4-2:ただし聞くだけがモテる方法ではない

ただし、この時に質問だけするというのは、
得策ではないことが多いです。

たまに、質問ばっかりしすぎて、
女の子に「取り調べかよ」と言われている
男がいますが、

これでは、モテないLINEの
方法になってしまっています。

質問をするだけでなく、相手の答えに常に、
理解と共感をすることを忘れないでください。

「昨日見に行くって言ってたミュージカル
面白かった?」

「ううん。それが面白くなかったの?」

と言われたら。

「うわー!それは、ショックだよね。
結構長い時間見たのに面白くなかったんでしょ?」

と、理解と共感をすることで、

「そうなの!」

と、女の子はテンポよく会話を
続けることができます。

5:モテる方法は無意味なLINEにあり?雑談の基本

モテる男は、雑談がうまいです。
芸人さんなんかがイケメンでもないのに
モテるのは雑談がうまいからです。

LINEというツールの中でも、
実は雑談が大事です。

筆者のモテる友達も、
「LINEは雑談が9割」という名言を
生み出しています。

9割の雑談が、デートや、
その先の成果につながるということです。

その時に重要なのが、
男性と女性の会話へのスタンスの違いです。

これを、意識できているかできていないかで、
効果的な雑談ができるかできないかが決まります。

5-1:意味のないことにモテる意味がある

意識しておかなければならないのが、
気をつけないと男性は、
会話に意味を求めるという癖です。

「で、その話のオチは?」というのは、
だいたい男性です。

一方女性は意味もなく会話をします。
これが、雑談の基本です。

女性は、空気を温めるために無駄な会話をします。
「今日って、暑いよね〜」
という会話は、一見意味がないようですが、

そこから、
「そういえば、新発売のハーゲンダッツ
食べたー?美味しいよねー」
と、どんどん会話が発展していきます。

「暑いよね〜」

に意味はないかもしれませんが、
話を発展させる意味では、
意味がある言葉なのです。

これは、男性と女性の
太古からの性質によって、
変わっています。

男性は昔、常に命がけで狩りをしていました。

たとえば、マンモスをみんなで協力して、
倒さなければらない。

そのときに雑談をしている暇はなく、

「お前は右に回れ」
「オッケー、お前は左からやりを投げろ」

と意味のある会話をすることが大事でした。

一方、集落で男性を
待っている女性陣は、

男性を待っている間に、
女性陣の中で嫌われることは、
死に直結する要因でした。

仲良くしとかなければ、
その集団をいつ追い出されても
おかしくなかったからです。

この女性と男性の性質は、
歴史の中で積み重ねられて、できています。

ここで、「女はしょうがない」と考えるのではなく、

「そういう性質があるのか」

「多くの男性はそうやって間違うけど、
自分は女性を喜ばせる会話をしよう」

と、歴史を学んだ上で、雑談力を高めると、
ライバルに大きな差をつけることができます。

5-2:答えや意見を言うのを我慢する

なぜ、一つ前のパートで、
歴史にまで話を展開させたかというと、
気をつけてないと、
男は女性に嫌われる会話をしがちだからです。

たとえば、

「あそこのスパゲティ屋さん美味しかったよ」

と女の子が言った時に、

「おれスパゲティー屋とか入らないんだよね」

と意見を言って、モテない男は嫌われます。

雑談の目的は、その場を温めることと、
しっかり分かっていれば、こういう答えの
仕方はありえないというのが分かると想います。

「えー!そうなんだ!俺普段スパゲティ屋とか
なかなか男一人で入れないんだけど、
そんなに美味しいなら興味あるな」

といえば、

「えー!じゃあ今度私と行く?」

と関係を発展させられる可能性も
あるわけです。

そこを、自分の答えや意見を言うことで、
チャンスを逃してしまいます。
これも、多くの男がやりがちなことです

5-3:どんどん話を展開させるのがモテる男

この雑談は、意味のない話をすることに、
意味があるという法則を学ぶと、
どんどん話を展開させるのがうまくなります。

  • 「暑いよね〜」
  • 「暑いね」
  • 「暑いっていったら、
     最近コンビニいったら、
     ハーゲンダッツの新味出ててさ」
  • 「えっなに味?」
  • 「それがきなこ蜂蜜」
  • 「えーーっ和だね」
  • 「そう、どんだけ和なんだよ!って」

というふうに、
なんの意味もない話を
展開していきます。

でも、これが、
モテる秘訣なんです。

最初は、女の子との雑談を、
モテるための連想ゲームと考えると、
こういう意味のない会話も楽しいはずです。

そうして、自然と雑談ができるように
なったとき、あなたは、自然とモテるLINEが
できるようになっています。

6:まとめ

以上、モテるためのLINEの秘訣は、
いかがだったでしょうか?

今回紹介した方法を意識しながら、
LINEをすれば、

女性からのLINEの返信率は、
グッとあがるはずです。

既読スルーやブロックをされるのは、
かなり傷つくもの。

女性とLINEをやる機会があるごとに

この記事をみながら、
慎重にLINEをしてみてください。

コツは常に自分より
相手のことを考えること

相手のことを考えながら
テクニックを使えば、

気づいたときには、

あなたはモテるLINEを
マスターしてるはずです。

この記事が、そんなあなたの力になれば嬉しいです。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA