振られた女性に再アプローチ!女性心理を虜にする取り扱い説明書

振られた女性に再アプローチ

一度惚れこんでしまった女性を
そう簡単には諦められないのが
男性ですよね。

しかし、
同じ女性と恋愛成就するのは
新たな女性との恋愛構築よりも
少しひと手間かかります。

というのも

新たな女性との付き合いと違い、
「この人はこういう人間だ」
というあなたの印象が彼女の中で
出来上がっているからです。

たとえば、あなたも昔会った女性に
「この女性なんかイマイチだな…」
という印象があれば、
そのイメージを前提に接しますよね?

それと同じで、
彼女にもあなたに抱いている
印象があります。

つまり、

彼女をあなたに振り向かせるには
それを覆す印象を彼女に与えて
惚れ直させる必要があるということ。

それを達成させるためには
女性が男性に本能的に求めていることを
行動に表わす必要があります。

女性によって性格は様々ですが…
女性の本能はそんなに大差はありません。

つまり、
女性の本能が求める男性になれば、
「あなたじゃなきゃダメなの…」と
夢中にさせることも夢ではありません。

 

1:女性は雰囲気で男性から魅力を感じ取る

女性がイケメン美男子に
「キャーキャー」言ってる姿を見て、
「結局顔のいい男がモテるのかよ…」
と失望する男性は多いかもしれません。

実は…

ここが多くの男性が勘違いするところで
女性が本気で男性に惚れこんだ場合、
逆に恥じらいを見せて静かになることが
多いのです。

「キャーキャー」騒いでいる段階では
ファンになった程度であり、
そこまで真剣には
考えていないのです。

女性は男性に対してそこまで
端麗な容姿は求めていません。

実際に、

「あいつ俺より顔が不細工なくせして
何であんな美女と付き合えるんだ?」
という人を見たことありませんか?

それが何よりの証拠で
女性はそこまで顔の良し悪しで
男性を判断していません。

では、どこで判断しているかというと
その男性から醸し出されている
『雰囲気』です。

「この人は優しそう」
「爽やか~」「信頼できそう」
「なんかステキ…」

女性は男性から醸し出される雰囲気で
その男性が醸し出している自信や
信頼性を察知しています。

なので、
自信の無さや不信感を
雰囲気から感じ取られると
女性は不安になり始めます。

つまり、
女性から一目置かれるためには
雰囲気を高めていく必要が
あるのです。

雰囲気を言い換えれば
心境の変化とも言えます。

「この人…この前と雰囲気が違う…
きっと心境に変化があったんだわ」と
女性は感じるようになります。

2:女性が男性の外見から雰囲気を感じ取る3つの要素

先ほど、女性は男性から
雰囲気を感じ取っているという
お話でしたが…

雰囲気を変えるための
もっとも簡単な方法は
外見を変えることです。

実際に外見を変えて自信を持てれば
セルフイメージが向上し、
女性との接し方も堂々として
内面にも自ずと変化が訪れます。

「結局見た目かよ」と
思うかもしれませんが…

顔などの先天的な要素ではなく
女性が感じ取る雰囲気というのは
変えることが可能です。

女性が好む男性の雰囲気を作る要素は
大きく分けて3つあります。

  • 清潔感(エチケット)
  • 身だしなみ(所作・姿勢・髪型など)
  • 洗練された服装

女性にイマイチな印象を与えている場合、
これらすべてを疎かにしているか、
何かが抜けている場合がほとんどです。

たとえば、

無精ひげを生やしていたり、
鼻毛が出ていたり、
ボロボロの服を着ていたり、
汗臭かったり、

これだと女性は無意識に
男性と距離を置きたくなるし、
距離を置かれてしまうと
男性も自信を失います。

女性は男性の外見から
セックスに対するリスクを
無意識に想像します。

男性が不衛生だと
性病のリスクを本能的に
感じ取るからです。

そのため不潔そうな外見だと
不安感と警戒心を抱きます。

特に清潔感は重要な要素です。

清潔感のある外見を意識していけば
自然と身だしなみや髪型や服装も
洗練されていきます。

最初からモード系のような
流行を取り入れるよりは
定番の服の質を上げていく方が
清潔感が出やすくなります。

たとえば、

  • 細身のワンウォッシュジーンズ
  • ラインが綺麗な白シャツ
  • 革靴

結構オーソドックスで普通ですが
このような定番の服装の
サイズ感、色合い、シルエットを
妥協せずに選ぶことです。

特にシルエットは男性らしい
体のラインを演出するために
必要不可欠です。

男性の場合、楽な服を選ぼうとして
自分のサイズよりもゆとりのある服を
着てしまっていることが多いです。

あるいは、体型を隠すために
あえて大きなサイズを着るなど。

服装で誤魔化す癖が付くと
清潔感も身だしなみのエチケットも
妥協癖がついてしまいます。

ピチピチである必要はありませんが、
なるべく体のラインに合った
ジャストなシルエットを選ぶこと。

体を隠さないようにすると
男性のセクシーさを演出できる上、
身だしなみや清潔感の細かい部分も
拘るようになっていきます。

また、
「俺は女性から注目されている」
という意識も芽生えることで
セルフイメージも上がっていきます。

セルフイメージが変われば
女性といるときに交わす会話も
自信がついて変化していきます。

是非、清潔感や外見を磨いて
セルフイメージを高めてください。

「この人、今までと雰囲気が違う…」
という印象を女性に
与えることができるはずです。

3:傾聴姿勢が女性からの信頼性を高める

一度女性から振られている場合は
まずは何でも心を開ける
友人ポジションから徐々に
上がっていく必要があります。

先ほど男性の雰囲気についての
お話をしてきましたが…
女性が男性から真摯的な雰囲気を
感じ取る要素は外見以外にもあります。

それは
ボディーランゲージです。

『メラビアンの法則』
というものをご存じでしょうか?

人がコミュニケーションで
他人から受ける印象を割合で示した
法則になります

メラビアンの法則では
視線・仕草・外見などの
ボディーランゲージが人間の印象の
55%を占めると言われています。

その次に
話し方(声・抑揚)が38%。

話の内容に関しては
わずか7%です。

つまり、
人の仕草や声の抑揚などで
雰囲気の大半を感じ取っている
ということになります。

このメラビアンの法則が
女性に対して効力を発揮するのは
『傾聴姿勢』です。

女性は話を聞いてくれる男性を
潜在的に求めています。

更に言えば、
感情を受け入れてくれそうな
男性を求めています。

その雰囲気を出すためには
『ボディーランゲージ』が
大きな鍵になってくるのですが…

女性の話に傾聴姿勢を取っていると
その雰囲気は自然と現れてきます。

しっかり女性側に体を向けて
目をしっかり見つめながら

「うん…うん…そっか」

と女性の感情に寄り添うように
親身な反応を繰り返していきます。

こうすることで、
「この人なら私を受け入れてくれる」
「器の大きな男性だわ」と
女性は感じるようになっていきます。

多くの男性が印象を悪くするのは
自分アピールをしてしまったり、
女性の話に対してアドバイスや
自慢話をしてしまうときです。

あるいは

女性とのコミュニケーションに
自信を持てない男性であれば、
女性から避けるような姿勢を
無意識に取っていることがあります。

これをしてしまうと、

「この人は話を聞いてくれない」
「ホント自分勝手な男ね」
という印象を女性は抱きます。

女性にカッコつけようと
意識すればするほど逆に
アダとなってしまいます。

傾聴姿勢のポイントは
自分ではなく女性の感情に
フォーカスを当てることです。

女性の心に寄り添う姿勢を見せて
女性が心を許す安心できる
存在になること。

女性の話を親身に聞けるだけで
その女性にとって特別な男性に
なれるはずです。

4:女性との会話のポイントは感情を引き出すこと

話を聞くとはいっても
ずっと相槌だけでは
話が続かなくなるのも事実です。

とは言っても、
自分からわざわざ話のネタを
作る必要はありません。

女性との会話の重要ポイントは
女性がしゃべっている話から
感情を引き出す質問をしてあげること。

たとえば、
「昨日悲しいことがあったの」と
悲しいエピソードについて女性が
話していたとします。

そんなときに女性から
話を深堀していきます。

「そのときの状況を
もっと少し詳しく話してみて」

「そのときどんな気持ちだったの?
正直に言っていいよ」

など

エピソードの詳細を深堀しながら
どんな感情だったかを
詳しく聞いていきます。

女性は感情的な話は好きですが、
自分の感情を自覚していないことが
よくあります。

質問から感情を深く聞いて
気づかせてあげる役割を
あなたがしてあげます。

そうすることで女性は
自分では気づけなかった
自分の気持ちに気づく瞬間が
訪れます。

女性は自分の感情を引き出してくれた
男性に対して安心感と
大きな信頼を抱きます。

「ここまで親身になってくれたのは
この人が初めてだわ。」
「この人になら何でも
打ち明けられそうな気がする…」

女性は自分の感情を聞いてくれる
男性に依存したくなる傾向があります。

深い話を聞ける間柄になれば
自ずと好きな女性との心の距離は
近づいていくはずです。

5:再アプローチのタイミングはいつ?

では、肝心のアプローチは
いつしていけばいいのか?

ある程度親しくなっていても
また振られるんじゃないかと
心配になりますよね。

女性が男性と
友人として付き合いたいか?
恋人として付き合いたいか?

この境界線を判断する基準としては
女性から話や相談に乗ってほしいと
言い始めた頃です。

つまり、ネガティブな感情を
自分から打ち明け始めたとき、
その女性はあなたに対して
絶大なる信頼を抱いている状態になります。

このときの告白のポイントとしては
「俺と付き合って下さい」と
付き合いを求めるようなことは
しないことです。

それよりも女性のメリットを
第一に考えてあげること。

あなたに相談してくる女性は
あなたに対して何を
求めているでしょうか?

「共感してほしい」
「もっと親身になってほしい」
「癒してほしい」
「頑張りを認めてほしい」

そういった女性の望みを
与え続けることができれば、
自ずと心の距離が縮まっていき、

さらには女性の方からあなたに
体を寄せ始めるようにも
なっていきます。

振られてしまうほとんどの原因は
早く恋人同士になりたいという
焦りから距離を一気に縮めようとして
女性に警戒心を抱かせてしまいます。

そうではなく、まずは
女性の感情に寄り添う事で
女性の警戒心を緩めていき、
心の距離を縮めること。

そこからどんどん親密度が増していき、
気づけば恋人のような雰囲気に
なっているはずです。

6:まとめ

いかがでしたでしょうか?

女性に一度振られている場合や
「友達でいましょう」と言われた場合
焦らないことが重要です。

まずは、友人の段階から
女性が気兼ねなく話せる
ポジションを築くことです。

そこから相談したい相手になり、
心の内まで打ち明けられるような
存在までなっていければ…

いつの間にか女性はあなたを
頼りにせずにはいられなくなります。

あなたから「好きです」
と告白せずとも女性から
頼りたくなる存在になりさえすれば、
自然と恋人関係になれるはずです。

最後までご覧頂き
ありがとうございました。











1分で判定できる恋愛診断ツール

相手の性格を相性を一瞬で見抜く事を可能にしたLINEトーク占い最高2位の現役占い師が使う極秘ノウハウと恋愛診断ツールとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA