超重要!恋愛時、女性が心理的に男性に求める4つのものとは?

女性は、そして特に、
恋愛をしている時の女性は、
とにかく複雑!

「何なんだよ!」

とか、

「どっちなんだよ!」

なんて、思うこと、
ありませんか?

実は、一番そう思っているのは、
本人自身だったりするのです。

複雑怪奇な
女性の恋愛心理…

全てを分かることは難しくても、
お互いに理解し、歩み寄ることで、

女性の側も、男性の側も、
ハッピーになることができます。

 

1:女性の恋愛心理

男性から見たら、
女性の考えていることって
よく分からない…

と思われることが
多々あるのではないでしょうか。

特に恋愛となると、
今まで以上に難しく感じるかもしれません。

やることなすこと
裏目に出てしまう、

下調べして、自分なりに勉強して、
これでバッチリ!
と臨んだのに、見事、玉砕…

なんて経験も
おありかもしれません。

おかしいな…
あの人は、ああ言ってたのに…
あの本には、ああ書いてあったのに…

と思われるかもしれません。

しかし、

人は、一人として
同じ人はいません。

ですから、

誰にでも当てはまる
万能の、とか、
魔法の、とかいう
方法はありません。

気になる女性を見つけて
その相手から、自分も
気に入られたいと思ったら、

「その人」の話を直接聴いて
「その人」自信のことを
知る必要があります。

それでも、大まかに当てはまる
法則のようなものもありますので、

今日はそれをお伝えします。

1-1:複雑な女性の恋愛心理

女性の心理状態というものは
男性が考えている以上に複雑です。

日替わりで気分が変わるのは当たり前、

一日のうちでも、数時間おきに
コロコロと気分が変わることもしばしば。

自分の感情にさえ
ついて行けない、と感じ、

本人でさえ、自分の変化に
収拾がつかなくなるほどです。

女性の感情が
まるで日替わりランチのように
コロコロと変化するのは、

女性ホルモンによるところが大きい
と言われています。

女性ホルモンは数種類あり、
それぞれの分泌のバランスが
日によって微妙に違います。

女性ホルモンは、体調や感情に
大きな影響を与えるので
その分泌のバランスにより
日々、感情も体調も変化するわけです。

女性の側は、自分の感情と
上手に付き合うために
自分自身で工夫することが大切ですが、

一人でそれをするのは
なかなか力が要ることです。

男性がそれをサポートしてくれたら、
女性としてはとても心強いですし、

そのようにしてくれる男性には
ぐっと惹き寄せられることでしょう。

1-2:複雑さを楽しもう

このように、
一見、厄介とも思える
女性心理の複雑さですが、

「厄介」ととらえるよりも、
その複雑さを
「面白い」ととらえて
楽しむくらいの余裕を
ぜひ、持っていただきたいと思います。

男性と女性は、
全く別の種類の生き物です。

男性にとって常識だと思っていることが
女性にとっても常識だ、
ということではないですし、

男性にとってはうれしいことでも、
必ずしもそれが女性にとってもうれしいこと
とは限りません。

そのような違いを、
大変だとか、面倒だと
思うこともあるでしょうが、

その違いを楽しむことができれば、
恋愛をも楽しむことができるでしょう。

違いを一つ知るごとに、
一つ、勉強になったくらいに
ぜひ、複雑さを楽しんでください。

女性の方は、きっと、
「もっと自分の心理を
相手に理解して欲しい…」

と思われるでしょう。

そのためには、自分の心理状態を
相手に伝えることが大切ですが、

相手に上手に伝えるためには、
自分の心理状態をある程度
理解しておくことも必要です。

伝えもせずに、イライラしていたら
せっかくの恋愛がもったいないです。

自分の心理状態をきちんと把握し、
素敵な交友関係を楽しみましょう。

2:女性が男性に求めるもの

女性は男性に何を求め、
どんな男性を
恋愛対象として見るのでしょうか。

先ほども述べましたが、

男性と女性は、
全く別の生き物です。

そして、基本的に、
人はお互いに、
自分にないものを求めます。

「相補性」と言います。

この言葉は、もともとは
恋愛とは関係のない言葉でしたが、

近年においては、恋愛においても
使われる言葉になってきました。

そのようにして、人は、
自分にないものを補い、
本能的にバランスを取ろうとするのです。

一方で、恋愛においては
「類似性」も大切です。

「相補性」とは逆の意味の言葉です。

人は、自分と似たところがある人に
惹きつけられる傾向があり、
それは、恋愛においても言えることです。

似た部分と、違う部分、
このバランスがちょうど良いと感じると
その恋愛は、スムーズに行きます。

一般的に、複雑で難解な女性は、
「相補性」の相性として、
ねちっこくない、分かりやすい男性を
好む傾向にあります。

しかし「類似性」も必要ですので、
「分かる分かる~」

とか、
「ホント、そうだよね~」

という要素も、恋愛には必要です。
女性には、特に必要なことです。

あまりに単純すぎて、
女性の気持ちが理解できない男性が
女性からモテるのは難しいでしょう。

ここからは、具体的に
女性が男性に求めるものを
項目別に見ていきましょう。

2-1:安心感

感情が日替わりで、
客観視がどちらかというと苦手な女性は、
男性に「安心感」を求める傾向にあります。

それは、男性と女性の
脳の構造の違いによります。

一説によると、

女性は、右脳と左脳をつなぐ
「脳梁」と呼ばれる部分が
男性と比べると3倍ほど大きい
と言われています。

「脳梁」は左右の脳内にある
感情や情報を処理する役割を果たすのですが、

女性はその「脳梁」が大きいため、
男性よりもたくさんの情報や感情を
一度に処理することが出来るのです。

そのため、一般的には
男性よりも女性の方が感情豊かで
細い所まで見たり気付いたりします。

一度にたくさんの情報や感情を
処理することができる、というのは
女性の優れた部分の一つではあるのですが、
それゆえに、女性特有の問題も起こります。

例えば、

女性は何か不安なことが起こると、
自分の頭の中にある今までの情報と
今ある不安を関連付けて
不安を増長させてしまったりします。

たくさんの情報や感情を
同時に処理しようという脳の働きが
マイナスに働いてしまうのです。

ですから、一度不安になると
さらなる不安材料が脳から湧き上がってきて
「脳梁」が狭い男性よりも
不安を大きくさせやすい傾向にあります。

男性から見たら「小さなこと」
と思えることで、すぐに
一杯一杯になってしまうのです。

そんな女性にとっては、
男性の客観的で大きな視点が
安心の材料になるのです。

どちらかというと、
理性より感情が優位な女性は、
論理的な男性の考え方に接すると
落ち着きを取り戻します。

一緒にいると、安心する、
ホッとする相手に、
女性は、心を許すようになります。

「何が起きても、この人といれば
将来は明るくて安泰」

こう思えた時、
女性は、その男性に惹かれます。

自分が苦手な分野、
力仕事や、大きな決断などを
スムーズにこなしてくれる男性は、

女性から見ると、とても頼もしく
「安心感」を感じる存在となるでしょう。

あなたは、

「わたしのこと、好き?」

何度も、何度も、
女性からそう尋ねられて、

自分は、どれだけ信用がないんだ、
と思われたことがありますか?

女性がそのように言うのは、何も、
あなたを疑っているからではなく、

大好きなあなたに、
何度も「好き」と言ってもらって
ただ、安心したいだけなのです。

もしかしたら、あなたの言動と
今までの経験を勝手に結びつけて
不安になってしまったのかもしれません。

あなたと関係がない経験でも
勝手に結びつけている可能性もあります。

あなたからすれば、
迷惑以外の何物でもないでしょうが、

そんな時は、

うっとうしがったり
面倒くさがったりせずに、

何度でも、優しく、
「好きだよ」と
答えてあげてくださいね。

「この人は、大丈夫」と思えたら、
そのような女性の不安も
徐々に解消されるはずですので。

男性に求める「安心感」には、
女性のことを理解し、
受け止めてくれる、
ということも含まれます。

女性はとかく、
他愛もないことをしゃべりたがり、
思ったことをすぐ口に出したり
グチや世間話をしたりするものです。

男性にしたら
考えられないことかもしれませんが、
女性は、そのようにして
心の均衡を保っています。

男性からすると、
女性のおしゃべりは
ただただ、うるさく
うっとうしいものかもしれません。

また、グチや小言を
頻繁に言われると、
気分が滅入る、やめてほしい、
と思われるかもしれません。

しかし、女性からすると、
そのようなグチやおしゃべりを
やめるよう切り捨てる人より、

なぜ、そのようなことを言うのかを
理解しようとしてくれたり
受け止めてくれたりする人を
信頼しますし、必要ともしています。

そもそも、女性のおしゃべりは
聞いてもらって、受け止めてもらうことが
目的で話すことが、ほとんどです。

また、

自分が持っている、
言葉には言い表しにくい、

何とも言えないモヤモヤした気持ちを
言葉として出すことで、
自分の中で整理付けようともしています。

ですから、

基本的に、女性は
解決策やアドバイス、
判断などを必要としてはいません。

ただ、

自分の気持の整理がしたくて、
また、自分が体験したこと、
感じたことに、

  • そんなことがあったんだ、
  • 大変だったんだ、
  • うれしかったんだ、
  • 悲しかったんだ、
  • 腹が立ったんだ、
  • 辛かったんだ、
  • 頑張ったんだ、

と、

しっかり「共感」や「受容」をしてもらうことで、
「安心感」が欲しいだけなのです。

この、「しっかり」
という点、とても重要です。

女性は、男性が自分の話を
ちゃんと聞いているのか、
聞いているフリをしているのか、

すぐに見分ける能力があります。

聞いているフリは、
すぐにバレます。

「しっかり」聞かないと、
女性のおしゃべりはずっと続きますし、
イライラ度合いもアップします。

二人の仲も険悪になります。

どうせバレるのですから、
ちゃんと「しっかり」聞きましょう。

聞いたから、それでバッチリ!
というわけではありません。
難所は、まだ続きます。

あなたは、女性の話を聞いた後、

  • 「そういう考え方、良くないんじゃないかな」
  • 「僕だったら、そうはしないなぁ」
  • 「嫌だったら、辞めたら?」
  • 「僕は、そうは思わない」
  • 「そんなこと、悩みの内に入らないよ」
  • 「世間では通用しないよ」
  • 「僕の職場なんか、もっと大変だよ!」
  • 「こう対処したら良かったのに」

こんな受け応え、していませんか?

こんな受け応えをしているようでは、
女性のハートは、つかめませんよ。

これらの受け応えをした瞬間、
女性のあなたに対する好意は
一気に、氷点下にまで冷めます。

恋人や夫婦であれば、
それをきっかけにして
大げんかに発展しかねません。

付き合うか付き合わないか、
まだ微妙な関係にいる二人なら、

女性は上のような受け応えを聞いた途端、
「この人とは、ないな」
あなたへの評価を一気に下げます。

一瞬にして「興味のない人」
の部類にランクダウンです。

その気持が表情や口調に出る人もいますが、
あなたとの関係性がそれほど深くなければ、

表情も口調も変えずに、
心の中でマイナスのジャッジを下し、
それ以降、ちょっとずつ距離を置かれる場合も…。

メールを送っても、返信がなかなかない、
電話をかけても、留守電が続く、
やっとつながっても、忙しいとかまた今度、
と、やんわり断られ続ける…

という状態に。

男性の側は、なぜ急に女性がつれなくなったのか
わけも分からずに、悩みまくる、
という結果になりかねません。

そのような経験をすると、
女性は厄介だ、恋愛は難しい、

さらには、

特に気に障ることはしていないのだが…
自分は悪くないのに、何でだ…
などと思い込みかねないのです。

女性心理を知らないと、
訳も分からずに悩むことになるのです。

でも、女性の心理が分かると、
「物事には理由がある」
ということに気付けますよね。

多くの場合、女性が求めるのは、

  • 「そんなことがあったんだ、それは良かったね。」
  • 「大変だったんだ、よく頑張ったね。」

と言ってもらうこと。
それにより、女性は心底安心します。

決して反論して欲しいわけでも、
解決策が欲しいわけでもないのです。

女性は安心すれば、
それ以上のグチもなくなります。

気が済むのです。

中には、本当にアドバイススを求めていて、
あなたに「アドバイスをお願いします」
と言う女性もいるかもしれません。

そんな時、男性は張り切って
アドバイスをすると思うのですが、

女性の心理とは厄介なもので、

そうは言っておきながら、
自分を受け入れてもらえない人からの
アドバイスは、受け入れられない、
という傾向もあります。

男性からすると、
意味不明の行動だと
感じると思うのですが、

女性の心理として、
まずは、否定せずに
「共感」や「受容」をしてもらいたい
という気持ちがあるので、

女性は「共感」も「受容」もなしに
いきなりアドバイスされたり、
自分の言動を否定されたりすることを
受け入れ難く感じるものなのです。

例え、どれほど
あなたからのアドバイスが
正当なものであっても、

そして、それがどれだけ
的確なものであったとしても、

頭では分かっていても
気持ちが追いつかない、
確かにそれは正論だけど、
わたしには受け入れられない、

ということが、男性以上に、
女性には多々あるのです。

まずは、相手を受け入れ、
理解を示した上でアドバイスをすれば、

女性のあなたに対する
「安心感」と信頼度は
ぐっと増すでしょう。

女性の皆さんにも一言。

口を開けばグチを言う、
誰かの悪口を言う、

自分のことばかり話して
相手の話を聞かない、

こんなことを続けていたら、
全ての男性からいつか
愛想をつかされてしまいますよ。

自分が、普段、
どんなことを話題にしているか、

時々、自分の会話の内容を
冷静に分析し、

必要であれば、
軌道修正するようにしましょう。

2-2:安定感

女性は、男性に
「安定感」を求めます。

ある調査報告によると、
独身女性の、実に8割以上が

恋愛において、
「刺激」よりも「安定」を求める、
と回答しています。

スリリングな恋がしたいという
女性がいることも事実ですが、

圧倒的多数派は、男性に
「安定感」を求めています。

先ほども述べましたが、
女性は、心理的に

「明るい将来をイメージできる男性」

に惹かれるものですので、
これは、至極当然の結果
と言えるでしょう。

この「安定感」には、
「精神的な安定」も
もちろん含まれますが、

「経済的な安定」という要素も
多分に含まれています。

しかし、これは何も
年収が高くないと恋愛ができない、
という意味ではありません。

職にも就かず、
自分勝手なことばかりして、
フラフラしているような人に、
女性は将来を感じないでしょう。

しかし、仕事を一生けん命している、
働き者である人にであれば、
例え今は、大した収入がないとしても、
女性は将来を感じるでしょう。

年収については、もちろん、
低いよりは高いほうが良いですが、

高収入でないとしても、
一生けん命働いている男性は、
女性から魅力的な存在に映るはずです。

  • 地に足の着いた
  • まっとうな
  • 堅実な

このような男性が
女性の8割から支持を得る
ということです。

逆に、

  • 浮足立った
  • うさん臭い
  • 遊び人

このような印象のある男性は、
少数派ではありますが、
2割の女性からの支持は
得られるかもしれませんね。

どちらに狙いを定めるかは
本人の自由ですが、

女性の心理的な要素を考慮すると、
女性受けするのは
圧倒的に「安定感」を
醸し出す男性です。

2-3:包容力

多くの女性は、
男性に「包容力」をも求めます。

「包容力」には
男性的な側面と、
女性的な側面がありますが、

自分にないものを求める、
という法則からすると、

女性は、恋愛対象として、
男性に「男性らしい包容力」
を求める傾向にあります。

「包容力」は「器の大きさ」と
言い換えることもできますので、

女性は「器の大きい」男性に惹かれる
ということになります。

男性の「包容力」とは、
具体的にはどのようなものでしょうか。

  • 冷静沈着
  • 余裕がある
  • 細かいことは気にしない

などです。

先程も述べましたが、
脳の構造や心理などから、

女性は目の前のことで
心配しすぎてしまったり、

どぎまぎしたり
慌てやすかったりする
傾向にあります。

また、物事を細かく
細部まで見ています。

細かいことに目を配り、
細部にまで気を配ることができるのは
女性特有の良さではありますが、

時には細かいことまで気付きすぎて
疲れることもあります。

男性がそれらの要素を
上手に緩和させてくれると、

女性は男性に
自分にはない「包容力」
を感じます。

さらに具体的に言うと、

トラブルが起きた時の対応力の高さ、
敵から守ってくれる頼もしさ、
困っている時に的確な助けを差し伸べてくれる、

なども、男性特有の「包容力」であり、
女性はそのような男性らしさに
安心することができます。

金銭感覚がしっかりしていながらも
お金にケチではない、というのも
女性が男性に魅力を感じる重大なポイントです。

使う時にはしっかりお金を使う、
締める時には締める、
というメリハリは、

女性の細かな節約にはない
男性特有のお金の使い方といえるでしょう。

友人や親族に、出来る範囲でおごる、
記念日のプレゼントや食事を忘れない、

などは、女性が男性らしい
「包容力」を感じる一面です。

逆に、

  • お金のことに細かい
  • 一円単位まで割り勘する
  • 常々ケチだという周りの評判

などは、女性を幻滅させます。

また女性は、どちらかと言うと、
冷静で落ち着いた余裕
を男性らしい「包容力」
と認識していますので、

何ごとにおいても「ガツガツしている」
というのも、男性の「包容力」とは
かけ離れた印象を持ちます。

出世欲や自己顕示欲などは
男性らしい特色ですので、

そういうものが全くないというのも
男性らしさという面から言うと
足りないところがある、と言えるのですが、

女性は、あまりにも「ガツガツしている」
とか、「ギラギラしている」男性よりも
冷静沈着で余裕がある男性に
惹かれる傾向が強いようです。

引っ張っては欲しいけど、
強引すぎるのは嫌…

何とも難しい注文ですが、
何ごとも、バランスが大切ですね。

2-4:特別感

女性は、自分「だけ」が
好きな人の「特別」になりたい
と思っています。

ですから、自分だけを
特別扱いしてくれる男性には、
例え、当初は特に興味がない
相手だったとしても

少しずつ惹きつけられていく
可能性がありますので、
決して諦めないでください。

ドラマの設定でもよくありますよね。

第一話では、パッとせず、冴えない、
ヒロインとは見るからに不釣り合いな男性が、

ヒロインに対して、これでもか!と
とにかく一途でまっすぐな愛を見せ、

最後には、その純粋な愛にほだされて
ヒロインはその人と付き合う、
あるいは結婚することにする、
というものですが、

ドラマの世界だけではなく、
現実にもそのようなケースは
よくあることです。

女性は、自分のことだけを
大切にしてくれる男性に
特別な感情を抱きます。

確かに、

誰に対しても紳士的な態度で
女性に接する人は魅力的です。

スマートで、器用で、
さり気ない気遣いや
レディファーストができる男性は、
モテるでしょうが、

何も、そのような男性しか
女性と恋愛できない、
というわけではありません。

不器用であっても、
上手でないとしても、

自分のことを一途に思い、
そのために努力してくれる男性を
女性は邪険にはできないものです。

女性の恋愛は、男性のそれとは違い、
瞬間湯沸かし器式に
一気に燃え上がるとものというより、

ゆっくりゆっくり、
じわじわと温められていくものです。

男性からしたら、小さいと思える
要素を一つずつ積み重ねていって、
少しずつ気持ちを育てていくのです。

ただし、自分以外の女性に対する
言動が失礼だというのは
人間性として、よろしくありません。

女性は、自分に対する態度も、
他の人に対する態度も
それはそれは、よく見ています。

みんなに対して丁寧に接しているけれど、
その中でも、自分に対してより丁寧に、
特別感をだして接してくれる人を
女性は敏感に感じ取ります。

気が多い人ではなくて、一途な人
これが、女性の気持ちを惹き付ける
ポイントになります。

一途なのは美しいことですが、
注意も必要です。

相手が「嫌だ」と言っているのに
あまりにもしつこくすると、

法に触れる行為になりかねませんので、
くれぐれもご用心を…。

やはり、自分本位ではなく、
常に相手本位で恋愛をするのは
大切なことですね。

3:まとめ

男性からすると、女性の恋愛心理は
確かに難しいことでしょうが、

それは、男性と女性は
全く別の種類の生き物だからです。

しかし、

だからこそ、双方に惹かれ合い、
自分にないものが、魅力的に見えるのです。

はじめは分からずに、
混乱したり、不自由を感じたりして
うまくいかないかもしれませんが、

知識を少しずつ増やしていき
様々な経験を重ねていくことで、
不自由さを学びに変えていくことができます。

そして、それらの経験は
必ずや、人生を豊かなものに
してくれることでしょう。

「脳梁」が大きな女性は、
男性と比べると不安を抱きやすく、

その分、男性から得られる
「安心感」を求めるものです。

「共感」や「受容」を優先し、
相手の言動を否定しないようにしてください。

自分を認めてくれる相手のためになら、
女性は一肌でも二肌でも脱げるものです。

将来に対して現実的な女性は、
男性との恋愛に「経済的な安定」
という要素も組み込んでいきます。

収入の高い低いよりも、
あなたの真面目な人柄が
女性の心に響くはずです。

男性らしい「包容力」で、
女性を包み込んであげてください。

いざという時は果敢に行動し、
女性を守ってあげてください。

「自分にとって、あなただけが特別」
ということを、相手に分かる仕方で
しっかりと示してください。

一途で、相手を大切に思うまっすぐな気持ちは、
必ずや、相手の心に届くことでしょう。

男性にとっては不可解な言動も、
女性にとっては心理的に当然であり、
必然性のある言動ですので、

男性は女性の心理について、
ぜひ、勉強を続けてください。

あなたの的確な言動が、
女性を「安心」「安定」させ、

あなたの「包容力」や
自分だけがあなたの「特別」と
実感することができれば、

二人の関係は、紆余曲折ありつつも
長く、幸せに続いていくことでしょう。

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!