爽やかな夏を味わいつくす関西デートスポット14選

夏 関西 デートスポット

「夏と言えば海でしょ!」

多くの人から夏のイメージを聞いて
海を連想します。

イメージでは海が多いですが、
夏に海水浴場に頻繁に通うのは
マリンスポーツをやる人ぐらいでは
ないでしょうか?

実際に、夏が終わった頃に
聞こえてくる言葉は
「あ~今年も海行けなかった…。」
という人が多いです。

なぜこのようなことが起きるのか?

おそらくですが、
夏を楽しむイメージは海だけど
「海に行って結局何するの?」
と心の中で思ってしまうからです。

そこに行って楽しんでいる
『具体的なイメージがない』
どうしたらいいかわからないと思います。

デートであれば尚更、
海で泳いでカップルで楽しんでいる
イメージは難しいですよね。

海に行きたいというのは、
「夏の気分を味わいたい」
思った結果として、
連想されます。

これは海に限らず

  • 『風鈴の音色を聞いた瞬間』
  • 『セミの鳴き声を聞いた瞬間』
  • 『スイカを食べる瞬間』

など

夏を感じるには
夏らしい風景や要素が
必要になってきます。

今回はそんな夏の気分を満喫できる
関西のデートスポットをご紹介します。

目次

1:関西夏のデートスポット14選
2:関西の夏イベント情報のリサーチ方法
3:夏のデートに用意しておくと便利な持ち物7選
4:彼女はどっちのタイプ?
5:まとめ

1:関西ジャンル別 夏のデートスポット

夏という季節は
清涼感を感じることによって
実感します。

夏でありながらも涼しさを
感じさせられる場所選びが
夏を感じるスポットです。

「暑い方が夏らしいと思うけど」
思われるかもしれませんが…

普段私たちは夏に暑い場所にいるのが
当たり前になっています。

特に住宅地や街中に住まいがある人なら
尚更そうだと思います。

そのため暑い場所よりむしろ、
夏なのにひんやりとした清涼感を
感じられる景色、味覚、音色で
人は夏という季節を実感します。

スイカ、風鈴、かき氷がその代表例ですが、
夏の心地よさを感じるのは
清涼感を感じる要素です。

今回はそういった夏の清涼感を
感じられるスポットを
兵庫、大阪、京都に分けて
紹介していきます。

1-1:兵庫県編

まずは兵庫県からご紹介致します。

1-1-1:神戸市立須磨海浜水族館

海を楽しみたいけど夏の季節に
心配になるのは『日焼け』ですよね。

そこでおすすめなのが、
室内に居ながら水中気分を味わえる
水族館です。

水族館はあたり一面が青い空間で
囲まれているため、
体感温度を下げてくれたり、
心を穏やかにする効果があります。

見渡す限り広がる
水中を泳ぐ魚たちの光景は
まるで海の中を泳いでいるかのような
不思議な気分にさせてくれます。

須磨海浜水族館は海の生き物たちと
触れ合える水族館として
有名なスポットです。

イルカ、アザラシ、サメ、陸亀など
他の水族館に比べて、近い距離で
海の生き物たちとふれ合えます。

室内でありながら海中気分を
味わえる水族館デート。

夏のデートにぜひ取り入れたい
ワードローブです。

1-1-2:布引の滝

夏に涼しさを感じるための要素は
水の要素です。

海ももちろんおすすめですが、
小鳥のさえずり、川のせせらぎなど
生命の営みを感じる山や森林デートも
夏を感じる要素がたくさん詰まっています。

今回紹介するのは神戸市内近隣にある
名瀑『布引の滝』です。

日本三大神滝の1つに数えられ、
『布引の滝』は雄滝、雌滝、夫婦滝、鼓ヶ滝の
4つの滝の総称で、平安時代の和歌にも
詠まれています。

新神戸駅から徒歩5分で着ける場所に
あるため、アクセスしやすく
神戸のデートコースの中に
組み込みやすいのもうれしいポイントです。

1-1-3:摩耶山(マヤサン)

神戸市街地からすぐに行ける
六甲山系の摩耶山。

摩耶山の山頂にある
掬星台(キクセイダイ)からは
神戸の街並みが見渡せます。

駅に隣接する摩耶ビューテラス702では
カフェやバーベキューテラスがあり、
様々な楽しみ方ができるスポットです。

お昼に行くのも楽しい場所ですが、
夜景スポットとしては
日本屈指の美しさに誇ります。

『1000万ドルの輝き』と称される夜景は
北海道函館山、長崎県稲佐山と並び
日本三大夜景に数えられる美しさです。

ロマンチックなデートを
楽しみたい場合は
夜に行くのがおすすめです。

1-1-4:神戸ハーバーランドumieモザイク

兵庫のデートスポットで迷えば、
「まずはここから!」と思えるぐらい
イチオシのスポットです。

お昼であれば
『神戸中華街・南京町』『北野異人館街』
との組み合わせで散策デートコースとして
利用できます。

神戸の夜景を楽しむにも非常に
利用しやすい場所になっています。

多くのレストランが立ち並び、
神戸の夜景を見ながら
食事を楽しめるのが高ポイント。

神戸ポートタワーのライトアップや
メリケンパーク&モザイクガーデンの
ライトアップなど見どころの夜景スポットが
目白押しです。

8月上旬頃には『みなと神戸海上花火大会』
行われるため、カップルで花火を見たい方は
花火大会の日時を見計らってデートに
組むのも面白いですね。

1-1-5:舞子海上プロムナード

兵庫の海の絶景スポットで
世界最大のつり橋『明石海峡大橋』から
見渡せる施設です。

ガラス張りの遊歩道は海面約47mを
見下ろすことができ、スリル満点です。

夕方は比較的人が少なめで
美しい夕日も拝めるため
夕方に訪れるのもおすすめです。

海上レストランもあるため
お食事も楽しめます。

1-2:大阪府編

次は大阪のスポットをご紹介致します。

1-2-1:海遊館

海遊館は世界最大級の水族館として
多くの人に知られています。

注目すべき見所は
世界最大の魚『ジンベエザメ』です。

クジラと見間違えるほどの巨大な姿は
海遊館の広々とした水槽さえも
狭さを感じられ、言葉を失うほど
迫力満点です。

その他、620種類3万点に及ぶ生き物が
水の中を気持ち良く泳いでいる姿は
日ごろの小さな悩みを一気に吹き飛ばし、
穏やかな気持ちにさせてくれます。

海遊館の近くには
『天保山マーケットプレイス』があり、
ショッピング、グルメはもちろん
観覧車で夜景を楽しむこともできます。

1-2-2:箕面公園

箕面公園はハイキングコースとして
人気のあるスポットです。

秋では紅葉スポットとしても
有名な場所ですが…

涼しげな緑に囲まれた風景から
奏でる川のせせらぎは
夏の猛暑で疲れた体を
癒してくれます。

ハイキングコースも舗装されていて
木陰も多く清涼感があります。

高さ33mの『箕面大滝』までは
ハイキングコースを徒歩で
40分から50分と少し遠方にありますが…

夏のハイキングデートを涼みながら
楽しむにはうってつけのスポットです。

1-2-3:りんくうタウン

  • 『りんくう公園』
  • 『りんくうプレミアムアウトレット』
  • 『マーブルビーチ』

など

数多くのデートスポットが点在する
場所であり、1日デートを楽しめる
大阪の海岸沿いのおすすめスポットです。

りんくう公園のマーブルビーチは
『恋人の聖地』として認定されるほど
多くのカップルが訪れ、
海の美しい夕日や夜景を楽しめます。

見晴らしの良い日には淡路島や
明石海峡大橋まで見渡せるなど
大阪屈指の海岸デートスポットでもあります。

海の景色を堪能するには
大阪初心者に一番おすすめしやすい場所です。

1-2-4:スパワールド 

『世界の大温泉』という呼び名の通り
ヨーロッパやアジアなど
世界11カ国、16種類のテイストを
楽しめる大温泉です。

プールも同時に楽しめる施設で、
ウォータースライダーや
カップルで混浴できる展望風呂など

カップル連れで楽しめる施設が
数多くあります。

スキンシップをとって仲を深めたい
カップルにおすすめのスポットです。

1-2-5:あべのハルカス

日本一の高さに誇る高さ300mのビルから
大阪の街並みを一望できるスポットです。

夜には展望台『ハルカス300』から
大阪の夜景が360度見渡すことができ、

カップルでロマンチックなひとときを
演出できるスポットです。

1-3:京都府編

次に京都のデートスポットをご紹介致します。

1-3-1:京都水族館

京都市内初の大規模水族館で
京都の海や川に住んでいる生き物を
鑑賞できるスポットです。

180度のパノラマが広がる
イルカのパフォーマスショーは
大迫力です。

京都駅から徒歩15分で行けるため、
県外の人でも非常にわかりやすい
場所にあるのもおすすめのポイントです。

他では味わえない体験プログラムも
豊富に揃っているため、
様々な楽しみ方が可能です。

参照ページはこちら

1-3-2:貴船神社

『水の神様』を祭る貴船神社。
四季折々の景色を楽しめる神社です。

緑いっぱいに囲まれた境内は
夏の暑い日差しを遮ってくれて
京の避暑地としても知られています。

料亭・貴船の川床では川のせせらぎと
涼やかに吹き抜ける風に当たりながら
お食事を楽しめます。

夏の涼を感じる京都の名スポットです。

1-3-3:質志鍾乳洞公園(シズシショウニュウドウコウエン)

京都で唯一の鍾乳洞スポットです。

総延長52mほどの洞窟になっていて
夏場でも気温が10度で前後であるため、
涼を求めて訪れる人もたくさんいます。

園内にはバーベキュー施設もあるため
夏に涼みながらアウトドアデートを楽しむには
ピッタリのスポットです。

1-3-4:京の七夕

京都の夏の風物詩『京の七夕』。

8月上旬のみの期間限定ではありますが、
数々の光のアートは幻想的な光景を
生み出しロマンチックな雰囲気を
演出します。

夜景とはまた違った和の灯は
日本の夏の涼を
感じさせてくれます。

主要会場の堀川、鴨川会場の他、
京都の9つの寺院も行っている
京都を代表する大規模の夏祭りです。

デートスケジュールが合えば
夏の思い出作りに
参加してみてはいかがでしょうか?

公式ホームページ

2:関西の夏イベント情報のリサーチ方法

夏のイベントと言えば
『花火大会』『夏祭り』

夏の風物詩として
デートの要素に取り入れたい人も
多いと思います。

もちろん、デートスポットを
回るだけでも十分楽しめますが、
充実したデートを楽しむためには
事前のイベント調査も必要になります。

「いや、私はイベントに興味ないです。」

という人でも知っておいた方が
スムーズなデートを楽しめます。

理由としては
イベントがある日は
行き帰りの電車も含めて、
かなり混雑しやすいからです。

イベントは苦手な人であれば
ゆっくり静かなデートを楽しみたい
と考えている人も多いはずです。

今回紹介しているデートスポットも
そうですが…

夏に人気の高いスポットでは
イベントがどうしても多くなります。

イベントをあることを知らないで
現地に行ってしまったら

当然、ライブ会場のような混雑状態なので
静かなデートを楽しむことも
難しくなりますよね。

人混みに巻き込まれて
全然前に進めなくて
電車の切符を買うのも時間がかかる。

せっかく静かなデートを楽しみに
していたとしても
イベント情報を知らないと
イライラばかり募る事態になりかねません。

イベントのタイミングを狙う意味でも
タイミングを避ける意味でも
事前のリサーチ法を知っておいた方が
後々の役に立ちます。

そこで
関西のイベント情報を素早く
リサーチするための
利用しやすいサイトを紹介します。

Yahoo JAPAN 特集 関西の花火大会・夏祭り

こちらのサイトはデート予定の日付と
関西の地域を指定すると
花火大会や夏祭りのスポットを
検索してくれます。

関西の花火大会カレンダー

こちらは花火大会のみの
カレンダーですが

関西の府県ごとのイベントが
一目で見られます。

今回紹介したデートスポットの中にも
イベントが開催される場所が
多いと思います。

事前にしっかりリサーチをして
ロマンチックな夏デートを
ご堪能ください。

3:夏のデートに用意しておくと便利な持ち物7選

夏は他の季節に比べ気温が高い分、
脱水症状や室内との温度差など

シビアな環境にさらされることが
どうしても増えてきます。

今回は予め準備しておくと助かる
便利な持ち物7点を紹介します。

以下のチェックシートを
ご利用ください。

  • 飲み物(水などが入った500mlのペットボトル)
  • ボディーシート
  • ハンドタオル、ハンカチなど
  • 日焼け止めクリーム
  • サングラス(日差しが強いときに便利)
  • 羽織りもの(冷所での防寒対策)
  • 替えの下着、Tシャツなど(汗をかいたときの着替え)

夏は汗をかきやすい季節のため、
エチケットに困る場面が
どうしても出てきます。

これらを持ち物に忍ばせておくと
いざというときに役に立ちます。

飲み物や防寒対策は自分の分だけではなく
パートナーの分も用意しておくと
忘れたときに速やかにフォローができます。

デートはやはり相手のことを思って
お互いにフォローする気持ちが
大切になってきます。

狙ってすることではありませんが…
このようなちょっとした気遣いが
当たり前のようにサラッとできる人に
異性は好感を抱きます。

パートナーとの絆を深めるのにも
一役買ってくれることも多いので、
用意しておいて損はないはずです。

4:彼女はどっちのタイプ?

夏のデートと言えば
『海』だったり『花火大会』だったり
他にはバーベキューや夏祭りなど

開放的なイメージが
思い浮かびやすいと思います。

夏のデートは女性であれば
色々と心配事が多いと思います。

  • 「汗でメイク落ちないかな…」
  • 「日焼けが心配だな…」

など

夏は他の季節に比べ、
紫外線や炎天下、
じめじめした空気や汗など

肌へ負担が掛かる要素や
メイクが崩れる要素が多くあります。

これは人それぞれ心配の度合は
変わってくると思いますが…

強く不安を感じる人の場合は
夏のデートスポット選びは
かなり重要なウェイトを占めます。

男性の場合なら、彼女のタイプが
アウトドア派かインドア派かを
聞いて確かめてみてください。

「どっち派?」と聞いても
「どっちかというとアウトドアかな…」

とはっきりわかりにくい回答が
多くなると思います。

そこで、はっきりとタイプが
わかるような質問を投げかけます。

その質問は
「中高生のとき何の部活に入ってた?」

あるいは
「小さい頃夢中になってたことは何?」

好きなスポーツや趣味などを
聞いてみるのも
わかりやすいと思います。

これがインドア派かアウトドア派かを
見分けるポイントになります。

もしこれが室内系の部活や
室内の趣味が多い場合は

彼女はインドアタイプの可能性が
高いことになります。

逆に外でのスポーツが好きだったり、
小さい頃から外で遊ぶのが好きだった
という場合はアウトドアタイプの可能性が濃厚です。

もし、彼女がインドアタイプであれば…

海水浴場やアウトドアに連れ出しても
心配事で頭がいっぱいになって
デートを楽しむどころでは
なくなってしまいます。

彼女がインドア派である場合、
インドアスポットでありながらも
夏の雰囲気を味わえるスポットや
夕方から夜のデートがおすすめです。

デートには夜景やお祭りなど
感動させるような
エンターテイメント性も大事ですが…

それを精一杯楽しめるのも
小さな気遣いの積み重ねで
信頼関係が成り立っていきます。

5:まとめ

いかがでしたか?

夏の季節は日差しも強く
猛暑であるため、

快適に過ごせるスポット選びが
重要になってきます。

夏祭りや花火大会などの
1日限定のイベント事も多いため、

デート日や時間帯などのタイミングは
非常に重要になってきます。

今回紹介したデートスポットや
イベントのリサーチ法を用いて
楽しいひとときをお過ごし頂ければ
うれしく思います。

最後までご覧いただき
誠にありがとうございました。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA