意外と簡単?社会人女子が好きな趣味から恋人との出会いを作る方法

恋人を作る方法

「恋人が欲しい」
「出会いが欲しい」

そう願っていても
なかなか彼氏ができずに
悩み続ける女性は年々増え続ける
傾向にあります。

「恋人は欲しいけどそもそも出会いがない」

という女性の声をよく聞くことがあります。

しかし…
本当にそうでしょうか?

インターネットの普及により
SNSのツールが増え続けている昨今、
むしろ人と出会える手段は無限大の広がりを
見せています。

一昔のように家系の都合で婚約する相手を
決められることも少なくなっていますし、
携帯電話の連絡先さえ交換すれば
個人同士で好きな時に連絡も取りあえる。

昔では知り合えることがない人とも
ちょっとしたきっかけで
知り合いになれる可能性だって
広がっています。

むしろ、昔に比べれば今の方が
はるかに人と出会える環境は
恵まれています。

つまり、恋人ができないのは単に
「出会いがないから」の一言では
片づけられないということです。

あなたが現在「出会いがない」
思っているとすれば、
それは単なる思い込みだということ。

ちょっと外の世界に出ていけば、
すぐに異性との出会いはありますし、
出会いの手段はいくらでもあります。

「出会いの可能性は無限大」

まずはこれを覚えておいてください。

出会いがないのではなく、
出会いの手段がわからない。

ただ、それだけなのです。

むしろ、現代社会は出会いの経路が
増えすぎてしまっているため、
「どこで恋人を探せばいいのか?」
迷いが生じてしまっているのです。

つまり、
今の時代は出会いではなく
出会う手段を選んでいくことが
大切なのです。

今回は恋人が作れないで悩む女性も
自分が好きなことから好きな男性と出会えて
恋人関係になっていく方法を
ステップバイステップで解説していきます。

目次【クリックすると自動でスクロールします】

1:恋愛に繋がる出会いの作り方

では、
あなた自身が望む人と出会うためには
どんな出会いの経路から恋愛に
繋げていけば良いのか?

それを1つ1つ解説していきます。

1-1:「出会いがない」の思いこみを取り外す

「出会いがない」

まず、
この思い込みを無くしてもらうためにも、
あなたに少し考えてほしいことがあります。

「普段の通勤(通学)経路で誰1人、
男性との出会いはありませんか?」

駅のホーム、偶然乗り合わせた電車、
帰りに立ち寄ったコンビニ、

そこには誰1人として男性は
いないでしょうか?

そんなことはおそらく
ないはずです。

これで気づいて頂けたかと思いますが、
実は1日を通して男性との出会いは
たくさん存在しているんです。

なぜなら、
「人間には男と女の2種類しかいない」

この事実があるからです。

つまり、ただ電車に乗るだけで
人との出会いは常に存在しているし、
男性誰1人とも出会わないというのは
不可能なことなんですね。

それらを「出会いではない」
あなたが認識しているだけで、
それらはすべて人との『出会い』なんです。

バカバカしいと思われるかもしれませんが、
「出会いは常に目の前にある」
と思うのと「私には出会いがない」
認識しているのでは天と地の差があります。

恋愛に困る人と困らない人の
決定的な違いは
この認識の差に現れてきます。

「出会いはある!」と思っている人は常に
自分で出会いに気づけるアンテナが
立った状態にあるので恋愛に繋がる
チャンスに気づくことができます。

一方、

「出会いがない」と思っている人は
出会いやチャンスがあったとしても
「ない」ものと認識してしまいます。

それによって、
『出会い』と感じられる機会自体が
少なくなっているのです。

「出会いがない」と思っていることで
起きてしまう弊害は
これだけにとどまりません。

「私、出会いがないんですよね。」
と行く先々で人に言っている場合、
どんなことが起きるか
想像してみてください。

ちょっとわかりづらいと思うので、
逆の立場から想像してみましょう。

つい今さっき「この人いいな」と思える
男性に出会ったとして、彼から
こんな言葉を聞いたらどう感じますか?

「僕、全然良い出会いがないんですよね。
どこに素敵な女性がいるんですかね~」

こんな相談をあなたにしてきたら
ちょっとショックじゃありませんか?

「いや、私目の前にいるんだけど…
私は素敵な女だと思われていないんだ。」
ガッカリすると思います。

「出会いがない」と言うのは異性に対して
「あなたは私のタイプじゃないです。
ごめんなさい。」
言い放っているのと同じことです。

「出会いがない」と嘆きの言葉を
言う癖がある人は出会いがある先々で
これと同じことをしてしまっている
可能性があります。

これではあなたがどんなに
魅力的な女性であったとしても
男性があなたにアプローチする気力を
失わせてしまいます。

そうなってチャンスを失うのは
あまりにも勿体ないと思います。

「出会いは常に目の前にある。」

出会いがないと思っている場合、
この認識に変えてください。

それだけで恋愛に繋がる出会いに
自然と反応できるように
なっていくはずです。

1-2:出会いが恋愛に発展しない真の理由

「出会いは常に目の前にある」
というお話にもあったように、
普通に外に出るだけで出会いはあります。

実は
恋人ができない人の問題点は
『出会いがない』
ことではないんですね。

「出会いがあっても恋愛関係に
繋げにくい出会いをしている。」

ここが問題なのです。

たとえば、

街中で知らない男性からいきなり
「今から僕とランチ行かない?」
急に男性があなたをナンパしてきても
普通はついて行く気になりませんよね。

声の掛けられ方にもよりますが、

「え!?何なの…この人。
怪しいし馴れ馴れしいわね。」

と思ってしまうことが多いはずです。

つまり、出会いといっても
自分と共通点が見つけにくい
人との出会いは
恋愛へと発展しにくいのです。

必要になってくるのは
恋愛に繋がる『きっかけ』を
作りだせる出会い。

これを増やしていく必要があります。

1-3:輝く出会いは人生楽しめることから

恋愛に繋がる『きっかけ』を
作り出す出会い。

この出会いを増やしていくことは
決して難しいことではないはずです。

少し思い出してほしいのですが、
あなたは今までどのようにして
友達を作ってきましたか?

おそらく、
そこには何かの共通点があったから
仲良くなったと思いませんか?

自分の性格と似たところがあったり、
アニメや遊び方やスポーツなど
興味を持つポイントが似ていたり、

何かしらの『共通点(似通った感性)』を
感じたから仲良くなったはずです。

根本的には異性との関係もこれと同じで
異性とすぐに仲良くなれる人は
自分との興味ポイントや共通点を持つ相手を
見つけ出すのがとても上手です。

更に言えば、
どんな場所に行けばそういう人と
出会えるかを知っています。

それを知るためには何が必要かというと
『人生で自分が楽しめていること』
見つけられていることです。

これが自分でもわかっていないことには
「どこに恋愛に繋がる出会いがあるか?」
というのが見えにくくなります。

先ほど恋愛には相手との共通点を
見つける必要があるというお話でしたが、
それがあなたにとっての
『人生で楽しめていること』になります。

『ヨガ』『英語』『ピアノ』『バレエ』
『テニス』『料理』『社交ダンス』『絵画』
など

あくまでも一例に過ぎませんが…
何か夢中に慣れることは誰しも
1つはありますよね?

何かに没頭して今を楽しめている女性は
すごく生き生きしているので
男性からも魅力的に思われやすいです。

容姿を磨くという意味では
自分磨きに励む女性は多いですが、
自分の好きなことを通じて
自分磨きに励んでみてください。

そうすると心身とも健康になって
あなたの女性らしい魅力が
ストレスなく磨かれていくはずです。

更に

すでに楽しめることがある人は
それに関連する『異性が集まる場所』を
少し考えてみてください。

たとえば、

サッカー観戦が大好きという場合は
フットサルコートなどに行ってみると
同じサッカー好きの人がいる可能性が
ありますよね。

このように自分が好きなことから
同じような興味を持つ異性が
「あっ!ここなら居そうだな。」
という場所が少しずつ見え始めます。

もし、
「そんなものは1つも見つからないよ。」
という場合は
「これ昔から一度やってみたかったんだ」
ということを考えてみてください。

たとえば、
子供の頃やりたかったのに
やれなかったことって
思い出してみれば結構ありますよね?

そういう心から求めていることを
まずは一度やってみること。

その一歩から今までとは違った人との
出会いに繋がっていくはずです。

1-4:出会いを目的にしない人との出会いを求める

先ほど、自分の趣味を楽しめる場所や
自分の好きなことを没頭できる場所に
出向いてみるというお話でしたが…

私自身おすすめする異性との出会いは
出会いを第一目的にしない出会いを
おすすめします。

これとは逆の
出会いを第一目的にしたものというと…
『結婚相談所』『出会い系サイト』
『合コン』など

色んな出会いの提供の場が
あるかと思います。

もちろん、そこで出会えれば
それで結果オーライなので、
出会いの手段を選ばすに色んなところに
出向いてもらいたいと思います。

しかし、異性との出会いを
第一の目的として集まる場所は
その場にいる人の人間らしさが
見えにくいというのがあります。

というのも、

異性との出会いを求める場所は
理想の男性(女性)像を
ガチガチに固めて集まってくる人が
多かったりします。

そういう場所は自分の良いところを
異性にアピールする場所でもあるので、
普段のその人らしさを隠したがる人が
多いですよね。

ある種、そんな緊迫した場で
「この人は自分と合うかも!」
思える人を一目で見極めるというのは
意外と難しかったりします。

あなたもおそらく素の自分を
出せない可能性があります。

一方、出会いを第一目的に考えない
自分が好きなことを楽しめる場所は
それが本当に好きで集まってくる人が
ほとんどですよね。

つまり、感性もどこか自分と
マッチしている人が見つかりやすい
というのがあります。

さらに、
その物事に一生懸命打ち込む人や
人と楽しみながら取り組む人など
人の色んな表情を感じることができます。

つまり、その人の人間らしさや
その人のライフスタイルなどが
飾ることなく素直に出せる場所
でもあるんですね。

これは私の実体験でもありますが、

自分が心から楽しめることに
打ち込める場所に行くと
「この人と一緒にいたら毎日楽しいだろうな」
と思える人に出会いやすいです。

そして、人からもあなたという人が
どういう人なのかを知ってもらいながら
友情や恋愛を育めます。

もちろん、理想とする出会いが
すぐに訪れるとは限りませんが…

あなたが心から楽しめていると
その場所を基点に出会いの経路が
脈々と広がっていきます。

飾ることがない自然なままのあなたで
引き寄せられていく出会いの方が
将来的には幸せな結婚生活を
送れる相手が見つかりやすいはずです。

1-5:紹介経路の出会いに注目する

『出会い』というと多くの人が
注目するのが直接的な出会いを
想像してしまいます。

「ある日、突然私の目の前に
白馬の王子様が現れるはず!」

という感じでどうしても直接的な出会いを
期待してしまうかと思います。

もちろん、
それも無きにしもあらずではありますが、
少女漫画にありそうな出会いは
おそらくあまり期待を持てません。

そういった偶然で起きる
『一次的な出会い』だけではなく
『二次的・三次的な出会い』を増やして
出会いの裾口を広げてみてください。

どういうことかというと、

今あなたの電話帳を開いて
知り合いになっている人を見て
どんな経路で知り合ったのか?

少し思い出してみてください。

どうでしょうか?

ほとんどが誰かからの繋がりや
誰かから知り合い経路で
脈々と繋がってきて知り合った人が
多いのではないでしょうか?

もちろん、
その場所で偶然出会う人も
多いとは思うのですが…

その場で出会って仲良くなった人も
当時の状況を思い出してみると
誰かからの知り合いだったことで
仲良くなれた人が多いはずです。

これがどういうことかというと、

全く知らないゼロからの出会いは
多くの人にとって
かなり抵抗を感じることなんです。

ゼロから出会いというのは
結構、勇気が要りませんか?

「どうやって声かけようかな?」
「変な奴だと思われないかな?」

色んなことを考えすぎて
声を掛けるタイミングを失ったり、

人に対しては
「この人信用できる人なのかな…」
「変な人だったどうしよう…」
という不安を抱いたりするかと思います。

しかし、
「この人、私の知り合いなのよ。」
誰かの知り合いから繋がった
2次的な出会いはなぜか安心感が得られます。

「知り合いを通じて出会った人」
というだけで、
「この人の知り合いなら大丈夫だわ。」
と信頼感を感じられますよね。

実際に、
彼氏がいる女性から取ったアンケートで
「彼とはどこで出会いましたか?」という
回答の上位にくるのが、
『友達からの紹介』です。

初めて出会う人への恐怖や不安などが
知り合いというフィルターを通すことで
障壁が低くなるのです。

先ほど異性と仲良くなるには
お互いに共感し合えるポイントが
必要になるという話でしたが…

出会ったその日の段階から
『お互いにとっての知り合い』
という共通点があるというわけです。

だからこそ、二次的・三次的な
人からの紹介で出会える経路を使って
出会いを広げてほしいのです。

出会いを横に広げるというより
縦に広げていくイメージです。

ここで質問なのですが…

あなたはどんな人ならあなたの親友に
紹介したいと思いますか?

おそらく、

その親友にとって良い影響を
もたらしてくれそうな人や
あなたが信頼できそうな人を
紹介したいと思うはずですよね。

つまり、それは
逆の立場でも同じことです。

誰かにとって
「この人すごく信頼できる人よ。」
つい紹介したくなってしまう人。

そういう人に
あなた自身がなっていくこと。

それだけであなたがこれから
出会える人の数というのは
大きく広がり始めます。

これは一見難しそうに思えますが、
そんなことはありません。

ただ目の前の友達と
楽しい時間を過ごすこと。

これだけで十分です。

なぜかというと、
人は何か楽しい出来事や驚きの出来事を
誰かに対してしゃべりたくなりますよね?

つまり、
そんな時間を共に過ごすことができれば
その楽しい記憶の一部に、
あなたが入っているんですよ。

そのときに「あっ!そういえばあの時…」
という感じであなたの顔が思い浮かんで
勝手に話題にされていくんですね。

それによってどんどん口コミで
『あなた』という人物が噂になり、
誰かにとって「会いたい」と思える
人物になっていきます。

2:男性と親密な関係に近づく4ステップ

出会いが見つかれば次に必要になるのは
出会った男性との距離を縮めることです。

出会いはたくさんあったとしても
恋愛へ進展することがなく終わってしまう
という人も多いのではないでしょうか?

知り会ってから目的の男性と
仲良くなるにはどうすればいいのか?

それを4つのステップに分けて
解説していきます。

2-1:普段の雰囲気作りで男性の反応が変化する

コミュニティーにおいて
男性との出会いがあると必ず、
男性から『好意のサイン』
が出てきます。

それには色んなサインがあります。

『言葉(セリフ)』『目線』
『ボディーランゲージ』など

恥ずかしがり屋の男性の場合は
言葉以外でのサインもありますが、
男性は女性に対して様々な手段で
『好みの女性』に近づこうとします。

もっと広い意味で捉えれば、
『興味を持った女性』に対して、
「話しかけようかな?やめとこうかな?」
というのを男性は考えます。

恋愛関係に繋がらない人の場合、
客観的に見て話しかけられにくい空気を
作ってしまっている女性が多いです。

もっとわかりやすく言えば、
『ガードが堅過ぎる女性』です。

よくありがちになるのが、
「軽い女に見られたくない」と思って
ガチガチにガードを固めてしまう人です。

もちろん、
女性ならば適度な貞操観念は
持っていた方が良いのですが、
度が過ぎてしまうのは問題です。

少し想像してほしいのですが、
いつもピリピリした雰囲気の真顔の男性と
ニコニコと穏やかな表情をしている男性、

どちらの方が近づきやすいですか?

おそらく、
穏やかな男性の方かと思います。

つまり、雰囲気の良い男性のところに
女性は集まりたいと思うんですね。

これは男性でも同じように感じていて、
女性が発している雰囲気で
「話掛けようかな?どうしようかな?」
というのを判断しています。

ナンパ趣味の男性だったら
無愛想でガードの固い女性の方が
燃える人はいるかもしれませんが…

女性との関係を真面目に考えている
男性は身構える傾向にあります。

そう考えると…
「男性が話し掛けやすい雰囲気を
作り出すこと」

これがすごく重要になってきます。

とは言っても、
何か難しいことを
するわけではありません。

いつでも「こんにちは!」
挨拶や会釈する習慣をつけたり、
何か施しを受けることがあれば、
「ありがとうございます!」
笑顔で返す習慣を作ること。

この当たり前すぎると思えることを
習慣化して慣らしていくだけで、
普段からあなたが発している雰囲気は
格段に良くなっていきます。

つまり、あなた好みの男性と
恋愛関係になれるチャンスも
広がっていくということです。

こういった愛嬌は女性にとって
容姿以上の大きな武器になります。

これを踏まえた上で更に
男性が女性につい愛嬌を感じてしまう
『魔法の言葉』をご紹介します。

それは『相手の名前』をつけて
コミュニケーションを取ることです。

たとえば、

『ありがとう』と言われるのと
『○○くん、ありがとう』とでは、
男性が女性に感じる雰囲気が
全く変わってくるのです。

なぜかというと
名前は相手にとって唯一無二のもの、
自分だけのものだからです。

女性に名前を呼んでもらえるのは
男性にとってすごく価値が
高いものなんですね。

なので、
あいさつやお礼や声を掛けるときは
相手の名前を必ず呼んでみてください。

かなり男性からの印象が
変わるはずです。

「もう既にやっているよ」という場合も
他に雰囲気が良く見える女性から
工夫しているなと思える要素を
是非取り入れてみてください。

2-2:信頼できる男性に好かれる女性とは?

女性にとって『イイ男』の条件は
人の好みによって異なってきますが…

女性が共通して求める男性像の中に
人として信頼できて安心できる男性が
条件の1つとしてあると思います。

人格的にも能力的にも慕われていて
人間関係も仕事も充実している男性。

人から信頼されている男性は
努力家で情熱的で行動力のある人が
多いです。

だからこそ、多くの人から
信頼を得ているわけですが…

そんな男性が好む女性は
『一生懸命な女性』です。

特に信頼を置ける男性ほど
努力の大切さを体験しているので
一生懸命な女性には共感できるし、
放っておけない気持ちになりやすいのです。

逆に、
情熱がない軽い気持ちで寄ってくる男性は
一生懸命な女性の気持ちに圧倒されて
離れていきます。

つまり、自分の目指していることに
情熱を持って取り組んでいる女性ほど
良い男性に惹かれやすいということです。

好きなことに一生懸命取り組んで
『放っておけない女性』
『つい構いたくなってしまう女性』
を目指すと男性の見る目が変わってきます。

特に、

好きなことに情熱的に
取り組んでいる瞬間、
男性は女性の生き生きした表情を
感じやすくなります。

そういった意味でも自分の好きなことを
見つけられているというのは
すごく重要な要素になります。

2-3:依頼心が心の壁を壊してくれる

信頼できる男性は一生懸命な女性に
惹かれるというお話でしたが…

ここで親密な関係になれるかどうかは
心理的な壁を壊せるがかが鍵になります。

それは男性に対して
『依頼心をもつこと』です。

つまり、
男性に頼れる心ですね。

一生懸命になる女性でも
男性との関係が深められない場合、
自分の世界だけに浸り込んでしまう
ケースが多いです。

どういうことかというと、

男性が話しかけてきても
いまいち反応が薄かったり、
自分から話しかける気配が
全くない人がいます。

この場合、最初こそ好感を持たれても、
「この人は1人で頑張る人なんだな」
思われて徐々に男性が離れていきます。

これだと最初は好感を持たれても
その後の進展は見込まれないので、
孤立を深めてしまうんですね。

ここからが親密な関係を作る
ポイントになるのですが、
男性は女性から『頼りにされたい生き物』
なんです。

「隙のある女性は男性からモテる」

という話を聞いたことはありませんか?

「隙って何だよ」
思われるかもしれませんが

男性にとっての隙のある女性は
『頼り上手な女性』になります。

たとえば、
女性は重い荷物をもつのが
苦手な人が多いと思いますが、

そんなときに
「すみません。ちょっと重すぎるので
これ協力して頂いてもいいですか?」
困っていることを男性に頼れること。

いざというときに頼りにされると
男性はすごく嬉しい生き物なのです。

もちろんやってもらったら
感謝の言葉は必ず必要ですが、
男性を頼りにすることで心の距離を
縮めることができます。

「大丈夫!1人で十分です。」
というのは頼りになりますが、
男性が入り込む隙がないですよね。

「もっとしっかりしなきゃ!」という
気持ちが強すぎると
孤立する方向に行きやすくなります。

恋人が作りにくい女性は
自立心が強すぎて孤立する女性が多いです。

そうならないためにも
男性に頼る練習をしてみてください。

ちょっと勇気を出して
頼ることが親密な関係を作る
第一歩目になってきます。

2-4:好奇心が親密さを加速させる

男性に頼れるようになっただけでも
そこから恋の進展は見込めますが、
男性の性格によっては難しい場合も
あります。

頼るというのはまだ男性に対しても
受け身の段階です。

自分から恋愛関係を深めるには
女性からの攻め姿勢も必要になります。

男性に頼ることに慣れてきた場合、
次に必要になるのが
男性に好奇心を持って質問すること。

女性から男性に質問するというのは
『女性の男性に対する攻めの姿勢』
でもあります。

私自身も女性と会話をしていて
感じることが多いのですが、
男性に深い質問する女性は
正直かなり少ないと感じています。

どちらかというと
男性が女性に話しかけて
会話のきっかけを作る割合が
多いんですね。

もちろん、最初はそれでいいのですが、
いつも男性から話しかけてばかりになっていると
「この人俺に興味ないのかな?」
と男性も寂しい気持ちが出てきます。

「俺は求められていないんだな…」
と思い始めて、男性は女性から
次第にフェイドアウトしていきます。

男性の気持ちを掴むのが上手い女性は
男性に『好奇心を感じさせる質問』を
投げかけるのがすごく上手です。

好奇心を感じる質問は何かというと
質問を重ねて深堀していくことです。

たとえば、
「休日は何されてるんですか?」
と質問を投げかけたとします。

「フットサルやってます。」
と答えられたとしたら、
「すごーい!面白そうですね!
何がきっかけで始めたんですか?」

このように連想ゲームのように
次々とキーワードに対して
深堀していきます。

そうすると男性は
「あっ、俺に興味を持ってくれてるな」
感じやすいんですね。

これは興味ポイントが違う相手だと
難しいことかもしれませんが、
共通した興味や趣味で出会った男性ならば
男性に好奇心を持つのは簡単なはずです。

たとえば、
同じ趣味の場で出会った男性であれば、
今解決できなくて困っていることを
質問して聞いてみるのもいいですよね。

そうすると、
興味対象が一致しやすいので
男性も生き生きと目が輝やかせて、
お互いに会話が弾んでいきます。

さらに、女性が困っていることを
相談してきてくれたことで
男性も女性を助けたいという
男性特有の父性本能が芽生えます。

これは先ほどの男性に頼ることにも
繋がってくることですが…

女性が男性を頼りに相談していくと
男性の男らしさや魅力を引き出す
ことにも繋がってきますので、
男性もどんどん魅力的になります。

男性に申し訳ないと遠慮しがちな女性ほど
男性は相談されると嬉しく感じるので、
是非色々興味を持って聞いてみてください。

最初の興味本位で聞いたことが
後々に恋愛関係に発展する
引き金になります。

3:普段の付き合いから自然にデートに繋げる方法

ある程度親密な関係を築ければ、
次は2人きりのデートに
入りたいところだと思います。

では、
デートに誘われる(誘う)ためには
どんな心掛けが必要になるのかを
お伝えしていきます。

3-1:いつもの延長線がデートの始まり

『デート』という単語を聞くと
多くの人はかなり身構えると思います。

「男女2人きりで…」とか
「デートとなると緊張するな…」など

デートという単語を聞くと
男女であることを意識し過ぎて、
ハードルを高く感じやすいです。

しかし、
友達を夕食に誘うときのことを
思い出してほしいのですが、
意識したことはありませんよね。

たとえば、大学時代であれば
「今日遅くなったしご飯でも食べに行く?」
「あっ!イイね!行く行く~」
という感じで意気投合したと思います。

それは普段の付き合いの
延長線上にある感覚のはずです。

つまり、デートという感覚よりも
いつもの付き合いの延長線という
イメージを持つことが大事です。

『デート=いつもと違う』

というイメージを持つと
心が重くなって「準備が必要!」
と思って行動が鈍りやすくなります。

しかも、
デートは全く別物と考えてしまうと
いつもの自分とは違う不自然のことを
やり始めます。

まずはいつもの付き合いの延長線で
近くのカフェなどに誘うことから始めると
リラックスした心理状態でデートに
誘えるようになっていきます。

男性から誘ってもらいたい場合は
意図的に男性が誘いやすいように
あなたがチャンスを作ってあげます。

女性「あのお店のコーヒー、
すごく美味しいみたいですよ。」

男性「本当に?じゃあ
今度一緒に行ってみようよ。」

このようにお店を話題にすると
男性は自然に女性を誘いやすくなります。

男性がスパッと誘ってくる人なら
必要ないかもしれませんが…

男性が奥手なタイプの場合は
誘う機会を作ってあげることが
必要になってきます。

3-2:デート企画はコミュニケーションから発生する

夕食やカフェなどを一緒に
行く関係になれば、
やはり本格的なデートに
繋げていきたいところですよね。

ここで注目したいところは
食事などの付き合いがあった時点で
あなたも男性も少なからずお互いに
好意を持っているということです。

実際に、
本格的なデートに繋げるのは
難しくありません。

デートを難しく考えてしまうのは
どちらかが一方的に誘わなくてはいけない
という考えを持っている場合が多いです。

しかし、

デートの企画というのは
普段のコミュニケーションから
「ここ行ってみたいね~」という感じで
自然と生まれるものなんですね。

デートに繋げるには
趣味に関連するイベントだったり、
季節のイベントの話をしていくのが
おすすめです。

たとえば、
夏であれば『花火大会』『夏祭り』
冬であれば『イルミネーションスポット』
など

「今年こそは行ってみたいな」
というような話題を出していくと
「面白そうだね」と思われて
デートに繋がりやすいです。

季節の話は自然と話題になりやすいので
デートの話に繋がりやすいし、
季節のイベント事はいつもと違うあなたを
相手に見せることができます。

たとえば、
花火大会で浴衣を着ていけば、
いつもと違った女性らしさを
演出できますよね。

このように
ある程度仲良くなった段階からは
女性として意識させる要素を見せていくと
普段とのギャップを感じて
男心を揺さぶることができます。

3-3:素敵な女性に思われるデートとは

ここまではデートを誘うまでの
お話でしたが、デートになると
やはり色々と駆け引きなど
深く考えることが多いかと思います。

しかし、
デートをすることになれば
余計な駆け引きをしないことを
おすすめします。

というのも
余計な駆け引きで作られたものより
自然に垣間見る女性の仕草に
男性は弱いのです。

なので
駆け引きなど一切気にせずに
シンプルにデートのひとときを
精一杯楽しんでください。

実はこれが素敵な女性に思われる
最大の秘訣になります。

男性がデート中幸せを感じるのは
女性が心から楽しんでいる姿を
見ることに幸せを感じるんですね。

つまり、あなたが純粋に楽しめれば
自然と男性も楽しい時間を
過ごすことができるわけです。

ふとした瞬間に出てきた
女性の笑顔や無邪気な表情に男性は
女性の魅力を感じるようになります。

「この人とずっと居たいな…」

お互いにそう思えることが
デートにおいて最も大事なことです。

それを感じさせるのは
その時に過ごしたムードであり、
その時に感じた感情です。

デートにはハプニングは付き物ですが、
最終的には楽しい記憶が多いことが
最も大事です。

それが
「次もこの人とデートしたいな」
と思われることに繋がります。

3-4:デート中に男性に好意を伝える方法

デートを重ねていくとやはり
「男性から告白されたい」とか
「好意を伝えたい」などの気持ちが
湧きおこってくるかと思います。

そんなとき、
男性から告白されたいという
女性は多いかと思いますが…

これについて女性にできることは
やはりきっかけを作ることです。

結局、男性が一番気になるのは
女性にどう思われているかが
一番気になっているところなのです。

女性が自分に好意を
持ってくれているのか?

ここに確信を持てれば
男性も告白しようという気になります。

男性から告白されるために、
女性がデート中にできることは
あなたがその男性といるときの
感情を伝えていくことです。

「○○さんといると楽しいな」
「また一緒に来たいな」
「あっと言う間に時間が過ぎちゃったな…」

あなたともっと一緒にいたいとか
デートが終わることへの名残惜しさを
男性に伝えていきます。

そうすると男性も
「俺のこと好きでいてくれてるのかも」
と確信の要素を持てるのです。

デートで好意的な意思を見せるのは
もう1つ理由があります。

それは、
男性が告白する引き金を
作りやすいのです。

女性はストレートに「好きです」
言われたい願望があると思いますが、
日本人の男性は基本的に
恥ずかしがり屋の人が多いです。

女性に対して
「好きです。付き合って下さい」
直球で言える人は少数派です。

男性に言いたい気持ちがあっても
タイミングが掴めなかったり、
恥ずかしい気持ちが先行してしまって、
先延ばしになりがちなんですね。

でも、そんなときに
「あなたといると楽しいな」などの
気持ちが聞けると…

「俺たち付き合おうか?」
と自然と言えるときが出てきます。

つまり、
楽しいという気持ちを伝えることは
男性に告白の機会を作ることにも
繋がってくるのです。

なかなか男性から「付き合おう」
という言葉が出てこない場合は、
こういったセリフを言いたくなる引き金を
女性から引き出してあげることも大事です。

実は男性から告白されやすい女性は
無意識ではありますが、
男性がつい告白したくなるきっかけを
自ら作っているんですね。

たとえば、

いつも元気で明るい女性が
いつになく悲しい表情をしていたりすると
男性はその女性を「守ってあげたい」
という気持ちになってしまうんですね。

そんなふとした瞬間に
「僕があなたの支えになりたい」
というような言葉を
自然と言えるようになります。

つまり、女性の感情が
男性に伝わることがきっかけで
男性の告白するという行動に
繋がっていきます。

デートの中に一緒にいるときは
あなたの感情や感想を
是非伝えていってください。

4:男性の恋心を刺激する6つの言葉

デートの思い出は恋人関係になる
きっかけには繋がってはいきますが、
必ずしもデート中に恋人同士に
なるとは限りません。

ではどんなことが引き金に
恋人関係に辿りつくのか?

それにはやはり、
お互いの好意が十分伝わっている
ということが条件になります。

女性はその場の男性のしぐさなどから
好意を感知しやすいですが…

男性には女性の些細な表情から
感情を読み取るのが苦手な人が多いので
言葉でないと伝わりにくい人もいます。

しかし、面と向かって
「好きです」というのは
ちょっと恥ずかしいですよね?

そんな場合、
男性の心の響きやすい
さりげない好意の伝え方を
いくつか紹介します。

4-1:「○○さんのこういうところ好きだな」

「○○さんのことが好き。」と言うのが
直球過ぎて恥ずかしいという人は
多いと思います。

そんな場合に、おすすめなのが
男性の内面や男性の一部を
限定して「好き」と言います。

そうすると、
全部じゃなくて一部なので
恥ずかしさをあまり感じずに
言えると思います。

告白にはなりませんが、
「え?これって俺のことが好きってこと?」
男性は色々な想像を掻き立てられます。

その人自身を好きというよりも
その人のこういう部分が好きということで
密かに好意を感じさせることに繋がります。

なぜかというと
男性の内面や一部を好きと言えるのは
普段から細かく見ていないと言えないこと
だからです。

そういう女性の細かい気遣いに
「俺のこと見てくれてるんだ」
ウルッとくるわけなんですね。

人は自分の良い部分に
気づいてくれる人に
好意を感じやすいのです。

4-2:「○○さんの彼女になる人は幸せだろうな」

男性からの好意を確信している場合、
男性からの告白を促すときに
大きな効果を発揮します。

これは男性の複雑な心理でもあるのですが、
男性としてのプライドが邪魔をして
「付き合って下さい」と言えないことが
結構多いのです。

「○○さんの彼女になる人は幸せだろうな」
というのは女性を幸せにする男性と
思われていることで男性のプライドを
尊重されているように思われます。

あなたに好意を持っている男性に使えば、
「え!じゃあ、僕と付き合いませんか?」
とサラっと言える状況が作れます。

好意があるにもかかわらず、
なかなか告白してくれない男性に
告白を促す魔法の言葉です。

4-3:「○○さんにしか相談できなくて…」と相談を持ちかける

これは多くの男性に対して有効で、
女性から何か相談されることに
男性は喜びを感じます。

「○○さんにしか」という
名指しを受けることで
特別に信頼されていると
感じられるのです。

特に
1人で頑張ってしまいがちな
女性が使うと効果を発揮します。

頑張り屋の女性がわざわざ
自分に相談してくれたと思われ、
男性はあなたに対して特別な気持ちを
感じ始めます。

相談することは特別な感情を
共有することでもあるので
心の距離を縮めたいときには
特に有効です。

深刻な悩みがある場合は
是非勇気を振り絞って
相談してみてください。

4-4:「何だか付き合ってるみたいだね」

これは男性に1人の女性として
意識させるときに
大きな効果を発揮します。

2人っきりで仲良さげにしているときに
「なんだか付き合ってるみたいだね」
冗談っぽく軽い感じ言ってみます。

真剣に言うと引かれる可能性があるので
あくまで冗談っぽくです。

そうすると、男性は
友達と認識していた女性でも
女性として意識するようになります。

私の経験から言うと…

友達の女性と一緒に写真を撮ったときに
「なんかラブラブな感じで撮れたね」
と言われたときに女性として強く
意識するようになったことがあります。

特に今まで意識していなかった女性でも
こういった一言がきっかけで
女性として好きになってしまうことが
男性には結構多いんですね。

友達以上恋人未満の関係から
脱したいときには
かなり強力な方法です。

強力なだけに注意が必要なのが
男性として好きな人でない場合は
絶対に使わないことです。

後々、男性を傷つけることに繋がるし、
下手すればストーカーになることも
考えられます。

あくまで
恋人関係になりたい男性だけに
使用してください。

4-5:「2人でいると落ち着く」

2人の相性の良さを感じさせる
言葉です。

2人きりの静かな空間のときに
「落ち着く」と言うのは
男性との感情共有にも繋がります。

安心感や距離感が近くなって
将来のパートナーシップ像を
イメージさせることができます。

ある程度、両想いの段階であれば
「俺もそうなんだよね。」と返事があったり、
「俺達付き合おうか?」といった
思わぬ展開も期待できます。

「私、○○さんといると落ち着くんだ」
と親近感を示すことで
男性の心の内を探ることもできるので
状況によって活用してみてください。

4-6:「○○さんといると楽しいな」

これは先ほどの「2人でいると落ち着く」
と近いニュアンスがありますが、
これはデートの合間に使える言葉です。

デートを楽しんでくれていることが
男性に伝わるのと同時に
2人でいることの相性の良さを
感じさせることができます。

デートしている最中、男性は
女性がつまらないと感じていないか、
内心とても不安で気を遣っている人が
多いです。

それはどういう時に感じるかというと
女性が無反応のときです。

人間はあまり人から反応が貰えない場合、
「つまらないと思われているのかも」
マイナスに考えてしまう心理があります。

それを防ぐためには何か
リアクションをして上げると
安心するんですね。

「楽しいな」「面白ーい」「素敵…」
「かわいい~」「綺麗…」

多くの女性は自然にやっていることですが、
男性はこういった女性らしい反応を見て
女性への安心感を感じるようになります。

こういった五感を通したリアクションは
男性にはない女性特有のものです。

こういった反応を織り交ぜながら
「○○さんといると楽しいな」
伝えることで女性との明るい未来を
男性は感じるようになります。

デートの楽しい記憶作りに
積極的に活用してみてください。

5:恋人関係に踏み切れない独身女性を襲う甘い罠

恋人関係になるのは女性にとって
嬉しいことのはずです。

しかし、
1人でいることに慣れている女性は
ここで迷いが発生し始めます。

恋人がいない状態に慣れている女性ほど
「今の関係のままでいいんじゃないか?」
と思ってしまうことがあります。

これは男性においても
同様のことが言えます。

この心理状態に陥ってしまうと
いつまでも恋人同士になることなく
生涯独身を貫くことにもなり兼ねません。

そうならないためにも
これからお話する状態に陥いらないように
注意してください。

5-1:恋愛関係でしがらみを作りたくない心理

これは男女ともフリーでいるのが
普通になっている人に発生する感情です。

「1人の方が気楽でいい」
「恋人関係じゃない方が自由に楽しめる」

恋人がいない人からは
こういうセリフを聞く機会も
あるかと思います。

実は、恋人が欲しいのに
恋人を作ろうとしない人には
必ず発生する心理があります。

恋人がほしいと思っている一方で
1人でいる時間を楽しみたいという
矛盾した感情が発生します。

なぜこのようなことが起きるかというと
人間には『恒常性維持機能』という
今の状態を心地良く感じる本能が
存在しているからです。

1人でいる期間が長い人ほど
1人でいることに居心地良く
感じてしまうのです。

だから恋人ができると今までの
居心地の良さが奪われるのではないか
という不安が出てきてしまうんですね。

しかし、
これはただの本能のイタズラであり、
恋人ができても自由がなくなることは
ありません。

逆に恋人同士で理解し合えるほど
助け合えるし、落ち込んだときにも
必ず味方がいる安心感を得られます。

女性の場合は特に恋人を作ることで
今までに感じたことがない
心の安心感と自由を手に入れる
ことができます。

1人でいることの
まやかしの心地良さに惑わされず、
安心して恋人関係になってもらいたいと
思います。

5-2:ハッキリさせることに恐怖を感じてしまう

これは付き合うまでの
友達以上恋人未満の期間が
長いカップルによくあることです。

今まで良好な関係を築けている場合、
「今の関係を崩してしまうのが怖い」
「今のままでも十分幸せ」
と思ってしまいます。

そして、
関係が進展することがないまま
自然消滅してしまうパターンです。

しかし、覚えておいてほしいことが
今まで積み上げてきた信頼関係が
付き合った途端に崩れるということは
ありません。

恋人関係になったから急に
関係性に変化が訪れるということも
ありません。

むしろ、
今の関係のままでいようとすると
維持ができなくなってしまうんですね。

どんな人間関係もずっと同じまま
キープし続けられることは
ないのです。

なぜかというと
恋人になれていない曖昧な関係は
男性にも女性にも他の選択肢が
用意されている状態だからです。

つまり、目の前に
別の魅力的な異性が現れる度に
心が揺さぶられて浮気してしまう。

こういう環境にあります。

男性にはありがちなことですが、

その自由さによって
徐々に関係が薄らいでいきます。

そして、
恋人未満でいる癖がある人は
相手が入れ替わっても同じことを
繰り返すことになります。

しかし、恋人関係になって
選択肢がその人だけに絞られると
その人との関係を良くしていくために
環境を整えようとし始めます。

ある程度信頼構築ができているならば、
「そろそろ私たち付き合わない?」
提案してみても良い時期かもしれません。

5-3:あえて不安定なドキドキ感を楽しみたい心理

恋愛が趣味感覚になっている人に
陥りやすい状態です。

つまり、
マンネリな関係にならないために
あえて恋人関係を結ぶことを
拒否する人です

これは人間の興味深い心理でもあって
安定(維持)を求めている一方で
不安定(変化)も求めているのです。

ファッションに関心の強い女性が
なぜ色々な種類の服が欲しくなるかというと
変化した自分を見ることで
新たな刺激を得られるからです。

ただ、この心理の怖いところは
いつまで経っても安定した幸せを
手に入れることができないことです。

その状態から脱却するためにも
恋人としての関係を築いてほしい
と思います。

実際のところ、恋人同士になっても
新鮮な関係を継続する方法はあります。

それは新しい場所を
共に体験することです。

結婚した夫婦でも恋人のときのような
新鮮な関係を築けている人は
一緒にドライブなどをすることで
新鮮な空間を共有しています。

人間の感情は見ている景色に反応して
変化していくため、
一緒にいても飽きることがないのです。

人が同じ相手にマンネリを感じるのは
同じ空間で過ごす時間が多くなるからです。

いつもと同じ部屋
いつもと同じカフェ
いつもと同じデートコース

そうすると
いつも同じ感情で固まって
出てくる会話も同じになり、
退屈さを感じるようになるのです。

付き合いたての男女は
常に同じ場所にいることはないですよね。

色んな場所を巡ることで
デートを楽しんでいるはずです。

つまり、
付き合う相手ではなく
新しい場所を体験することが
男女間の愛を継続する秘訣なのです。

6:まとめ

いかがでしたか?

今回は出会いの方法から始まり、
男性との仲を深める方法や
女性にはわかりづらい男性心理
についてお話してきました。

恋人を作れずに独身で居続ける女性の場合、
一番問題になっていることは
恐怖によって自分の行動を限定してしまう
ことです。

  • 新しい場所に行くことができない。
  • やりたいことを始められない。
  • 男性との関係に遠慮が生まれてしまう。
  • 恋愛関係に進展するのが怖い。

このような恐怖が行動を
縛りつけてしまいます。

しかし、実際行動に移してみれば
全部自分が勝手に作り上げていた
妄想だったことに気づけます。

まずは、
今までやりたくてもやれなかった
あなたがやりたかった新しい世界に
是非挑戦してみてください。

そこから新たな出会いが広がり、
人生のパートナーに巡り合えるはずです。











60日でモテる男に生まれ変わる方法

女性の本能が無視出来ない男になりたいですか? あなたが女性にモテる男に生まれ変わる方法を解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA