ホワイトデーのお返しで彼女に確実に喜ばれる花7選とNG花言葉

ホワイトデー お返し 彼女 花

ホワイトデーに彼女に対して
何をお返ししたらいいか
悩ましいですよね。

なかなかプレゼントを決められない時は
多くの女性が喜ぶ花がオススメです。

ホワイトデーのお返しに花を選びたいが
どんな花を選んだらいいか?

お返しにオススメの花、
逆に選ぶのは避けた方がいい花を紹介します。

花にも色々な種類があり、意味もそれぞれ異なってきます。
一年に一度のホワイトデーを失敗しないためにも
女性に喜ばれる花を選び、素敵な一日にしましょう。

目次

1:ホワイトデー彼女へのお返しに選びたい花
2:ホワイトデー彼女へのお返しに選んではいけない花
3:彼女に喜ばれる花の意味
4:彼女に選んではいけない花の意味
5:ホワイトデーのお返しは花?プレゼント、それとも両方?
6:まとめ

1: ホワイトデー彼女へのお返しに選びたい花

花と一言でいっても
無数に種類があり迷いますよね。

例えば見た目が綺麗なだけで選らんでも、
女性はあまりいい気持ちにならないこともあるのです。

花には花言葉というものがあり
それぞれの花には意味が込められているのです。

例えば人気のあるバラの花言葉は「愛」「美」です。
彼女に贈るには適した意味であるでしょう。

ですが、それは赤いバラの意味です。これが白になると
花言葉が「新たな恋」となり捉え方が変わってきます。

付き合いが長いカップルのプレゼントなら
赤バラでいいのですが、白バラだと別れてくれと
捉えられてしまうかもしれないということです。

そこでホワイトデーの季節でかつ彼女に贈ると
喜ばれると思われる花を7つピックアップしてみました。

花言葉と合わせてご覧ください。

ホワイトデー お返し 彼女 花

他にもカーネーションも母の日のイメージが強いですが、
花言葉も「無垢で深い愛」で花のサイズ
咲き方も豊富なので、オススメではあります。

特に人気なのが、バラとチューリップです。

見た目も綺麗で、パッと見ても
この花はチューリップ、バラだと認識できるぐらい
有名なのも理由ですね。

色で言えば、ピンク色が人気あります。

ピンク色そのものには「誠実な愛」という意味が
ありますので、それも良い印象を与えてくれます。

2: ホワイトデー彼女へのお返しに選んではいけない花

ホワイトデーにピッタリな花があれば、
当然選んではいけない花もあります。

彼女に対して贈るのなら、
特に別れを連想されるような花は避けましょう。

例えば
スイセンは→「うぬぼれ」
シクラメン→「嫉妬」
マリーゴールド→「嫉妬」「絶望」

といったように、
一見見た目は綺麗ですが、花言葉を見てみると
彼女へのホワイトデーのお返しには
相応しくない言葉の数々です。

正直選んではいけない、
避けた方がよろしい花のほうが圧倒的に多いので、
前述したオススメ7選を選ぶのが無難でしょう。

3: 彼女に喜ばれる花の意味

花には見た目だけではなく
花言葉や、他にも誕生花などもあり
奥深いものとなっています。

バラ一つとっても
「あなたを愛している」という意味があるのですが
長年付き合っている彼女なら問題ないと思いますが、

これがまだ付き合ってない女性に対してのお返しならば、
重たいと捉えられてしまうかもしれないということです。

また贈る相手のタイプによっても変わってきます。

またバラを例に紹介しますが、
バラにも色によって意味合いが異なってきます。

例えば、年上の彼女で普段は
仕事熱心で頑張っているなと思ったら
「尊敬」の意味を持つ白いバラを
プレゼントするのもありでしょう。

他には、年下で明るく元気な彼女であれば
「無邪気」「幸福」という花言葉の
オレンジのバラを贈るのもいいですね。

純粋に愛を表現するなら
赤かピンクがオススメですが、

このような選び方もありますので
贈る彼女のタイプに合わせて
選んでみるのがいいですね。

4: 彼女に選んではいけない花の意味

基本的にプレゼントなので、
喜ばれる、前向きになれるような
花を選びましょう。

先程バラは人気があり、
花言葉でもぴったりと紹介しましたが、

黄色だと「嫉妬」になり
全く意味が異なってきますので注意が必要です。

花言葉と検索すると、大抵の花言葉は出てきますので、
花屋に行く前に事前リサーチをオススメしておきます。

5: ホワイトデーのお返しは花?プレゼント、それとも両方?

ここまで彼女に贈ると喜ばれる花と
そうでない花を紹介してきましたが

一つ注意しておきたいのが、
女性がプレゼントとして喜ばれる花も
万人受けではないということです。

勿論比率的に言えば、
花を貰って喜んでくれる女性の方が多いでしょうが、

中には花なんか貰っても
さほど嬉しくないと思う女性も中にはいます。

そんな彼女に対しては花ではなく
プレゼント一択でもいいでしょう。

バレンタインにチョコレートだけでなく
プレゼントも合わせて貰った方なら
プレゼント+花を添えるといいかもしれません。

実際ホワイトデーのお返しで一番多いのは
チョコを含めた、スイーツ、お菓子系になります。

ですので、花はオマケでつける
感覚が多いのかもしれません。

6: まとめ

贈る側の男性からすると、
花にはさほど興味がなく
花言葉なんて意識していなくても、
女性からしたらかなり気になる所になります。

せっかくバレンタインのお返しで、
彼女に喜んでもらいたいのに、

花のチョイスを失敗して
気まずい空気になっては
ホワイトデーも台無しです。

花をプレゼントするのであれば
面倒臭がらず、彼女の喜びそうな花を選んで
お互い良い気持ちになれたらいいですね。

ここで紹介した喜ばれる花7種を
参考にしていただけたら幸いです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA