モテない男性の特徴から見えてきた!モテる男に変身する5ステップ

モテない男性の特徴

世の中を見渡してみると
不思議な事に女性からも
まったくモテない男性もいます。

特別に不細工というわけでもない。

むしろ、
世の中の平均的な男性よりは
身長もあるし顔もいいはず。

でも、なぜか女性からモテない。
むしろ、避けられている気すらする。

では、女性からモテないのは
何に原因があるのか?

モテない要素とモテる要素は表裏一体。

つまり、モテない要素の裏側に
モテるための要素が散りばめられています。

女性からモテるようになるには
何をどのように変えていく必要があるのか?

詳しく見ていきましょう。

 

目次【クリックすると自動でスクロールします】

1:モテない男性の特徴とは?

「彼女が欲しいのに生まれてこの方、
女性と付き合ったことがない…
何がいけないんだろう…」

このように切実な悩みを持つ男性は
決して少なくないのではないでしょうか?

なぜモテないのか?

その原因は女性に対して
起している行動にあります。

単純なことですが、

女性にモテない男性は女性から
嫌がられる(煙たがられる)行動を
悪気もなく無意識に行なっています。

そして、

女性に困らないモテる男性は
女性が好む(一緒にいたくなる)行動を
ごく自然に行なっています。

それがモテそうな雰囲気か?

モテなさそうな雰囲気を
漂わせているか?

男性の雰囲気として表れてきます。

ではどんな行動が女性から嫌われ、
恋愛対象外にされてしまうのか?

女性とのコミュニケーション、
女性に取っている行動、
ルックス、ファッション、身なり、
など…細かく分析してみましょう。

1-1:女性にモテないコミュニケーション10個の特徴

女性が男性としての器や
深い人間性を認識するのは
コミュニケーションの中です。

女性にモテない嫌われやすい男性は
どんなコミュニケーションを女性に
行なってしまっているのでしょうか?

女性から避けられてしまう場合、
女性に好かれようとしたことが
かえって女性から嫌われる会話を
してしまっている可能性があります。

そんな女性からモテない多くの男性が
陥るコミュニケーションパターンを
紹介します。

1-1-1:自分の話ばかりしてしまう

モテる男性とモテない男性では
圧倒的に違うところがあります。

それは誰にフォーカスをした
会話をしているか?

モテない男性は自分にフォーカスした
コミュニケーションを無意識に
行なっています。

「俺は~」「俺の~」「俺ってさ~」と
自分自身を話題の中心にして
コミュニケーションをしてしまう。

これを繰り返していると
自己中心的な印象を女性に
与えやすくなります。

これはあなたのご両親の会話を
聞いていてもわかるかもしれませんが…

お母さんがお父さんに対して
「ねぇねぇ、ちょっと聞いてよ。
今日さ~こんなことがあって…」と
会話が始まることが多くないでしょうか?

これはあなたのお母さんだけでなく、
女性は自分の話を聞いてもらえないと
不安になりやすい生き物なのです。

自分の話ばかりする男性を見た女性は
話を聞かない男性だと認識し、
本能的に付き合いたくない男性だと
思い始めます。

女性の話を聞くというのは
女性とのコミュニケーションの
土台の部分になっているので、
是非覚えておいてください。

1-1-2:自慢話ばかりしている

先ほどの自分の話ばかりをしてしまう
男性によくあることですが、
女性の前で格好付けたいがために
自慢話が癖になっている男性もいます。

ステータス自慢、学歴・職歴自慢、
ブランド(持ち物)自慢、
金持ち自慢、人脈自慢など

これを餌にアピールすれば女性が
群がってくると思い込んでいます。

しかし、これをやればやるほど
本当に良い女性は自慢男から
離れていきます。

寄ってくるのは
男性のお金やステータスを
欲している女性ばかり。

あなた自身も経験があると思いますが、
他人の自慢話を聞かされるほど
つまらないことはないですよね。

それを女性にやるということは
女性を退屈させることと
同じことになります。

表面上は「すごーい」と言っていても
心の底では「さっさと話を終えてほしい」
と思っています。

もし、自慢話を女性にするのが
癖になってしまっている場合は
女性に対しては全く効果がないと
認識してください。

1-1-3:上から目線の意見ばかり言う

女性は男性よりも感情的に
不安定な生き物なので、
誰かに相談したくなる瞬間が
よくあります。

女性から「こんな悩みがあって…」
と相談を受けたときに
どんな対応をしていますか?

女性が男性に相談にするとき、
何を求めているかというと、
アドバイスではなく『共感』です。

「私の気持ちを知ってほしい」
「頑張りを認めてほしい」

このように思っています。

モテない男性は女性の求めることが
アドバイスだと思ってしまい、
上から目線の意見を言ってしまいます。

せっかく、女性と仲を縮められるはずが
余計なアドバイスをすることによって
逆にチャンスを失ってしまう。

表面上は「アドバイスありがとう」と
言っていても、内心では
「この人に相談するのはやめよう」

このように思われてしまいます

女性にはアドバイスはしないこと。

これが女性とのコミュニケーションでは
特に重要になります。

1-1-4:人の批判ばかりする

口を開けば批判が口癖の人、
あなたの周りにもいませんか?

「だからアイツはダメなんだよ!」
「役に立たないやつだな…」
「ブサイクのくせして…」

これを聞く度にネガティブな
気持ちにさせられるし、
こういう人と一緒にいたいとは
思わないですよね。

女性も批判癖の男性を見ると
「自分も大したことないくせして
何様のつもり?」と口に出さずとも
内心思ってしまいます。

なぜ批判が癖になるかというと
「自分のステータスを上げたい」
「他人が幸せそうなのがムカつく」
など

嫉妬やコンプレックスの感情が
強いために起きます。

女性は言葉にせずとも、
そんな男性の感情を見抜いています。

他人を批判することで自分は優れていると
思いたい気持ちもあるかもしれませんが、
女性からは小さな男にしか映らないので
今すぐやめましょう。

1-1-5:知ったかぶりをする

「知ってるよ。当然じゃん」と
女性に知的と思われたいがゆえに
大して知らないことまで知ったかぶりを
してしまう男性は多いかもしれません。

そして、
いざ詳しいのかと思って質問すると
全然詳しくない。

大して知りもしないことを
知っているふりをしている人を
客観的に見るとダサいと思いませんか?

不誠実な印象を持たれやすいし、
かえって逆効果になります。

むしろ、潔く「え?全然知らない。
それどういうこと?教えて」と
好奇心を持って聞く方が
知的に見えるし、好印象です。

実際、あなた自身も他人から
知ったふりをされるよりは、
質問してくれた方が嬉しいはず。

中途半端な知識の場合は
謙虚に人から学ぶ姿勢でいた方が
一目置かれる存在になりやすいです。

1-1-6:女性の興味を無視している

モテない男性は女性の興味を
無視した会話で盛り上がろうとします。

『車』『野球』『ゴルフ』『釣り』
『ビジネス関係』『ゲーム』
など

自分の好きなものの話なら
きっと女性も楽しいだろうと
思ってしまいます。

しかし、
男性が興味を持つものには
女性が興味を持てないものも
数多く存在しています。

男性同士の会話でウケるものが
女性にウケるとは限りません。

そんな状態を回避するためにも
「休みの日は何して遊んでるの?」など
女性が何に興味を持っているのかを
聞くところからスタートします。

そうするとどんな話題が女性の
好む話かが次第にわかってきます。

1-1-7:空気を読まずに下ネタで盛り上がる

女性が周りにいるのに
下ネタで盛り上がっている
男性陣を見たことはないでしょうか?

「過去何人の女と寝た」など
女性が嫌悪感を抱くような下ネタは
空気を読めない男と断定されます。

性の話自体は女性も興味が
ないわけではないので、
それ自体は悪いとは限りません。

ポイントはそれが女性にとって
楽しめる話なっているかどうかが
問題になります。

上手く女性の役に立つネタとして
提供できるならモテる側になれますが、
そうでない男性本位の下ネタは
セクハラ発言になる可能性が高いです。

下ネタを使って女性に嫌悪感を
持たせずに楽しませることは
女性とのコミュニケーション経験と
信頼関係を積んでこそ使える高等技術です。

自信がない場合は避けた方が
無難でしょう。

1-1-8:言い訳や責任転嫁することが多い

「でも~」「だって~」「けど~」

口を開けば、
言い訳や否定から入る男性は
女性からは責任を持ちたがらない
人と認識されやすいです。

そして、責任感が薄い男性に
女性は魅力を感じません。

その理由として、
女性は責任を持って行動を選べる男性に
頼り甲斐と安心感を抱くからです。

常に何かのせいに言い訳癖のある
男性といると、自分のせいにされる
不安感を女性に抱かせてしまいます。

「でも」や「だって」などの
言い訳の引き金になる口癖は
無くしていきましょう。

1-1-9:ネガティブで自虐的な発言を連発している

「どうせ僕(俺)なんか…」など
ネガティブで自虐的な発言ばかり
繰り返す男性に女性は魅力を感じません。

普段強気で自信のある男性が
弱みを見せた場合に限っては
女性の母性本能をくすぐって
恋が芽生える可能性もあります。

しかし、いつもネガティブで
いじけている男性を見ていると
「この人、自分に自信がないのかな…」
「面倒臭い」と思われるだけ。

これは男性側からでも同じで
「どうせ私なんかブスだし…」と
いじけてばかりいる女性といると
面倒臭いし疲れますよね。

このようにいじけている人は
相手から慰めてもらいたいために
癖になっている場合が多いです。

無理に前向きになる必要はありませんが、
ネガティブな男性には女性は
未来を感じません。

現状を受け止めながらも、
今自分に何ができるかを
考えて行動しましょう。

女性は男性が真剣に前に向かって
行動する姿に魅力を感じるはずです。

1-1-10:会話しているときの反応が薄すぎる

これは女性慣れしていない男性に
ありがちなのですが…
女性が話していても反応が薄い。

たとえば、
女性が一生懸命に話しているのに
「うん」「ああ」などの返事だけ。

女性は目を見て話しているのに
恥ずかしさから一切視線を合わさない。

緊張していることを悟られたくない。
必死感を見せたくない。
ミステリアスさを演出したい。

男性としてはカッコイイ自分を
女性に見せたい気持ちも
あるかもしれませんが…

あまりに反応が薄いと
「この人は仲良くする気がない」と
判断されても仕方がありません。

女性が好むクールで謎めいた男性と
ただの無愛想男は全くの別物です。

最低限、女性が話をしているときは
目をしっかり見て「うんうん」と
ボディーランゲージや相槌を見せて
一生懸命話を聞く姿勢を見せること。

たとえ、無愛想な返事であっても
ボディーランゲージが加わるだけで
かなり印象が変わってくるはずです。

1-2:女性にモテない男性の6つの行動パターン

次はコミュニケーション以外の
不意な部分で見せる男性の行動や
態度の部分です。

モテない男性は女性からどんな行動で
恋愛除外対象にされるのか?

1-2-1:事あるごとに迷う優柔不断癖

レストランでのメニュー決め。
自販機でのジュース選び。

ことあるごとに「どうしよう…」と
選択に迷う。

実はコレ、多くの女性が持っている
特徴なんです。

女性は優柔不断な生き物であり、
服を選ぶにしても、
メニューをオーダーするにしても
長時間迷います。

そのため女性は自分にはない
決断力や判断力に優れた男性に
好意を抱きやすいのです。

つまり、自分自身にないものを
持ち合わせている男性を好きに
なりやすいということです。

それを女性と同じく
「どうしよう…」と迷う男性は
男としての頼りがいを感じません。

そして、これとは真逆に
「まだ選べないのかよ!」と
イライラして急かす男性といても
女性は楽しむことができません。

自分自身は決断力を持ちつつも、
女性が選べないときには
待ってあげたり、
選ぶ手助けをしてあげる。

モテる男性にはそんな度量も
必要になります。

1-2-2:恩着せがましい

「奢ってやるよ。有難く思えよ。」
「あの時の恩を忘れたのか?」

このように自分が施したことに
何か感謝や見返りを求める男性。

確かに奢ってもらえたり
何か施しをしてもらえると
女性も嬉しいと思いますが…

あまりに恩着せがましい態度だと
「嫌なら結構よ!」と
当然ながら女性側は思ってしまいます。

むしろ、

「いつもお世話になってるから
今回は奢らせてよ」と
日頃の感謝から恩返しをする気持ちが
必要かもしれませんね。

1-2-3:所作やマナーに品がない

男性も女性に対して
立ち振る舞いやマナーの悪さに
つい目に付いてしまうことが
あるかと思います。

「電車の中で大股を開けている」
「お箸の持ち方がきたない」
「くちゃくちゃ音を立てて
食べ物を食べている」
「食べながらスマホをいじっている」

など

せっかく顔が美人であっても
立ち振る舞いやマナーの悪さから
女性に対して幻滅した男性も
多いかと思います。

これは女性側にとっても同じで
マナーが悪く、所作ががさつで
品のない男性と付き合いたいとは
どうしても思えません。

マナーは相手への心配りであり、
それが態度や所作に現れます。

最低限、相手に不快な思いにさせない
心遣いは必要ですね。

1-2-4:お客になると態度が横柄になる

「おい!オーダーまだか!」
「こっちは客だぞ!」

普段は大人しく弱々しい癖して
客になると急に偉そうな態度に
豹変する人がたまにいますよね?

強い男性をアピールしたい
ためかどうかは分かりませんが、
どう考えても悪い印象しか
女性には与えません。

それは強さではなく
単なるわがままです。

店員さんはもちろん周りの人にも
多大な迷惑をかけますし、
女性からは二度と関わりたくない
男性として断定される最悪な行為です。

もしお客になった途端に
突然横柄な態度になる癖があるなら
今すぐやめることをお勧めします。

1-2-5:お酒癖が悪い

女性の前でカッコつけたいために、
自分のお酒の許容量をオーバーした
量を飲んでしまう。

その結果、人に迷惑をかけて
どんなことをしていたのか
目が覚めたら忘れている。

もしかしたら、知らず知らずの間に
暴言を吐いていたり、
女性にセクハラ行為を
してしまっているかもしれません。

これでは普段いくらモテる人でも
お酒の場に飲まれる度に
大失敗を繰り返します。

お酒が弱い場合は弱いなりに
自分の許容量を理解し、
自制するようにしましょう。

1-2-6:食わず嫌いが酷過ぎる

野菜をいつも残す。

肉ばかりに偏って食べている。

あまりに偏食が酷い場合は、
女性から心配されるのを通り越して、
健康管理ができない男性だと
思われてしまいます。

実際、付き合ったとしたら
「この人とは食べ物の好みが合わない」
「食べ物のメニュー選びに苦労する」と
当然ながら女性は感じます。

女性もいろんなものを美味しそうに
食べる男性と居た方が幸せですし、
そういう男性の方が健康的なので
モテます。

好き嫌いがあるのは
ある程度は仕方がありませんが、
健康のためにも色んなものを
食べるようにしましょう。

1-3:女性が無意識に避けたがる男性の身なり6つの特徴

女性が嫌がる男性のルックスと聞くと
「結局女は顔で寄ってくるのかよ」と
思いがちになる男性は多いかもしれません。

実際のところはどうかというと
綺麗事を抜きにして
そんなことはありません。

むしろ、
「顔は芸能人の○○似が好み」といった
男性の顔に異常なぐらいのこだわりを
もっている女性の方が稀です。

実は女性は口で言っているほど
自分好みの男性の顔なんて
自分でもわかっていないんです。

ではどこで判断しているかというと
全体のルックスから醸し出される
雰囲気です。

「この人優しそう」「爽やかそう」
「たくましそう」「だらしなさそう」
「不潔」

顔などの一部のパーツではなく
全体像から感じ取られる雰囲気です。

女性が好む雰囲気というものは
後天的な努力によって磨けるもの。

逆にいくら顔立ちが整っていても
女性が生理的に嫌がる雰囲気を
醸し出していれば、
女性は離れていきます。

では、女性が嫌がる雰囲気とは何か?

それは『不潔さ』です。

女性が清潔感のある男性を好む理由は
生理的な安心感を本能で
感じ取っているからです。

しかし、いかにも不潔そうな男性だと
性行為でのリスクを無意識に感じます。

女性は自らの体に子を宿すため
男性よりも遥かに性行為での
リスクを伴います。

そのため、不潔な雰囲気の男性を見ると
「なんか病気をうつされそう…」と
本能的に避けたくなってしまうのです。

では、具体的にどんなところから
男性に対して不潔さを
感じてしまうのでしょうか?

1-3-1:ひげや体毛を無作為に生やしっぱなし

ひげをおしゃれに整えているなら
カッコ良く決まりますが…
毎日剃るのが面倒臭くて
生やしっぱなしにしているのは論外です。

ひげがボーボーに伸びた男性を
女性が見たら、さすがに
清潔そうには感じません。

全身ツルツルに脱毛するのも
不自然になりますが…

清潔さをアピールするためには
体毛やひげなどの目立つ部分は
手入れしておく必要があります。

実際、無精ひげを剃るだけでも
顔の印象は相当変わるはずです。

1-3-2:鼻毛が出ている

油断大敵なのは鼻毛です。

普段あまりじっと見る機会がない分、
気が付けば鼻の穴からニョキッと
はみ出している。

こんなことがよくあります。

鼻毛はおしゃれで生やしているなどの
言い訳にもなりません。

キメ顔でカッコつけているのに
鼻毛が出ていればさすがに
間抜けに見えますので、
女性と会う前には処理しましょう。

1-3-3:口臭が臭う

これは女性との距離が近くなるほど
気をつけたい部分です。

顔を近づけたときに
「ちょっと…これ以上近づかないで」
と言われるとショックですよね。

女性が離れたくなる原因は
やはり口臭です。

口臭を放つ原因は
生活習慣の乱れから来ています。

深夜遅くまで起きている。
タバコの吸い過ぎ。
お酒の飲み過ぎ。
ジャンクフードばかり食べている。

もちろん歯磨きなども関連しますが、
食べているものや生活習慣の乱れが
臓器にストレスを与え、
それが口臭という形に表れます。

ガムやブレスケアなどもありますが、
その場限りの対処療法でしかありません。

口臭を減らすにはストレスを減らし、
生活習慣を改善していきましょう。

1-3-4:歯の表面が汚い

歯の磨き残しが多かったり、
歯の磨く時間があまりに少ないと
汚れが目立つことがあります。

笑顔で素敵な印象を与えるには
白くて綺麗な歯は欠かせません。

あまり神経質になりすぎる
必要はありませんが…

たばこを吸う人や
コーヒーをよく飲む人は
歯の黄ばみが目立つことがあります。

最低でも起床後と就寝前は
入念に歯を磨く習慣を心掛けましょう。

1-3-5:髪型がボサボサorいじり過ぎ

髪型は男性の顔の印象を決める
大きなパーツになりますが…

女性からモテない男性の
髪型は2通りあります。

  1. 髪型に無頓着でいつもベタベタでボサボサの放置状態。
  2. 髪質にコンプレックスがあるためか髪型をいじり過ぎている。

両極端ではありますが、
ここで忘れてはならない重要ポイントは
女性が求めているのはあくまで
清潔感ということです。

ボサボサしていると不潔に見えますし、
カラーリングを派手にしていたり、
ワックスで固めすぎているのも
爽やかさにかけてしまいます。

凝り過ぎても放置し過ぎても
女性からのウケはよくない
ということです。

シンプルにすっきりした
爽やかな印象を心掛けましょう。

1-3-6:肩に大量のフケが付着している

スーツを代表とする黒い服を
着ているときに意外と目立つのが
肩周りのフケです。

フケがあまりに出ていると
どうしても不潔な印象を
女性に与えてしまいます。

単純に髪を洗っていないことで
フケが出ている人もいますが、
毎日シャンプーをしているのに
頭皮からフケが出てしまう人もいます。

そんな場合は生活習慣か
使用しているシャンプーにも
問題があるかもしれません。

洗浄力が強すぎるシャンプーは
頭皮に必要な皮脂まで洗浄して
かえって肌を傷めることもあります。

シャンプーは髪質や髪型の印象を
左右する土台の部分になってきます。

自然由来のシャンプーで頭皮に
ダメージを与えないオーガニックのものに
変えてみると頭皮の状態や髪質にも
大きな変化が見られるかもしれません。

1-4:女性にモテにくい男性ファッション5つの特徴

女性が嫌がる男性の身なりについて
先ほどお伝えしましたが…

男性の身なりはどんな服を
着用しているかでも
印象が変わってきます。

女性からモテない服装の男性は
オシャレかどうか以前に
ファッションの基礎を無視している
場合がかなり多いです。

では、
女性からモテない男性のファッションは
どこに問題があるのか?

1-4-1:体型にフィットしていない

モテない男性のファッションで
もっとも多いパターンは
自分の体に合っていないサイズの
服を着ていることです。

ピチピチすぎるのも見苦しいですが、
男性はラフな格好を好むため
サイズ感が大き目のものを選びがちです。

服はブランドによって
サイズ感が異なります。

仮にユニクロでMサイズがジャストでも
他のブランドでMサイズとは限りません。

服選びに慣れないうちは必ず
店員さんがコーディネートしてくれる
お店でサイズ感を相談して
確認してから選んだ方が無難です。

また、最近は細めのスキニーシルエットが
主流になっているため、選ぶのであれば、
体のラインに沿ったシャープな服を
選んだ方がベターでしょう。

もちろん、
太めのリラックスフィットでも
オシャレな服はたくさんありますが…

サイズのバランス感が難しく
上下のバランスを間違えると
短足にも見えかねません。

下半身は太みでも細みでも
上半身は体にフィットした
ものを選んだ方が下半身のラインが
強調され、スタイル良く見えます。

また、トップスの丈感は
身長によってバランスが異なります。

小柄な男性になるほど着丈は
短めのものを選ぶと下半身との
縦横比率のバランス良くなり、
足長効果も見込めます。

1-4-2:垢ぬけない雰囲気が漂っている

モテない男性はどこか垢ぬけない
雰囲気を持ち合わせていますが…

そのファッションの特徴としては
パステルカラーや
ケミカルウォッシュのデニムなど

淡色系のカラーを上下揃えることで
パッとしない印象になりがちです。

パステルカラーでもオシャレに
着こなせるポイントもあるのですが、
慣れないうちは原色の強いカラーの方が
女性の目をグッと引きつけられます。

たとえば、
ワンウォッシュの濃紺デニムと
白シャツのコンビネーション。

これは女性ウケの高い鉄板アイテムですが、
上下が白色と濃紺色の強いコントラストで
お互いに引き立ちますよね。

他にも黒と白のコンビなど
相反した原色は相性が良いと
言われています。

これが上下とも白色や薄い色になると
膨張色で全体的にボヤけてしまて
存在感も薄くなります。

上下どちらかに強め原色カラーを
織り交ぜることで
エッジの効いた洗練された雰囲気を
演出することができます。

1-4-3:だらしない

これは服に興味を持たない男性に
多いのですが、
明らかにだらしなさが
伝わる服装です。

シャツはしわくちゃだらけ。

服がヨレヨレでまったく
張りを感じない。

ジーンズは穴だらけで
とてもオシャレには見えない。

洗濯している感じがなく、
ところどころ黄ばみが見えて、
今にも臭ってきそう。

最近はシワ加工やダメージ加工などが
オシャレとして確立していますが…

経年変化を楽しむオシャレ服と
単なるだらしない服かは
残念ながら女性からは見破られます。

女性からモテるファッションの基礎は
清潔感であることを忘れないでください。

1-4-4:独創的なファッションに偏りすぎている

今度は女性ウケを狙うあまりに
独創的になりすぎて
女性には理解されないパターンです。

まるでヴィジュアルロックバンドや
アニメのような独創的なファッションは
街中でも浮いた存在になりやすいです。

もちろん、個性的でいいのですが…
女性からモテるかどうかで言えば、

あまりに変わった格好をした人には
近寄りがたく敬遠されやすくなります。

たとえば、
派手なコスプレ衣装の女性といたら、
男性でも一緒にいるのが恥ずかしい
気持ちになることもありますよね。

また、オシャレはTPOによって
使い分ける必要があります。

フォーマルな場でカジュアルな格好、
ラフな格好で楽しむ場所にスーツなど、

TPOに合わない服装は
その場の空気を壊してしまいます。

オシャレでありつつもその場に合った
親しみのある格好を心掛けることも
女性ウケするファッションの
重要なポイントになります。

1-4-5:香水の匂いがキツすぎる

これも女性ウケを意識しすぎて
なりやすいパターンなのですが、
香水の付け過ぎで逆に女性から
敬遠されるパターンです。

匂いやエチケットに気を配ろうとする
意識は見られるのですが…
香水は使い方を間違えると
かなりキツイ香りを発します。

男性は女性の甘い香りを好むので
男性自身はそういった甘い香りを
付けたがる人が多いですが…

女性は男性よりも嗅覚が敏感な分
香水の匂いは強すぎるのです。

女性は男性に対してはもっと
自然で清潔感の感じる香りを
求める生き物です。

柔軟剤の香りがフワッと漂うくらいの
清潔感を感じさせるような
香りに留めておきましょう。

1-5:デート中に女性を幻滅させてしまう4つの行動パターン

女性慣れしていない男性が
いざデートすることになると
これ見よがしにカッコイイところを
つい見せたくなりますよね。

しかし、その突発的な行動が返って
女性からの評価を落とす原因にも
なり得ます。

ここではデート中にモテない男性が
ついやってしまいがちな
女性を幻滅させてしまう行動を
いくつか紹介していきます。

1-5-1:運転が荒い

デートの定番といえば、
ドライブデートであり、
ほとんどの場合は男性が
運転することになります。

まさに、女性に運転テクニックを
披露できるシチュエーションですが…

プロのレーサーの気分に浸って
テクニックをアピールしようとすると
かえって女性からの評価がダダ下がりに
なる可能性があります。

法定速度を大幅に無視した
スピードを出す。

無理な追い越しをしようとする。

このような行為は命に関わるので
女性を怯えさせるだけです。

「もう二度とこの人とはデートしない…」

一歩間違えると
そう思われても仕方がない状況に
陥ってしまいます。

安全で穏やかな運転ができる人の方が
楽しく会話もできますし、
女性からは高評価を得られます。

ドライブデートの際は、
静かで穏やかな運転を心掛けましょう。

1-5-2:急にガラが悪くなる

これも運転中によくあることですが、
運転すると急に人が変わってしまう
男性がいます。

「チッ!邪魔だよ!」
「急に割り込んでくるなよ!」

普段コワモテの人が動物を可愛がるような
ギャップの場合は好印象になりますが…

普段優しい人が切れキャラになるのは
悪い印象にしかなりません。

運転はマナーが良く穏やかな人ほど
女性からは好印象に映るということを
覚えておきましょう。

1-5-3:トラブルに遭遇したときに取り乱す

デート中には色んなトラブルに
見舞われます。

近くにトイレがなかったり、
道を間違えてしまったり、
道が混雑して進まない等。

そんなとき取り乱して
テンパってしまうと
「この人はいざというとき頼りにならない」
と女性は感じてしまいます。

トラブルに遭遇したときこそ
「大丈夫。他にも道があるよ。」と
女性を安心させてあげましょう。

きっとその冷静沈着な姿に
女性は惚れ直すはずです。

1-5-4:ペース配分やトイレ休憩など女性への気遣いがない

女性とのデートにはペースを
合わせていく必要があるのですが…

女性にモテない男性ほど
女性に対する気遣いを忘れがちです。

歩くペースが速すぎて
女性を置いてきぼりにしたり、
トイレ休憩をとらなかったり、

あまりに自分勝手にデートを進めると
「女性に気遣いができない男性」と
認識されてしまいます。

「もう少しゆっくり歩こうか?」
「ちょっとトイレ休憩にしよう」と
さりげなく言える余裕を持ちましょう。

1-6:彼女が作りにくい男性が持つ4つの根本的性質

男性の性格は人により様々ですが、
女性からモテにくい男性には根本的に
彼女を作るのに苦戦する性質が
いくつかあります。

ただ、これらは性質の活かし方次第で
短所も長所に変わります。

自分自身の性質を受け入れた上で、
女性からモテるために有効な手段を
考える必要があります。

1-6-1:受け身である

女性に対して受け身で奥手な人は
ずるずると待ちの姿勢を続けてしまうため、
基本的に彼女を作れない人が多いです。

このタイプの人はその気になれば
いつでも彼女を作れると思っているのですが…

当然ながら、
自分で行動を起こさない限りは
いつまでも同じ状態が続きます。

たとえ、奥手で受け身な性格であっても
受け身なりに女性に有効なアプローチ方法を
身につけましょう。

1-6-2:自分のプライドを優先する

これは先ほどの受け身の男性にも
通じるところがあるのですが…

自分のプライドを優先するあまりに
女性に振られることを極端に恐れて
硬派を気取ってしまいます。

このタイプの男性は白黒を
はっきりさせようとする性質があり、
極度に失敗を恐れてしまいます。

そうならないためには、
もう少し男女関係に対して
広い視野を持ちましょう。

男女関係は恋人だけではありません。

まずはどんなことも
友人関係から始めると思えば、
失敗とは無縁になるはずです。

1-6-3:理想が妄想になっている

女性関係がない男性に多いのが
「芸能人の○○似の女を彼女にしたい」
など理想が妄想になっている場合が
多いです。

「こんな女性ならきっと性格も
素晴らしいに違いない」

私の知り合いにもいるのですが…

女性と付き合ったこともないのに
妄想から理想の女性を語っていて
女性を上に見上げすぎている傾向が
見られます。

しかし、どんなに理想の女性でも
現実はズボラでいい加減な部分があったり
料理音痴など案外欠点があったりするもの。

あまり女性の妄想ばかり追いかけず
もう少し現実の女性と向き合って
視野を広げてみましょう。

1-6-4:優しすぎる

優しいことは本当は長所なのですが…
あまりにも女性に気を遣いすぎて
女性と深い関係を築けない人が
優しい男性には多いです。

優しいがゆえに女性に対して
腫れものを触るような感じで
接してしまう人が多いのです。

女性と男性が定義する優しさには
かなり大きな違いがあります。

男性は女性の望みを
受け入れてあげることを
『優しさ』だと思っている人が
多いです。

しかし、女性が男性に求める優しさは
もっと家族的なものです。

父親や兄のように包み込みつつも
いけないところがあったら叱ったり、

頑張っているところは認めてあげたり、
ときに面白おかしくからかわれたり、
苦しいことは相談に乗ってあげる等。

表面的に演出した優しさではなく、
家族ような心の拠り所になれる
優しさを持つ男性を女性は求めています。

そういった意味では優しい男性は
女性に遠慮し過ぎていることが多いです。

いきなりガツガツ行くのは難しいので、
まずは、女性の相談相手になって
心理的な距離を縮めるところから
始めましょう。

2:女性からモテる男性になるコミュニケーション5つのステップ

先ほど女性にモテない男性の特徴と
モテるために改めるべきポイントを
お伝えしてきましたが…

「モテない特徴ばかり言われても…
モテるための方法をもっと具体的に
教えてよ。」と思う人も多いかもしれません。

女性からモテなかった人が
モテる状態まで持っていくには
女性という生き物を本能的に
感じ取れるようになることが必要です。

モテる男性とモテない男性には
決定的な違いがあります。

それは、
スポットライトを
女性に当てているか?

自分に当てているか?

ここに大きな違いがあります。

自分にスポットライトを当てている場合、
女性のメリットを優先的に考えられず、
自分のメリットを優先してしまいます。

たとえば、
「女性から嫌われたくない」
「どうすればモテるかな?」

一見女性のことを考えているように見えて
実は自分のメリットしか考えていない
状態です。

そうすると女性と接している瞬間、
仕草や言葉の端々にどうしても
女性に対する下心が出てしまいます

女性は男性の雰囲気を
視線や仕草などの動きで
無意識のうちに感じ取り
警戒心を抱くようになります。

逆に、女性からモテる男性は
自分のメリットはあまり考えず、
女性のメリットを先に考えます。

これが女性に信頼と安心感を与え、
気が付けば女性の方が男性に
夢中になっています。

つまり、

女性にスポットライトを当てる
行動を増やしていけば、
女性はあなたと居て楽しくなるし、
自然にモテるようになるというわけです。

では具体的にどうすればいいのか?

女性からモテるようになるための
要点をステップ別にお伝えします。

2-1:女性慣れすることが最初のスタート

女性にモテないと悩む男性のほとんどは
女性と接することに慣れていません。

というより

女性に対して苦手意識があるから
「自分は女性にモテない」という
セルフイメージになっているのです。

女性の前で会話に困ったり、
挙動不審になったりする場合は
単純に女性慣れしていないからです。

モテないというセルフイメージは
言い換えると
『女性に対する恐怖心』です。

このイメージを覆すには
女性と会話する機会を少しでも
作っていくことです。

具体的には

  • 親戚・近所の女性
  • 同じ趣味の場にいる女性
  • 行きつけアパレルショップの女性店員

緊張することなく気兼ねなく
話せる女性を1人でも作って
会話を楽しむことが必要です。

女性への恐怖がどこから
来ているのかというと
母親を始めとする身近な女性との
関係性からです。

女性への苦手意識が強い男性は
身近な女性とのコミュニケーションが
少ない傾向にあります。

身近な女性との深いコミュニケーションを
積極的に練習していくことで
女性がどんな生き物なのかを
肌で感じる機会が多くなります。

これは不思議に感じると思いますが、
身近な女性との接し方が変わると
女性に対するセルフイメージも変化します。

「あ…別に女性と話しても大丈夫だわ」
という自信に変わっていくはずです。

2-2:モテる男性は女性の話の引き出し方が上手い

女性の前でも緊張しなくなれば、
どんなコミュニケーションをすれば
女性と仲良くなれるかを考えましょう。

「女性の話を聞ける男性はモテるよ」
というのはよく聞く話だと思いますし、
色んな恋愛ノウハウにも書かれています。

しかし、それを聞いた男性でも
モテるようになる人と
モテないままの人がいます。

これは「女性の話を聞く」
ということに対しての
解釈に違いによって生まれます。

たとえば、

モテないままの男性は
自分からは何もせずにただ黙って
話を聞いておけばいいと
解釈している可能性が高いです。

これだとただの無愛想な男であり、
いつまでも女性との距離は縮められず、
コミュニケーションが磨かれません。

女性が勝手に話したくなる
ツボは何か知っていますか?

それは『自分自身』です。

女性は自分自身について
話題されるのがとても好きなんです。

「あなたはどう思ったの?」
「あなたは何が特技は何?」

女性は自分のことについて
聞いてもらいたいと常に思っています。

たとえば、あなたでも女性から
自分の趣味に興味を持ってもらえたら
ちょっと嬉しい気持ちになりませんか?

そして、それについて
「もっと教えて」と言われたら
「この子と気が合うかも…」と
なぜか思えてきますよね。

女性の場合は男性以上に
自分に興味をもってもらえることで
共感性が働きやすいのです。

「この人と話をしてると楽しいな…」
「もっと話したい!」と思えて
物理的距離も心の距離も
どんどん縮まります。

つまり、
モテる男性は女性自身を
話題の中心にして話を引き出すのが
とても上手なんです。

もちろん、女性が興味を持ちやすい
話題やネタを持っていると
便利かもしれませんが…

それもまずは目の前の女性が
どんなことに興味があるのか
聞き出す必要がありますよね。

特に自分の持ちネタがなくても、
女性から話の引き出し方が上手なら
会話に困ることもありません。

女性にモテる仕事で言えば
美容師さんです。

美容師さんで女性にモテる人が多いのは
女性から話を引き出すスキルに
長けている人が多いからです。

「土日は何して過ごしてるの?」
「小学生の頃何して遊んでいたの?」
「その服カワイイね。
いつもどの辺りで買ってるの?」

目の前の女性のライフスタイルに
興味を持てば、色々な質問が
浮かび上がります。

趣味について食いつきが良かったなら
それについて掘り下げて聞いていきます。

基本は5W1Hで聞いていきます。

  • 「いつから始めたの?」
  • 「何がきっかけだったの?」
  • 「どこでやってるの?」
  • 「誰か一緒にやってる人はいるの?」
  • 「なぜハマったの?」
  • 「どんな風にやるの?」

このように
女性が興味のある分野について
深く掘り下げて聞いていきます。

女性は男性の話を聞くのは
思った以上に退屈になることが
多いです。

それよりも
自分から話を引き出してもらえることに
快感を感じます。

女性から話を引き出すことが
自然とできるようになれば、
わざわざ雑学など取り入れずとも
女性との会話で困る事はなくなるはずです。

2-3:悩みを引き出せる男が恋愛対象になる

女性から話を引き出せるようになれば
友人関係を築くのは楽になります。

ただ、
友人関係にはなることができても
女性と付き合うまでには至らない。

『良い人止まり』で悩む男性も
多いのではないでしょうか?

この良い人止まりになる人には
共通点があります。

それは
一線の壁を超えられないこと。

先ほど「女性の話を聞く」という
スキルをお伝えしましたが、

多くの男性は『好きなこと』しか
女性に質問しません。

たとえば、

  • 「好きな食べ物は何?」
  • 「好きなタイプの異性は?」などは聞いても
  • 「周りに嫌いな女とかいないの?」

というのは聞かないですよね。

「ネガティブなことは聞いたらダメだ」
「これ以上深入りしたら図々しい」
という信念がどこかにあるのだと思います。

しかし、
ポジティブな話だけでは中々
深い関係には発展しにくいです。

女性と親密な関係になる要は
感情的な会話ができることにあります。

ある程度、好きな話を引き出して
仲良くなれた段階から次の段階に行くには
その女性の不安や不満なども
聞いていきましょう。

女性は心理学的にも
『ネガティブな話』をできる人に
特別な感情を抱きます。

女性が同性同士で悪口で
盛り上がる習性があるのも、
本心ではネガティブな話を
聞いてくれる人を求めているからです。

その相手が男性であれば
「他人には言えない話も
この人なら聞いてくれる」と
特別な感情を抱き始めます。

その引き金が女性の嫌いなことを
聞いていくということです。

一番聞きやすいのは
『仕事でのストレス』
『家庭内のストレス』。

9割以上の女性は職場や学校や
親との関係に悩みを抱えています。

それをまずは
「どんなストレスがあるの?」と
人間関係について聞いていきます。

そうすると、
「この人からこんな嫌がらせを受けて…」
など

人間関係の悩みや不満を
引き出すことができます。

ここで良い人は女性の悩みを
早く解決してあげようとして
アドバイスをしたがりますが
そんな必要は一切ありません。

女性は解決法を求めてるわけではなく
誰にも話すことができない話を
聞いてほしいからです。

必要なのは悩みから不安や恐怖などの
ネガティブな感情を次々と
掘り下げて聞いていくこと。

「どんなことを言われたのが嫌だった?」
「過去にも同じような経験あったの?」

このように人間関係でのストレスから
過去のトラウマの話を引き出せば、
更に深い話を女性は話せるように
なっていきます。

ここまで踏み込んでくれる男性は
女性の周りには中々いないので
「この人は特別な存在なのかも…
だからここまで弱みを話せるんだわ」と
友情から恋の感情に発展していきます。

2-4:過去の体験や感情を共有する

ネガティブな話を引き出せるまでの
関係になれれば、心理的な距離は
かなり縮まっていると見ていいでしょう。

この段階に入るまではあなたは
女性に自分の話はできる限り
しないことです。

話はよく聞いてくれるのに
自分のことは何も話さないことで
ミステリアスなポジションを
確立できています。

女性は話を聞いてくれる男性を
求めると共に感情の共感も
次第に求めるようになります。

女性同士が悪口で盛り上がって
仲良くなっていくのは
共通の敵がいるからです。

女性A「なんかあの人、
カッコイイ男性の前だと
急にブリッ子になるわよね。」

女性B「そうそう!急に高い声になって
色目使い始めるよね!」

このようにお互いの共通の敵を見つけて
共感性を高めて仲良くなっていきます。

過去の体験談をシェアするというのは
同じ感情を味わったことがあるという
共感性と高める行為でもあります。

これはタイミングが重要で
ある程度女性から
ネガティブな感情を引き出せた後に
徐々に出していきます。

「僕も昔、職場で君と同じような
ことがあってさ…
その時すごく追い込まれてしまって…

だから君の気持ちはよくわかるんだ。」

このように過去の体験から
同じ感情を味わったということを
自己開示していきます。

そうすると、
「この人も辛い思いをしてきたのね…」と
共感性が生まれます。

2-5:秘密を共有する

女性の話を親身に聞き続け、
自己開示を織り交ぜていくと、
次第に女性のほうがあなたに対して
強い関心を持ち始めます。

「そういや私、自分の話は
よく聞いてもらっているけど
彼のこと何も聞いてなかったな…」

このように感じ始めて
「○○くんのことも自分の辛いこととか
何か話してね。」と
男性の知らない部分を知りたくなります。

あるいは、
話を聞いてもらえたことで
そのお返しとして、
男性の話も受け入れたくなります。

女性は自分のことをあまり
話そうとしない男性に対して
その人の過去や悩みや弱みなどを
知りたがる心理があります。

「実は…これ今まで誰にも
しゃべったことがないんだけど…
2人だけの秘密にできる?」

このように言って、
その女性と2人きりの秘密を
共有します。

「私だけに話してくれたんだ。
この人にとって私は特別なのかな…」と
特別な存在として認識し始めます。

お互いに助け合える相互依存の関係になれば
恋人同士になる日も近いはずです。

3:まとめ

今回は女性にモテずに悩む男性が
どうすればモテるようになるかを
お伝えしました。

原因のほとんどはあなた自身が
生まれつき持っていたものではなく、
習慣や関わってきた人間関係の影響により、
短所が目立っているに過ぎません。

モテない特徴として表れているものは
女性フォーカスではなく
自分フォーカスになっているため
でもあるのです。

女性が本能的に求めていることを
くみ取ってあげる。

そして、生理的に嫌がることは
絶対にしない。

それを少しずつ磨いていくことで
誰もが羨むモテ男子になる日は刻々と
近づいてくるはずです。











1分で判定できる恋愛診断ツール

相手の性格を相性を一瞬で見抜く事を可能にしたLINEトーク占い最高2位の現役占い師が使う極秘ノウハウと恋愛診断ツールとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA